フォンダンショコラなふたり 後編



夜は特に予定もなかったが、本命をもらえなかった憂さ晴らしだと街に繰り出す同僚に付き合う気にもならない。

見上げた空は雲行きが怪しくまた雪になりそうな気配で、こんな日はまっすぐ帰るに限る。

駅に向かって歩きながら、そろそろ夜のにぎわいが出てきた街に、着飾った女の子が妙に多いことに気が付いた。

今朝までの雪で足元も悪いのにハイヒールをはき、寒さをものともせず短いスカートだ。

もっと温かい恰好をすればいいのにと思うのは、今日という日に大した意味を持たない男が考えることだそうだ。

見るからに寒そうな服は意中の男のためで 「今夜勝負をかける子もいるからね」 と、友人からバレンタイン事情を聞かされたのは、駅から程よく離れた繁華街の店に腰を落ち着けたあとだった。


大学から付き合いのある佐倉達也は、見た目は俺と正反対で、人当たりがよく優男であるばかりにいつも女に言い寄られている。

だが本人は俺以上に硬派で真面目、適当に付き合うなんてことができない性格でつまみ食いなどもってのほか、言い寄る女を片っ端から断る、男から見たらとんでもなく贅沢な奴だ。

彼にとってバレンタインデーは厄日で、甘い菓子が何よりも苦手な奴は、それこそ抱えきれないほどチョコレートをもらう。

俺の袋の中身のほとんどが 「義理とつきあい」 であるのに、奴が受け取ったチョコレートの多くが 「本気で本物」 だ。

毎年どれだけの女に告白され断っているのか、佐倉も把握していないらしい。


やっかみたくなるほどもてる男だが、女に対して真面目に向き合っていることは評価したい。

ホワイトデーにはチョコレートを渡してくれた彼女たち全員に、お返しの一品を添えて自分の言葉で断りを伝える律儀な男だ。

そんな真面目さが女たちの心をくすぐるのだろう、佐倉はさらに女たちに追いかけられることになる。

この数年誰とも付き合っていないはずだから、今日は佐倉を狙う女たちに囲まれてさぞ大変だっただろうな。

そんなことを考えながら駅に向かう途中の、佐倉からの電話だった。



『よお、お疲れ』


『お疲れ。玲音、近いうちに会えないか』


『いいぞ、今日でも明日でもあさってでも、俺はいつだって空いてる』


『これからでもいいか?』
 
 
『ぜんぜんかまわないが、どうした』
 
 
『少し付きあってくれないか。報告がある』




相談ではなく報告というのだから、すでに何かが決まったか起こったということだ。

転勤にでもなったのかと思いながら、佐倉との待ち合わせの店に向かった。

初めて会った頃から佐倉は俺を名前で呼んでいる。

大学のサークルの初会合で、みな堂々と前を向いて自己紹介したが、名前を言いたくなくてわざと口ごもった俺の態度が気に入らなかったらしい。

 
「ご両親が考えてくれた名前だろう、大事にしろよ」 
 
 
 
