恋愛小説文庫 花模様

三月になりましたね
つづきを読む

三月になりましたね

 梅もまだ、桃はいつ?   一昨日、昨日と春のような温かさでしたが、 週末また雪の予報です。 春はまだ遠いかな……  咳がなかなかおさまらず、 ゴホンゴホンと咳き込んでは体力を消耗しています。 だから眠い? とにかく眠くて…… (昨夜も小学生並みの時間に寝てしまって ^^;)  そろそろキリ番です。 137万になったら 【ボレロ】 を更新しま...
【ボレロ】 14-1 -立ち雛-
つづきを読む

【ボレロ】 14-1 -立ち雛-

立春をすぎる頃になると、我が家は華やかな雰囲気につつまれる。 桃の節句を前に雛飾りが登場し、春の訪れを感じさせるのだ。 時を同じくして珠貴も実家から戻り、結姫を迎えた家は賑やかになっていた。 大人だけの静かだった家に結姫の泣き声が響き渡り、さぞ迷惑ではないかと心配もしたが、 「赤ちゃんの声は、泣いても笑っても天使の歌声ね。和やかな気持ちになりますよ」 大叔母の優しい言葉に、私も珠貴も安心した。 屋敷内に...
更新のお知らせ
つづきを読む

更新のお知らせ

    【ボレロ】 ー立ち雛ー 14-1  珠貴も戻り、結姫の初節句をひかえた近衛家は賑やかです。 結姫に贈られた雛人形にまつわる話に、宗一郎はうなずきながら……  つづきは、明日の更新を予定しています。   予約投稿で更新です (ちゃんと更新できたかな?) 今月はあれもこれも更新したいと思っています (やる気は十分です) 体調も戻ったので、今...
【ボレロ】 14-2 -立ち雛-
つづきを読む

【ボレロ】 14-2 -立ち雛-

『シャンタン』 に入って感じた香りが桃の花であると知ったのは、クロークにコートを預けた時のこと。 カウンター近くの花瓶に生けられた淡いピンクの花に目を向けた私に、それが桃だと教えてくれたのは馴染みのスタッフだった。 そう言えば家の玄関でも見かけたと思い出した。 心なしか女性客が多く見受けられるのも桃の節句のためだろう、いつになく女性の声が響くホールを横目に奥に進み、いつからか 『アインシュタイン倶楽...
氷点下10度とプラス20度の日本
つづきを読む

氷点下10度とプラス20度の日本

タンカン、少し不美人だけど、味は抜群!   鹿児島、南西諸島に住む親せきから 『タンカン』 が届きました。 ポンカンとネーブルオレンジの交配種で、亜熱帯地方で育つ柑橘類です。 オレンジの濃厚な甘さとポンカンの食べやすさの ”いいとこどり” のこのみかん、 とにかく甘くてシューシー! 風邪ひきのあとの喉にも優しくて、ビタミンたっぷり。  お礼の電話をすると 「温かい...
【ボレロ】 14-3 -立ち雛-
つづきを読む

【ボレロ】 14-3 -立ち雛-

「真夜中のスイーツって蜜の味ね」 深夜の飲食に抵抗があり、我慢して寝てしまおうか、何か口にしようかと迷っていたところだったと肩をすくめる珠貴は、ムースを口にして幸せそうだ。 爽やかな口当たりでとても美味しいと微笑んでいたが、店の名を目にすると考えるように首をかしげた。 有名どころでもなく私が贔屓にしている店でもないので不思議に思ったのだろう、羽田さんに勧められたと話してきかせた。 「『シャンタン』 に...
桃の節句が過ぎて
つづきを読む

桃の節句が過ぎて

   風邪で寝込んでいたこともあり、小さな親王飾りを飾ったのは、三月一日でした。 雛人形は、「一人にひとつ」 のもので、譲るものではないそうで…… 姉妹など、それぞれの雛飾りがあったり、 長女に段飾り、次女、三女には市松人形とするのも良いそうですね。  私の雛人形は段飾りですが、結婚当初、転勤を伴うから…… という理由で実家に置いたまま、早何年。 娘が二人生まれ...
スーツとドレス
つづきを読む

