恋愛小説文庫 花模様

【Shine】 9-1 ― 豪華客船 ―
つづきを読む

【Shine】 9-1 ― 豪華客船 ―

港に浮かぶ 『客船 久遠』 は朝日を受け優美な姿を見せていた。 全長200メートルを超える船は数百の部屋数を有し、そのすべてにバルコニーが備わっている。 「国内の港をめぐる航海ののち、年内にアジアクルーズ、来年には欧州への航海が控えています。最高ランクのスイートはすでに完売、グレードの高い部屋から予約が埋まっていきます」『クーガクルーズ』 を傘下にもつ久我グループ総帥、久我路信社長の説明が続いている...
【Shine】 更新しました 追記・・・【風鈴とアイスクリーム】 も更新!
つづきを読む

【Shine】 更新しました 追記・・・【風鈴とアイスクリーム】 も更新!

 【Shine】 episode 9  ― 豪華客船 ―   1   2   3   ・・・   潤一郎の依頼で、近衛家の披露宴に出席することになった籐矢と水穂。 豪華客船で行われる披露宴、そこに潜む危険を察知したふたりは・・・・  久しぶりの 【Shine】 です。 緊迫した中にも、ふたりの親密さが見え・・・籐矢と水穂、相変わらずのコンビです。 【ボレロ】 でおなじみの面々も多数登...
【風鈴とアイスクリーム】 1、夏祭りと年上の彼 4
つづきを読む

【風鈴とアイスクリーム】 1、夏祭りと年上の彼 4

交際を申し込まれて嬉しいと思いながらも、あまりにも簡単に言われたようで、軽いノリの男性だろうかと心配になり、長く勤める同僚に相談したところ、「西垣先生から告白されたの?」 ととても驚かれた。 気さくな人柄から人気があるが、これまで女性に告白されてもすべて断り、西垣さんが誰かに告白したと聞いたこともないと聞き、いよいよ心配になった。 こんな私でいいのだろうかと毎日悩み、悩みながらも嬉しくて、好きの度合...
【Shine】 9-2 ― 豪華客船 ―
つづきを読む

【Shine】 9-2 ― 豪華客船 ―

「蜂谷廉と波多野結歌、この二人が誰かわかるな」 「波多野さんは新婦の珠貴さんの親しいお友達で、披露宴のはじめに歌を歌います。 披露宴でピアノを演奏するのが蜂谷さんです。えっ、二人に疑惑があるんですか」   水穂の問いには答えず二人の人物の名前を挙げた籐矢は、音楽家を目指す学生のためのサマーキャンプを知っているかと水穂に尋ねた。 音楽家を目指したことのない水穂にわかるはずもなく首を振ると、国内外の著名な...
【Shine】 更新のお知らせ
つづきを読む

【Shine】 更新のお知らせ

  【Shine】 episode 9  ― 豪華客船 ―   1   2   3   ・・・  近衛家の披露宴に危険人物がいるのか。  籐矢から告げられた名前は・・・   警備要員も結婚披露宴の出席者です。 水穂もドレスアップ! 水穂の髪は 『夜会巻き』 華やかな髪型ですね。 きっと似合っていたことでしょう!     ・・・ただいま連載中・・・&n...
【風鈴とアイスクリーム】 1、夏祭りと年上の彼 5
つづきを読む

【風鈴とアイスクリーム】 1、夏祭りと年上の彼 5

夏祭り帰りのカップルが立ち寄るような、いかにもそうだとわかるところに行くのは嫌だと言い、街中まで車を走らせた彼が選んだのは、最近できたばかりの外資系ホテルだった。 予約もなしに飛び込み 「良い部屋を頼みます」 と怒ったように告げた彼と、恥ずかしそうにたたずむ私へ、まったく顔色を変えることなく対応するフロント係りはさすがだった。 宿泊荷物も持たない私たちを部屋に案内する係りの男性も、仕事と割り切ってい...
2CELLOS・・・ドコモさんに先を越されてしまった(笑)
つづきを読む

2CELLOS・・・ドコモさんに先を越されてしまった(笑)

Docomo「ト?コモのツートッフ? 2 TOP(2CELLOS)」篇 チェロ演奏   CMを見た方も多いでしょう、チェロのデュオ 『2CELLOS』 昨年だったか、一昨年だったか、初めて彼らの演奏を聴いたとき、 「おぉ、カッコイイ!」 と感動!  ブログで紹介しようと動画を保存したのに、その動画が消えてしまって・・・ 忘れかけていた頃、CMを目にして 「あっ、メジャーになってる!」  ド...
【風鈴とアイスクリーム】 2、門限と年下の彼 1
つづきを読む

【風鈴とアイスクリーム】 2、門限と年下の彼 1

家に帰り着いたのは深夜2時、予想通り父は玄関の前で待ち構えていた。 ホテルを出る前 『これから帰ります』 と母にメールを送り 『覚悟して帰ってらっしゃい』 との返信だったので、それなりの覚悟をしていたが、 父の顔は仁王像さながらの険しさだった。 「何時だと思ってるんだ」 「ただいま……遅くなりました」 「どうして遅くなった。門限を2時間も過ぎてる!」 「お友達と話をしていたら遅くなったの、ごめんなさい」 ...
【Shine】 更新のお知らせ
つづきを読む