そういって俺のコンプレックスを指摘しただけでなく、苗字呼びが慣例だったサークル内で名前を呼び続け、いつのまにか先輩も後輩も俺を名前で呼ぶようになった。

男から 「玲音」 と呼ばれるのは何ともないのだが、女から呼ばれるのは今もって苦手だ。

湊すみれをのぞいては……




いつもなら気楽なカウンターに座るのに、報告というのは込み入った話になるのか個室が用意されていた。

佐倉の身に何事か起こったのだろうかと気になりながらも、表面は軽くふるまった。



「相変わらず大漁だな。どれも高そうだ、さぞ旨いんだろうな」

「さぁ、俺は食べないからわからないよ」


佐倉の手元を覗き込むと、見るからに高級なチョコレートが段になって入っていた。

義理ではないのは箱の大きさから一目で、たとえ義理であっても佐倉には特別な物が配られているのではないかとすねたくなる立派なものばかりだ。

チョコレートが主流だが、ケーキや焼き菓子も増えてきたなと最近の傾向にも詳しい佐倉は、自分では食べなくても、もらったものをちゃんと把握している証拠だ。
 


「甘いのが苦手な男に、よくもこんな甘そうなのを寄こすよな。

これ、どうするんだ? まさか全部廃棄か」


「もらったものだ、そんなことはしない。

食べてくれる人がいるから、その人にあげてるよ」


必ずカードや手紙が入っているため、全部に目を通してカード類を抜いてから人にあげるのだという。

どんなメッセージが書かれているのかと聞くと、彼女たちの真剣な気持ちだから、簡単に口にはできないと真顔で返された。
 
低レベルな質問をしたものだと反省しながらも、いかにもな顔で取り繕った。



「そうだよな、もらったものを粗末にできないよな。
 
男でも甘党はいるからよかったな、そんな人がいて。会社の同僚か?」


「同僚だが、男じゃないよ」


「男じゃないって、佐倉、彼女がいたのか」


「まだいない」



会社で背中合わせに座っている甘党の彼女が、佐倉のチョコレートを毎年ひそかに引き取ってくれた。
 
以前からその子に好意があった佐倉は、バレンタインデーの今日、菓子に添えたカードで告白した……
 
というのが、ここに呼んで俺に報告したかったことらしい。



「で、彼女の反応はどうだった」


「返事はホワイトデーかな。一ヶ月待つのはしんどいけどな」



しんどそうには見えない顔からすると、手ごたえがあったのだろう。
 
嬉しそうに口元を緩ませて語る佐倉を初めてみた。

コイツもこんな顔をするのか……

佐倉の顔を面白そうに見ていると、照れ隠しだろうか、フォンダンショコラという菓子を知っているかと聞かれた。
 
知らないというと、
 
 
 
「外は普通のケーキ生地で、中にチョコレートが入ってる。意外性があるケーキらしい」
 
 
「へぇ、うまそうじゃないか」
 
 
「おまえみたいだな」
 
 
「うん?」
 
 
「見た目と中身が違うだろう」
 
 
「はぁ?」 
 
 
「玲音のそのギャップがいいんだよな。しっかし、女の子の目はどこを見てるんだろう。
 
誰も気が付かないのか? うん? どうなんだよ」
 
 
「知るか」
 
 
 
からかわれたとわかってはいるが、俺で遊ぶなと不機嫌そうに言い返し、まだ何も運ばれておらずテーブルに唯一おかれたコップの水を一気にあおった。



「玲音のも、すごいじゃないか」



今度は俺が抱えてきた袋を佐倉がのぞく。

数だけは負けないよと言ったものの、佐倉に比べて見劣りがするのは致し方ない。 



「義理ばっかりだけどな」



以前は、もらったものだからと自分で食べていた。
 
佐倉のように甘いものが苦手ではないが、似たような甘ったるいチョコばかりで飽きて、最近では姉貴のところの姪っ子に、もらったまんま全部譲っている。

まさかメッセージカードとか入っていなかっただろうな、本命らしい豪華な包みは一個もなかったから大丈夫だよな。

一瞬浮かんだ不安を勢いよく消し去った。



「どうみてもその他大勢向けの品だ、佐倉のような高級品はないよ」


「そうでもないと思う」


「はぁ?」


「これ、開けてみろよ。本気っぽい」


「どこが本気っぽいんだよ」



佐倉が示したのは、湊すみれがくれた物だった。

かなり細見の長方形のそれは、他の箱にも見劣りする小ささだ。

忘れずに用意してくれるのは嬉しいが、同期の付き合いで渡すにしても小さすぎるだろうと文句を言うと、勅使河原にはペンシルチョコで十分だと言い返し、「ありがたく食べなさいよ」 と付け加えて置いていくのだった。



