恋愛小説文庫 花模様

オリジナル恋愛小説と日々のつぶやきの部屋 恋愛物語を中心に綴っています 気軽にお立ち寄りください

Welcome to my blog

  

Profile

Author: K,撫子
オリジナル小説を書きつつ、日々感じたことをつぶやいています。

【社宅ラプソディ】【雪の花守】 連載中

「恋愛小説文庫のご案内」にて小説のあらすじを紹介しています

❀ リンクはご自由にどうぞ

Latest article
『恋愛小説文庫のご案内』
つづきを読む

『恋愛小説文庫のご案内』

『恋愛小説文庫 花模様』 へようこそすべてオリジナル小説です、いつでも、ご自由にお読みください。連載中、完結は、以下のとおりです。(タイトルをクリックすると、目次、または1話が開きます)*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  ❀ 主人公 佐東明日香は新婚半年で夫が転勤になり、地方都市に移り住むことに。 「梅ケ谷社宅」で出会う人々との付き合いは、刺激的で、ときに...
新米と台風と
つづきを読む

新米と台風と

秋の味覚、栗、梨、ぶどう、そして……新米知り合いの農家さんから分けてもらった米を精米、今日から我が家は新米です!お米が炊きあがったときの香りと、ぴかぴかの米粒、もうこれだけで幸せ気分に。今夜はご飯が主役、お味噌汁とお漬物があれば十分!といいつつ、お味噌汁だけ……というわけにもいかないので、魚と他にお惣菜も作りましたが……ただいま炊飯中……楽しみ~!台風が接近しています。すでに朝から雨が降り始め、今夜からさ...
初回作品 『桃』
つづきを読む

初回作品 『桃』

初回の飾り「桃」(縦約10センチ)連休最終日、午前中は久しぶりに針を持ってチクチク針仕事。先日購入した 「つるし飾り」 初回作品に挑戦!テキストには懇切丁寧な説明と図解、さらにネットに制作過程の手元を写した動画まであり、手取り足取りの指導です。そして、出来上がったのが上の画像の 「桃」ちりめん生地は縫いにくく苦労しましたが、どうにか形になりました。(縫い目をじーっと見ないでくださいね💦)全60回のコー...
【社宅ラプソディ 2nd season 】 4-5.こんにちは赤ちゃん
つづきを読む

【社宅ラプソディ 2nd season 】 4-5.こんにちは赤ちゃん

新年度になり、『梅ケ谷バドミントン少年団』 が正式にスタートした。 代表コーチは佐東亜久里、明日香はサブコーチである。 先月の仮入団から徐々に人数が増えて、最終的には、小学3年生から6年生までの12人、団体戦にも出られる人数が集まったことで亜久里は張り切っている。 「先に来た人にはあいさつをする。終わりのあいさつのあと、みんなで掃除をすること。それから、体育館の用具はさわらない。いいね」「はい」亜久里の...
カレーに大根は、ありか、なしか
つづきを読む

カレーに大根は、ありか、なしか

最近目にしたネット記事に……「カレーに大根を入れたら、姑におかしいと言われたけれど、カレーに大根は変ですか」 と、お嫁さんの問いかけを取り上げた記事だったと記憶しています(元記事を探したけれど見つからず)お姑さんに強く言われて、お嫁さんは悲しい思いをしたようです。カレーの具材に大根を入れたこと、あります。「根菜類だから美味しいのでは?」 と試したら、予想以上に美味しく仕上がりました。ほかの具材と一緒...
つるし雛、作ってみたいけれど……
つづきを読む

つるし雛、作ってみたいけれど……

つるし雛を作りたいと思い続けて10年がたち……久しぶりに出かけた書店の店頭で見つけた本がこちら月二回発行される本を定期購入して、コツコツと作り上げていくシリーズです。毎回、作り方の詳しい解説書と材料がセットに。初回本をとりあえず購入、一回目の材料はこちらこれらを手作りすると、左下の「桃」が完成。「つるし雛」 を作ってみたい! とブログに書いたのが10年前、それから機会を逃して、いまに至っています。そして...
月下美人が咲きました
つづきを読む

月下美人が咲きました

月下美人を育てて10年、待ちに待った花が咲きました!月下美人……メキシコの熱帯雨林地帯を原産地とする、サボテン科クジャクサボテン属の常緑多肉植物「月下」とありますが、開花と月の満ち欠けに相関性はないそうです。(昨夜は新月で月明かりはなし)以下、我が家の月下美人が咲く様子です。開花が嬉しくて、これでもか!と撮影しました。どうぞお付き合いください🙇夕方、蕾の先がほどけて、いよいよかと期待が!!暗くなり、外...
夜の挨拶 朝の挨拶
つづきを読む

夜の挨拶 朝の挨拶

声に出して言いたい挨拶です!夜のウォーキング中、思いのほか人とすれ違います。「こんばんは」 といつも挨拶をしてくれるのは、近くの会社の守衛さん。私たちが歩く時刻と、守衛さんが外周を巡回する時刻が近いのか、すれ違う時は必ず挨拶があります。(おそらく交代勤務のため、同じ人ではないはず)夜、互いの顔は見えませんが、声を掛けられると嬉しく安心します。次に多いのが、犬の散歩中の女性 (なぜか女性が多いのです...
あれ? 信号機が替わってる
つづきを読む

あれ? 信号機が替わってる

街中の信号機が、少しずつ替わっています。以前はこんな形でした。日よけのひさしがあり、堂々とした形ある日、あれ? いつの間にか薄型に!信号のLED化が進んでいます。新型信号機は日差しの影響が少なく、電気代もずいぶん抑えられているそうです。良いこと尽くしかもしれないけれど……個人的には、以前の形が好み。なんというか、車や人の往来を制御する信号機らしく、堂々として、威厳さえ感じられました。「私の指示する通り...