【Shine】 更新のお知らせ

  【Shine】 episode 9  ― 豪華客船 ―   1   2   3   ・・・  最終打ち合わせの席にあらわれたのは、警視庁の精鋭 彼を見た水穂は・・・  もう何年前でしょう、彼は 【Shine】 のもうひとつの物語 【トーヤ】 に登場しています。  この場に登場するために、待ち続けること何年・・・ ようやくフルネームでの登場です! 覚えている方がいらっしゃっ...
【Shine】 9-3 ― 豪華客船 ―
つづきを読む

【Shine】 9-3 ― 豪華客船 ―

『久遠』 には客を迎える前の静けさが満ちていた。 船内は披露宴の装飾が施され、華やかでありながら荘厳なたたずまいがあった。 客船の乗務員は初仕事となる結婚披露宴のために忙しい時を迎えていた。 表舞台は準備が整い客の訪れを待つばかりだが、舞台裏はこれからが本番である。 『久遠』 のとある一室に集った人々は、一見和やかでありながら彼らの居ずまいの隙のなさには容易でない鋭さがみえる。 緊迫した事態に備えて、...
【Shine】 更新のお知らせ
つづきを読む

【Shine】 更新のお知らせ

  【Shine】 episode 9  ― 豪華客船 ―   1   2   3   ・・・  最終打ち合わせの席にあらわれたのは、警視庁の精鋭 彼を見た水穂は・・・  もう何年前でしょう、彼は 【Shine】 のもうひとつの物語 【トーヤの変装シリーズ】 に 登場しています。  この場に登場するために、待ち続けること何年・・・ ようやくフルネームでの登場です! 覚えて...
残暑お見舞い申し上げます (追記・・・おもしろアンケート実施中 8/12)
つづきを読む

残暑お見舞い申し上げます (追記・・・おもしろアンケート実施中 8/12)

  立秋を過ぎたというのに、猛暑の日本列島ですね。  昨日、今日の暑さには参りました・・・涼しかった7月から、いきなり37度! 体が熱さについていけずぐったり・・・  そんなとき、嬉しい夏の贈り物が!  山梨の友人から、今が旬のブドウが、 大分の友人から、この時期に珍しいミカンが届きました   果樹園で愛情たっぷりに育てられたブドウと、温室で大事に育った...
【風鈴とアイスクリーム】 2、門限と年下の彼 2
つづきを読む

【風鈴とアイスクリーム】 2、門限と年下の彼 2

 彼が祭りに誘ったとは、私をかばうために嘘をついてくれているとわかるのだが、正直なところ困ったことになったと思った。 弁解もなく謝る姿を前に、東川さんと一緒ではなかったとは言い出しにくい。 今日こそは父に、西垣さんと交際している事実と、彼がどんな人であるかを告げるつもりでいたのに、思わぬ展開となり戸惑った。 不満を抱えながらも父の言いつけに従ってきたが、このままでは将来まで父に決められてしま...
【風鈴とアイスクリーム】 2、門限と年下の彼 3
つづきを読む

【風鈴とアイスクリーム】 2、門限と年下の彼 3

風鈴の音に和んだ耳に携帯の着信音は刺激的だった。 慌てて画面を確認すると、西垣さんからメールが届いていた。 『深雪がお父さんに怒られたのではないかと気になり、午前中は仕事が手につかなかった』 メールに彼の想いを感じながら 『少し小言を言われたけれど、大丈夫でした』 と安心させる返信をすると、電話がかかってきた。 『いま話せる?』 『少しなら……』 『仕事中だったのか、わるい。少しだけ。 深雪のお父さん...
【風鈴とアイスクリーム】 2、門限と年下の彼 4
つづきを読む

【風鈴とアイスクリーム】 2、門限と年下の彼 4

向かい合わせに座った東川さんは、「素のときは俺です」 と言い、少し照れた顔を見せてカップに口をつけた。 「おっ、旨いですね。苦味もしっかり利いてる。眠気が飛びそうだな」 「東川さん、眠いの?」 「俺、寝たの2時ごろだったんで眠いです。深雪さんも昨日は遅かったでしょう?」 「遅かったというか、ほとんど寝てないかも。 帰ったら父が待ってて、玄関の前でガミガミうるさくて」 「ははっ、小野寺社長らしいな。...
【風鈴とアイスクリーム】 2、門限と年下の彼 5
つづきを読む

【風鈴とアイスクリーム】 2、門限と年下の彼 5

コンコンとガラスを叩く音に目が覚めた。 ここはどこ?  駐車場に停めた車の中で寝ていたのだと思い出したのは、窓の外に会社の守衛さんの顔が見えたためで、慌てて体を起こした。 「車の移動をお願いします、施錠の時刻ですので」 と、守衛さんは私の肩向こうへ声を向けた。 慌てて振り返ると、助手席には東川さんがいて、眠そうな目をしていた。 「あっ、すみません。すぐ出ます」 「こんなところで……困りますね」 「えっ、は...