恋愛小説文庫 花模様

【花の降る頃】 67 ― 影桜(かげざくら) ― 前編
つづきを読む

【花の降る頃】 67 ― 影桜(かげざくら) ― 前編

【花の降る頃】 67 ― 影桜(かげざくら) ― 前編 昼のニュースが流れる実家のリビングで 圭吾は見るともなしに画面をぼんやりと眺めていた。  「今年は桜の開花が早いんですって 並木道の桜も今にも開きそうよ 向こうはどうなの?」 「さぁ……」ニュースの内容に触れた遼子の問いかけに 圭吾は適当な返事をしていた。桜なんて目に入ってないんでしょう 息子なんてつまらないわね と遼子は口を尖らせていたが 街中も咲き...
【花の降る頃】 67 ― 影桜(かげざくら) ― 中編
つづきを読む

【花の降る頃】 67 ― 影桜(かげざくら) ― 中編

【花の降る頃】 67 ― 影桜(かげざくら) ― 中編 「ここに圭ちゃんが来てることは 遼子センセイには内緒にすればいいのね 了解」茶目っ気のある顔がニヤリと笑い 指で丸を作っている。美登利は義母にあたる人をわざと先生と呼んで義弟の頼みを承諾し 圭吾は義姉に拝み手をしていた。 「ゴメン 助かるよ お袋の話がくどくてさ 仕事があるから帰るって家を出てきたんだ だけど行くところがなくて もし兄貴たちが留守だっ...
【花の降る頃】 67 ― 影桜(かげざくら) ― 後編
つづきを読む

【花の降る頃】 67 ― 影桜(かげざくら) ― 後編

【花の降る頃】 67 ― 影桜(かげざくら) ― 後編 七分咲くらいだろうか……圭吾は道に突き出した桜の枝を眺めながら こんなにも咲き誇った花が これまで目に入っていなかったのかと 遼子の呆れた顔を思い出しながら苦笑していた。 運転席から目に入る桜並木の枝には薄桃色の花が付き このままでは入学式前に散ってしまうのではないかと思えるほど 花びらが咲きそろっていた。目指す住宅地への入り口へ差し掛かったとき携帯が...
【花の降る頃】 を更新しました
つづきを読む

【花の降る頃】 を更新しました

【花の降る頃】を更新しました。67話 -影桜-偶然の重なりから、里桜の事情を知ってしまった圭吾と萌恵。驚きながらも、彼らなりに里桜に接していきます。圭吾の回想から壮介の思いが見えてきます。・・・ 今回は、撫子のつぶやきを ・・・男性は、女性に比べ器用ではないと思えることが度々あります。ひとつのことを突き詰めていくことの多い男性は、他に目を向けるのが苦手なのでしょうね。伝えたはずのことが 「聞いてな...
突然ですが・・・毎日連載を始めようと思います^^
つづきを読む

突然ですが・・・毎日連載を始めようと思います^^

これからしばらく 【Shine】 に集中しようと思います。そこで、毎日の記事更新をどうしようかと考えて・・・「そうだ 書き上げた短編を 毎日少しずつ更新しよう!」 と思い立ちまして ^^v(これなら記事の更新を止めることもないと、自分の思いつきににっこり~^^)明日から開始しますね。ブログトップに、そのまま創作をUPしますので読んでください!(後日、短編の部屋に移動します)春・・・いろんなことが始まる季...
今日の更新は・・・
つづきを読む

今日の更新は・・・

『春よコイ』・・・5話までお届けしましたが、続きを楽しみにしてくださっているでしょうか^^今日は入学式でした。 次女も、無事に中学生になりました! ただいま、「入学祝い」 の宴会中・・・(子どもはすでに引き上げましたが ^^;) ということで、今日の更新は・・・ごめんなさ~い (><) また明日、「更新されたかな?」  とのぞきに来てくださいね! ではでは・・・今夜はこれにて・...
またまた・・・
つづきを読む

またまた・・・

母と一緒に、あちこち出かけています。 こちらは今、桜が満開です。 なかなかPCに向かえなくて (今夜も携帯から書いてます^^;) 明日も一日外出の予定になり・・・更新は微妙・・・ 【春よコイ】 の続きは、パソコンに向かう時間が取れたら更新しますね。 お知らせでした!  みなさま、ステキな休日をお過ごしくださいませ^^    ...
出かけた先は・・・
つづきを読む

出かけた先は・・・

今日の首都高は、珍しく渋滞もなくスムーズな走りで羽田へ! しかし、空港は相変わらずの人の多さでした。 みなさん、どこへお出かけなのかな~ (画像は、夕方の羽田空港出発ロビーです) 【春よコイ】 へ、コメントをありがとうございます。 お返事は明日書かせてくださーい! 更新も明日・・・  ...
【ボレロ】  24   - vivace  - ヴィヴァーチェ (活発に) 前編 
つづきを読む

