恋愛小説文庫 花模様

【ボレロ】  48-2 - mezza voce - メッツァ ヴォーチェ (半分の声で
つづきを読む

【ボレロ】  48-2 - mezza voce - メッツァ ヴォーチェ (半分の声で

    「副社長は、いつもきちんとしていらっしゃいました。  お酒の席も、ご自分を律するように振舞われて、乱れた姿を拝見したことはありません でした」  「そうだろうね。彼は自分の立場も自分の限界も知っている。それらを超えるとどうなるの かということもね」  「どこにいてもそうなのでしょうね。彼には副社長の立場がありますから  決して無理はしないの。宗一...
【ボレロ】  48-3 - mezza voce - メッツァ ヴォーチェ (半分の声で)
つづきを読む

【ボレロ】  48-3 - mezza voce - メッツァ ヴォーチェ (半分の声で)

    いつ訪れても変わらぬ佇まいがここにはあった。 大女将のこだわりが感じられる調度品や季節ごとのしつらえは、訪れる人々の目を楽しませてくれる。 もてなしの心が行き届いた空間で、親しい友人たちと過ごす時間はまさに至福のとき。 秋の祭日の午後、私は割烹 『筧』 にいた。    「美味しいお食事をいただきながら、おしゃべりができて、なんて幸せなの。  器の美し...
【ボレロ】  48-4 - mezza voce - メッツァ ヴォーチェ (半分の声で)
つづきを読む

【ボレロ】  48-4 - mezza voce - メッツァ ヴォーチェ (半分の声で)

   「マスコミが押し寄せることはなくなりましたが、それでも、通用口付近に毎日数人ほどの姿があるそうです。  ウチのホテルに近衛副社長のための法人契約のお部屋があることは、公然の秘密になってしまいました。  宗一郎さんにプライベートはないのではないかと、狩野も心配しておりました」  「マスコミに追いかけられるのは、四六時中監視されているのも同じですものね。  でも、...
【ボレロ】  48-5 - mezza voce  - メッツァ ヴォーチェ (半分の声で)
つづきを読む

【ボレロ】  48-5 - mezza voce - メッツァ ヴォーチェ (半分の声で)

     夏の終わりに始まった週刊誌騒動は、すでに二ヶ月に及んでいる 。 騒ぎの中、目の前の仕事と役割をこなすだけの日々に、季節の移ろいを感じ取る余裕もなかった。  一時の異常な騒ぎは見られなくなったものの、私たちを悩ます記事はいまだに掲載され、そのたびに顔をしかめ  気持ちがささくれていく。  解決の糸口が見えそうで見えない状態は、精神的疲労の蓄積となり、マイナス思考を...
【ボレロ】  48-6 - mezza voce - メッツァ ヴォーチェ (半分の声で)
つづきを読む

【ボレロ】  48-6 - mezza voce - メッツァ ヴォーチェ (半分の声で)

    今朝のダイニングは、ピリピリとした空気が張り詰めていた。 紗妃のおしゃべりも母の小言もなく、もちろん私も口をつぐんでいる。  いつもなら無言か、ときに新聞で興味を引いた記事を一方的に口にするだけの父が、食事のあいだも母だけを 相手に懸命に話している姿をはじめて見た。  両親が熱心に語っている内容は、知弘さんの結婚と将来についてであり、およそ父には似つかわしく...
【ボレロ】  48-7 - mezza voce - メッツァ ヴォーチェ (半分の声で)
つづきを読む

【ボレロ】  48-7 - mezza voce - メッツァ ヴォーチェ (半分の声で)

    古いビルにはそれなりの風格があった。 どっしりとした構えは今の時代にはそぐわないのかもしれないが、長い年月を耐え抜いた誇らしさがある。 当時ここに事務所を構えることが成功への入り口だった。 誰もが成功を信じ上を目指した時代には、どの階も活気に溢れ、前途洋々な顔が行きかい、階段にまで 人が溢れていた。 それが景気の停滞とともに、寂しい空間へと変化していった。&nb...
お話の合間におしゃべりを *^-^* 
つづきを読む

お話の合間におしゃべりを *^-^* 

                    スコーン大好き! ゆっくりお茶したいな~^^ ブログ5周年企画は、「ボレロの1話更新」 でした。ブログの誕生日に更新したのは48話・・・Ⅰ~Ⅶ の7話、長い回になりました。見えない何かも、見えてきたのではないでしょうか^^犯人は誰か・・・みなさんの予想は?ドキドキやワクワクを感じてもらえたら、とっても嬉しい!今回はイライラもあったかも ^^; (でも、最後に ...
5周年企画開催中! 今日は 【ボレロ】 のおしゃべり^^
つづきを読む

