恋愛小説文庫 花模様

家族に大好評! 空の味をわが家でも^^v 
つづきを読む

家族に大好評! 空の味をわが家でも^^v 

                          空港で見つけたお土産です^^飛行機に乗ってしばらくすると、機内サービスがありますね。(航空会社によっては有料のところも・・・)国内線のドリンクサービス 「温かい飲み物と冷たい飲み物、どちらがよろしいでしょうか」 と聞かれますが・・・みなさんはどんなドリンクを選びますか?私は、コーヒーか、航空会社によってはスープを頼みます。娘たちもスープがお気に入...
【花香る下で】 9 -時のざわめき- 前編 
つづきを読む

【花香る下で】 9 -時のざわめき- 前編 

    青竹が並ぶ道に踏み込むと 一瞬にして空気が変わった。 天を目指せとばかりに突きあがる竹の勢いに圧倒されたのか 岩切健太は歩みを止めじっと見入っていた。 葉先からしたたる雫が竹林に差し込む薄い光に反射して 言葉にならない美しさを見せている。 大きく吸い込んだ竹林の空気には充分な湿気があり 自然の潤いが体の隅々まで行き渡るのではないかと 思えるほどだった。  ...
【花香る下で】 9 -時のざわめき- 後編
つづきを読む

【花香る下で】 9 -時のざわめき- 後編

    里桜が来週の予定を早めたのは 友人の熱心な誘いがあったからだった。 若葉の母親の友人が始めたレストランのオープンに ぜひ里桜を招待したいと言われたのだった。 フランスの一流店で修行したシェフとパティシエを中心に 妥協のないこだわりのレストランを目指す店だという。 関西が一号店となるそのレストランの出資者の一人には 若葉の父親も名を連ねていた。    「な...
【花香る下で】 更新しました
つづきを読む

【花香る下で】 更新しました

  【花香る下で】 9話をUPしました。青竹の美しい季節になりました。竹には、木々とはまたた異なる風情がありますね。義妹の思いを知る祐斗祐斗に会う理由をさがす里桜心は揺れて、ざわめいて・・・コメントをお待ちしております。2月から始めた物語です。未読の方にも読んでいただけると嬉しいです^^                 【花香る下で】 こちらからどうぞほぼ、週一回の更新ですが (【ボレロ】のUPの...
混ぜて焼くだけ! ニューヨーク・チーズケーキ
つづきを読む

混ぜて焼くだけ! ニューヨーク・チーズケーキ

 娘のリクエストで作ってみました。 『ニューヨーク・チーズケーキ』 名前がなにげにカッコいい^^v  作り方はとっても簡単♪ とっても美味しい♪ クリームチーズ 250gサワークリーム 180ml砂糖 90gレモン汁 一個分生クリーム 200cc卵 3個コンスターチ 大さじ2 これらを、よーく混ぜて (ハンドミキサーで混ぜればお手軽) 砕いたクラッカー100g (無塩バター50gを混ぜて) ...
外出のお供、夏のお気に入り^^
つづきを読む

外出のお供、夏のお気に入り^^

 機能性重視もいいけれどお洒落な一品が欲しくて・・・   マイボトルがかなり浸透してきましたね。  以前記事にも書きましたが、スクイズボトルの 「お気に入りの一品」 がなかなか見つからなくて探していたところ ある雑貨屋さんで、友人から 「これ、使いやすいよ」 と勧められ、思い切って購入! とっても気に入って使っています。 お値段が、ちょっぴり高めだったけれど、デ...
衣替え あぁ 衣替え・・・
つづきを読む

衣替え あぁ 衣替え・・・

 もう寒くならないよね?   ようやく気温が平年並みになってきました。 クローゼットの中で、冬物と夏物がひしめき合っていましたが・・・  やっと衣替え!  その中に、毎年出しては着ることなく、また仕舞われる衣服が数点 もう着ることはないと思いつつ、愛着があったり、購入時けっこうなお値段だったりで なかなか決断がつかず・・・ が、今回思い切って処分を決めま...
泣かないつもりだったのに・・・
つづきを読む

