恋愛小説文庫 花模様

南国便り その3 古民家カフェでランチ
つづきを読む

南国便り その3 古民家カフェでランチ

蒲生 「ら・びゅー」武家屋敷が並ぶ町へおでかけ町を散策して、休憩のために古民家カフェへお茶だけのつもりが、ランチメニューに目が留まり早めのお昼ごはんに……高い床、磨りガラス、木枠の窓懐かしい雰囲気が落ち着きますデザートは 「塩ぜんざい」地元の塩とぜんざいの組み合わせが絶品ゆったりとした時間を過ごしましたカフェの門来年の大河ドラマは 『西郷どん』 観光客も増えることでしょう某所でロケ現場に遭遇!この話...
南国便り その4
つづきを読む

南国便り その4

桜島噴火のニュースを見て海岸へ噴火してる??そういえば、薄い煙が上っているような……噴火は日常です遠浅の海岸は静かでした潮の香りがして、思わず深呼吸夏の海も、そろそろ終わりです...
南国便り その5
つづきを読む

南国便り その5

家族で食事に出かけたり、 友人たちに会ったり、 忙しくも楽しい毎日。 画像は、「お寿司のコース」 涼しげな皿に並んだお寿司 前菜、お寿司、汁物、茶碗蒸し、 デザートまでしっかりいただいて、大満足!  美味しかった…… しかし、心なしか体が重くなったような。 今週から食事は質素に! を目指して。 (と、思っているけれど、できるかな……)       ...
ただいま~!
つづきを読む

ただいま~!

土産のほんの一部 (ほかにもいっぱい!)もろもろの用事もあり、いつもより長い帰省になりました。 「今年はいつになく暑い」、と地元の誰もが言うだけあって、 おおげさでなく猛暑の鹿児島でした。 冷夏の関東に慣れた体には、なかなかヘビーで、 ほぼ一日中冷房の中にいても、ちょっと動くと汗が・・・ そして、こちらに戻ったら、すでに秋、 関東の夏は終わったのかな・・・ 留守番の夫から 「掃除はしてないよ」 と聞いて...
夏のお気に入り
つづきを読む

夏のお気に入り

自分では選ばない配色かなだからこそ新鮮!誕生日プレゼントに友人から届いた 「籠バッグ」 この夏のお出かけに大活躍でした。 持って出かけると、行く先々で 「かわいいバッグですね」 と褒められて、 「わぁ、嬉しい! ありがとうございます」 と何度言ったことでしょう。 持ち物を褒められて、とってもいい気分♪ 友人が輸入雑貨店で見かけて一目で気に入って、私へのプレゼントに選んでくれた物。 その後、その雑貨店で ...
『あげまん』 のパンフレットが!
つづきを読む

『あげまん』 のパンフレットが!

実家の屋根裏部屋を片付け中、発掘した映画のパンフレットの一冊 『あげまん』 宮本信子さん主演の映画 (1990年) いつ観に行ったのか、誰と見たのか、全く思い出せないけれど (ひとりで観に行った?) 映画のストーリーは覚えています。 パンフレットをめくると、お若い頃の宮本信子さんが! 当時45歳、10代の芸子も演じています。 女優さんってすごい・・・ いまは、朝ドラ 『ひよっこ』 の鈴子さん 『あげまん』 『...
新三種の神器
つづきを読む

新三種の神器

新三種の神器 ・・・「ロボット掃除機」 「全自動洗濯乾燥機」 「食器洗い乾燥機」 我が家にあるのは洗濯機だけ (洗濯機の乾燥機は使ったことありませんけれど) お掃除ロボットは 「あったら便利だろうな」 と思いつつ、購入は未定。 食洗器は、手荒れのひどかったころ真剣に考えたけれど、スペースの問題で設置できず。 家事の時短に役立つものばかり。 これからは、「新三種の神器」 は普通になるのでしょうね。 それと...
おせち料理の予約 が!
つづきを読む

おせち料理の予約 が!

9月に入ってすぐ、「おせち料理の早期予約を開始」 の知らせが! えーっ、4ヵ月も先ですけど・・・ ハロウィンもまだなのに、もう、お正月の準備とは。 クリスマスケーキの予約も年々早まっていますね。 何事も先取り? でも、虫の音を聞きながら 「おせち料理」 をみても、その気になれなくて。 といいつつ、早期予約割引は気になる。 昨年はインフルエンザで、クリスマスも正月準備もできなかったので、 今年は準備だけでも...
【ボレロ】 40-1 -策略ー
つづきを読む

【ボレロ】 40-1 -策略ー

夏の暑さも落ち着いた8月末日の夜、『シャンタン』 にアインシュタイン倶楽部の仲間が集まった。 例年8月の会合は 『夏の会』 の中で行ってきたが、今年は時間の都合がつかず集まりを見合わせた。 倶楽部の本部となっている 『シャンタン』 は、『榊ホテル 東京』 の最上階にある会員制レストランで、最低でも一ヵ月前の予約が必要である。 近々の予約は難しい、今月の会合は見送ろうかと幹事役の狩野と話していたところ...
体重談義でわかったこと
つづきを読む

体重談義でわかったこと

夏の帰省では、友人知人、親戚と食事をすることが多く、 昼のほとんどは外食、「ランチコース」 つづきの夏でした。 しっかりデザートまでいただいて、 しっかり身に付きました (当然の結果ですけれど・・・) 先日、友人と電話のおしゃべりで、 友人 「最近体重が増えてね、人生マックスなの」 私  「えーっ、想像がつかないわ」 長身でやせ型の友人が太ったのを見たことがありません。 「太った」 を連発するので、さぞふ...
早くも年末年始の予定
つづきを読む

早くも年末年始の予定

夏の帰省から戻ったばかりですがあるところで 「年末年始の航空券、満席の日もあるよ」 と聞いてびっくり。 まだ9月なのに、もう満席って・・・ いつもは自宅でのんびりすごす年末年始ですが、今年は帰省しようと夫と話したばかり。 「すぐ手配した方がいいね」 ということで、あわてて予約サイトへ接続。 出遅れました・・・ 早期予約でお得な席はすでに満席、少し料金がお得な枠も、残りわずか。 夫は仕事の都合で年末ギリギ...
【ボレロ】 40-2 -策略ー
つづきを読む

【ボレロ】 40-2 -策略ー

その日、昼食をすませて会社にもどると、社内が妙にざわついていた。 私の姿を認めた社員は、みな反射的に頭を下げるが、そのあと近くにいる仲間とささやき合う。 後ろ指をさされているような気まずさを感じながらも、それに気づかぬふりで彼らの前を通り過ぎた。 役員室に戻った私のもとへ、秘書の勅使河原が血相を変えて走り寄ってきた。 「これを見てください」 勅使河原が手にしたスマートフォンには、私と初老の女性が写って...