スーツとドレス

 素敵に着こなせたら    卒業式入学式 (または入社式) のためのスーツが 「セレモニースーツ」 と 表示されるようになったのは、いつごろから? ひところ暗めだったスーツの色が、最近明るくなってきましたね。 世の中、景気が上向いているのでしょうか (まだ実感はないけれど……)   春は、なにかとあらたまった服に身を包む機会が多いもの。 スーツを身に着...
機器のトラブルで、どうにもこうにも・・・追記あり
つづきを読む

機器のトラブルで、どうにもこうにも・・・追記あり

どうして?   この半月ほどネット環境が不安定で、急にインターネットが切断する症状が多発。 それでもなんとか回復していたのに、一昨日、どうにもならなくなり、 とある機器を交換することに! (機械音痴のため、私にはまったく不明 ^^;)  昨年末に購入した機器に不具合があったということで、無償交換でした。 再度取り付け、修理完了! (もちろん夫が) ヨカッタ ...
【Shine】 11-1 ― 陰謀と策略 ―
つづきを読む

【Shine】 11-1 ― 陰謀と策略 ―

緊張を持続させるには、相当な忍耐が必要である。 張りつめた神経もやがて疲労をきたし睡魔との戦いが訪れるのだが、いままさに監視の男は睡魔と格闘中だった。 水穂を威嚇するために弘乃の体に向けられたアイスピックが、男の手の中でゆらゆらと揺れている。 睡魔により制御が利かなくなった腕の筋肉は、アイスピックを握りしめる行為を持続できなくなっていた。 徹夜で疲れ切った体は休息を欲し、夜明け前に体温の低下とともに眠...
梅の蕾はまだ固く……
つづきを読む

梅の蕾はまだ固く……

   今朝は、真冬に戻ったような冷え込みでした。  梅の蕾も固く、春の訪れはもう少し先のようです。家族で食卓を囲みながら、あの日も寒かったねと次女がポツリ。 揺れがおさまるまで過ごした学校の校庭の寒かったこと。 あの日も雪が舞う寒さでした。 少なくなりましたが、 いまだに続く余震に、本震の大きさを思い知らされます。 みなさまのもとへ、穏やかなときが訪れますように     &...
待ち合わせ場所の定番
つづきを読む

待ち合わせ場所の定番

誰もいないときの「銀の鈴」付近   久しぶりに会う友人と待ち合わせることになり、「どこで会う?」 と聞くと、 「東京駅の 『銀の鈴』 で待ってるね!」 と迷わず返事が。 理由は 「わかりやすいから」 というもので、即決即実行の彼女らしいと 思いながら東京駅へ!  待ち合わせ場所の定番ってありますね。 全国的に有名な 『ハチ公前』 とか、その地域で目印になる場所と...
低気圧と頭痛の関係
つづきを読む

低気圧と頭痛の関係

  今日は、各地で大変な天気になりましたね。 春の嵐でしょうか。  朝からひどい頭痛と倦怠感に襲われ 「また、インフルエンザ?」  と思ったほどの体調不良で、めまいまで起こり、夕方まで鬱々と過ごしました。  「気圧の低い日は、肩こりや頭痛が多い」  どこかで読んだ記事を思い出し、さっそく調べてみると・・・ 女性に顕著に表れるとありました。 今日の私の...
【Shine】 11-2 ― 陰謀と策略 ―
つづきを読む

【Shine】 11-2 ― 陰謀と策略 ―

必死になって手がかりを探る捜査員たちに、意外な人物から情報がもたらされた。 船上で朝の散歩を楽しむ人々とあいさつを交わしながらも、監視の目を怠らない潤一郎に近づいてきた女性は不安が全身にじみ出ていた。 昨日はお世話になりましたと常識的な挨拶の後、「あの……」 と話を始めたのは、要注意人物の一人であるオペラ歌手の波多野結歌だった。 彼女の部屋の前でも不審物が発見され、潤一郎が事情を聴いた経緯があった。 「...