恋愛小説文庫 花模様

【Misty】
つづきを読む

【Misty】

店の帰りに この場所に寄るのが習慣になっていた古ぼけた電話ボックスは 中に入ると外界から切り離されたような安堵感がある車を路肩に止め 本部に定時の連絡をいれた「今回は接触だけでいい 絶対に無茶をしないように相手の身体的特徴 クセ 声の抑揚 なんでもいい 観察するだけにとどめて欲しい追い詰めるようなことは決してしないように いいね それから君のいる近くで 政府高官の自宅が爆破された 気をつけるように...
 【Momentary】
つづきを読む

【Momentary】

煙幕に身を隠しその場を立ち去るつもりだった偶然に居合わせた事件現場 誰かに見つかるのではないかと不安を感じながら 立ち上る煙と爆薬の臭いがもたらす誘惑に勝てずにいた これ以上の長居は我が身を危険にさらす人ごみに身を置き 足を進める方角を模索していた  「こっちよ 振り向かないで 私の背中だけ見てついて来て」 「驚いた……アンタから接触するなんて初めてじゃないか? 相変わらず忙しそうだな」 「呑気なこと言...
【手のひらの幸せ】  ― 気になるアイツ ― 1
つづきを読む

【手のひらの幸せ】 ― 気になるアイツ ― 1

今週は家に向かう足取りが軽いマンションの玄関ホールで これから塾へ行くという中学生に 頑張れよと声をかけエレベーターの中で会ったご近所さんに 愛想よく挨拶をする玄関ドアを開けると ”おかえりなさい” と エプロン姿の円華が笑顔で迎えてくれるのだすでに夕食の準備が出来ていて ご飯? それともお風呂?どこかで聞いたドラマの台詞のような会話が交わされるキッチンに立つ円華の後ろから肩を抱いて 今日のメシは何...
アナタは信じますか?
つづきを読む

アナタは信じますか?

今日は爽やかな秋晴れです!それなのに……私の心は どんより (-"-)  昨日は嬉しいことがあって気持ちが上向いていたのに 寝る前に怒り爆発な事があり  ( ̄ ̄;) ムカッ! 気持ちは一気に急降下今朝も 家族に向かってグチグチ……それでも怒りが鎮まらず悶々……(こんなことは珍しいです それほど腹が立った!)こんなとき 夫は黙って見過ごしています。私の愚痴に同調するでなし 批判するでなし 手ごたえがないけれど...
【手のひらの幸せ】  ― 気になるアイツ ― 2
つづきを読む

【手のひらの幸せ】 ― 気になるアイツ ― 2

まだ暗いうちにマンションを出発し 対向車のほとんどいない海岸線をひた走る助手席には 釣り人になりきった円華が楽しそうな顔をして座っており真夜中に起きだして作ったという朝食と昼食の入ったバスケットが 後部座席でガタガタいっていた「本当に一緒に釣る気?」「そうよ! だからこうして服も揃えたんじゃない いっぱい釣って今夜のおかずにするの」「ヤル気満々だねぇ 最初っから大漁を狙うところが円華らしいや」「い...
明日はお出かけ~♪
つづきを読む

明日はお出かけ~♪

【手のひらの幸せ】 更新しましたなんとか更新できました!心配してくださるコメントにウルウル (T_T) ← うれし泣きヨン「待ってるので、急がなくていいですよ!」 と優しい言葉が嬉しくて 待ってますって言ってもらえるのって幸せだわぁ……ジーン……6話……書き上げていたのですが、気になる箇所があり金曜日に書き直したところ画像を担当してくださっているkuraminnさんから感想が届き「前の文章の方がよく伝わるかも」 って...
美術館へ
つづきを読む

美術館へ

                 ジョアン・ミロの 「月に吠える犬」 この絵に惹かれたの!先日、上野の東京都美術館へ 「フィラルデルフィア美術館展」 を観に行ってきました!上野駅に下りて歩くこと10分……あれ? ここはどこ??話をしながら歩いていたら、国立博物館まで行ってしまい(笑) 目的の美術館はずーっと後方 (~_~;) 前日ブログで「上野の森で迷ったりして…」って書いたら、本当に迷ったぁ~~@@いつも...
【手のひらの幸せ】  ― 気になるアイツ ― 3
つづきを読む

【手のひらの幸せ】 ― 気になるアイツ ― 3

円華から 会社の後輩の出産祝いに一緒に行って欲しいと言われ 秋の一日 ドライブを兼ねて遠出をした初対面の俺が一緒でいいのかと思ったが 彼女がどうしても俺に会いたいと言っているとかでなかば強引に連れて行かれた「どうしても要に会いたかったんだって 私がどんな人と結婚したのか すごく興味があるらしいわよ」「ふぅ~ん 人のダンナがそんなに気になるのかなぁ」「8歳も年下ってのが とっても気になるみたい 彼女...
右利きですか 左利きですか?
つづきを読む

右利きですか 左利きですか?

