恋愛小説文庫 花模様

【瑛先生とわたし】 1  - 先生の息子 渉(あゆむ) -
つづきを読む

【瑛先生とわたし】 1  - 先生の息子 渉(あゆむ) -

                           瑛(あきら) 先生が筆をとる紙の前で すぅっ と大きく息を吸い ふっ と呼吸を止めて力強く一筆をおろすなんて素敵な横顔なのかしら もう何回も見ているのに 一文字目に筆をおろすときの表情は 私を惹きつけてやまないの体を揺らしながら 一気に文字を書き上げていく動作はまるで音楽にあわせて体を動かすようで リズムにのって筆が進んでいく瑛先生の身のこなし...
今日からはじめます!
つづきを読む

今日からはじめます!

                        やっと私にも時間ができそう・・・                9日ぶりの更新です・・・「ブログの誕生日」 に、たくさんのコメントをありがとうございました。また、家族へのお見舞い、私へのお気遣い、ありがとうございました m(_ _)m”ブログの誕生日から、創作の毎日更新!” と意気込んでいたところに、娘がインフルエンザに!三日後に夫もダウン・・・その後、長女...
【瑛先生とわたし】 2  - 先生の友人 龍之介さん -
つづきを読む

【瑛先生とわたし】 2  - 先生の友人 龍之介さん -

                           あっ あの人が来た……アメリカ製の車の音は 音に特徴があるから嫌でも耳に入るの それに無駄に大きいのよねこの家の駐車スペースの二台分を占領しちゃうんだから ホント迷惑 バンッ って 乱暴にドアを閉める音までも聞こえてきた”オレが来たぞ!” って自己主張してるみたい瑛先生の亡くなった奥さんのお兄さんだから この家で大きな顔をしても誰も文句は言わないけ...
【瑛先生とわたし】・・・2話を更新しました
つづきを読む

【瑛先生とわたし】・・・2話を更新しました

                   2話の主人公は、先生の友人で義兄の ”龍之介さん” 昨日からはじまった 【瑛先生とわたし】 ・・・いかがだったでしょうか。プロローグではマーヤの語りで、少しだけ瑛先生の周辺の人物を見たいただきました。昨日は息子の渉 (あゆむ) 今日は、友人で義兄の龍之介が登場します。最初にマーヤのおしゃべりで登場人物の紹介をし、そのあと、その回の ”わたし” が先生を語ります。そ...
【瑛先生とわたし】 3  - 花房家の家政婦 林さん - 
つづきを読む

【瑛先生とわたし】 3  - 花房家の家政婦 林さん - 

                           あの音は 林さんの自転車の音キーッとブレーキの音がして スタンドをカシャンと立てると 鍵をかける小さな音がする毎日 同じ時刻に来て 同じ音とともにやってくる晴れた日は鼻歌まじりで玄関まできて 一瞬立ち止まり 背筋を伸ばしてからドアを開ける雨の日はカッパを脱いで 自転車に広げてかけて 乱れた髪を直しながら玄関にきて やっぱり背筋をのばす出窓から私...
更新のお知らせ&つぶやき
つづきを読む

更新のお知らせ&つぶやき

                     3話の主人公は、先生の家の家政婦 ”林さん” このまま寒くなって、一気に冬か・・・と思っていたら、昨日は温かな一日でした。一株38円で買った ”パンジー・ビオラの花のない苗” が、温かな陽気に誘われて、花が咲き出しました (ホント、38円はお買い得だったわ ^^v)小さな花壇が色とりどりになり、そんなことがちょっと嬉しかったり・・・ブロコリサークル Fantasy Ma...
【瑛先生とわたし】 4  - 市民センター副所長 深澤さん - 前編
つづきを読む

【瑛先生とわたし】 4  - 市民センター副所長 深澤さん - 前編

                           今日は深澤さんがやってくる日真っ赤な小型車が止まったのを確認すると 家政婦の林さんが私を呼んだお気に入りの椅子から降りると 林さんが抱っこしてくれる そのまま先生の仕事部屋を離れた市民センターの副所長の深澤さんは 猫アレルギーなんだってこの家に初めてやってきた日 私を見て一瞬あとずさりしたの”すみません 私 猫ちゃんダメなんです 嫌いじゃないん...
【瑛先生とわたし】 4  - 市民センター副所長 深澤さん - 後編
つづきを読む