【ボレロ】  24   - vivace - ヴィヴァーチェ (活発に) 前編 

弦楽四重奏が奏でるバッハが流れる中、須藤邸の賑やかな庭をあとにした。ブランデンブルグ協奏曲の耳慣れた旋律に、もっと聴いていたいと思いながら長居は無用と足を速める。庭を抜け玄関前へ急ぐ私に、控えめに声をかける人物がいた。「お帰りですか。本日はありがとうございました」「こちらこそ、素晴らしい庭を拝見させていただきました。 北園さんの仕事は素晴らしかったと、帰ったらウチの親方に報告します」「嬉しいことを...
【春よコイ】 完結しました^^
つづきを読む

【春よコイ】 完結しました^^

【春よコイ】 最終話になりました。これまでありがとうございました。最終話は、13話とエピローグに分けました。「短編の部屋」 に更新しましたので、そちらをご覧ください。これまでの感想を、ぜひお聞かせくださいね!お待ちしております^^【春よコイ】 は 短編の部屋でどうぞ (文字をクリック)・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・【Shine】...
今日の一枚…4/19
つづきを読む

今日の一枚…4/19

  娘のメガネを作りに行って 「眼鏡○場」 で見つけた一品です^^ アニマルメガネスタンド あまりの可愛さに、柴犬を一匹連れて帰ってきました。  (って、衝動買いです あはは・・・千円也!)   「黒板が良く見えないのよね」 と急に言い出すんだから! レンズ交換だけのつもりが、一式作ることに 春の臨時出費です・・・ 新学期、メガネを作る人が多いのか、ずいぶん...
【春よコイ】 あとがき & お知らせ
つづきを読む

【春よコイ】 あとがき & お知らせ

【春よコイ】 お読み頂きありがとうございました。アラフォーの恋愛模様はいかがだったでしょうか。春休み、記事を書く時間の確保が難しい、毎日更新は続けたいが、どうしたものかと考え「そうだ 短編創作を少しずつ更新したらいいかも!」 と、思いつきにニンマリ^^v書き上げた文章を、ちょっとずつ毎日UPして短時間で投稿終了! の予定が、なかなかどうして ^^;見直す・書き直す・加筆する・・・の作業が加わり、思...
たまには豪華に・・・
つづきを読む

たまには豪華に・・・

                               本日の昼食^^先週末の東京は ”冬” だったのに、今日は ”春” でした。スプリングコートも必要ないくらい昼間は温かく、歩きながら汗が滲んだほど。今日は、創作のお仲間Mさんと、「定例会」 (なんて、会っておしゃべりをするだけなんだけど ^^;)「半年に一度だから!」 と、毎回ちょっと贅沢ランチ・・・となりますが、今日は特に張り込んで(笑)初...
【ボレロ】  24   - vivace  - ヴィヴァーチェ (活発に) 後編 
つづきを読む

【ボレロ】  24   - vivace - ヴィヴァーチェ (活発に) 後編 

役員にはそれぞれ個室が与えられている。社長である父の部屋ほどではないが、私にも会議室も備えた一室があてがわれていた。仮眠ができるソファとミニキッチンもあり、徹夜の仕事もこなしてもらうと言われているようなものだと副社長就任時に思ったものだった。遅い昼食をとる平岡は、早く話を聞きたいのかせわしく箸を動かしていた。 「それで、僕は何をすればいいんですか? パーティー会場で有力な情報でもありましたか」「有...
【ボレロ】 更新のお知らせ
つづきを読む

【ボレロ】 更新のお知らせ

【ボレロ】 を更新しました。(24話は、前編・後編とあります 前編からお読みください)ついに動き出した宗一郎須藤家のパーティーに、どうやって潜入したのでしょう。宗の水面下の動きはいかに・・・珠貴を捜しにやってきた櫻井・・・で、前回は ”つづく” でしたが、彼らはどうなったのか。宗一郎と櫻井は対峙したのか。三人の ”その後” をご覧ください!【ボレロ】 は、大人の恋の物語なので、大人な場面もありますが、...
オススメのお部屋をご紹介!
つづきを読む

オススメのお部屋をご紹介!

投稿者・スタッフとして参加している投稿サークル 『Fantasy Market』通称 「FM」 (『言葉のアトリエ』 『アートスタジオ』 『いろいろコラム』 の部屋があります)2ヶ月ごとに設けられる 「テーマ」 に添った作品が寄せられています。多くの方に投稿作品を楽しんでいただいていますが・・・『新着NEWS!』 の部屋をご覧下さっているでしょうか!この部屋は、投稿者さんが新規投稿した際に、みなさんへ 「投稿のおし...