恋愛小説文庫 花模様

豊かに節約生活、できたらいいな
つづきを読む

豊かに節約生活、できたらいいな

   ネット書店から届くメールで興味を持った本です。 (本の紹介はこちら) タイトル、とっても気になります。 年収百万円で、どうやって豊かに暮らすのか、題名から想像できません。 本当に豊かに暮らせるの? 興味津々です。 さっそく読んでみました!  著者は、会社を退職後、親から譲られた不動産収入で暮らしはじめます。 家賃収入年間約百万円、月々では8万円ほど...
この記事は削除されました。
つづきを読む

この記事は削除されました。

ガイドライン違反のため、Yahoo! JAPANによって記事が削除されました。...
【花香る下で】 42-2 -落葉-
つづきを読む

【花香る下で】 42-2 -落葉-

フロントガラスに雨粒が広がり、やがてワイパーが動きはじめた。 スピードメーターの横に目を走らせると、外気温は5度と表示されており、里桜が向かった地はもっと冷え込んでいるのだろうと、祐斗は山の別荘へ思いをはせた。 気象サイトの情報では、信州もこれから天気が崩れ、夜半から強い雨になるとの予報だった。 夜の雨が苦手な里桜へ電話しようとブレーキに足をかけたが、今頃母親と話の最中ではないかと思い直し、アクセル...
更新のお知らせ
つづきを読む

更新のお知らせ

   【花香る下で】 42-1 -落葉- 【花香る下で】 42-2 -落葉-   別荘に残された里桜は、ひとりで雨の夜を過ごすことに。 母から伝えられるはずの話は聞けず、父の電話も切れて・・・  里桜にとって苦しい場面です。 早く次へ進まなくては(里桜が可哀そうで)  本文冒頭で、車のワイパーについて書いています。 車種により、雨を感知してワイパーが...
どよよ~ん解消法、ありませんか?
つづきを読む

どよよ~ん解消法、ありませんか?

    楽しくない話を聞いたばかりに、気分がスッキリしない一日でした。 午前中の早い時間の電話で気の滅入る話を聞き、電話を終えても気分が晴れず・・・  誰かに聞いてほしくて私に電話をしてきた、というか、私もよく知る相手なので 無関係ではなく、 これが、全くの他人なら 「そういうことってあるんだ、ふぅん・・」 ですみますが、 そうもいかず、一時間ほど話を聞き、...
どよよん・・・その後
つづきを読む

どよよん・・・その後

      昨日の、どよん・・・とした気持ちも、少し晴れました。 ひとりでいると、つい考えてしまいますが、誰かと話すことで気分が変わります。 おしゃべりって、気分転換になりますね。  基本的に、ブログの記事は 「楽しいこと・明るいこと」 を書きたいと思っています。 負の感情を記事に書くと、どこまでも落ち込んでいくし、読んだ方も楽しくないはず。 できる...
【花香る下で】 42-3 -落葉-
つづきを読む

【花香る下で】 42-3 -落葉-

里桜は呆然と立っていた。 父が父ではなく、それは兄と思っていた人も兄ではなかったということである。 高辻家に長男がいたと聞いたような、そうでないような不確かな記憶しかなく、その人の娘であると言われても現実味はない。 では、いましがたの家元の言葉は偽りだったのか。 高辻紀明と里桜が親子であると雑誌に書かれ、夫に裏切られたと信じたくなくて、その子は兄の娘であるととっさについた嘘だったのか。 里桜は事実を確...
更新のお知らせ
つづきを読む

更新のお知らせ

 【花香る下で】 42-1 -落葉- 【花香る下で】 42-2 -落葉- 【花香る下で】 42-3 -落葉-  偶然見たテレビで、里桜は自分の出生について知ることに。 別荘で見つけた箱には母の思い出の品があり・・・  42話は次回まで続きます。    ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・     先日の暑さは...
川柳あれこれ楽しいな♪ 
つづきを読む