【瑛先生とわたし】 4  - 市民センター副所長 深澤さん - 後編

                           それ以来先生の勧めもあり 通信教育という形で字の練習をしているお手本をもとに自宅で書いたものを先生宅に届ける先生がいらっしゃれば その場で添削していただいて お留守なら林さんに預けて 後日添削された物を取りに伺う少しずつではあるけれど 私の字は見られるようになってきた「この字がいい 瑠璃さんの字には勢いがある 大作が向いているかもしれないね」「...
更新のお知らせ
つづきを読む

更新のお知らせ

                   4話の主人公は、市民センターの副所長 ”深澤さん” 【瑛先生とわたし】で、悩みながらも楽しい作業だったのが、登場人物の名前決めでした。創作を書くときにお世話になっている ”名字・名前のサイト” がありまして・・・10話書くのに、そこを何度開いたことか!瑛・・・と書いて・・・あきら男性の名前を決めるとき、「よく耳にする名前」 にする、というのが私の基本です。けれど字には...
【瑛先生とわたし】 5  - 公民館講座の世話役 三木さん - 前編
つづきを読む

【瑛先生とわたし】 5  - 公民館講座の世話役 三木さん - 前編

                           『三木工務店』 と書かれたミニバンが エンジンを唸らせながらやってきたミニバンのエンジン音って 三木さんそのものって思っちゃう玄関を入るなり大きな声で話をはじめるし この家の静かな雰囲気をぶち壊すのあぁ イヤだなぁ部屋を逃げ出したいけど いつもつかまってしまう三木さんって無類の猫好きなの私の姿が見えると駆け寄ってきて 必ず抱っこしてノドをなでて...
【瑛先生とわたし】 5  - 公民館講座の世話役 三木さん - 後編
つづきを読む

【瑛先生とわたし】 5  - 公民館講座の世話役 三木さん - 後編

                           今日こそ瑛先生の気持ちを聞いてくるぞ と勇んで家を出掛けた真佐子にも 「作戦があるから 任せとけ」 と大風呂敷を広げてきた作戦というのは まずは 『猫の縁談』 をまとめることだウチにいる三匹の猫はそろって適齢期のオスで この息子達と瑛先生の家のマーヤを見合いさせようって寸法だそれが成功して マーヤに家庭ができれば 先生もその気になるんじゃないか...
更新のお知らせ
つづきを読む

更新のお知らせ

                    5話の主人公は、公民館の世話役 ”三木さん” 昨日は都内に出かけていました。寒かった~~~@@外はコートが必要なほど冷え込んで、ひざ掛けにしようと持参したストールが活躍しました。昨日の即位記念行事と、今日の大統領の来日を備えてか、都内はかなり厳重な警備態勢でした。交差点ごとに立っているおまわりさんの帽子に、イチョウの黄色い葉っぱがひらひらと舞って・・・都会で感...
【瑛先生とわたし】 6  - 一色動物病院 菜々子先生 - 前編
つづきを読む

【瑛先生とわたし】 6  - 一色動物病院 菜々子先生 - 前編

                           今日は先生とドライブといっても 私はカゴ中だけど……先生が ”少しのあいだだからね” って言うから 仕方なくカゴに入ってるの行き先はきっと 一色動物病院ね一年に一回 予防接種をしなきゃいけないんだってイヤだなぁ でも 奈々子先生に会うのは楽しみ先生に ”大丈夫よ ちょっとだけ我慢ね” って体をさすられると なんとも心地いいの看護師さんも優しいし みん...
【瑛先生とわたし】 6  - 一色動物病院 菜々子先生 - 後編
つづきを読む

【瑛先生とわたし】 6  - 一色動物病院 菜々子先生 - 後編

                           流した涙のあとにやってきた幸せは本当だった仕事を通じて出会った男性は 私の家の事情も理解した上で ”結婚しよう” と言ってくれた父が急逝したため 祖父から続いている動物病院の跡を継ぎ 名前は私の姓のまま 彼との結婚生活が始まった二人の子どもにも恵まれ もうひとり欲しいね なんて話をしていた矢先 夫の病気がみつかったあっという間だった 若いから進行...
更新のお知らせ・・・追記・アンケートのお願い
つづきを読む

