恋愛小説文庫 花模様

検索してみたら・・・
つづきを読む

検索してみたら・・・

                記事とはまったく関係ないけれど、この後姿に心引かれて(笑)自分の名前を検索したことがありますか?「面白いよー 結構同姓同名っているもんだよ」 と友人が言うので、自分の名前や家族の名前とか入れて、PCで遊んでいたんだけど・・・”創作の登場人物の名前を検索したら どうなる?” と思い立って、入力したら面白い結果がでました!芹沢圭吾 ・・・ とある小説では、警視庁公安部の警...
あとを引くとき、そうでないとき
つづきを読む

あとを引くとき、そうでないとき

                           観たのはこの映画なんだけど週末、小説を二作読み、映画を二本見ました。それが、申し合わせたように全部不倫の話なの ^^;書店で偶然目に留まった、俵 万智さんの小説 ”トリアングル”短い言葉に思いを託す人が書く小説って、どんなだろうと興味があり、さっそく購入したのですが、電車の中で時間も忘れて読みました。年上の男性と付き合いながら (この人と不倫関係...
幸運がやって来た? 
つづきを読む

幸運がやって来た? 

                             珍しく連日更新です昨日の記事は、やたらと検索に引っかかるらしく、困ることもあったので、表の記事を変えようかと・・・艶やかな話題だったからかな? 謎だわ(桃色系のトラックバックとか 削除が面倒で・・・)良い事が続くときってありま...
【風のプリズム】 光の章 父の背中(1)
つづきを読む

【風のプリズム】 光の章 父の背中(1)

朝起きて最初にやることは コーヒーを淹れるためのお湯をわかすことパンをオーブントースターに放り込んで その間に顔を洗ってベッドを整えるシーツの皺を伸ばすと気持ちいいなんて それまで思ったこともなかった実咲と暮らした一年で 家事の手順をしっかり叩き込まれたみたいだ片付けや後始末ってね あとでやろうって思ってると 片付かないの そのとき その場で片付けていくと楽なのよ 賢吾は もともと綺麗にしてるし ...
【風のプリズム】 光の章 父の背中(2)
つづきを読む

【風のプリズム】 光の章 父の背中(2)

館長と別れたあと 坂田さんが館内を案内しますと言ってくれたが 父は息子とのんびり歩くのもいいものです お気遣いありがとうございます とこんな言い方で坂田さんの申し出を丁寧に断った一時間ほど館内を見てまわり博物館の建物を出ると 二人ともなんとなく目の前の公園へと歩き出した 「お父さん」「なんだ」「今日 坂田さんに会う予定で僕を連れてきたの?」「いや 偶然だ 声をかけられて私も驚いた」「本当に?」「ど...
【風のプリズム】 光の章 父の背中(3)
つづきを読む

【風のプリズム】 光の章 父の背中(3)

数日後 僕は母と食事をするために ビルの地下にあるレストランにいた 夕食をご馳走するからと言われていたのだが 祖父母も一緒かと思っていたらそうではなく 言われた店に行くと予約席は三人分で 母のほかに誰が同席するのだろうと 母の友人関係をあれこれ思い浮かべて待っていた「浩二さん」「元気だったか いよいよ社会人かぁ  早いねぇ……東京に帰ってくるかもしれないと小夜子さんから聞いてたが 希望が叶ったんだ ...
34万人目のお客様をお迎えしました
つづきを読む

34万人目のお客様をお迎えしました

『更新のお知らせ』【ボレロ】 を更新しました。いつも訪問、ありがとうございます <(_ _)>おかげさまで、34万人目のお客様をお迎えしました。キリ番で更新している 【ボレロ】 ですが、毎回お祝いの言葉を頂くのも申し訳なく・・・カウントの目安になるかなぁ、と始めたことなので、あのぉ お祝いの言葉は気になさらず、10万単位ほどでいいですので~!お祝いを頂く立場でありながら、まことに厚かましいのですが・・...
【ボレロ】 8 ― dolcemente  ドルチェメンテ (甘く 優しく)― 後編
つづきを読む

