恋愛小説文庫 花模様

【冬のリングとマンチカン】 3-4 女の事情、男の事情 
つづきを読む

【冬のリングとマンチカン】 3-4 女の事情、男の事情 

昨夜は、『なすび』 に寄ったものの、恋ちゃんと男のわけありの様子が目に入り、いたたまれず逃げるように店を出た。 無性に腹が立ち、ぶつくさ言いながら自転車を押して繁華街を向ける途中で、段差につまずき自転車ごと転んだ。 近くの自販機で買い物中の女性が 「大丈夫ですか?」 と親切に声をかけてくれたのに、無様な姿が恥ずかしくてうつむいたまま小さくうなずき、よろよろと立ち上がった。 自転車を起こしまたがると、...
まだ1月のつもりでした。もう2月なのね・・・
つづきを読む

まだ1月のつもりでした。もう2月なのね・・・

いつ勘違いしたのか・・・この数日、「月曜日から2月だわ」 と思い込んでいました。スケジュール表に予定を書み、毎日カレンダーも見ているのに、思い込みというのは恐ろしいもので、思い違いに気がつかないのですから。家族と今週の予定を話しながら、「2月2日は火曜日」 ときっぱり言い切った私。??? と怪訝そうな顔をされても、まだ気がつかない。「カレンダーを見て」 と言われて、事実を知り (笑) 衝撃を受けた...
【冬のリングとマンチカン】 3-5 女の事情、男の事情 
つづきを読む

【冬のリングとマンチカン】 3-5 女の事情、男の事情 

 店長と井上さんの質問が次々と繰り出されるため、おかみさんの話は終わりそうにない。 恋ちゃんのことを聞きたいが、店じまいまで粘るか…… 腰を据えることに決め、酒の追加と料理も頼んだ。 黙々と食べる俺へ、板さんが次々に料理を出してくれる。 この人も、もう何度もおかみさんの身の上話を聞かされたはずで、そらんじるくらいではないだろうか。 そして、板さんにも語りつくせない人生があるはずだ。 「ここ、長いんです...
節分と恵方巻
つづきを読む

節分と恵方巻

明日は節分豆まきをして、恵方巻きにかぶりついて立春を迎えます。恵方巻きを食べる習慣はなかったけれど、なんだかんだで流行にのってます。だって、献立を考えなくていいんだもの・・・節分は恵方巻き桃の節句はちらしずし季節の行事の献立は、助かります。今日も更新しましたつづきをどうぞ!【冬のリングとマンチカン】 3-5 女の事情、男の事情 (2/2 更新)・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・...
【投稿ネタ】今日のご飯を教えて! 恵方巻の具は?
つづきを読む

【投稿ネタ】今日のご飯を教えて! 恵方巻の具は?

お面をかぶって鬼に!こんな頃もありました・・・恵方巻きは、七福神に由来して七種の具材を使うそうですが・・・今日の我が家の恵方巻きは卵、かんぴょう、干しシイタケ、カイワレ、ほか七種には足りず・・・市販の恵方巻きは、七つ以上のものもあります。数にこだわらなくてもいい? かも^^とりあえず、縁起物はお腹に収まりました。しかし作ること、食べることに忙しく「豆まき」 をすっかり忘れておりました・・・あはは^...
毎日のお楽しみ♪
つづきを読む

毎日のお楽しみ♪

暦の上では春♪私の最近の楽しみは、お気に入りサイトの毎日更新 (または毎週更新)を読むこと一日の終わりに、ブログやPH,サイトにお邪魔してその日の更新分を読んで、夢の中へお弁当ブログやエッセイブログにもお邪魔していますが、こちらは特に先が気になる更新でして・・・Yahoo!コミックで 「のだめカンタービレ」 (嬉しいことに無料です^^)「ももんたの発芽室」で 『Angel's ladder(天使のはしご)』(管理人も...
気分一新! お部屋の模様替え
つづきを読む

気分一新! お部屋の模様替え

ブログの模様替えで、気分一新!チューリップに春を感じますvivi☆さん作の画像、素敵です今夜は、娘の宿題を手伝い中!いつもなら、絶対手伝いなんてしません(なにより、難しすぎてわからない 笑)「俳句の宿題、助けて~!」と、SOSが・・・俳句ならできるかも?ある賞に応募するそうで、入賞者には副賞もあり!母の句が入選したら、どうする?と心配しつつ (笑)ちょっと真剣に考えてます^^では・・・宿題に戻ります・・・...
【冬のリングとマンチカン】 3-6 女の事情、男の事情 
つづきを読む

【冬のリングとマンチカン】 3-6 女の事情、男の事情 

「西垣さん、気分でも悪いの?」 「気分は最悪ですけど、大丈夫です」 飲みすぎかな、帰ろうかと店長に促され、キャットベッドを抱えたままフラフラと立ち上がった。 「ここはいいよ」 と林店長が気前よく支払い、俺と井上さんはそろって頭を下げた。 カウンター内のふたりにも軽く頭を下げ、くるりと向きをかえた俺の背中に、おかみさんから声がかかった。 「西垣さん、恋ちゃんのこと、勘違いしてるみたいだけど……」 言葉尻を濁...
書庫のお知らせ
つづきを読む

書庫のお知らせ

昨日の大雪の予報はみぞれになり、今朝まで雨が残りました。家族を駅まで送るため、6時過ぎに家を出る予定。それなのに・・・朝の冷え込みで、車についた水滴が凍り、ドアが凍りつき、窓も開かない!ギシッと音をさせながらドアを開けて、エンジンを暖気。走り出したら、道路が凍って滑る~~!おっかなびっくりで朝の道を走りました。慣れない運転で疲れました・・・昼は気温も上がり、ぽかぽか良い天気、気分爽快! のはずが、...
ただいま帰宅・・・おひつじ座の撫子's Room
つづきを読む

