恋愛小説文庫 花模様

『ゆみ。文庫』 目次
つづきを読む

『ゆみ。文庫』 目次

「ゆみ。」 さんの作品集です。創作仲間 「ゆみ。」 さんの作品を掲載することになりました。青春の甘酸っぱい恋心を描いた 【おさななじみ】、心の影を描いた 【ピエロ】、ほか、”ゆみ。ワールド” をお楽しみください。...
 ① ~アキとルー~
つづきを読む

① ~アキとルー~

ジリジリ ジリジリ ジリジリ ジリジリ ・・・ウルサイなぁ もうちょっと寝かせてよ・・ んー そんなに揺さぶらないで・・・「ルー ねぇ ルー目覚ましが鳴っているよ 朝練だろ ほら 起きろよ!」 「・・・んー・・あ・・と・・5分・・・」 「ダメだよ ルー 今起きないとホントにギリギリだぞ」...
② ~早朝練習~
つづきを読む

② ~早朝練習~

学校へ着くと 校舎へ入る前に用務員室へ顔を出し 体育館の鍵を開けてもらう これも 新入部員の大事な仕事 今日は私が当番だ用務員室の小窓を覗き アキと二人 奥にいるおじさんに声を掛けた「おはようございまーす バレー部の花井です!朝練しますので 体育館の鍵を開けて下さーい」 「おはよう 高原くんに花井さん はいはい 今 開けますよ どうだい 花井さん サーブはネットを越えるようになったかい?」...
③ ~I like…~
つづきを読む

③ ~I like…~

・・・おい、花井 は・な・い!・・・朝のHRの最中 隣の席のコウジが 小声で私に呼びかける はぁ~・・・コイツ 男のクセに ペラペラとうるさいんだよね 無視だ 無視・・・花井ったら!おい 聞こえているんだろ・・・ ・・・あー もーっ! なにか用?・・・ ・・・面白いシャメ撮ったんだ お前の携帯へ送ってやるよ・・・ ・・・いらない!それに、携帯変えたし・・・ ・・・そっか 携帯 変えたんだ なら ちょうど...
④ ~長い夜~
つづきを読む

④ ~長い夜~

リビングのテーブルの上には 採り立てのアスパラガスが 塩茹でされ ざるにたっぷり盛られている丸ごと1本の先っちょに ちょんちょんとマヨネーズをつけながら アキのお父さんが ソファに座り スクラップ・ブックを広げていた「ただいま いらっしゃい!おじさんの顔を見るの 久しぶりだね」 「おかえり ルーちゃん おかえり アキ はいこれ おみやげ」わぁお ありがとう このパーラーのチーズケーキ 美味しいんだよ...
⑤ ~アキの涙~
つづきを読む

⑤ ~アキの涙~

コチ コチ コチ ・ ・ ・  柱時計の秒針が動く音で 時間が止まっていないことがわかる私 何かまずいことを言った?ええと アキがバスケ部に入ったってこと モテて ものすごいってこと愛人の子って いわれたこと え?も も もしかして  まさ・・か...
⑥ ~father’s~
つづきを読む

⑥ ~father’s~

テーブルの上には コップが二つ無造作に一升瓶の栓を抜き 男同士 静かに酒を酌み交わす・・・あの二人 ジーさんと川の字になって 気持ちよさそうに眠っていたよ いつの間にか 図体ばかりでかくなったけど 寝顔は まだまだ ガキのまんまだな ツマミは・・いらねぇな さぞかし痛んだであろう あいつらの心で十分だ ...
⑦ ~とまどい~
つづきを読む

⑦ ~とまどい~

学校は夏休みに入っても 部活動の練習は 朝9~12時まで 毎日だ この時期  いくら窓を全開にしても 体育館の中は サウナ状態になる黙ってここにいるだけで 全身がじわっと汗ばむ練習が始まれば Tシャツが絞れるほど 身体中から噴き出してくる  熱中症を心配した 顧問の先生が  週に2度 メニューに水泳を組み込んだ9~10時までの1時間 私たちバレー部員は 水着に身を包んだ魚になる...
⑧ ~ともだち~
つづきを読む

⑧ ~ともだち~

発信者:アキsubject:ルー いまから 本屋へ行くけど 一緒に行くか?Re:行かないRe:Re:わかった...