【ボレロ】 6-8 -天使の羽 -



柔らかな夕方の日差しが差し込む部屋で、私へ嬉しい知らせが告げられ、喜びが広がる胸を押さえ
 
ながら、話の先をうかがった。


「特に気をつけることはありません、これまでと変わりなく過ごしてください」



過度な気遣いはかえって体にストレスを与えます、ですから普通にね、と続いた佐藤先生の言葉は
 
私を安心させるものだった。

義母から聞いたとおり小柄な佐藤先生はお可愛らしい方で、とても重労働をこなす産婦人科の
 
お医者さまには見えない。

白衣を脱いだ姿は、親しみのある年配の女性のお顔でいらっしゃるはず……などと、大事な時で
 
あるのにそんなことを考えていたのだから、 それほどリラックスしていたということ。

次の検診は来月です、母子手帳の交付を受けてください、等の先生の言葉にうなずき、
 
私は診察を終えた。





外出が気分転換になったのか、軽い興奮のためなのか、出掛けている間は気分の悪さも
 
忘れていた。

それなのに、帰宅した途端ひどい吐き気に襲われたのは、体調の改善は一時的なものであったと
 
いうことで、しばらくの間、この辛さと付き合わなくてはいけないのだと覚悟を決めた。


体に別の命を宿す、それがつわりとなってあわられる。
 
つわりは病気ではないのだから我慢しなさいと、昔の人は言ったものですよと、

母がティーポットを温めながらこんな話をはじめた。



「身ごもった女性なら誰しも体験するもの、病気ではないというのは間違いではないでしょう。

でもね、辛いときは辛いと言っていいのよ。個人差があるんですもの、みな同じではないわ。

今の人は我慢が足りない。私は寝込むことなどなかったと自慢なさる方もいるけれど、
 
それはご自分を基準にしただけのこと。

あなたも、これからたくさんの方にありがたいお言葉をちょうだいするでしょう。

けれど、それをすべて真に受けていたら大変。半分聞き流すくらいの気持ちでうかがいなさい」



半分聞き流しなさいとは、聞き様によっては乱暴な言い方だが、それこそが自分を守るための心得と
 
いうこと。

母の言葉通り、それから多くの方から 「ありがたいお言葉」 の洗礼を受けることになるのだが、
 
母の言いつけを守ることで、なんとかしのぐことができたのだった。



「宗一郎さんに早くお知らせしなさい。
 
あなたが言わないから、私も近衛のお母さまも喜びを黙っていなければならないのよ」


「わかっています。でも、電話で話したくないの。彼が出張から戻ったらお話します。
 
だから、もう少し待って」


「仕方ないわね。でも、お父さまにだけは話してもいいでしょう?」


「それもできたら……ごめんなさい」


「そう、わかったわ」


「美那子さんにもお願いしたの。まだ、みなさんにはおっしゃらないでねって」



レストルームで話し込んだあと、母たちにも挨拶をくださった美那子さんは 
 
「珠貴さんのこと、内緒ですね」 と約束してくれたのだった。



母だけでなく、おふたりにも無理なお願いをしたのだから、できるだけ早く宗に伝えなければと思った。

診察結果を聞いた近衛の義母は、早く誰かに知らせたくてたまらない、そんなお顔だった。

やはり、宗には電話で伝えようか……そう考え直したのに、その日の夜は彼からの電話はなく
 