「開けなくてもわかってる、中身はペンシルチョコだ。
 
渡した本人がそういうから間違いないさ。

毎年毎年芸がないよな、まったく」


「そうかな、ペンシルチョコにこんな包装はしないよ。これはプロが包んだものだ。
 
ペンシルチョコじゃないと思う」


「じゃぁ、プロに頼んで包んでもらったんだろう。
 
小さいから、包装で豪華に見せようとしたんだ」


「大きさは関係ない。小さくて気の利いた物ほど本気で選んだ物だから。
 
いいから開けてみろ」



佐倉があまりにも熱心に勧めるので、しぶしぶ手に取り包みを開けたのだが、中身を見て息をのんだ。

チョコレート色の包装紙に包まれた箱から出てきたのは、有名ブランドのボールペンだった。
 
いつだったか、よくボールペンを紛失する俺を見て、良い物を持つとなくさないのだと湊が言ったことがあった。
 
なるほどと思いながら、ボールペンごときに金をかけるつもりはない、おまえがくれるなら使ってやってもいいがと言った記憶がある。
 
あれを覚えていたのかと驚いたが、さらに驚かされたのは、箱の上にメッセージがあったことだ。



『もう一度、あなたと朝まですごしたい 湊すみれ』



湊すみれは活発で気風がいい。

目鼻立ちがはっきりした、いわゆる美人の部類にはいるのだろうが、ざばざばして男にも対等に話しかけてくる、いわゆる男前の女だ。

俺を勅使河原と呼び捨てにするのも、同期の女たちのなかで湊だけだった。

彼女と朝まで過ごしたことがあるのかと佐倉に問われ、三年前の出来事を話した。

ボールペンのやり取りも含めて。

 

