恋愛小説文庫 花模様

トマトジュースは好きですか?
つづきを読む

トマトジュースは好きですか?

 ワインみたいにおしゃれなの^^    トマトシューズは好きですか? 私は、大好きです^^/  生のトマトは、サラダに添えられていても、 積極的には手がでない野菜なのに・・・(完熟トマトは好きです^^)  ↑は、某所のお土産物売り場で見かけた 『トマトジュース』  いかにも美味しそうな色ではありませんか! 「冷えたものあります」 の表示に飲む気満々...
先に結末を知ってしまったら・・・
つづきを読む

先に結末を知ってしまったら・・・

本は最初から読む? それとも・・・    帰ってきて、テレビをつけたら 録画予約していたドラマの結末の場面が映し出され・・・   「あれは、私の姉だったの」 「えっ……」  みたいな場面でした どうみても、これが物語のナゾの正体のセリフ  あぁ・・・隠された秘密を先に聞いちゃった・・・ とたんに、ドラマを観る気が失せてしまった私です (;-&...
お財布の中は冬でした
つづきを読む

お財布の中は冬でした

そうそう、こんな中身だったの    昨日は、あれらが降るような天気でしたが 今朝も寒かった・・・ 紅葉も一気に色づいて、秋は駆け足ですぎ、 急に冬がやってきました!   このところ、何かと忙しい土曜日です  朝は、土曜日も学校にいく娘のお弁当作りに始まり 午前中の予定を済ませ、帰宅して昼食の用意をして 午後の予定を済ませて、今度は夕食の準備 ...
マフラーに思う・・・
つづきを読む

マフラーに思う・・・

   寒くなり、マフラーやショールが重宝になってきました マフラーを買った娘、さっそく着用しながら あーでもない こーでもない と巻き方を模索 首に巻くだけでなく、広げたり肩に掛けたり、かぶったり・・・ (筒状になっているリングマフラーです)  その様子を見ながら、若いっていいなぁ・・・と・・・ 「 マフラーは首に巻くもの」 と思い込んでいる私と違い&nbs...
月曜の朝から・・・
つづきを読む

月曜の朝から・・・

どちらの気持ちもわかるのよね   NHKの朝ドラ 『カーネーション』 から 「元気をもらっています!」 と先日記事にしたばかりですが 今朝はドラマを観て、重い気分になってしまって・・・  良かれと思ってやったことなのに、 相手から否定されてしまった経験ありませんか? 私はあります この逆の経験も  今朝の場面は、女優さん二人鬼気迫る演技でした  ...
そのとき私が思ったのは・・・
つづきを読む

そのとき私が思ったのは・・・

気をつけて欲しいわぁ~!    朝、玄関を出てきた長女、よほどあわてていたのでしょう 玄関前の階段で足を滑らせ、見事に転倒! 見ていた私はびっくり!!  だって、転んだまま身動きしないんです 気絶したのかと思いました ><  その後、ゆっくり動き出しましたが 涙が滲んで目は真っ赤・・・ あまりにも痛くて動けなかったそうです  「大丈夫? ...
【花香る下で】 20 -冬紅葉- 前編 
つづきを読む

【花香る下で】 20 -冬紅葉- 前編 

     山々は例年に比べ遅い紅葉の季節を迎えていた。 斜面は鮮やかな朱色に染まり秋の装いを見せているが 祐斗の目は遠くの紅葉ではなく目の前のハンドルに 集中していた。 免許を取得したばかりの里桜の運転は 慎重の上にも慎重で無茶はなかったが 祐斗の目には まだまだ危なっかしく ブレーキのタイミングなどでハラハラする。 助手席で思わず一緒に足を踏み 体に力が入って...
【花香る下で】 20 -冬紅葉- 後編 
つづきを読む

【花香る下で】 20 -冬紅葉- 後編 

    車をながめる里桜と耕太郎に目をやりながら 祐斗は高辻とその友人たちの関係を思い出していた。 20数年前から守られてきた秘密だと 秋月は言っていた。   「4人は大学の先輩後輩だそうですね 秋月の伯父と 真太郎さんのお父さんと 高辻社長と 荒木さん…… 荒木さんが里桜ちゃんの戸籍上の父親だと」  「うん 橋田君も秋月さんから聞いたのか 俺も親父から聞いた...
【花香る下で】・・・更新のお知らせ
つづきを読む

【花香る下で】・・・更新のお知らせ

  【花香る下で】 20話 -冬紅葉- をUPしました。里桜をはさんで対立してきた祐斗と河合二人の前に現れた秋月のひと言で・・・前回から一月半近くあいてしまいました。季節も晩秋から初冬へ移り、祐斗と里桜も親密になりながら、いろんな感情が芽生えてきました。「【花香る下で】 の続きはいつ?」 「秋の二人を見たい・・・」 といったお声を頂きました!「続きを読みたい!」 のお声、嬉しいです^^先月は 【ボ...
ちょっとだけ優越感 ^^v
つづきを読む

