恋愛小説文庫 花模様

【花の降る頃】 69 ― 麗らかな日に ― 3
つづきを読む

【花の降る頃】 69 ― 麗らかな日に ― 3

       金屏風横の大鉢に盛られた花々は 萌える季節を思わせる華やかな生けこみになっていた。圭吾は花に目を向けるうちに テッセンが生けられていた実家の茶室を思い出していた。萌恵の顔とともに思い出される光景は いつのことだったかと記憶を探っていたが 記憶が蘇ると甘い感覚と懐かしさが込み上げてきた。交際を始めて間もない頃 出張続きで会えない日を過ごし 数週間ぶりの逢瀬の...
【花の降る頃】 69 ― 麗らかな日に ― 4
つづきを読む

【花の降る頃】 69 ― 麗らかな日に ― 4

お色直しのために……と促され 萌恵が一足先に退場する。先日結婚したばかりの姉の雪那に導かれ 出席者に笑みを向けながらゆっくりと出口へと向かっていく。萌恵の姿を追いかけながら 圭吾は母親の京香へと視線を走らせた。体調は悪くないと聞いていたが 良好とまではいかないはずで そばに座っている婿の真木が 京香のそばを片時も離れずにいるところをみると 無理をしているのではないかと思われた。姉に導かれ あでやかな...
【花の降る頃】 更新のお知らせ
つづきを読む

【花の降る頃】 更新のお知らせ

            【花の降る頃】 69 -麗らかな日に- 3・4を更新しました。今回は、披露宴の二人の様子です。困難をのり越えて、喜びの日にたどり着いた圭吾と萌恵。様々な思いが去来して・・・69話は4回の予定でしたが、もう少し長くなりそうです。圭吾と萌恵の佳き日を、ふたりを見守った彼らとともに、一緒に感じていただければと思います。【花の降る頃】 69-3 こちらからどうぞ http://blogs.yahoo...
つぶやき・お知らせ・いろいろ~^^
つづきを読む

つぶやき・お知らせ・いろいろ~^^

『撫子's Room』 は、「撫子のつぶやき」 と 「オリジナル創作」 の二本立てになっています。ブログを訪問してくださるみなさんは、両方を読んでくださっているのかな?それとも・・・「つぶやき」 だけ? または 「創作」 だけ?頭の中で空想していた物語を、文章にする楽しみを知ってからせっせと書き、読んでもらえる嬉しさで、更に拍車がかかり今日に至っています^^そこに、ブログで日常をつぶやく楽しさも加わって...
Wiiフィット、一ヶ月の成果は・・・
つづきを読む

Wiiフィット、一ヶ月の成果は・・・

Wiiフィットプラスが我が家にやってきたのが、5月4日でした。あれから一ヶ月、なんと・・・毎日続いています! (私が休んだのは三日間だけ)身体測定は毎日実施、体重とBMI、運動時間数などが記録されています。一緒に始めた夫は私より熱心で、腰痛で動けなかった数日後から運動を再開しました。この記事を書いている目の前で、夫は ”ながら踏み台昇降” を行っております。 テレビを見ながら踏み台昇降運動中・・・今日...
【花の降る頃】 69 ― 麗らかな日に ― 5
つづきを読む

【花の降る頃】 69 ― 麗らかな日に ― 5

      披露宴のあと場所を移して 友人主催の 「祝う会」 が二次会として設けられていた。二次会は 圭吾の友人と会社の同僚達が連携して企画をし 萌恵の友人や茶道の稽古仲間にも声がかかったようで”二次会 楽しみにしててね 私たちも楽しいの みなさんいい方ばかりよ” とは 萌恵の同級生がこっそり教えてくれたことだった。会場の装飾は萌恵の友人が提案したもので 大勢の手を借りなけれ...
【花の降る頃】 69 ― 麗らかな日に ― 6
つづきを読む

【花の降る頃】 69 ― 麗らかな日に ― 6

        目が覚めると ぬくもりに包まれていた。横向きで横たわる萌恵を 圭吾は後ろから包むように抱きかかえ 二人の体の曲線は見事に重なっている。整った息が頭から聞こえて 静かな呼吸が 圭吾はまだ眠りの中にいるのだと教えてくれた。腰におかれた圭吾の手に 萌恵は自分の手を重ねた。指の間からふたつの指輪が見えたとたん 言い知れぬ幸福感に包まれた。互いの指にはめられた指輪...
更新のお知らせ
つづきを読む

