オランジェットな君の瞳 4



真夜中、11時58分、もうすぐバレンタインデーが終わる。

何とか間に合ったと言いながら、ピンクの大きなリボンが印象的なトートバッグから箱を取り出して僕に渡した。

普段はきちんと結い上げる髪はほどかれ、大きく波うち、肩で揺れている。

同じくらいの年ごろの子がするネイルも霧乃の爪にはなく、けれどネイルが施された爪よりも美しい。

指先まで手入れが行き届いた手には、祖母から厳しく仕込まれた美しい所作がしみ込んでいる。



「はい、今年のバレンタインのチョコレート。里久ちゃん、大好き」


「ありがとう。今年はどんなの?」


「あけて」



ラッピングの紙も箱も、すべて霧乃が選んで包んでくれたものだ。

彼女の心を感じながら丁寧に包みを開いていく。

箱の中に見えたのは、オレンジの輪切りにチョコレートがコーティングされたもの。



「オランジェットだね」


「さすが里久ちゃん、このお菓子を知ってる男の人って、珍しいのよ」


「ふぅん、男って、誰?」


「だれって……大学の時の同級生とか、あっ、近衛さんもご存じだったわよ」


「副社長は甘党だから当然知ってるだろうね。で、大学の頃、オランジェットを男の同級生にもあげたってわけか」


「昔のことよ」


「昔って、ついこの間まで大学生だったじゃないか。どこが昔なんだよ」



ツンと横を向いた顔には、いつもより濃いピンクの頬紅がのせられ、尖った唇にはパールのグロスが光っている。

キスの前はもっと艶やかに光っていた。

耳元で揺れるダイヤのイヤリングは、去年のホワイトデーに贈ったものだ。

目いっぱいのオシャレをして、霧乃は僕の元にやってきた。

それなのに、意地の悪いセリフを口にして彼女を困らせる僕は、幼い男の子と同じだ。



「いいの、2年もたてば昔なの。あっ、里久ちゃん、やきもち焼いてる」


「そんなんじゃないよ」


「そお?」



丸い目に見つめられ、否定しきれず瞬きをした。

霧乃の瞳にウソをつくのは無理だ。



「ふふっ、嬉しいなぁ」


「なにが嬉しいんだよ」


「里久ちゃんのやきもち。だって、いっつも大人の対応で、あわてることがなくて冷静なんだもん。拗ねた顔とか見てみたい」


「僕は、霧乃より10歳も上だよ、大人で当然」


「だから嬉しいの。ねぇ、大学の同級生の彼のこと、気になる?」


「別に」


「そっ、今日ね、彼に会ったの。お偉いさんのお供だって。私を見て、すごく驚いてたな。また会えるねって言われちゃった」


「そりゃ会えるだろう。霧乃の仕事だから」


「そうね、デートとか誘われちゃうかも」


「僕に何を言わせたいの」


「私のこと、好きって言って」



霧乃の瞳の中に僕がいる。

僕だけを見つめる目には逆らえない。



「ここにきて」


「キスとかでごまかさないでね」


「いいから、きて」



威勢のいい言葉とは裏腹に、霧乃は遠慮がちに膝の上に乗ってきた。

僕と向き合い 「さぁ、言って」 と告白を催促する。

箱の中からオランジェットを一枚とり、口に入れた。



「おいしいよ。コンフィの苦みがいいね。僕の好みだ」


「でしょう? 私の愛が詰まってるんだから」


「一緒に食べようか」



オランジェットをもう一枚取り、口にはさむ。

顎を突き出し、食べるよう促した。

霧乃は僕が口にはさんだ反対側から食べ始めた。

小さな一枚は瞬く間に互いの口に入り、やがて唇が触れた。



「愛してるよ」



えっ、と小さな叫び声があり、僕を映す霧乃の瞳が潤んでいく。



「……わたしも」



かすれた声で、僕への愛を伝えてくれた。

オレンジを甘く煮たコンフィは、甘い中にほろ苦さがあった。

2月14日、甘いだけの時間は短くて、僕たちに許されたのは朝までの数時間だけ。

身をよじり、僕のすべてを体の一番奥で感じる霧乃の顔を見ながら至福の時を迎える。

やがて、僕にしがみついたまま、霧乃は短い眠りについた。

今年のホワイトデーの準備は整っている、もう何カ月も前から計画してきた。

計画通りに事が進んだなら、一か月後、僕たちは旅先でその日を迎えることになる。



関連記事


ランキングに参加しています
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment