恋愛小説文庫 花模様

急に寒くなったから? (追記 12/2)
つづきを読む

急に寒くなったから? (追記 12/2)

     体調不良でダウンしてました。 少し体調が戻ったのでPCを開いたものの、目の奥が痛くなりほどなくとじました。 テレビもパソコンもお休みした土日は読書でした。 (本を読むのは大丈夫)     追記 【Shine】 更新しました (12/2)  【Shine】episode 10 ― 客室の謎 ―       ブログ村の応援のクリックもいただけ...
【Shine】 10-2 ― 客室の謎 ―
つづきを読む

【Shine】 10-2 ― 客室の謎 ―

よく知る男性二人が正装で並ぶ様子は、水穂には見慣れない風景だった。 水野と籐矢、それぞれと行動を共にすることが多かったが、かしこまった格好など見たことがなかった。 どちらも体格がよいため、広くはない客室の廊下がさらに狭く感じられる。 大柄な籐矢と、それを上回る長身の水野が窮屈そうに腰を折り、箱を覗き込み、額を突き合わせるようにして真剣に話す顔は緊迫感に満ちている。 水穂は近寄りがたいものを感じ、彼らの...
柿の美味しさに目覚めた秋!
つづきを読む

柿の美味しさに目覚めた秋!

  柿はお好きですか? 私は、正直なところ、それほど好きな果物ではなく、 好んで食べるものではなかったのですが・・・  一昨日のこと、それは見事な柿を頂きまして、どんなに見事かというと、 まず形が良い。 大きくて、肌がすべすべで 「美味しいよ」 と柿がつぶやいているカンジ  (本当にそうなんです!)  あまりに見事なので、もらってきた夫に尋ねると 『献上...
寝ている者は親でも使え?
つづきを読む

寝ている者は親でも使え?

    夕食後、気持ちよくうたた寝していたら 「手伝って!」 と、娘に用語集を渡されました。 暗記科目の確認の手伝いをしてほしいらしくて・・・  こちらは寝ぼけ眼、とりあえず用語集で答えを確認するものの、眠くて、眠くて。 あまりの眠さに、手から本が滑り落ちること数回 ^^; 教育熱心な母親なら、こんなとき率先して勉強の手伝いをするのでしょうが、 私は・・・気...
【ボレロ】  間奏曲 - intermezzo - (インテルメッゾ) 前編 
つづきを読む

【ボレロ】  間奏曲 - intermezzo - (インテルメッゾ) 前編 

街路樹の落葉が舞う頃、決まって思い出す風景がある。 風景とともに蘇る感情は、私を無垢で独りよがりだった10代の心に引き戻し、 後悔と懐かしさで身悶えしたくなるのだった。 コンサートホールに続く銀杏の並木道を歩きながら、過ぎ去った時を静かに思い出した。 あのときテラスに面したフランス窓から見えたのは、夕日に照らされ朱色に染まった森 だった。 フランス窓が特徴的な洋館は、紅葉した山肌が見渡せる丘に建っ...
更新のお知らせ & ブログの新機能のお知らせ
つづきを読む

更新のお知らせ & ブログの新機能のお知らせ

  【ボレロ】  間奏曲 - intermezzo - (インテルメッゾ) 更新しました  134万 キリ番になりました。 いつも読んで下さり、ありがとうございます。  今回は、本編から離れたエピソードです。 (【Shine】 の客船事件が終わらなければ、ストーリーが先に進めないので・・・ 【Shien】 の更新、頑張ります!)  宗一郎が10代のころに出会ったひとりの女性 彼...
【ボレロ】  間奏曲 - intermezzo - (インテルメッゾ) 後編
つづきを読む

【ボレロ】  間奏曲 - intermezzo - (インテルメッゾ) 後編

彼女の手の動きについて行くのがやっとだったが、それらしく曲が奏でられる。 楽器を弾く楽しさを感じはじめると欲が出て、一人で弾いてみたいので教えてくださいなどと生意気なことも口にしていた。 ひととき懸命に取り組み胸のざわつきも収まったのに、また私を惑わす声がした。 「優しいわ」 「なにが優しいんですか?」 「あなたのチェロを抱える手が。女性も優しく抱くんでしょうね」 「……」 ”抱く” の意味は、ただの抱...
節水の効果、あり!
つづきを読む

節水の効果、あり!