【ボレロ】 8 ― dolcemente  ドルチェメンテ (甘く 優しく)― 後編

螺旋階段を昇りながら、彼女に見せる顔はどんな表情がいいだろうかと些細なことで悩み、一段一段近づく待ち合わせ場所への到着を遅らせている自分が情けなかった。 3階にある店に入り店内を見回すと、平岡の言ったとおり客はまばらで、数組のカップルが見えるだけだった。奥の窓際に目を凝らすと、求めた顔が見えた。私と視線が合うと手を上げ、こっちよと言ってくれているようでそれだけで嬉しかった。「こんな時間につき合わせ...
【ボレロ】 8 ― dolcemente  ドルチェメンテ (甘く 優しく)― 前編
つづきを読む

【ボレロ】 8 ― dolcemente  ドルチェメンテ (甘く 優しく)― 前編

これ以上会議をしても時間の無駄だと言い放ち、資料を机に叩きつけ会議室を出て行ったなら さぞ気分が晴れるだろう。けれど、そうすることの出来ない立場を理性という盾が支えていた。 堂々巡りで行われる討論、そのたびにくどいように繰り返される説明にはうんざりしていた。話しを詰め物事を推し進めていくのはわかるが、どうしてこうも無駄な議論が多いのか。もちろん話し合いも必要だが、自分の意見を通すためにそ...
怒ると良いことないわね 
つづきを読む

怒ると良いことないわね 

・                                                  先日、娘のピアノレッスン日のこと・・・先生宅へ娘を送り届けて、一時間のレッスンの間、近くのスーパーに買い物に行くのが習慣になっているのですが、車を降りて歩き出すと、なんだか足元がスースーするんです。ふと我が身を見ると・・・ひゃ~~部屋着のまま来ちゃった~@@上はヨレヨレのパーカー (朝...
私の頭の中のいろいろ
つづきを読む

私の頭の中のいろいろ

三連休ですね・・・家でゆっくりの人秋を求めて旅行の人行事参加で忙しい人連休も関係なくお仕事の人私は・・・今日は行事のお手伝い&所用で一日が過ぎました。帰宅後、本を読みながらいつの間にかソファでウトウト今月の予定は【ボレロ】はキリ番でUP ・・・ オフ会用に書き上げていたので楽に更新♪【風のプリズム】は今月こそ完結! これを書くのは、かなり時間がかかるので集中して書いて!と、ここまでは予定通り!【花...
【風のプリズム】 光の章 卒業旅行とプロポーズ(1)
つづきを読む

【風のプリズム】 光の章 卒業旅行とプロポーズ(1)

6年間過ごした部屋を離れる寂しさは 自分で思っていたより大きかったマンションの部屋を空にすると 母と初めて来た日が思い出された 大学に近い場所がいいと言う僕と ここは環境がいいのと言い分を譲らない母との間に立った 不動産会社の担当者の困った顔まで浮かんできた初めての一人暮らしへの期待と不安 気楽さと不自由を味わったのも この部屋だった実咲と過ごした一年は最も充実した時で 二人でいる充足感はこのうえ...
【風のプリズム】 光の章 卒業旅行とプロポーズ(2)
つづきを読む

【風のプリズム】 光の章 卒業旅行とプロポーズ(2)

僕と実咲は 翌朝の早い飛行機で帰るため 空港近くのホテルを予約しており 名残惜しかったが みんなに別れを告げ桐原の家をあとにした 「来て良かったよ ありがとう」「素直なのね 今日は特別かな 賢吾 いい顔してるもん」シャワーを浴びたあと 実咲の髪を拭いてやるのも今夜が最後だと思うと 彼女への感謝の言葉も素直に出てきた湿り気のある髪を鼻先につけると ほんのりハーブの香りがした実咲を後から抱きしめて長い...
年末行事 あれこれ・・・
つづきを読む

年末行事 あれこれ・・・

                         そろそろ飾り付けをしなくちゃ^^「おしらせ」CSに【風のプリズム】最終話 前編 をUPしました。後編は明日ね~!まずは前編を・・・http://club.brokore.com/user/freeboard/freeboard_view.jsp?circleid=a0100593&instid=24&serial=95&no=94&npage=1&wDiv=&wStr=紅白の出場歌手の発表があると ”あぁ・・年末が近いんだな・・” と思います。カレンダーを見ると、今月...