恋愛小説文庫 花模様

【琥珀色の伝言】 viviさんへお祝い創作です・・・そして、4周年いろいろ
つづきを読む

【琥珀色の伝言】 viviさんへお祝い創作です・・・そして、4周年いろいろ

                     私が思い描いた彼の職業は何でしょう! ため息が出るほど美しい画像だと思いませんか! vivi☆さん加工のコラージュです。なんと透明感のある画像でしょう・・・なんと深い色合いでしょう・・・画像に出会った瞬間 「大好き!」 と一目惚れ (#^.^#)毎日毎日通いつめ、穴が開くほど眺めたり、ぼぉーっと眺めたり「ちょっとレトロな彼」 に会うために、この一ヶ月間は、viviさんのお...
【ボレロ】  32-1   - delicato - デリカート (繊細に) 
つづきを読む

【ボレロ】  32-1   - delicato - デリカート (繊細に) 

  ポケットに入れた手が、肌のぬくもりで温かいと感じる季節になってきた。 足早に過ぎようとしている秋に、今までなら気がつかずに冬を迎えていただろうが、今年は少々状況が違う。 ミーティング前の、短いがゆっくりとできる時間帯を見計らったように届くメールには、『ちいさい秋 みーつけた』 のタイトルがつけられ、彼女が見つけた秋の画像が添付されている。 そろそろだなと思いながら突っ込んだ...
【ボレロ】  32-2   - delicato - デリカート (繊細に) 
つづきを読む

【ボレロ】  32-2   - delicato - デリカート (繊細に) 

  できる限りの協力をと申し出たこともあり、一応の体面を保ちながらなんとか会合を終えた。 私が関わるのはここまでですと、まるで決別を告げるように櫻井と珠貴に言い渡すと、櫻井はあからさまにホッとした顔を見せ、珠貴は複雑な顔をした。 霧島君から、今までどうもありがとうございましたと友人らしからぬ律儀な礼があり、食事の用意をしたので、ぜひ一緒にと断れない誘いがあった。 友人の手前駄々...
【ボレロ】 更新のお知らせ
つづきを読む

【ボレロ】 更新のお知らせ

【ボレロ】 を更新しました観月の会のひと月後・・・から物語がはじまります。新たな登場人物、珠貴の妹 須藤紗妃 紗妃と宗一郎の交流が、意外な点につながっていきます。宗一郎と珠貴の物語も二年半になりました (おおよそ月に一度の更新ですから、なかなか進まず・・・)「いつプロローグの二人になるの?」 の質問をいただきますが・・・そろそろかなぁ^m^やっと大きな波がやってきました!これからしばらく、”ドキドキ...
大変だったのよ~@@ その1 (給湯器の巻)
つづきを読む

大変だったのよ~@@ その1 (給湯器の巻)

 優雅なバスタイムのはずが・・・   ブログの誕生日へ、たくさんのお祝いと励ましをありがとうございました。 5年目も気負わず ” ぼちぼち ” と更新していきます。 これからも、どうぞお付き合いくださいませ m(_ _)m   5年目のつぶやきの一歩は・・・ぼやきとなりました^^;  我が家の給湯器は灯油です。 ガスに比べ燃料費が安く、裏に隣家がなく騒音で迷惑をか...
大変だったのよ~@@ その2 (防犯ブザーの巻)
つづきを読む

大変だったのよ~@@ その2 (防犯ブザーの巻)

  突然鳴り出したケータイに、またもびっくり!   携帯を買い換えて約二ヶ月・・・ いまだに機能を使いこなせず、右往左往することもしばしばです。  「防犯ブザー」 は、どの携帯にも標準装備なの? 以前の機種は古かったこともあり、そんな機能はなかったはず・・・ ブザーを鳴らして危険を知らせるための機能だと思うのですが、 そんな設定がされているなんて知りもせ...
ちょっと一息…
つづきを読む

ちょっと一息…

植物3点で・・・900円也 ^^/  『大変だったのよ~@@』 シリーズは、今日はおやすみして・・・  玄関や室内を飾る植物をもとめて、少し足を伸ばして大きな園芸センターへ行ってきました。 そこでは土日に 「競り」 を開催しています。 セリの会場では、威勢のいいおじさんの掛け声に、つぎつぎと手を上げ欲しい花木をもとめていきますが 出遅れると、もう手に入りません。  ...
泣けるCM?
つづきを読む

泣けるCM?