川柳あれこれ楽しいな♪ 

「今日の一句」はじめようかしら   某保険会社が毎年応募する 「サラリーマン川柳」 (←クリックするとサイトへジャンプ) 今年も力作ぞろいでした。 ひねりの利いた句に、思わずプッと吹き出します。 (わんこより・・・の川柳がお気に入りです) ちょっと笑えて、和んで、このシリーズの川柳は楽しいですね。  こちらは、ちょっとオタク度が高い 「マニアック川柳コンテスト」...
効果あり! 舌を回して 三週間
つづきを読む

効果あり! 舌を回して 三週間

小顔になるかな?  顎の痛みで口が開かなくなり苦労したのは、三週間前のこと (記事はこちら) 「舌回し」 が、痛みの緩和と顎の矯正に良いと聞き、毎日実行しています。  「舌回し」 とは、口を閉じた状態で、舌で歯茎の外をなぞる運動です。 右回り、左回り、それぞれ30回、慣れてきたら50回、毎日続けます。 ちょっと変顔になるので、ひとりでいるときにひそかに実行です。 (...
【花香る下で】 42-4 -落葉-
つづきを読む

【花香る下で】 42-4 -落葉-

その夜の高辻邸は日付が変わる頃になっても静まることはなく、あわただしい様子につつまれていた。 どうして自分たちへ事前に知らされていなかったのかと立腹した声で詰め寄る会社の重役、ほか、高風流関係者からの電話は次から次へと鳴り響き、高辻家の長男と次男はそれらの対応に追われていた。 茶会のため地方に出かけていた高風流の家元、すなわち高辻三兄弟の母のもとへ壮介が向かったのは、押し寄せるだろうマスコミを想定し...
梅雨に扇風機大活躍!
つづきを読む

梅雨に扇風機大活躍!

「あー」 って、みんな経験者かも^^   もう一週間、雨が続いています。 家の中の湿度は80%以上、洗濯物を干すとさらに上昇。  そこで、扇風機が活躍です! 洗濯物に風を当てること数時間、ほぼ乾きます。 家の中へ送風することで、ジメジメを防ぎます。 (雨の日の洗濯物の干し方を比較した実験サイトです こちらから)  サーキュレーター(送風機)や、シーリング...
【花香る下で】 42-5 -落葉-
つづきを読む

【花香る下で】 42-5 -落葉-

 若葉との電話は深夜におよび、里桜がベッドに入ったのは夜中の2時を過ぎていた。 嗚咽する里桜を心配した若葉は電話口で声をかけ続け、一時は感情を高ぶらせていた里桜も友人の励ましに次第に落ち着いてきた。 ふたりで出掛けた旅行の楽しかった思い出を語りながら、親友との絆を再確認し、祐斗と健太を誘って出かけたガーデンホテルの話題では、健太と飲み明かして二日酔いになった若葉の話を聞きながら、祐斗と過ごした初...
更新のお知らせ
つづきを読む

更新のお知らせ

 【花香る下で】 42-1 -落葉- 【花香る下で】 42-2 -落葉- 【花香る下で】 42-3 -落葉- 【花香る下で】 42-4 -落葉- 【花香る下で】 42-5 -落葉-  隠されていた秘密を里桜が知るときがきました。 母でも父でもなく、里桜に事実を告げたのは・・・   長くなったので 42-4 ・ 42-5 に分けました。 日時指定更新で、同時刻に一気にUPしま...
出身地がわかっちゃう? あたるかな♪
つづきを読む

出身地がわかっちゃう? あたるかな♪

  某大学のゼミが作ったチャートです。 「はい」 と 「いいえ」 で答えて、最後に出身地にたどり着く・・・はず。 みなさんもどうぞ~!   『出身地鑑定 方言チャート』  (↑ こちらをクリック後、画面をクリックすると始まります)   いかがでしたか? 正解でしたか? ちなみに、私は 「宮崎県人」 と鑑定されました (惜しい!)    ...