K,Nadeshiko

恋愛小説文庫 花模様

月・日別2008年07月 1/2

【ボレロ】 4  ― Adagio(アダージオ) ― 前編

【ボレロ】 4  ― Adagio(アダージオ) ― 前編珠貴と二度目の会食のため早い時刻にレストランのドアを開けると、約束どおり現れた私たちを、変わらぬ笑みで老齢のギャルソンが迎えてくれた。携帯が着信を告げたのか、入ってすぐ席をはずした珠貴の背中を見ながら、彼女と会う機会をこれほど早く得るとは羽田さんに感謝ですよ、と冗談ごかして伝えると、 「それはようございました。お役にたてて嬉しく存じます」 いつもは見せ...

  •  0
  •  0

【ボレロ】 4  ― Adagio(アダージオ) ゆっくりと ― 後編

忙しさにまぎれたわけではないが、珠貴のことも思い出す暇がないほど仕事に追われる日が続いていた。断れない席に顔を出し、慣れない酒を口にする。自分でも疲れを感じながら自己理由で休めない辛さを抱え、体も限界にある事さえ気づかない振りをしていた。その日も疲れを抱えながら、父の代理で避けられない席に出席していた。さほど飲んでもいないのに不覚にも足元がふらつきだし、壁の椅子を求めて歩き出したときだった。「こち...

  •  18
  •  0

モタモタと・・・ 

『お知らせ』CSに 【風のプリズム】9話をUPしました。今夜はお知らせだけ・・・こちらからどうぞhttp://club.brokore.com/user/freeboard/freeboard_view.jsp?circleid=a0100593&instid=24&serial=86&no=85&npage=1&wDiv=&wStr=ブログのお返事はのちほど書かせていただきますね^^記事の更新は明日~♪こんばんはやっと、やっとPC前に座りました。昼間、ちょっとブロコリを覗いて、ブロメの急ぎのお返事だけ書いて、ヒマを見つけ...

  •  6
  •  0

エクササイズの効果はいかに?

            この方がビリーさん^^ 画面から叱咤激励してくれるのだけど……7月に入り、急に夏になったような関東地方です。寒くて窓を閉めてるのよ……なんて言ってたのに、昨日今日は、気温は30度近くまで上昇だとか。窓を開けても、風はそよそよとしか吹いておらず、午後からクーラーのお世話になってます^^よって、リビングに家族全員集まって、人口密度の高いこと……PCも涼しいところで使いたいのは皆同じ、や...

  •  9
  •  0

【風のプリズム】 空の章 春の出来事(1)

松葉杖というのは 思いのほか不便なものだった部屋の中では踵(かかと)を支えに歩けるが 外出時にはそうもいかず まるで重症患者のような格好が気に入らなかったが 杖を使うほかなかったたまには外で会おうと実咲に誘われ 慣れない松葉杖でマンション近くを歩いたその日は近くの公園まで行こうと おぼつかない足取りで歩いていると 途中 後ろから来たバイクが 僕らを追い越したとたん 実咲の顔が強張り 僕の手を掴んで...

  •  0
  •  0

【風のプリズム】 空の章 春の出来事(2)

ギブスが取れるまで父の家で世話になっていたが 母との約束でもあった 再検査でも異常がないことがわかり ひと月ぶりに自分の部屋に戻ったまだ走るのは無理だったが 歩行には何の支障もなく 休んでいた間の講義に追いつくために 受験勉強さながらに必死で勉強した試験もすみ 心配していた単位の取得もなんとか足りて 4年への進級が無事に決まった報告を兼ねて 父の家に遊びに行った大学も休みに入ったので 東京に帰る前...

  •  7
  •  0

気分転換には……

                           せめて涼しげな画像で^^【風のプリズム】を更新しました。9話……賢吾の退院後、実咲との触れあいほか、賢吾の母への思いです。そして後半は……こちらからどうぞ  http://blogs.yahoo.co.jp/nadeshiko1031/32938210.html なんとなく虫の居所の悪い日ってありませんか。昨夜、雨は降らないとの予測の元 (ネットの気象情報で雨雲を確認して・・) 洗濯物を干して寝たの...

  •  4
  •  0

ささやかに アンチエイジング!

                      ブルーベリーは眼に良いらしいけれど・・・『アンチエイジング』最近よく耳にする言葉です。「老化に対抗する」 という意味で、”時計の針を少し戻して、その進みを遅らせること” なのだとか。歳とともにやってくる現象を、いかにして遅らせるか!ただいま実践中……(些細なことだけど^^)フェイスマスクでパックをし、シミと皺へ対抗! (時間がないときはコットンパック!)エク...