ただいま帰宅・・・おひつじ座の撫子's Room

昼から出掛けて、ついさきほど帰ってきました。日付が変わる寸前だわ・・・オーケストラコンサートへ行ってきました。(東京フィルだけど、クラシックではなく ^m^)公演が終わって外にでたら雨・・・寒さも少し和らぎ、雨の湿り気にほっとしました。帰宅の報告でした。では、また明日おひつじ座の撫子's Roomの運勢は60点! (2015年02月07日)総合:軽い気持ちで言ったひとことが相手を傷つけてしまうかもしれません。今...
【冬のリングとマンチカン】 3-7 女の事情、男の事情
つづきを読む

【冬のリングとマンチカン】 3-7 女の事情、男の事情

「麻生さんと、お姉さんの元旦那さんってさ」 「はい?」 「お姉さんに言えないことを相談できるくらい、いい関係なんだね。 普通は、離婚したら付き合いはなくなるだろう?  まぁ、そういう僕も、元嫁の兄さんといまでも付き合いがあるけどね。 いろんなことをわかってくれてるから、友達より付き合いやすい。麻生さんもそうかな」 「そうですね」 店長は、固くなった気持ちをときほぐすように恋ちゃんに語りかけた。 年の功とい...
【冬のリングとマンチカン】 更新のお知らせ
つづきを読む

【冬のリングとマンチカン】 更新のお知らせ

【冬のリングとマンチカン】 3-7 女の事情、男の事情更新しました。ブログ記事は、またあとで~!とりあえず、お知らせを・・・  と「ナイス!」 の応援クリック、いつもありがとうございます。...
更新のお知らせ プラス つぶやき
つづきを読む

更新のお知らせ プラス つぶやき

【冬のリングとマンチカン】 3-7 女の事情、男の事情(これまでの回はこちらから)明日も更新予定です!恋雪の事情が少しずつ見えてきました。売り言葉に買い言葉、穏やかな付き合いが一変した西垣と恋雪です。本心を見せあえるのか・・・冬夏恋語り 【冬のリングとマンチカン】 いかがでしょうか。春秋恋語りから続く、四つ目の恋のお話です。夏の物語では強引な面が目立っていた西垣武士ですが、それは深雪から見た風景でし...
【冬のリングとマンチカン】 3-8 女の事情、男の事情 
つづきを読む

【冬のリングとマンチカン】 3-8 女の事情、男の事情 

「私とお義兄さんが、不倫とかするわけないじゃないですか」 「あの状況で、どう理解しろっていうんだよ。あんな話を聞かされたら、そう思うだろう」 「勝手な思い込みは迷惑です」 「迷惑ってなんだよ。もぉ、付き合いきれないな」 「付き合ってって頼んだつもり、ありませんけど」 「あぁ、わかったよ。勝手にしろ!」 大きな声で言い返していた。 とそのとき、行きかう酔っ払いのふたり連れから 「別れ話か? いいぞぉ、別れ...
彼の猫はこんなカンジ?
つづきを読む

彼の猫はこんなカンジ?

【冬のリングとマンチカン】 3-8 女の事情、男の事情 (2/10 更新)【冬のリングとマンチカン】 3-7 女の事情、男の事情 (2/9 更新)(これまでの回はこちらから)タイトルに猫の名前が入っているのに、いまのところあまり登場シーンはなくて・・・これから登場します!西垣武士が飼っているマンチカンは、こんな猫ちゃんです (イメージです!)可愛いでしょう?つぶらな瞳が、とってもキュート失恋のあと彼も癒された...
今年の大河ドラマ、観てます?
つづきを読む

今年の大河ドラマ、観てます?

「花」の字にflowerの英字が隠れているそうですが・・・今年の大河ドラマ 『花燃ゆ』 録画したまま二月に入り、最近まとめて観ました。1話から涙・・・2話も3話も涙で画面が滲んでしまって。時代を日本を変えようとする男たちの熱意と、女性たちのひたむきな姿が感動的です。こんなに泣けるストーリーだったとは。吉田松陰の妹 文 を中心に、幕末から明治にかけての時代が描かれています。この女性について、私はほとんど知...
【冬のリングとマンチカン】 4-1 コタツの季節 
つづきを読む

【冬のリングとマンチカン】 4-1 コタツの季節 

学園祭の時期が近づいてきた。 看板や案内のチラシが見られるようになると、否が応でも祭り気分が盛り上がってくる。 準備に追われ、講義で居眠りする学生が増えるのもこの頃だ。 「学業が優先である、大学は遊びに来るところではない」 と眉をひそめる先生もいるが、俺は大人風を吹かせるつもりはない。 十数年前、実行委員長に立候補し、学園祭成功のために走り回った経験がある。 何かに没頭するのはいいことだ、それが学業に...
更新のお知らせ
つづきを読む

更新のお知らせ

【冬のリングとマンチカン】 4-1 コタツの季節(これまでの回はこちらから)今夜はお知らせだけ・・・また明日!  と「ナイス!」 の応援クリック、いつもありがとうございます。...
【冬のリングとマンチカン】 4-2 コタツの季節 
つづきを読む

【冬のリングとマンチカン】 4-2 コタツの季節 

キャットベッドにいた猫たちが、そろってコタツのそばにやってきた。 コタツ布団に身を寄せて並んで座る。 井上さんが慣れた手つきで二匹の背中をなでると、とろけるような顔になりゴロンと横になった。 さすがトリマー、猫のツボを心得ている。 「この子たち、仲良くしてますね」 「マンチカンは人懐っこいからね。 好奇心も旺盛だけど、ほかの猫を認めることができる賢い猫だよ。 二匹の相性も良かったんだね」 店長の専門家らし...