恋愛小説文庫 花模様

久しぶりのぼやきです お付き合いを・・・
つづきを読む

久しぶりのぼやきです お付き合いを・・・

                       今日から6月 梅雨入りももうすぐかな                        友人とは言いがたく 知人かなぁ私が密かに ”自慢したがりマダムのMさん” と呼んでいる人がいます。Mさんの表現が、とにかくおおげさなの。自分が認めた人を、誰彼なしに教えたがるのですが、その言い方がちょっと・・・”Aさんちのお兄ちゃん すっごい勉強ができて○○高校なんだよ あ...
こんな本も読んでみましたが・・・
つづきを読む

こんな本も読んでみましたが・・・

                     かたつむりさん めっきり見かけなくなりましたね                        ブログをご覧の方から 「読んだ本の紹介をしてください」 とリクエストをいただきました。以前はよく、本の紹介をしていたのですが、この頃は日常の話題 (ぼやき?) ばかりで・・・^^;ということで・・・最近読んだ本とコミックです。瀬戸内寂聴さん著  『藤壺』村上春樹さ...
読まず嫌いはいけないと思うけれど・・・
つづきを読む

読まず嫌いはいけないと思うけれど・・・

                    発売日には見たけれど、今は入荷待ちだって                        昨日の話に繋がりますが・・・このところ、村上春樹さんの小説を続けて読んでいます。『ノルウェイの森』 が発刊された頃、友人から勧められて読んだけれど、話の内容を、まったく覚えていないんです ^^;(最近、あらすじを読んで ”あぁ・・・そんな話だったかも・・” と、うっすら記憶...
方向転換をしたわけ
つづきを読む

方向転換をしたわけ

                                         ”大人度の高い話を書いてみたい” と思った時期がありました。未成年者はご遠慮ください・・・の話です。【花の降る頃】 をブログで始めた頃は、まだそのつもりで、予告にも「大人度の高い話です」 と紹介したはず。(途中で方向転換したので、いまだにそんな場面はないけれど 笑)創作を書き始めた頃は、最初はストーリーを作るのが楽しく...
なるほどねぇ・・・と思ったこと
つづきを読む

なるほどねぇ・・・と思ったこと

                    少女の頃の気持ちをずっと持っててね^^                                               (LEITAさんからお借りしました)娘のお友達に、食物アレルギーの子がいます。どの程度のアレルギーなのかわかりませんが、給食時にお弁当を持参するので、食べられないものが多いのでしょう。その子を含む、数人が娘と仲良しグループ。よく一緒...
劇的な日常?
つづきを読む

劇的な日常?

今朝早く、娘を駅まで送る途中のこと。私は、交差点で信号待ちの二番目にいたのですが、信号が青になっても前の車が進まない。信号に気がつかないのかな? と思いながら、ふと前の運転席をみると、運転席に人の姿がないんです!”えっ? こんなところに車を放置?” が一番最初に思ったこと。迷惑な車よね・・・とブツブツ言いながら、その車を追い越し交差点を過ぎようと、追い越し際に運転席を見たら・・・人が助手席側に倒れて...
緊張するときって・・・
つづきを読む

緊張するときって・・・

先日、学校茶道のお茶席に行ってきました。文化祭の中のお席でしたが、なかなかの盛況でした。8畳の和室にお客様が数人、もっと広ければお運びさんも楽なのでしょうが、狭くてちょっと大変そうでした。お手前さんは二年生ということで、経験が一年かな、緊張がこちらにも伝わってきて、手元を見ながら私もドキドキ・・・相当練習したのでしょう、手順を迷うことはなく、動作を確認するようにこなしていきます。お手前さんも一生懸...
雨の日が好きな理由・・・
つづきを読む

雨の日が好きな理由・・・

                                         最近、家族の生活環境が変化し、思うようにPCタイムが確保できないのが悩みの種です。細切れの時間で記事の下書きをして、お返事を書き・・・創作は、ある程度まとまった時間がとれたときに書き進めています。”撫子のつぶやき” の記事は、どれほど周りが賑やかでも書けるのに、創作は一人の時間でなければダメなんです。それも無音の状態が...
右か左か
つづきを読む

右か左か

                                         お友達と、あるいはパートナーと並んで歩くとき、どちらにいますか?アナタは右側? 左側?私は必ず左側に立ちます。自分の左に誰かがいると、どうにも違和感があってダメですね。私と同じ拘りのある人がいて、互いに相手の左側に立ち位置をおきたくて、二人で歩きながら場所を入れ替わり、入れ替わり・・・一緒に歩きにくい人がいました。(...
忙しい朝の出来事 (ちょっと追記 20:00)
つづきを読む

忙しい朝の出来事 (ちょっと追記 20:00)

         朝の時間・・・主婦は起きてから家族を送り出すまで、忙しいもの。時には、座る暇もないほどですね。そんな時に限って、「忘れてた・・・」 と、学校の手紙を持ってくる娘。昨日は、手紙と一緒に集金袋を出すじゃありませんか!「これは何? どうして昨日 帰ってきてすぐに出さないの 今頃言われてもお金がないじゃない」ガミガミ・・・と母の小言は続く・・・まったく、子どもって、何で忙しい朝に出すので...
【花の降る頃】 48 ― 花暦 ― 前編
つづきを読む

【花の降る頃】 48 ― 花暦 ― 前編

傘をたたむと丁寧に雨の雫を落とし コートの雨粒をふき取りながら マンションの玄関ホールに足を踏み入れた。昨日も一昨日も同じような雨が続いており レインコートの下の服もいくぶんか湿気を含んでいる。梅雨特有の肌にまとわりつくような湿り気に 萌恵はどことなく気持ちの悪さを感じていた。カギを開け部屋に入り エアコンの除湿を作動させると ほどなくサラッとした清涼感に包まれた。手早くエプロンを身につけ すぐに...
【花の降る頃】 48 ― 花暦 ― 後編
つづきを読む

【花の降る頃】 48 ― 花暦 ― 後編

【花の降る頃】 48 ― 花暦 ― 後編 山間の道を登る車の中は 今日も賑やかだった。大きなカーブに差し掛かると わざと体を倒し歓声をあげる子供達に 真澄も同調してはいたが 胸の中にある問いをいつ口にしようかと考えていた。鈴木が 出向の話を真澄にしてくれなかったのはなぜなのか 断った理由は個人的なことだと言っていたが それは何か。自分は鈴木にとってどんな存在なのか……この数日間 ずっと思い悩んできたことを ...
『創作更新のお知らせ』
つづきを読む

『創作更新のお知らせ』

『創作更新のお知らせ』【花の降る頃】 を更新しました。48話 -花暦- 時の移り変わりで、二人の女性にも変化が・・・自分の意思とは関係のなく、環境が変わっていきます。萌恵と母、二人にはそれぞれ複雑な思いが重なっています。母と娘の関係も、少しずつ見えてきたでしょうか。そしてもうひとり・・・少し長い話になりましたが、どうぞお付き合いくださいね。感想、お待ちしております^^【花の降る頃】 こちらからどう...
20年使っている物は・・・
つづきを読む

20年使っている物は・・・

                      このロゴマークも少し薄くなったけれど・・・梅雨の季節、傘を手にする機会も多い時期ですね。みなさんは、どんな傘をお使いですか?私が使っている傘は、20年以上前に購入した物です。傘にはちょっと拘りがあって・・・ずっと、手開きの傘を使っています。ジヤンプ式の傘は、子どもの頃に使った記憶があるだけ。傘を、手で開く動作が好きなんです^^ずっと前のこと、職場の先輩に、...