 泡が優しいシャワーです   二ヶ月ほど前のこと、とある番組でシャワーヘッドの開発秘話を紹介しており、 節水になり、泡の効果で肌にも良い効果があると!  夫婦で見ていた私たち・・・「節水って魅力的! いいなぁ」 「いいねぇ」 と興味津津。 さっそく夫が商品を検索、購入評価や価格など検討して・・・ 「買う?」 「買おう!」 と話がまとまったのでした。 こんな時...
梅酒記念日
つづきを読む

梅酒記念日

  庭の梅の実で作った 「梅酒」 が半年経ち、試飲の時期を迎えました。 (梅の実の記事は こちら)  薄い琥珀色になりました。 早速試飲を! まろやかさが少々足りないものの、さわやかな梅酒の味でした。 一年経ったら飲みごろ、あと半年寝かせましょう♪  来年は梅ジャムも作ってみたいと、早くもその気になっています。 (「ごちそうさん」 の影響です^m^) ...
【Shine】 10-3 ― 客室の謎 ―
つづきを読む

【Shine】 10-3 ― 客室の謎 ―

夜の明かりに彩られた 『客船 久遠』 は、岸壁を静かに離れナイトクルーズへと出発した。 華麗なる貴婦人と称される美しい客船の歴史は、披露宴という華々しいものではじまった。 招待客を乗せた船は、近海クルーズののち翌日昼過ぎに寄港する。 陸を離れた客船は乗り込んだ人々だけの空間となり、各界の著名人が顔を揃えたクルーズは船上の社交界となっていた。 華やかな裏側では、密かに進行している闇の動きを封じるために、...
更新のお知らせ
つづきを読む

更新のお知らせ

   【Shine】episode 10 ― 客室の謎 ―  更新しました。  客室フロアに置かれた箱、そして疑問が・・・ 籐矢と水穂の懸命な捜査が続きます。  年内に続けて更新の予定です。   今年もあと三週間足らず、クリスマスまで二週間、早いものです。 【Shine】 【花香る下で】 【ボレロ】 を順次UPの予定です。 忙しい年の瀬のあいまに、ちょっと一息のときに、読...
「ちいさいおうち」 と 「小さいおうち」
つづきを読む

「ちいさいおうち」 と 「小さいおうち」

大好きな絵本でした  『ちいさいおうち』 バージニア・リー・バートン作  田舎の 「ちいさいおうち」 が、周辺環境の変化により取り残されていく様子が描かれた、 淡々とした物語です。 子ども心に、とても印象深く残る一冊でした。 大好きで大好きで、本が傷んで買いなおすほど繰り返し読んだものです。  来年公開予定の映画 『小さいおうち』 は、この絵本が原作? と思った...
バッグの中から・・・
つづきを読む

バッグの中から・・・

  見つけたときはこんな顔!   年末年始留守にするため、 いつもより早く年末の用事に着手。   年賀状も書きましたよ! 受付開始前 (年賀状の受付は15日から) に書き終えたのは、初めてかも(笑) 元旦に届きます^^v   庭の手入れや、家の中も片付けて、 いらないものも思い切って処分。  長く使っていないバッグがあり、 ...
嬉しい言葉
つづきを読む

嬉しい言葉

 今は葉っぱだけ・・・でも、葉っぱの下に、いっぱいの蕾が控えています  クリスマスが近づくと、ポインセチアやシクラメンが店頭に並びますね。 私もひと鉢欲しいなと思いつつ、欲しい花に出会えず。  花屋さんの近くを通りかかったときのこと、綺麗に咲きそろったシクラメンの横に、 お店の人が、花が不揃いな鉢を並べている最中に出会いまして・・・ まだまだ花が咲きそうなものばかり...
プリンターが壊れた~@@
つづきを読む

プリンターが壊れた~@@

  ウトウトと、いい気分でうたた寝していたら (食後のうたた寝が習慣化してます ^^;) 「プリンターが壊れた!」 の夫の声に起こされて・・・  寝ぼけまなこで事情を聞くと、年賀状の印刷を始めた途端動かなくなったのだとか。 (一枚も印刷していないのに、機械がダウン) 「修理に出したら?」 と寝ぼけたまま応じると、修理も結構な費用がかかるので、 買ったほうがいいと言わ...