鉄のフライパン、復活



鉄のフライパンを買ったのは10年以上前、一時はよく使っていたけれど、

手入れがおっくうで棚の奥に眠っていました。

鉄鍋が人気との記事を読み、そうだ、私も持ってるわと思い出して、使う気になりとりだすと、

見るも無残に焦げついたまま・・・


鉄鍋の焦げをとる方法はいくつかありますが、

① 高温で焼き切る (加熱後冷やし、焦げをこさぎ取る)

② 天日干しにする (数日間干す 焦げをとる)

③ 重曹を使う (重曹入りの湯をわかして鍋を浸す 焦げをとる)


わが家のフライパンは焦げ付きがひどいので、まずは高温で加熱、

その後、金属のヘラで焦げ落としに着手。

ゴシゴシこすると、焦げ付きが面白いように落ちます。

結構な力仕事ですが、フライパンがよみがえるのが嬉しくて疲れもどこへやら。


ひとつきれいになると、次もやってみたくなるもの。

次はステンレス鍋、こちらの焦げは軽いので重曹が効果的。

重曹入りのお湯に鍋を浸して、それから磨きにはいります (とりつかれたように鍋を磨くワタシ)

すごい、落ちる、落ちる、そしてピカピカに! ほかの鍋も取り出して・・・磨く、磨く・・・

こうして、鍋磨きに没頭する半日を過ごしました。


明日から鉄のフライパンの出番が増えそう! (鉄分不足にも効果的ですから~)

鉄のフライパンから始まった鍋磨き、作業に没頭している間は無になれます。

余計なことは考えず、ただただ作業に打ち込んで、なかなかいい時間でした。


草取りは無心になれるので瞑想に近いそうですね。

鍋磨きも瞑想と同じ効果がありそう? そんな気がする!


明日は床磨き、ワックスがけで瞑想かしら (GWは大掃除です)




ブログヘッダー画像はvivi☆さんのお部屋からお借りしました。




関連記事


ランキングに参加しています
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment