【手のひらの幸せ】 ― 未来へ ― 2



夏が過ぎ 鈴が一歳の誕生日を迎えた頃 円華の後輩の桐原さん一家が遊びに来てくれた

去年の夏にも遊びに来てくれたのだが その後生まれた鈴とは初対面だった

そのとき ちょうど今の鈴くらいの赤ちゃんだった男の子は この夏で二歳になっていて

いたずら盛りで大変だと和音さんがこぼしていた

そして 和音さんの腕には この夏生まれた二人目の子どもが抱かれていた



「すずちゃんじゃなくて リンちゃんって呼んでるの? わぁ可愛い! ホント工藤さんにそっくりですね」


「女の子は可愛いですね ウチも次は女の子って思ってたのに また同じでガックリですよ」


「もうひとり どうですか? 女の子 めちゃめちゃ可愛いですよ でも眉毛が俺に似ちゃって可哀想だけど」



俺の言葉に 桐原さん夫婦がそろって鈴の顔をのぞきこんだ

”眉毛 凛々しくて可愛いですよ” と笑いながら言っている

そうか やっぱり眉毛が濃いんだな 女の子に凛々しいってのはどうだろう

俺に似た娘が不憫になったが 誰がなんと言おうと俺にとっては可愛い娘なんだ

一歳の誕生日に歩き出し まだ危なげに部屋の中をトコトコと歩いている鈴を抱き上げて 

嫌がる娘に頬ずりをした



「毎日こんな調子なの 娘を持つ父親って子どもを溺愛するのね 和音ちゃん 私は息子が欲しいわ」



俺の様子をため息混じりに見る女房は まだ膨らんでいない腹をさすって 今度こそ男の子よと念じていた

円華のお腹には二人目の子どもがいる

来年の三月が予定日だとわかったばかりで 今回はつわりが辛そうだ 

鈴のときと違い あまり食べられないため体重を落とし体調が良くない日が続いていたが

今日は親しい友人に会い 気分も良さそうだった

予定日通りなら同級生ねと 女二人は楽しそうで話は尽きない

子どもの相手を引き受けた男二人 世間話というほどでもないが ポツポツと話をする 

俺と桐原さんは接点がないと思っていたら 共通の友人がいて一気に話が盛り上がった

こうして結婚後も家族で付き合うのもいいもんだ

新しい友人関係が広がり お互いに子どもの成長を見守っていくのだろう


しばらく会社を休んでいた円華は 体調がもどり職場に復帰した

鈴を預かってくれる保育園もみつかり 子どもを預ける不安もあったが 広川のお義母さんの協力もあり

なんとか生活のペースをつかんできた


”すずちゃんの面倒は俺が見る”


鈴の体調が悪く また俺達も休めないときは お義父さんが 自主休業だと言って面倒を見てくれた

自営業の良さなんだって 商売そっちのけで鈴ちゃんの世話に忙しそうですよと 

ベテランの従業員が苦笑まじりに教えてくれた 

そんな孫べったりのお義父さんは クリスマスには鈴の背丈ほどのぬいぐるみを用意し 

大きな包みとともに我が家にやってきた

あまりの大きさに鈴はビックリし 怖がって近づけないというハプニングもあったが そのあと……

なんと ”じいじ” と鈴がしゃべったのだ

これには参った

”おとうさん” でもなく ”おかあさん” でもない 最初に呼びかけたのが ”じいじ”

このときのお義父さんの喜びようはすごいもので 落ち込む俺を横目に 会う人ごとに自慢し続けたらしい

  