ちょっとだけ優越感 ^^v

ネコの名前は 『坂本さん』    深夜枠で放送されていたアニメ 『日常』 ほのぼのとした日常の中に、過激な日常が織り込まれ 穏やかでありながら刺激的なストーリー展開のアニメです  民放で放送されていましたが、来年初旬 NHKで放送が決定! 民放からNHKへ移行・・・は初めてのパターンだとか (放送開始は来年の1月初旬)  画像のネコは、登場人物の一人・・・...
「ふきこぼれ」 と聞いて・・・
つづきを読む

「ふきこぼれ」 と聞いて・・・

わかりすぎるのが悩みらしい・・・   お子さんが、某難関校(高校)に通っている友人と話をしながら  そこで聞いた言葉・・・ 「ウチの子の学校には ふきこぼれの子がいるのよ これも大変よ」  ふきこぼれ?? (料理の時、沸騰して汁がこぼれること・・・ではないようです)  「勉強ができすぎて 授業内容がつまらなくて ヒマそうにしてる子がいるの」 と・・・...
【ボレロ】  51-1 - largo - ラルゴ (幅広く ゆるやかに)
つづきを読む

【ボレロ】  51-1 - largo - ラルゴ (幅広く ゆるやかに)

     クリスマスイルミネーションが街を照らし、道々を行き交う人々はどの顔も笑顔で明るさに満ちている。 笑っていられるのだから、彼らにさし当たっての不安や心配はないのだろう。  それに引き換え自分はと振り返るが、大きな壁の前に行く手を阻まれた心境だ。 何もかもが光り輝く街は、今の私にはまばゆいばかりだった。   「まだそんな顔をしてるの? せっかく一緒に歩いてい...
【ボレロ】 ・・・ 更新のお知らせ
つづきを読む

【ボレロ】 ・・・ 更新のお知らせ

                       【ボレロ】 51話をUPしました。珠貴も救出され、騒動も落ち着きました。51話で事件の詳細が明らかになります。そして次は、二人の将来の問題へ・・・51話も数回の予定です。                 【ボレロ】 こちらからどうぞ昨日はみぞれ混じりの雨が降り、ところによっては雪でした。でも、いつもの12月に比べ温かく感じますね。みなさん、風邪などにご...
【ボレロ】  51-2 - largo - ラルゴ (幅広く ゆるやかに)
つづきを読む

【ボレロ】  51-2 - largo - ラルゴ (幅広く ゆるやかに)

エレベーターから眼下に広がる街の灯りを眺めながらも、頭に浮かぶのは昼間の情景だった。  『娘を須藤の家からだすつもりはありません。それだけは承知しておいて頂きたい』 私が何を言おうとしているのかわかっていながら向けられた言葉だった。 珠貴を須藤の家から出すつもりはない、これだけは絶対に譲れないという強い気持ちが声から伝わってきた。 須藤社長の一言一句が 胸に重くのしかかる。 許さないと言われたわけではな...
【ボレロ】 更新のお知らせ
つづきを読む

【ボレロ】 更新のお知らせ

                       【ボレロ】 51-2をUPしました。珠貴の父親に先手を打たれた宗一郎、次の手はどう出るのか!そして、珠貴の救出にいたった経過が明らかに・・・51話も数回の予定です。                 【ボレロ】 こちらからどうぞ一昨日夜から昨日までPCが使えず・・・UPが一日遅くなりました m(_ _)mブログ5周年企画アンケート たくさんの参加をありがとうご...
【ボレロ】  51-3 - largo - ラルゴ (幅広く ゆるやかに)
つづきを読む

【ボレロ】  51-3 - largo - ラルゴ (幅広く ゆるやかに)

     「近衛さんから珠貴さんにお渡しくださいね」 そう言葉を添えて、柘植さんから指輪が渡された。 珠貴はどんな思いでミニチュア家具の中に入れたのだろう。 同行者に見つからないよう細心の注意を払いながら、細工された空間に指輪を素早く忍び込ませるのは容易ではなかったはずだ。 受け取った指輪を見つめていたが、珠貴がおかれたであろう厳しい状況を思い、いたたまれず握りこんだ。&...
【ボレロ】 更新のお知らせ
つづきを読む

【ボレロ】 更新のお知らせ

                       【ボレロ】 51-3をUPしました。事件の経過を、宗一郎側から追っています。友人たちと協力して立ち向かう宗一郎です。51話も数回の予定です。                 【ボレロ】 こちらからどうぞ所用で、二日間更新をお休みしました。今週は急用が入り、忙しくしています。できるだけ更新を! と思っていますが・・・今年もあと半月・・・大晦日まで更新、頑...