更新のお知らせ・・・追記・アンケートのお願い

                   6話の主人公は、一色動物病院の ”菜々子先生” 朝が早い私は、早朝PCに向かうことが多いので 「瑛先生とわたし」 は朝UPしていたのですが、昨日、今日と時間がとれず・・・家族には、休日くらいゆっくり寝ていて欲しいのに、今日なんてみんな6時には起きてくるんだもん!平日なら朝食後でかけるけれど、休日はそのままリビングで、のんびりゆったり~(家族がね)私はいつまでたっ...
【瑛先生とわたし】 7  - バーのマスター 牧村さん - 前編
つづきを読む

【瑛先生とわたし】 7  - バーのマスター 牧村さん - 前編

                           瑛先生は今朝からソワソワしている林さんと何か相談しているから 誰かがやってくるのはわかるんだけど とても大事な人みたい「仕事部屋は僕の書いた物が目に入るから気になるだろうし 困ったな」「和室はいかがですか 二間続きですから広さもございます」「そうだ そうしましょう」えっ 和室に行くって 私も入ってみたい そのお部屋深澤さんが来たとき使うけど 私...
【瑛先生とわたし】 7  - バーのマスター 牧村さん - 後編
つづきを読む

【瑛先生とわたし】 7  - バーのマスター 牧村さん - 後編

                           賞を取り さぁこれからかと思われていた私が 書をやめると言い出したのだから 花房先生も驚いたことだろうしかし 家業をおろそかにし 妻に迷惑をかけ借金までこしらえていたことなど すべてを語った私へ 「お前のなすべきことは何か 良く考えろ」 の厳しい言葉と 破門を言い渡した私はなすべきことを考え 即実行に移した初心に戻り カクテルの勉強をやり直した...
更新のお知らせ&アンケートのお願い^^
つづきを読む

更新のお知らせ&アンケートのお願い^^

                     7話の主人公は、バーのマスター ”牧村さん” 『ブログ三周年 アンケート』 をはじめました^^さっそくお答え頂き、ありがとうございます。今後のブログの運営に役立てたいと思いますので、どうぞ参加してくださいね。ヤフーブログにもアンケート機能(投票)がありますが、IDを持っていなければ参加できません。みなさんに参加してもらえるアンケートができないかな・・・と思っ...
更新のお知らせ&アンケートのお願い^^
つづきを読む

更新のお知らせ&アンケートのお願い^^

                     8話の主人公は、瑛先生のお姉さん ”華音さん” 「三周年 アンケート」 へ、たくさんの参加をありがとうございます。昨日までに、約100名の方がアンケートにご協力くださいました。コメントも数多くいただき、初めて書き込んでくださった方も多く感激しています。勇気を出して書いてくださった方も・・・お声をお聞きできるのは、本当に嬉しいです^^アンケート期間は今月末まで...
【瑛先生とわたし】 8  - 瑛先生のお姉さん 華音さん - 前編
つづきを読む

【瑛先生とわたし】 8  - 瑛先生のお姉さん 華音さん - 前編

                            外は冷たい雨が降ってるわね遊びに行きたいけど 寒いし濡れるし やっぱり家の中にいるしかないのかなでもなぁ 今日は龍之介さんもバロンもいるし 林さんは忙しそうだし つまんないもうすぐ瑛先生の個展があるんだって龍之介さんはその打ち合わせに来てるんだけど 時間がかかるから今日は泊まっていくって言ってたわ龍之介さんが泊まるってことは バロンも一緒なの...
【瑛先生とわたし】 8  - 瑛先生のお姉さん 華音さん - 後編
つづきを読む

【瑛先生とわたし】 8  - 瑛先生のお姉さん 華音さん - 後編

                           瑛から ”話があるんだけど” と呼び出されたのは 一樹が泊まりに行った数日後”何の話?” って聞いても 会ったら話すからって ハッキリしない牧村さんの店で待ち合わせをすることにして 子ども達はその日は両親に預かってもらった店に行ったら菜々子も来ていたこれは何かあるなと思ったけれど ”あら 菜々子も来てたの” なんてとぼけながら 口当たりのいいカクテル...
【瑛先生とわたし】 9  - 龍之介さんの犬 バロン - 
つづきを読む

