恋愛小説文庫 花模様

こんなとき、あなたならどうする?
つづきを読む

こんなとき、あなたならどうする?

 取るべき行動は・・・   思いがけず、マナー違反を目撃したら、どうしますか?、 それが、ご近所さんだったら・・・注意できますか?  「いけないこと」 だとわかっていながら、それほど罪悪感を感じることなく  「いけないこと」 をやってしまう人がいます。  たとえば・・・ 犬の散歩の途中、汚物の始末をせずに放置したり 個人宅の植物を勝手に持っていったり...
ちょっとイイことありました^^
つづきを読む

ちょっとイイことありました^^

その一言で気分はふわり   私の苗字は、読みにくい字のようで、呼び間違えられたり、  「なんと読むのでしょう」 と聞かれることがしばしばあります。  難解な漢字ではありませんが、「あれ、なんと読む?」 と困る字のようです。 読み方がわかると 「あぁ・・・」 と、思い出してもらえるのですが。 (苗字には、ある植物の名が入っています)  銀行や病院の窓口で、全然...
真夜中のお掃除
つづきを読む

真夜中のお掃除

 思わぬ掃除になりました   気分転換か、焦りか、突然リビングで試験勉強をはじめた娘のおかげで 私のパソコンタイムが奪われてます (泣)  音楽を聞き流しつつ、ぶつぶつつぶやきながらの勉強スタイルの娘。 無音の静かな環境でなければ、文章が書けない私。 (読むのは大丈夫だけど・・・)  「自分の部屋で勉強してよ!」 とひそかにぼやいていたら  (子ども...
【ボレロ】 8-5 -秘密 -
つづきを読む

【ボレロ】 8-5 -秘密 -

夜風が首筋を通り抜ける。 湿り気を含んだ風ではあったが、高ぶった気持ちを抑えるには効果的で、 憂鬱な気分は軽くなって いた。 「お茶をもらおうかな」 と宗が声を掛け、堂本さんがうなずいた。 疑問に思っていた一客のティーカップは、宗のためのものだった。 「高森さんから聞いた話は、珠貴の気を動転させる内容だったようだね」 「伺ったお話はもっともなことばかりだったけれど、女性の目的がわからなくて」 怪訝そ...
やっと・・・更新!
つづきを読む

やっと・・・更新!

  【ボレロ】 8話  1   2   3   4   5   6  人はいろんな 「秘密」 を抱えています。 珠貴が知る 「秘密」 は・・・  8話は次回まで続きます。   5回のはずが6回に・・・ 次の回までお付き合いくださいませ。    みなさまにお願いを! 『ブログ村』 のランキングに参加しています。 ブログを読んだ足跡として...
暑中お見舞い申し上げます 
つづきを読む

暑中お見舞い申し上げます 

 梅雨が明けたら、一気に夏に!    暑中お見舞い申し上げます  いきなり夏がやってきました。 涼しい6月から、30度超えの毎日に・・・  体ついていかなかったのか、ダウンしてしまいました >< 動けず、気だるく、頭痛も (家事は最低限・・・サボリ気味)  みなさんは、大丈夫ですか? この夏は猛暑の予報ですね。 どうぞ、体に気をつけてお過...
【ボレロ】 8-6 -秘密
つづきを読む

【ボレロ】 8-6 -秘密

胸を包んでいた手が下りて、慈しむように私の腹部を抱き込む。 宗の言葉を聞き逃すまいと、呼吸を整え耳をすませた。 「珠貴は、高森さんにメリットはあるのかと尋ねたそうだね。俺も同じ質問を高森さんにした。 君たちは同じ思考回路だねと言われたよ。人は損得で動くことばかりではないが、感情で先走ってはいけない。 事業は慈善ではないのだから、結果として有益なものを得なければ意味がない。 それなのに、高森さんにはそれ...
暑さ対策! いろいろ・・・
つづきを読む

暑さ対策! いろいろ・・・

 風鈴、音だけでも涼しそう  暑いですね・・・ 熱中症の予防のため、保冷ボトルにドリンクを用意して、こまめに飲むようにしています。  梅雨明け後の数日、熱中症を発症する人が多いそうですね。 暑さに体が慣れていないためだとか。 先日の私がそうでした・・・ 冷房を効果的に使って夏を乗り切らなくては!  我が家のリビングは、午後から西日が差し込みます。 エ...
【花香る下で】 38-1 -半月-
つづきを読む

【花香る下で】 38-1 -半月-

昼食を終え午後の仕事へ向かう祐斗へ、チーフの鈴置から声が掛けられた。 鈴置の顔は厳しく、午前中に起こったトラブルについて相談だろうか、残業は困るな、とそんなことを思いながら祐斗は立ち止まった。 「また調整の不備ですか。高田さん、帰りは明日でしたね」 祐斗の声に、すぐ前を歩いていた芹沢圭吾も歩みを止め振り返った。 祐斗と同じ心配をしたようである。 担当の高田が出張中のため、残った技術者で対応に当たってい...
更新のお知らせ
つづきを読む

更新のお知らせ

【花香る下で】 38話  1  2  ・・・  高辻にも認められ、将来へ歩き始めた祐斗と里桜です。 楽しいときを過ごすふたりです。 今回は、圭吾や萌恵も登場して・・・     「今日の最高気温」 と聞くだけでめまいがしそうです。 冷奴に焼きナス、ところてん、冷製スープ・・・などなど、つい、冷たい献立がテーブルに並びます。 コンロの前に立ちたくないですね・...
カキ氷が欲しくなる気温は・・・
つづきを読む

カキ氷が欲しくなる気温は・・・

抹茶小豆や練乳が好きです^^   気温が30度を超えると、カキ氷が売れ始めるそうですね。  ほかに・・・こんな統計が 22度 ビールが売れ始める 25度 清涼飲料水が売れ筋 27度 アイスクリームが売れ筋 28度 炭酸飲料が売れる上限気温 なるほど!  私、小さい頃からカキ氷シロップが苦手でした。 シロップの鮮やかな色が、どうにも・・・ &nbs...
【花香る下で】 38-2 -半月-
つづきを読む

【花香る下で】 38-2 -半月-

ふっくらと蒸しあがった小籠包は形も良く、美味しそうな湯気をあげている。 皮から手作りしたと聞き、祐斗はレンゲに乗せたままじっと見つめていた。 「形が変かな? あんまり見ないで」 「食べるのがもったいないな」 「初めてだから味は大目にみてね」 充分に眺めてからレンゲを口に運ぶと、皮がはじけ旨味を含んだ汁が口いっぱいに広がった。 「おいしい。旨味が……あつっ」 「熱いからゆっくり食べて」 「うん、けど、熱いうち...
更新のお知らせ
つづきを読む

更新のお知らせ

   【花香る下で】 38話  1   2     祐斗の誕生日をすごすふたりです。 里桜の料理を前に、祐斗はさまざまな思いにかられながらも、甘い気分もただよって・・・  次回39話は、今月中に更新予定です。 コメントなどいただけると嬉しいです^^    訪問者数 128万人となりました。 こんなにたくさんの方に訪問していただいて感激です...
カーテンの効果
つづきを読む

カーテンの効果

見えても困るし、見えなくても・・・   リビング前の目隠しになっていた木を切ったら、部屋の中がとっても明るくなりました。 (残念なことに、木に病気が入りやむなく伐採) しかし、外からの視線も気になって・・・  レースカーテンだけでは心もとなく、新たに木を植えるには、かなりの大きさの木が必要で、 朝顔やゴーヤで目隠しをするには、茂るまでに時間がかかり、よしずは風で飛ば...