更新のお知らせ

            【花の降る頃】 69 -麗らかな日に- 5・6を更新しました。引き続き、結婚式の当日の二人です。圭吾と萌恵の結婚を祝う友人達に囲まれ、楽しい時間を過ごし・・・結婚後、互いに感じたこと、心に思うことが見えてきます。【花の降る頃】 69-5・6 こちらからどうぞ http://blogs.yahoo.co.jp/nadeshiko1031/41621378.html長く続いたこのお話も、次回が最終話になります。二人のその後をご覧...
あぁ・・・ケータイ
つづきを読む

あぁ・・・ケータイ

ケータイを落としました ><”あっ” と思ったときは手から滑り落ちたあとで、床に落ちた瞬間、何かが弾け飛んでいったような。拾ってみたら・・・ジョイント部分にヒビが!加えて一部破損してました~~@@本体機能には影響はなかったけれど、ヒビが日々広がっています (あっ、駄洒落じゃないです^^;)このケータイ、使い勝手がいいので替えたくないけれど、近いうちに壊れるのは確実。(ヒビが広がってボキッと折れそうな...
今日の言い訳・・・
つづきを読む

今日の言い訳・・・

午前中はなんともなく過ごしていたのに、昼過ぎからクシャミ・鼻水・頭痛・腹痛が一気にやってきました~~@@冬場は元気だったのに、今ごろ風邪をひくなんて・・・コメントのお返事を書こうとPCの前に座ったものの、文章がまとまらず ><今夜は足跡だけ・・・また明日~☆                                            ....
今日までは・・・
つづきを読む

今日までは・・・

ひどい風邪ではないのですが (食欲もあるので・・)鼻はグスグス、咳コンコンになってます。あっ、喉もイガイガです・・・ティッシュが手放せません。鼻がつまると思考能力が、極端に低下しますね。料理の手順が悪いこと ><休もうと、横になって手にした本を読み始めたら、”おぉ・・・面白い!” 恐怖とサスペンスとミステリーなストーリーでした。(とっても面白かったけれど、風邪の頭には刺激的だったかも はは・・)本の...
なんとか復帰!
つづきを読む

なんとか復帰!

                              椅子がぁ~・・・夏風邪から、また副鼻腔炎を引き起こしたようです ><(だから頭痛が取れなかったのね・・)耳鼻科のセンセイに 「風邪には気をつけなさい!」 と言われていたけれど、どう気をつければよいものか^^;とにかく、早めに治すことでしょうね。そして、「早く寝ること」 かな。少しばかり生活のパターンが変わったので、このところ睡眠不足でした...
究極の目玉焼き?
つづきを読む

究極の目玉焼き?

                              あぁ 目玉焼き卵料理は難しいといわれますが、本当ですね。お弁当や朝食を作りながら 「あぁ・・難しい・・」 と毎日実感しています。先日の 「ためしてガッテン」 ご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、”目玉焼き” に、あんな裏ワザがあったとは、ホントに驚きましたね!・・・卵は、高いところから割り落としてはいけない・・・へぇ~~! でした。...
【花の降る頃】 70 ― 花の舞 ― 1
つづきを読む

【花の降る頃】 70 ― 花の舞 ― 1

春の暖かな空気を想像して外へと踏み出した圭吾は 回転ドア一枚に隔たれた外気の予想以上の冷たさに身をすくめた。日本と比べると こちらはまだ春の入り口であり もう一枚着込んでくるべきだったと ホテルの玄関で足が止まったままだ。もうすぐ咲きそうね と並木道の桜に目をやりながら 家から送り出してくれた萌恵の顔が浮かんだ。帰ってくる頃には五分咲きくらいだろうね……そう答えた朝は ジャケット一枚で充分なほど暖か...
更新のお知らせ
つづきを読む

更新のお知らせ

            【花の降る頃】を更新しました。出会いから三年の月日をへて、結婚へとたどり着いた圭吾と萌恵。70話は、その後の二人の様子と、彼らに関わってきた人々の ”今” をお届けします。意外な人物の登場もあり・・・最後の風景は、ずっと前から決めていました。この場面を書きたくて今まで進んできたといってもいいほどで、私にとって思い入れの深い話でもあります。いままで蒔いてきた種が芽を出し大きく膨...
6月の記念日
つづきを読む

6月の記念日

6月12日は 『恋人の日』 だそうですね。それにしてもいろいろな記念日があること!もともとはブラジルの行事で、恋人同士がフォトフレームを贈りあう習慣があるそうで、日本では 「全国額縁組合連合会」 が、普及に努めているのだとか。さてさて、この習慣は広まるのでしょうか、ちょっと楽しみだわ ^m^昔、恋人をしていた頃(笑)、こんな習慣があったとして、はたして実行したのか・・・うーん、しなかっただろうなぁ...