泣かないつもりだったのに・・・

ネットのお散歩中、偶然見つけた動画です コメント欄には 「泣けてきました・・・」 「感動」 の文字がずらり 「私は泣かない、負けるもんか!」 と心に強く決め (見えない何かに張り合うワタシ 笑)  いざ動画を再生 いつのまにか画面に釘付け・・・ 固い決意も見事にくだけ・・・  まぁ、どうぞご覧ください お父さんの表情がいいですね^^ (再生は、画像の三角をク...
つい欲張って・・・
つづきを読む

つい欲張って・・・

   友人たちと、ランチのあとおしゃべり  お気に入りのドリンクを飲みながら、つきることにないおしゃべりは女性にとって楽しい時間 「ドリンクバー」 は、長居するのに強い味方かも ^m^  温かい飲み物、冷たい飲み物、あっちを飲んで、今度はこっち あれもこれもと飲むうちに、お腹の中は水分でいっぱい それなのに、つい、次のドリンクを取りに行って・・・  紅茶...
お野菜と愚痴の関係
つづきを読む

お野菜と愚痴の関係

  先日の夕方のこと、友人が袋いっぱいの野菜を届けてくれました。 実家からたくさん持ってきたので・・・と、それは新鮮なものばかり!  そして、彼女が袋を手渡しながら  「野菜のおすそ分けは口実なの、愚痴を聞いて!」  と私の手を しっかと握って・・・ 今日の訪問の目的は 「愚痴を聞いてもらうことだから」 と、正直な彼女です ^^;  愚痴の内容は、彼女の家の...
銀行で・・・こんな額おろしたことない!
つづきを読む

銀行で・・・こんな額おろしたことない!

   銀行のATM (現金自動預け払い機) に行き、 10万円出金するつもりで画面をタッチ ところが・・・ 『10』 と押すところを、思わず 『100』 と押してしまい 「あっ 違う!」 と思った次の瞬間 『円』 を押しちゃった ><  そして・・・チャリン と音がして・・・ 100円玉が一個出てきました!     ATMで、100円おろしたのは初め...
【花香る下で】 10 -雨だれ- 前編
つづきを読む

【花香る下で】 10 -雨だれ- 前編

    縁側に座り 庭を眺める人の背中を見つめながら 里桜は呼吸を整えた。  いつもと同じ顔ができますように…… 静まった胸に言い聞かせ 祐斗へ歩み寄った。 足音に振り向いた顔が笑顔になり ありがとう と礼のあと ゆっくりと茶碗を持ち上げ 一口含んだ口から ふぅ……とため息ともつかぬ息がもれた。   「美味しい」  「ありがとうございます」  &nb...
【花香る下で】 更新しました
つづきを読む

【花香る下で】 更新しました

  【花香る下で】 10話をUPしました。祐斗の姿を見つけた里桜は心の高ぶりを抑えようとしますが、感情は正直なようです。二人を引き合わせたのは偶然なのか、それとも・・・コメントをお待ちしております。                 【花香る下で】 こちらからどうぞ10話は、前編・中編・後編の構成になっています。今日から、三日続けて更新します (今週末は忙しくて・・・)毎日 「まだかな?」 と覗いて...
【花香る下で】 10 -雨だれ- 中編
つづきを読む

【花香る下で】 10 -雨だれ- 中編

    凝った造りではないが 落ち着きと品のある店内はゆったりとした空間が設けられていた。 招待客もみなそれ相応の人々が集っているのだろう 立食にありがちなざわつきはなかった。 若葉と里桜は客の中でも若い方だろうが 振る舞いはその場にしっくりと馴染んでいる。 入り口で出迎えてくれたオーナーが 若葉の母親の友人であることは 話の内容から察することができた。 オーナーが持つ...
【花香る下で】 10 -雨だれ- 後編 
つづきを読む

【花香る下で】 10 -雨だれ- 後編 

    「急にいなくなったから 焦ったよ」  「すみません ちょっといろいろありまして……」  「いろいろっての これからじっくり聞かしてくれるんだよね」  「えーっと 話せる範囲ですが……」  「ふぅん で 何から聞かせてくれるのかな」   若葉が常連になっているカウンターバーに祐斗と健太がやってきたのは 里桜たちから遅れること 20分ほど...