  •  5
  •  0

暑いですねぇ・・・

先週は体調を崩した家族がいて、早退したり休んだりで、ほとんどPCに触れなくて……土日は、それでなくても用事があり、「書けない病」 も発病してるのに(苦笑)、じっくりPC前に座っていられないの~~待ちに待った月曜日ですが、休日に体力を消耗したので、今日はバテ気味です スポーツをする子がいると、家族も応援や手伝いにかかわる時間が多いとは聞いていたのですが、本当にそうなのね……と実感しています。私も夫も体育会系...

  •  9
  •  0

読書の夏をしてました^^

・暑い毎日が続いていますが、梅雨は明けたのかな? 関東地方はまだだよねぇ・・”書けない病” は、少しずつ回復傾向にあり(笑)、なんとかポチポチ始めました ^^季節を追って書いている 「花の降る頃」 、このままだと季節が過ぎちゃうので焦ってます@@リアルタイムの季節を文章にするという思いつき、最初は順調だったのですが、だんだん追われる様になり、季節との兼ね合いが難しいときもありますが、今のところはなん...

  •  12
  •  0

【花の降る頃】 31 ― 旅の行方 ― 前編

【花の降る頃】 31 ― 旅の行方 ― 前編遼子の属する煎茶道の流派は全国各地に支部があり 支部創立の節目として10年ごとに記念茶会が催されている。支部長でもある遼子は そういった茶会にはできる限り出席しており 今年は自分の支部の記念茶会を控えているため 去年から 視察を兼ね頻繁に各地に足を運んでは 秋の茶会に備えていた。「金沢と佐賀で記念茶会があるのよ 金沢は9月だからまだ先だけど 佐賀は7月なの私と一緒...

  •  0
  •  0

【花の降る頃】 31 ― 旅の行方 ― 後編

【花の降る頃】 31 ― 旅の行方 ― 後編支部の規模としてはあまり大きくないが 支部長は長年本部の役にも名を連ねるほどの人でもあり 来客の数は大層なものだった。案内されたのは家元が入る席でもあり末席にと控えていたところ 芹沢先生の代理なので上座へと勧められ 萌恵と一緒に奥へと案内された。圭吾は秋に自分達も経験する茶会のためにも 念入りに茶席の流れを見つめていた。正客席には家元夫妻がおり 次席には知事夫妻...

  •  20
  •  0

夏の茶会は・・・(更新のお知らせ 追記 7/23)

・『更新のお知らせ』【花の降る頃】を更新しました (7/23)31話 -旅の行方-32話 -夏の結実-二人の、しっとりした時間を感じていただければ嬉しいのですが……前回から登場している高辻氏、自分で言うのもなんですが(笑)・・かなり好きですこの方、今後もお出ましいただこうと考えています感想、お待ちしてますね (ぜひぜひ、みなさまのお声をお聞かせくださいませ・・)(今日はこれから出かけなければならないので...

  •  7
  •  0

【花の降る頃】 32 ― 夏の結実 ― 前編

【花の降る頃】 32 ― 夏の結実 ― 前編 夏の茶会は招かれた側には涼を運ぶが 催す側の暑さは想像を遥かに超え 涼しげな絽の着物の下は汗がにじみ 帯が湿るほどの熱気の中で進んでいく。顔には決して汗を見せず 汗は背中でかくものと それこそ難しいことを口にした本部の老齢の師範に そんなの無理ですと反論し 師範にこっぴどく怒られた若い頃を 圭吾は懐かしく思い出していた。自分達が茶会を行う秋は 主催する側 招か...

  •  0
  •  0

【花の降る頃】 32 ― 夏の結実 ― 後編

【花の降る頃】 32 ― 夏の結実 ― 後編 足元灯だけが灯る部屋は さきほどとは異空間のようで 音さえも消し去ったのか 息をするのもはばかられるほどだった。圭吾は灯りを消したあと壁際に佇んでいたが 静かに息を吐き出すと歩き出した。ベッドの縁に腰掛け 横向きで身じろぎもせずうつむいている萌恵を 後ろから抱きかかえた。「明日の朝は ゆっくりホテルを出よう 誰かに会えば また挨拶をしなきゃいけない」「みなさん...

  •  20
  •  0

更新のお知らせ

・この頃・・と言うか、夏休みに入ってから夜が眠くて~~@@夜眠いのは当たり前? そうなんですけどねぇ、夜10時すぎにはソファでウトウト……11時過ぎにはお布団へ……夏休み、とにかく用事が多い! それに、子ども相手にずっと口を動かして諸注意をしています(これが疲れるの・・)あっ、だからエネルギーを使うのかぁ……夜が早いので朝が早い! 5時過ぎにはオメメぱっちりで(笑)、着替えると家事に勤しんでいます v(^^...

  •  8
  •  0