過ぎた。


翌朝、待ちに待った宗からの電話があり、私は気持ちを決めて言葉を用意していたのだが……



『おはよう。体調は落ち着いた?』


『おはようございます。えぇ、何とか過ごしているわ。そちらは、忙しそうね』


『うん、まぁ……少し面倒なことがあったからね。なんとかするしかないが、手ごわい相手でね』


『それは大変ね』



急な出張であり、副社長である彼が出向かなければならない事態とは、よほどのことだったはず。

声にも厳しいものが感じられ、こんなときに話しても言いのものかと迷いが出た。

それでも話さなければと気持ちを決めたのに、宗……と呼ぶ前に、珠貴と呼びかけられた。



『珠貴、藤原さんから何か言ってくるかもしれない。
 
場合によっては君に会いに行く可能性もある。絶対誘いに乗るな』


『藤原さんが、私に? どうして……』


『とにかく、彼女の話を聞くな。聞いても信じないように。何を口走るかわからないが、全部でたらめだ』


『彼女、何を言うつもりなの?』


『それは、その、俺とどうとか……とにかくすべて事実ではない。俺を信じて、いいね』


『はい』


『それから、あっ、ちょっと待って……平岡、なんだ?……わかった……明日には帰る。話はそのとき』



突然のことに、何がなんだか分からず、わかりました、と返事をするしかなく、結局私は何も伝え
 
られずに電話を終えた。

いつも冷静な彼らしくなく、切羽詰ったとでもいうような感じだった。

宗は何をそんなにあわてているのだろう、藤原さんが私に被害を及ぼすとでも思ったのだろうか。
 

藤原玉紀という女性が、かつて宗と縁談があったと聞かされたのは最近だった。

縁談には事業が絡んでいたような話だったが、藤原さんの件については二年前に決着がついている
 
ということで、彼女との関わりは過去のものであり、私が気にしなければ問題はないのだと思った。

先日の藤原さんからの贈り物も、近衛家と藤原家の交際における礼儀のひとつだろうと理解した
 
こともあり、宗へあなたを信じている、安心してと伝えたのだった。


けれど、考えてみればいまさら贈り物でもないはずで、送られてきた品について宗もいぶかしんで
 
いた。

宗の話を聞いて大筋は理解したつもりでいたが、そのときすでに体調が悪く、自分の体のことで一杯
 
だった私は、 彼の言葉の中の大事な何かを見過ごしていたのかもしれない。

一昨日、宗と交わした会話を思い出してみた。

藤原さんについて、隠すことなく私に話し、私だけを見ていると言ってくれた。

誠実な言葉は心に響き、彼の愛情を強く感じたのだった。


『すべてがわかったら必ず話すから』


すべてとは、何をさしているのか。

思い巡らすが、それとわかることは思い浮かばず、宗の必死な顔だけが浮かんでくる。

先の電話も、とにかく必死な様子だった。

藤原さんに直接お会いしたことはなく 『シャンタン』 で一度だけ見かけだけ。
 
か弱く線の細い印象の彼女が、私にどんな用があるというのか。

宗に結婚祝いの品を送り、さらに私に会って結婚の祝いでも告げてくれると言うのなら、
 
会って話もしてもよいだろうが、それでは 「彼女の話を信じるな」 と言った宗の言葉の説明が
 
つかない。
 
それなら、いまだ宗のことが諦められず、彼との結婚を望んでいるとでも?
 