「円華 これ見て」



年が明け 年賀状を手にした俺は 懐かしい名前を見つけた

差出人は若林さんだった


『昨年父親になりました 娘の可愛さに 残業もせず帰宅しています……』


写真つきの年賀状には 若林さんと その腕には若林さんに良く似た女の赤ちゃんが抱かれていた

三ヶ月になったばかりだそうで 首がすわり可愛い盛りの様子が見えてくる



「赤ちゃん産まれたんだ この顔見てよ 目尻を下げちゃってもぉー 前の顔からは想像できないわね」


「はは……本当だよ そう言えば若林さんって本社勤務になったんだろう? 奥さんも大変だろうな」


「大丈夫よ 残業もせずに帰ってきてくれるご主人ですもの 心配いらないわ……

あら ウチのチビちゃんと同級生ね」


「おっ そうだ へぇ~桐原さんちもそうだし面白いもんだね こういうの」


「そうね 年賀状をもらうたびに 子どもの成長も見られるのね」



二人目の子どもは男の子だとわかっていた

検診時に 担当医がエコー検査の折り ふと漏らしてしまったのだそうだ

”あっ” と言った医師の声に 何事かと心配した円華が問い詰めると

口を濁していた医師が 異常じゃなくて……しるしが見えますねぇ……と言ったんだとか



「若林さんちの子も可愛いけど……ウチのリンの方が美人だな」


「もぉー」



またそんなこと言ってぇ と円華に呆れられたが 本当にそう思うんだから仕方ないじゃないか

若林さんだって 俺達の年賀状を見ながら ウチの子の方が美人だって思ってるに違いない

きっと そうさ……

そばで一人遊びをしていた鈴が急に泣き出し 俺の膝にのぼってきたので抱き上げた

確かな重みが手に伝わってくる

子どもを二人抱き上げたら かなりの重さだろうな

だけど それは幸せの重さでもあるのかもしれない



「ねぇ 名前を考えてみたんだけど これどうかしら」



今度は円華が名前を決めるんだと張り切っている

背中をさすっているうちに寝てしまった鈴を抱えたまま 女房の差し出した紙をのぞく



「この名前 いいよ 決まりだな」


「ふふん そうでしょう 良い名前でしょう」



自慢げな顔は 決めたばかりの名前を呼んで腹をさすっている

息子が生まれてきたら また賑やかになるのだろう



「鈴も寝ちゃったし コーヒーでも淹れようか」


「いいねぇ リンを布団に寝かせてくる」


「おねがい」



目立ってきた腹を大事そうに抱え 女房が台所へ向かう

颯爽と仕事をする姿もいいけれど お腹に子どもを抱えた姿もいいもんだ

かなり貫禄のついた円華の後姿を見ながら 自分のつかんだ幸せを噛みしめた


親子四人で海に行ける日はいつだろうか

当分は無理だろうが また行ける日が来るだろう

浜辺で遊ぶ子供達を想像しながら 鈴を抱えてゆっくりと立ち上がった

 
関連記事


ランキングに参加しています
  • COMMENT:6
  • TRACKBACK:0

6 Comments

撫子 s Room  

No title

ぴよりんさん

PCが入院しちゃったんですか それは寂しかったでしょう。
お引越しもお疲れ様でした。

そして、すぐに訪問してくださったこと嬉しいわ^^

赤ちゃんの可愛さは格別ですね。
時々アルバムを覗いては、子どもの顔と若かった自分を眺めてます(笑)

親バカな要 きっとずーっとこの調子かも。
この後、どうなったかはいずれご覧いただけるかと……

男の子の母になった円華
「ガツン」と怒鳴ってそうだわ(笑)

遠野家の様子は来年ね!
待っててくださるとお聞きして、また嬉しくなっちゃった♪

2007/12/20 (Thu) 19:15 | 編集 | 返信 |   

ぴよりん  

No title

なでしこさん、こんにちは。
引越しが一段落したと思ったら、今度はPCが入院して
今日やっとお邪魔することができました。

子供が小さい時の可愛さは格別ですね。
息子に「小さい時は本当に可愛かった。」と言うと
「過去形かよ。」と言われます。
でもあの時の記憶があるから子育てできるのかな~と
思うことがあります。

要君の親バカぶりと、男の子のお母さんになった円華さんの様子を
また読ませてくださいね。
男の子がいるとどうも「まあいいか~」と思うことが多くなるような気がするので…(私だけかな?)

朋ちゃんと衛さんにも会えるんですね。
そちらも楽しみです。

2007/12/20 (Thu) 12:00 | 編集 | 返信 |   

撫子 s Room  

No title

孫の可愛さは、責任がないからだって!(ウチの両親が言ってました)
kyoちゃんちの息子さんは「ばーちゃん」だったのね。
言いやすいもの!!

桐原家の三番目?リンちゃんをみて生むのを決めた?
あはは…そのエピソード おもしろーい!!

終始幸せな風景をお届けしました。
手のひらの幸せ……感じてもらえたかしら。

2007/12/19 (Wed) 18:31 | 編集 | 返信 |   

kyopiyo  

No title

じいじに軍配があがったのね。赤ちゃんってそんなものかも。うちの子は、ばーちゃんだったもの。要はガックリよね。
おじいちゃん、おばあちゃんにとっても孫は可愛いから、じいじは大喜びよね。

桐原家は、女の子は可愛いというこの一言を聞いて、次も作ったのかしら?(確か男の子でしたよね。)

二人目がお腹の中にいて、可愛いリンちゃんがいて、夫婦円満で、本当に幸せな一家ですね。手のひらの中の夫婦と、親子の満面の笑みで私も幸せです。ありがとうございました。

2007/12/19 (Wed) 16:03 | 編集 | 返信 |   

撫子 s Room  

No title

初めての言葉……じいじ
要のガックリきた姿 笑えます!

若林さん、工藤家をみて、自分の家庭を振り返ったことでしょう。
まどちゃんが、かつて惚れた人ですから、良い男なのよ^^

子どもの名前 へぇ~rikoちゃん宅は工藤家と一緒だったのね!
ステキな名前でしょうね きっと (*^m^*)

2007/12/18 (Tue) 09:02 | 編集 | 返信 |   

rik*y*on  

No title

(* ̄m ̄)ぷっ リンちゃんの初めてのおしゃべりは、おじいちゃんに軍配が上がっちゃったんだぁ^^。
期待していた要君は、さぞかしがっかりだっただろうね。
私はてっきり”まんま”が先かと思っていたの(笑)

若林さんも赤ちゃんが出来たのね^^。
要君の心をすこ~し?モヤモヤとさせた人だったけど、ちゃんと自分の身近な幸せを離さなかったし、今にして思えばいい人だったんだと思えるわ。

二人目の名前は楽しみにしておくわね。
ウチも一人目はダーが、二人目は私が決めたのよ^^。
ふふ、これが偶然にも誰かさんと一緒なんだよね(*^m^*)

2007/12/16 (Sun) 23:41 | 編集 | 返信 |   

Post a comment