K,Nadeshiko

恋愛小説文庫 花模様

月・日別2012年02月 1/2

見過ごせなくて・・・

 学校の役員会は、ほとんど夜の時間帯   昨年、困った顔の友人に頼まれ つい引き受けてしまった二つ目の役 今日は、その集まりがあり・・・  ある作業をパソコンでこなすことに ところが 「あっ パソコンまったくダメです!」 「検索くらいしかできなくて・・・」 とみなさん口々におっしゃる PC操作はできないと言う声ばかり 「えっ 本当に?」 と半...

  •  4
  •  0

昔の地名は富士見なんとか

  我が家から見えるのは夕日ですが・・・    それにしても・・・寒いです 今日は雲ひとつない晴天なのに 風が強くて、冷える 冷える  雪の多い地方にお住まいのみなさんは 大変なご苦労でしょう   以前、ブログ記事にも書いたかもしれませんが・・・  空気が澄んだ朝夕は、我が家から富士山が見えます 見えるといっても、頂上の部分だけ&n...

  •  8
  •  0

壊れた~((+_+)) 

   いままた、石油ストーブが人気だそうですね    石油ファンヒーターが壊れました それも二台!! よりによってこの時期に壊れるなんて~~((+_+))  購入年度が同じ頃なので、壊れるのも一緒?  10年はとっくに過ぎているので、部品もなく 買い替えは必定 これまで二度ほど故障して、修理しながらも使ってきましたが とうとう・・・  ...

  •  6
  •  0

お豆大好き^^/

   お気に入りの豆です^^   昨日は節分でしたね 福を招き、鬼を追い出すべく、盛大に豆をまきました!  豆まきのあとは、歳の数だけ豆をいただきますが・・・ 年々食べる数が多くなり、数をこなすのも一苦労 ^^; 豆類は好きだけど、味気のないものを食べ続けるのは苦しいもの  お気に入りの豆があります 豆は醤油と海苔の味がして、風味もよく ...

  •  1
  •  0

電化製品、あれこれ

 新人君はすごい!   買いました・・・温風ヒーター 以前買ったのは10年以上も前 我が家にやってきた新品に、驚くばかりです  灯油のニオイはほとんどなく 「動いてるの?」 と耳を澄ますほど音が小さく 部屋が温まるのも早い  温風ヒーターの10年の進化に驚き!  無駄な運転をしないので、 節電もさることながら、灯油の消費も抑えられ 「...

  •  11
  •  0

【花香る下で】 23 -桃の蕾- 前編

    窓辺に立った壮介の 「夜景 素晴らしいよ」 の声に誘われ 伊達締めをときかけた手を止めた彩紀は  襦袢のまま壮介のそばに行き 背中に寄り添った。   「そこじゃよく見えないだろう」  「でも こんな格好だもの 窓の向こうから見えるかも」  「ここ30階だぞ 見えないよ」   遠慮のない壮介の手は彩紀の腰を引き 夜景が見渡せる位置まで前...

  •  2
  •  0

【花香る下で】 23 -桃の蕾- 後編 

    スカイラウンジから望む朝の景色には 夜景とは異なる素晴らしさがあった。 冷え込んだ朝の空気が 街並みをより鮮明に見せている。 灯りに浮かぶ街を見ながら明け方近くまで寄り添っていたが どちらも言葉が途切れるのを恐れるように 語り合った。 一晩中 口を動かし続けた反動でもないだろうが 祐斗も里桜も黙ったまま口に朝食を運んでいる。 朝食席がオープンしてまもなくの時...

  •  4
  •  0

【花香る下で】・・・更新しました 

  【花香る下で】 23話 -桃の蕾- をUPしました。祐斗と里桜、健太と若葉の顔がそろいました。旅先で、彼らに起こったことは・・・祐斗の頼もしい姿もご覧いただけるでしょう!そして、もう一人の主人公壮介の身辺も騒がしくなってきました。彩紀と里桜の間にも、微妙な感情が漂いながら接近していきます。前回22話と同日の場面から続く23話です。今回から新たな展開へ入っていきます。連載開始から、もうすぐ一年を...

  •  0
  •  0

【ボレロ】  54-1 - con fuoco - コン フオコ (熱烈に) 

   リビングの大きな窓から暖かな日差しが差し込む日曜日の午後、スコーンを頬張り紅茶で一息つくと、宗は当たり前のように私の膝に頭を預けソファに足を投げ出した。 仕事に区切りがつくと、こうして私の膝を求めてくる。 膝に頭をのせると目を閉じ、私ととりとめのない話をかわすのだが、そのまま眠ってしまうことも多い。   今回は特に難しい仕事だった。  いつも以上に疲れが顔に滲...

  •  2
  •  0

更新のお知らせ

                【ボレロ】 54-1をUPしました。珠貴の父との接触を試みる宗一郎ですが、思うようにいかず苦戦中です。それぞれに思いを抱え、つい口調も強くなり・・・珠貴の友人 波多野結歌 の登場で、何かが変わるのか。54話は、三回に分けてお届けします。更新は、左のメニューバー、または、カレンダーのアンダーラインで確認してください。こちらからどうぞ 【ボレロ】祐斗と里桜の物語 【花香...

  •  2
  •  0

PCが遠いワケ・・・

ここはどこでしょう!    土日、PCに近づけず 更新もかなわず・・・  留守中、ご訪問、コメント、ありがとうございます ^^ (コメントのお返事はのちほど書かせてくださいね)   それにしても・・・ 急な用事が入り、 次から次にいろんなものが壊れる! ファンヒーターに続き、照明二機が壊れました (涙)  これを 『想定外』 というの...

  •  2
  •  0

【ボレロ】  54-2 - con fuoco - コン フオコ (熱烈に)

  日曜日の夕方の道は予想以上の混雑ぶりだった。 車は遅々として進まず、これでは約束の時刻に遅れそうだと判断した私は、進路を変え脇道に車を走らせた。 多少遠回りになるが、ナビさえあれば迷うことなく目的地へたどり着ける。  渋滞による時間のロスも取り戻せるだろう。 ナビの音声ガイドを頼りに初めての道を走りながら、先ほどの珠貴とのやり取りを思い出していた。 「これから父に? 急にどうしたの」 「急じ...

  •  6
  •  0