「湊さん、毎年同じものをくれたんだろう?」


「うん……」


「おまえ、バレンタインに彼女からもらっても、一度も開けてないだろう」



こんなちっちゃいのを寄こすなんてと、湊に多少腹を立てていた。

ペンシルチョコだと信じて疑わなかった。

だから開けようとも思わなかった。

なんてことだ……



「玲音、なんとか言えよ。開けたのか、開けなかったのか、どっちなんだよ!」


「開けてない」


「捨てたのか」


「ペンシルチョコだと思ったから……姪っ子にやった」


「馬鹿か!」



佐倉の応援団で鍛えた声が部屋中に響いた。

殴られたと同じくらい、佐倉の怒鳴り声は衝撃があった。

バレンタインデーの翌日、湊は必ずこう聞いてきた 「ペンシルチョコ、食べた?」 と。

「食った、腹の足しにもならん」 と俺は返していた。

湊は笑っていたが、俺の返事をどんな思いで聞いていたのだろう。



「馬鹿だよ、俺は……」


「大馬鹿だ、女の子に三度も告白させたんだからな」


「あぁーっ!」



頭をかきむしりながら、佐倉の怒鳴り声に負けないくらい大きな声で叫んだ。

後悔が次々と押し寄せ言葉にならない声を発していたが、悔やんでばかりもいられない。

湊すみれに謝る言葉を探し始めた。



「これからどうしたらいいのか、わかってるな」


「誠心誠意、謝る」


「バカやろう!」



ふたたび佐倉に怒鳴られた。



「謝るより、彼女の今夜の予定を聞く方が先だろう!」



あまりの大声に、料理を運んできたアルバイトの子が入口で引き返した。

今夜の予定と言われ、今日の湊の服を思い出した。

どことなく決めた感じの服だった、今夜どこかに出かける約束でもあるんだろうと思った。

湊が俺からの誘いを待っていたのだとしたら……



「玲音、今夜はこれから予定があるだろう。誘って悪かったな」



ほかの子からもらったチョコとか、持っていったらひんしゅくだぞと言いながら、俺から袋をひったくった佐倉は、先に帰るからなと立ち上がった。



「転職することにした」


「報告って、それだったのか。待てよ、転職ってどこに」


「話の続きは、またにしよう」



頑張れよと俺の肩をたたいて、佐倉は帰って行った。

引き返していったアルバイトの子を呼び、今夜はキャンセルするが代金は支払うよと言うと、お帰りになられたお客様にお支払いただきましたと返事があった。

気が利く佐倉に感心しながら、全く余裕のない自分がふがいない。

ここで落ち込んでる場合じゃない、行動あるのみだ。

湊は電話に出てくれるだろうか、やはり先に謝った方がいいだろうか。

上質な輝きを放つボールペンを見ながらしばらく考えて、気持ちを決めた。



『俺だけど』


『どうしたの?』



どことなく湊の声が震えていた。



『ペンシルチョコの礼を言ってなかったから』


『別によかったのに……』



ペンシルチョコと聞いてがっかりしたのだろう、落胆した声だった。



『ありがとう……湊』


『やだ、あんなチョコでお礼なんて言わないでよ』


『いまどこにいる』


『いま? 駅よ。帰るところ』


『予定を変更してくれないか』


『えっ……』


『朝まで付き合ってくれ』


『……箱、開けたんだ……』
 
 
 
そう言ったきり声が聞こえなくなった。
 
電話を切った様子はないから、次の言葉を考えているのだろう。
 
苦しいまでの沈黙だったが、今まで湊が待った時間に比べればなんてことはない。
 

『勅使河原、私に三日間付き合って』
 

『三回分、付き合えってことか』
 
 
『そうよ』 
 
 
『わかった、三日間家に帰らなくてもいいんだな?』
 

『うん』


 
金曜日の今日から、明日、明後日と俺たちはずっと一緒に過ごすことになる。
 
湊からの三回分のメッセージに応えるため、三日間片時も離れずふたりで朝を迎え、月曜日の朝はホテルから出勤し、俺と湊のコンディショナーの匂いが同じだと勘づいた課の女の子のおしゃべりから、社内にふたりの噂が広がるのだが……
 
そんな大事になるとはこの時は思いもせず、湊すみれに会うために雪が舞う街へと飛び出した。
 
 
 
 
                                      
  
 
 



 
 

関連記事


ランキングに参加しています
  • COMMENT:5
  • TRACKBACK:0

5 Comments

撫子 s Room  

No title

viviちゃん

感想をありがとうございました。
嬉しい!

恋に鈍感な男へのアプローチ、すみれの思いがやっと届きました(よくぞ三年待ちました!)

きっと濃厚な三夜だったでしょう^m^

ホワイトデーは彼らの恋の行方をお届けする予定です。
こちらにもお付き合いください^^

インフルエンザ・・・まいりました・・・
咳のしすぎで腹筋が痛くて(運動不足ね^^;)
viviちゃんも風邪にはお気を付けくださいね。

2014/02/27 (Thu) 22:52 | 編集 | 返信 |   

vivi☆  

No title

甘い想いを〝見た目〟で包み込んだ…フォンダンショコラのような二人の恋が

ティラミスなキューピッドの矢でようやく〝中身〟が溶け合って、訪れた素敵なバレンタインの夜。

ちょっと時間が掛かったけれど、その分恋のお味は濃厚かも…。
すみれさん、よかったね!^^

3回分のホワイトデー、どんな展開になるのかな?
楽しみにしてますね~。

インフルエンザ、お加減いかがですか?
どうぞ、お大事。

2014/02/22 (Sat) 22:56 | 編集 | 返信 |   

撫子 s Room  

No title

内緒のコメントさん

短編は、一場面で構成できたらおしゃれですね。
いつか挑戦したいものです!

ご意見、ありがとうございました。

2014/02/19 (Wed) 21:40 | 編集 | 返信 |   

撫子 s Room  

No title

faustonneさん

こんな結末になりました。
素直になって仲良くすごしていることでしょう!

ナイスぽち、ありがとうございます。

2014/02/19 (Wed) 21:39 | 編集 | 返信 |   

faustonne  

No title

おはようございます。

面白い結末でしたね。ナイスぽちです。

2014/02/19 (Wed) 08:57 | 編集 | 返信 |   

Post a comment