まさか、ふっ……
 
あまりにも突拍子もない自分の考えに呆れて、自嘲の笑いがもれていた。
 
彼はすべてが解決したら話してくれるつもりがあるようで、その前に聞いても、おそらくはっきりとした
 
返事はもらえないだろう。
 
彼女が私に近づく理由を自分で考えるしかない。


体調の悪さも忘れ、私は懸命に頭を働かせた。

どこかにパズルのピースを忘れているような気がしてならないのだった。

探し出せないピースは何か、ヒントを見つけ出そうと記憶を探るが、迷い込んだ迷路は行き場を失って
 
いた。


携帯が着信を告げた。
 
宗と電話のあと握り締めていたものではなく、仕事用の電話だ。

表示された見知らぬ番号に一瞬警戒したが、お客さまからの大事な電話かもしれないと思い直し
 
電話に出た。 



『はい、須藤でございます』


『私、藤原玉紀と申します。突然お電話を差し上げまして申し訳ございません。
 
少々お時間をよろしいでしょうか』


『藤原さまでいらっしゃいますか。
 
先日は近衛に結構なものを頂戴いたしました。ありがとうございました』



藤原玉紀と名乗る声はよく響くもので、申し訳ないと言葉にしているものの遠慮のない声だった。

一方受け取った私のほうは、携帯を握る手が震えていた。

それでも、近衛宗一郎の妻として贈りものへの返礼を伝える声は、自分でも驚くほど落ち着いた
 
ものだった。



『ご結婚後もそのままのお名前ですのね。では、須藤さんとお呼びしてよろしいですね。
 
須藤さん、お目にかかってお話したいことがあります。今日でしたら、私はいつでも大丈夫ですので、
 
須藤さんのご都合をおっしゃていただければ、その時刻にうかがいます。
 
それから、少々立ち入ったお話をさせていただきますので、その点をご配慮いただければと



私の礼の言葉への対応はなかったのに、旧姓を名乗った私へ、須藤さんとお呼びしてよろしいですね
 
と念を押してくる。

会って話がある、それも今日と指定してきた。

伺いますとは、私に会いに来るということで、彼女には私の今の状態は分からないはずであるから、
 
会社か自宅に出向く意向であると受け取っていいのだろう。
 
立ち入った話であると言ってきたのは、できるなら第三者には聞かれたくない話であるから、個室を
 
用意して欲しい、そういう要望でもある。

彼女の一方的な会話は奇異とも思えるもので、会えるとも会えないとも返事をしていないのに、私に
 
拒む選択肢を与えない藤原さんの話ぶりに圧倒された。

圧倒されながらも、負けるものかと挑む気持ちが沸き起こり、
 
「では、午後でよろしいでしょうか。榊ホテル東京で……」 と私の都合で、場所と時刻を告げた。

そのとき、宗から彼女に会うなと言われていたことは頭から抜け落ちていた。



急に出掛けると言い出した私に、母は驚き当然のごとく反対し、どこに行くのか誰に会うのかと、
 
問い詰めるように聞いてきた。

当初、蒔絵さんの赤ちゃんに会いに行ってきます、と出掛ける理由を用意していたが、今日でなくても
 
いいでしょうと言われそうで、大学の同級生が上京している、彼女は今日しか時間が取れない……
 
そのような理由にした。

高校までの友人関係は母も把握していたが、大学時代の交友関係はつかみきれてはいないはず、

藤原さんという方です、と会う相手の名前を告げても 「どちらの方?」 と一応は聞かれたが
 
友人の藤原さんがどのような人であるのかの問いはなかった。

聞いたところで母にわかるはずもなく、私はそれをいいことに、藤原さんのお父さまは西日本でも
 
有数の不動産会社の経営者であり、彼女は父親の社長秘書であると母を安心させる事柄を言って
 
聞かせた。

藤原さんは友人などではないが、それ以外の彼女に関する情報に間違いはなく、身元が分かれば
 
母親は安心するものだと分かっているから話したのだが、思ったとおり、
 
「そうなの。その方、ご結婚はまだなのね」 と、いかにも母らしい言葉があり、疑われることなく
 
私は家を出た。


 
 
関連記事


ランキングに参加しています
  • COMMENT:5
  • TRACKBACK:0

5 Comments

撫子 s Room  

No title

ピンクリリーさん

次が気になって・・・のコメント、とっても嬉しいです!
続きを楽しみにしてもらえるよう、次回も頑張ります^^

2013/05/14 (Tue) 17:24 | 編集 | 返信 |   

撫子 s Room  

No title

千菊丸さん

無謀にも彼女に会いに行く珠貴です。
何か起こる?
次は明日更新予定です。

2013/05/14 (Tue) 17:24 | 編集 | 返信 |   

撫子 s Room  

No title

ナイショのコメントさん

単身乗り込む珠貴です。
大胆な行動に出る、こんなところが珠貴らしい・・・
宗が知ったらさぞ驚くでしょう。

さっそくの更新の催促、ありがとうございます^^
エネルギーをいただきました、頑張ります^^/

更新の催促も、嬉しいです。
続きは明日更新予定です。

2013/05/14 (Tue) 17:23 | 編集 | 返信 |   

ピンクリリー  

No title

夕べ寝る前に読んだら、気になって、気になって。
次回が楽しみです。

2013/05/14 (Tue) 15:32 | 編集 | 返信 |   

千菊丸  

No title

何だか嫌な予感がしますね。
珠貴さん、気をつけて!

2013/05/14 (Tue) 13:44 | 編集 | 返信 |   

Post a comment