【瑛先生とわたし】 9  - 龍之介さんの犬 バロン - 

                           犬って いつも考え事をしているみたい龍之介さんの犬を見ていると そう思うの一緒にここの家に来ても 座ったきり動かないんじゃないのって思うほど ジーッとしている瑛先生たちの話を 聞いているんだか聞いてないんだか ほとんど反応もしないし 置物みたいに座ったままときどき渉の相手をしてやるくらいかなぁ私を見ても ”やぁ” って顔をするだけでもね バロンの...
更新のお知らせ&アンケートへ参加のお願い^^
つづきを読む

更新のお知らせ&アンケートへ参加のお願い^^

                     9話の主人公は、龍之介さんの犬 ”バロン” ”ブログ三周年の記念に 創作の毎日更新をやります!”と・・・かけ声だけは大きかったのですが・・・インフルエンザ騒動に阻まれ、開始が10日ほど延びてしまいましたが、なんとか今日まで来ることができました。予定では、”書き上げてスタート!” のはずが、実は最後の方は自転車操業になってます (^^ゞいつもは、家事や仕事の合間に ”...
更新のお知らせ&アンケートのお願い^^
つづきを読む

更新のお知らせ&アンケートのお願い^^

                     10話の主人公は、花房家の猫 ”マーヤ” ブログ三周年の企画の 【瑛先生とわたし】 今日が最終話です。10日間、お付き合いありがとうございました。8人と2匹が語る ”花房 瑛” は、いかがだったでしょうか。読んでくださった方それぞれに ”瑛先生像” があることでしょう。そして、彼を語る、周りの人々の存在も感じていただけたらと思います・・・今までの話は、そのほとん...
【瑛先生とわたし】 10  - 花房家の猫 マーヤがみた人々 - 前編 
つづきを読む

【瑛先生とわたし】 10  - 花房家の猫 マーヤがみた人々 - 前編 

                           私が住んでいるのは 書道家 花房 瑛先生 のオウチ先生のおじいさんが建てた家で 50年くらいたってるんだって大きいけれど ちょっと古いかもって思ってたら 工務店のご主人三木さんが この家は大きな柱や張りがあるから 今どき貴重な家ですよ って 自分が建てた家みたいに自慢してたその三木さんだけど このところ毎日ウチにやってくるテラスにあるウッドデッ...
【瑛先生とわたし】 10  - 花房家の猫 マーヤがみた人々 - 後編
つづきを読む

【瑛先生とわたし】 10  - 花房家の猫 マーヤがみた人々 - 後編

                           「マーヤ 今年のパーティーは すごく賑やかになりそうだよ」”30人くらい集まるかもって 林さんが言ってたわ”「最初は 僕と渉とふたりではじめたんだ それが次の年は龍之介とバロンが加わってその次の年は 長谷川のお父さんお母さん 花房の両親に姉さんの家族も入って 急に賑やかになって そのまた次は 僕が教えている生徒さんも入ってきて みんなで楽しむ会に...
10日間 ありがとうございました^^
つづきを読む

10日間 ありがとうございました^^

                     今日が解禁日でしたね 今年のお味は・・・ 急に寒くなりましたね。こちらの今日の最高気温は9度、コートを着ている人を多く見かけました。【瑛先生とわたし】 10日間おつきあいくださいましてありがとうございました。毎日読んだ、昨日まとめて読んだ、または、週末に一気に読んでみよう! と、読み方は、みなさんさまざまのようです^^どんな感想を持ってくださったかな~続き...
こんなこと あります?
つづきを読む

こんなこと あります?

                             こんなことって・・・ 昨夜もワインで乾杯! そして、いい気分で夢の中へ・・・毎晩ワインがお友達になりそうです^^大失敗をしてしまいました。誰に迷惑をかけたワケでもないので、自分の中で凹みを修復すればいいのだけど、はぁ~~~と深いため息をついてます。買い物に行って、ふと立ち寄った服のコーナー軒並み値引きのシールが貼られ、「本当にこの値段なの?...