なんだか泣けるCM    ネットのお散歩中に見つけた動画です。 『なんだけ泣けるCM』 とあり、興味津々! 定年を迎えた夫が、妻に贈るプレゼント、それは・・・ (少々長い動画ですが、お付き合いください)  さてCMをご覧になって、みなさんはどう思いましたか?  「泣けて 泣けて 涙が止まりません・・・」 「いいわぁ こんな夫婦になりたい」 「理想の...
意外な結末のCM・・・
つづきを読む

意外な結末のCM・・・

公共広告機構 CM 『黒い絵』  昨日に引き続き、こんなの見つけました 「思わず考えてしまうCM」 です。 私・・・このCM、好きです! 黒い絵=精神の不安・・・と結び付けてしまうところが、なんともブラックで ^m^  大人の先入観は、物事を判断する基準ですから、悪くはないと思うのですが、 ステレオタイプ (判で押したように同じ考えや態度や見方が、多くの人に浸透している状態)&nb...
大変だったのよ~@@ その3 (エクササイズの巻)
つづきを読む

大変だったのよ~@@ その3 (エクササイズの巻)

 お世話になってます^^   「Wiiフィットを始めました」 と書いて、ちょうど半年が過ぎました。 私の成果は・・・先月と変わりなく、いえ増加傾向 (T T)  せっせと運動をした最初の三ヶ月は順調に体重が落ちていったのに、この二ヶ月ほどは上がったり下がったり。 「体重の停滞期」 らしく、数値が動きません。 それでは、ウエストだけでも引き締めよう! と思い、はじめたの...
【ボレロ】  32-3   - delicato - デリカート (繊細に) 
つづきを読む

【ボレロ】  32-3   - delicato - デリカート (繊細に) 

  夕焼けの眩しさに目を細め、遥か遠くの風景を見つめた。 一日の終わりを告げる日が沈むさまは文句なく美しく、これからやってくる夜へ引継ぎを惜しむように少しずつ姿を隠している。 暮れゆく空を睨みながら、珠貴と連絡が取れない理由を考えていた。 携帯の電源を切っているのかもしれないが、なぜ電源を落とす必要があるのか。  電話ができない場所にいるのではないか、ではそれはどこだ。&nbs...
【ボレロ】 更新のお知らせ
つづきを読む

【ボレロ】 更新のお知らせ

【ボレロ】 を更新しました会合の席で顔を合わせることになった、宗一郎・珠貴・櫻井 そして浜尾秘書互いを牽制しながらも、威嚇する宗一郎と櫻井祐介です。そこへかかってきた電話に珠貴は呼び出され・・・32話に漂う ”謎” の解決まで、5000カウントごとの更新の予定です (おそらく週一回の更新)宗一郎と珠貴の運命を決める一連の出来事に、どうぞお付き合いくださいませ。                  【ボレロ...
大変だったの~(@_@)
つづきを読む

大変だったの~(@_@)

  今日はいろいろ取り込んでおりまして… 『大変だったのよ~@@』 の記事なるような事態に遭遇したのでした! ボレロの更新は明日へ… お知らせでした!  あぁ、疲れたわ・・・ふぅ・・・   ...
【ボレロ】  32-4   - delicato - デリカート (繊細に)
つづきを読む

【ボレロ】  32-4   - delicato - デリカート (繊細に)

都会の空は星が見えないと言われるが、それにも増して今夜の空は不気味な闇に包まれていた。 高台から見下ろす街にはネオンが輝き、煌びやかな電飾が光を放っているが、その光も静かに進行している陰謀を隠すための目くらましではないかとさえ思えてくる。 タクシーの運転手が提供する陽気な話題に差しさわりのない相槌をうちながら、知弘さんの電話を思い出していた。  『ご無沙汰しています。いまどちらから?』 『昨夜遅く...
【ボレロ】  32-5   - delicato - デリカート (繊細に) 
つづきを読む

【ボレロ】  32-5   - delicato - デリカート (繊細に) 

   知弘さんが私に協力を求めたことは、須藤社長は知らないそうだ。  通報は反対であるとの取締役の意見が多いため、警察や捜査機関が動いたとわかれば社長の信用はなくなり、ますます立場が悪くなる。  あくまでも私の独断で動いたことですからと言いながら、これは立派な犯罪です、例え身内が企てたことであっても見逃すことはできませんと、知弘さんの固い決意が見られた。  ふたりで考え...
【ボレロ】  32-6   - delicato - デリカート (繊細に)
つづきを読む

【ボレロ】  32-6   - delicato - デリカート (繊細に)

   兄弟でも仕事の顔を見ることは滅多にない。 事業に関係する情報を潤一郎から極秘に提供してもらうことはあるが、それはすべての調査が済んだ結果のみを目にするのであって、弟の仕事は知っていても実際に活動する姿を見るのは初めてだった。 紫子も私と同じらしく、食い入るように潤一郎の問いかける様子を見入っている。 知弘さんへ無駄のない質問と最小限の問いかけで、須藤家の状況を把握して...
【ボレロ】 32 Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ 更新のお知らせ
つづきを読む

【ボレロ】 32 Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ 更新のお知らせ

【ボレロ】 を更新しました行方のわからない珠貴はどこへ・・・宗一郎へかかってきた電話の主は、珠貴の叔父 須藤和弘 でした。和弘の用件は何か!事件の核心に迫ってく宗一郎と彼らです。長い回になりましたが、どうぞお付き合いくださいませ^^(次回33話は、は珠貴の語りの回になります)32話に漂う ”謎” の解決まで、5000カウントごとの更新の予定です (おそらく週一回の更新)宗一郎と珠貴の運命を決める一連の出...