5周年企画開催中! 今日は 【ボレロ】 のおしゃべり^^

                  【ボレロ】 には薔薇が似合う・・・と思うのは私だけ? みなさん、もうアンケートに参加してくださったでしょうか!「まだだよー」 の方、ぜひぜひ参加してくださいね (アンケートは 11/11(金)まで)                  『撫子's Room』 5周年アンケートは こちらから(アンケート結果の閲覧方法は、アンケートの一番下 「結果を見る」 をクリックしてください...
【ボレロ】  49-1 - moto  - モート (動き 進行)
つづきを読む

【ボレロ】  49-1 - moto - モート (動き 進行)

   ビルを吹きふける風は容赦なく体温を奪っていく。 薄いドレス一枚の珠貴を抱きかかえ体をさするものの、さほどの効果はなく気休めでしかない。 風を防ぐために壁に身を寄せてはいるが、彼女の口は寒さで震え唇は色を失っていた。  パーティー会場を抜け出し屋上に来ていた私たちは、階段に通じる扉が開かず屋上で立ち往生していた。 その頃ビル内では電気系統のトラブルからパーティの...
99万キリ番更新のお知らせ & 5周年アンケートのお願い
つづきを読む

99万キリ番更新のお知らせ & 5周年アンケートのお願い

                            49話 宗一郎と珠貴は・・・ 【ボレロ】 49話をはじめました。屋上に残された宗一郎と珠貴、脱出できるのか!事件の謎解きは・・・宗一郎と仲間たちの活躍をご覧ください^^49話も数回の予定です。更新の確認は、カレンダーのアンダーラインまたは左のメニューバーをご覧ください。                 【ボレロ】 こちらからどうぞブログ5周年...
【ボレロ】  49-2 - moto  - モート (動き 進行)
つづきを読む

【ボレロ】  49-2 - moto - モート (動き 進行)

    沢渡さんの顔は、君たちはまた厄介ごとにまきこまれるのかと心配する顔でもある。  大丈夫ですよと平気な顔をしたが、狩野はリポーターはしつこいぞと追い討ちをかけてくる。    「そう易々と情報が漏れるものか。珠貴は急遽知弘さんの代理で出席したんだ。  招待者名簿に彼女の名前はない」  「客が覚えているかもしれないじゃないか」  「あの騒ぎだ、誰が...
【ボレロ】  49-3 - moto - モート (動き 進行)
つづきを読む

【ボレロ】  49-3 - moto - モート (動き 進行)

   南に面した窓から秋の柔らかな日差しが注ぐ部屋で、珠貴と一緒の時間を過ごした。 人払いをするように母親を追い出してしまった後ろめたさを感じながらも、手をのばせば届く距離に 珠貴がいることが嬉しく、心が寄り添う時を取り戻せたことは何よりの喜びだった。 私が話す友人たちからもたらされた報告を聞く顔は真剣そのもので、涙が滲んでいた目も、哀しみに覆われ 沈んでいた顔も、もう...
【ボレロ】  49-4 - moto - モート (動き 進行)
つづきを読む

【ボレロ】  49-4 - moto - モート (動き 進行)

   気を取り直したとはいえ、まだ表情の固い潤一郎が全員を見回した。  穏やかさがしまわれた潤一郎の目には有無を言わせぬ凄みがただよっており、みな緊張の面持ちで 報告を待っている。  潤一郎がこの件について調べるにいたったいきさつについては、平岡や櫻井君と霧島君へ狩野から事前に 説明がなされていた まず……有馬総研の内部事情と、岡部真一なる人物の周辺を調べた結果です、...
アンケートは今夜まで・・・ほか、お知らせいろいろ
つづきを読む

アンケートは今夜まで・・・ほか、お知らせいろいろ

                  今日は 2011年11月11日 1が6個も並んでる日♪       【ボレロ】 49話もⅣまで進みました。いざ対決へ! と動き出したところで・・・まことに心苦しいのですが、ここで一日お休みを挟みます。休日、どうしても時間が取れない模様 (急な用事が入りました・・)「無理なく更新してね」 のみなさんのお声に甘えさせていただきます *^-^* 49話の続きは日曜日にお届けします ...
【ボレロ】  49-5 - moto - モート (動き 進行)
つづきを読む

【ボレロ】  49-5 - moto - モート (動き 進行)

    潤一郎と紫子が沢渡夫婦とともに別荘で秋の休暇を楽しんでいる頃、私の周辺はにわかに騒がしくなった。  こちら都合などお構いなしの待ち伏せの取材や、無神経に投げられるリポーターの質問に答える気など さらさらなく、無表情をたたえ無言を貫いていたが、ときには神経を逆なですることもあり、いらだつ感情を 抑えるための忍耐を強いられることも少なくない。 予想していたとはいえ、...