私は……基本的に右利きです。基本的と書いたのは、時には左利きかも?と思うときがあるので。箸 筆記用具 刃物 は右手で使います。でも、歯ブラシは左手で持ちます。コンタクトレンズを目に入れるのも左手。一度右手で入れようとしたら出来なかったぁ~@@カップを持つのも左手、右手で持つと違和感が……針の穴に糸を通すのも左手です。調味料を注ぐのも左手、右手でやると ”ドボドボ” と入ってしまいます。「手を上げてくださ...
【手のひらの幸せ】  ― 愛すべきは…… ― 1
つづきを読む

【手のひらの幸せ】 ― 愛すべきは…… ― 1

嬉しい報告を持って女房の実家に向かうお義父さんの喜びは予想以上で 今夜は飲み明かすのかと覚悟していたが 俺を相手に酔いも早く 嬉しそうな顔をしながら居間で早々に寝てしまった「お父さん 待ちに待った知らせだったもの 要さん つき合わせてごめんなさいね」「いいえ 俺も嬉しいですから」真っ赤な顔をして寝てしまったお義父さんを抱え 寝室に運ぶ俺に お義母さんが申し訳なさそうに謝る飲みながら よくぞやったと...
【手のひらの幸せ】  ― 愛すべきは…… ― 2
つづきを読む

【手のひらの幸せ】 ― 愛すべきは…… ― 2

たまに吐き気がするらしいが その他つわりらしい症状はほとんどなく 円華は普通に仕事を続けていた意外なことに 円華の体の変化に誰も気がつかない「誰もオメデタ? って聞いてくれないの 不思議でしょう? お腹だって少し膨らんできたのにね」「着こんでるせいじゃないか? 薄着になればわかると思うけど」ソファにゴロンと寝転がり 風呂上りの寝巻きだと 少しだけ目立つお腹を女房がさすっているそばに行って一緒に腹に...
模様替えをしました!
つづきを読む

模様替えをしました!

                       ポインセチアの季節になりましたね【手のひらの幸せ】を更新しました今夜、明日と時間がとれないので、早めにUPしました!(みんな、今夜だと思ってるよねぇ~(^^ゞ )私の書く創作、「このまま幸せになるはずがない 何かあるに違いない!」 って思うみたいだけど、この話はこのまま、”幸せなラスト” へと行きますので~~(^o^)丿 今回は、場面転換が多く、画像担当のkuramin...
【花の降る頃】 16 ― 自覚のとき ― 前編
つづきを読む

【花の降る頃】 16 ― 自覚のとき ― 前編

胸の奥に灯った想いを消し去る難しさを 圭吾は痛切に感じていた。仕事に没頭しているときはまだいい 一息ついたおり また 宿舎の自室に戻ると整理できない さまざまな想いが圭吾の心に浮かんできた。 金森志朗から誘いがあったのは金曜の夜。今週は自宅に帰る気にもなれず 週末を何もない山間の宿舎の一室で過ごそうと決めたときだった。こっちに帰って来ることはないのか たまには顔を見せろ 田舎に引っ込んでると干から...
【花の降る頃】 16 ― 自覚のとき ― 後編
つづきを読む

【花の降る頃】 16 ― 自覚のとき ― 後編

翌日 山崎部長から夕食に誘われ 昨日手に入れたワインを一本持参した。子どものいない部長は 2ヶ月の長期出張に妻を同行していた。夫婦だけの暮らしとは聞いていたが 互いに言葉を掛け合い 仲の良い様子が伝わってきた。「夫婦円満のコツってありますか」「そうねぇ・・・常に相手に関心を持って 必要以上に束縛しないことかしら ねぇアナタ」「うん それに尽きるかもしれないね」「それって 間逆じゃありませんか?」部...