無心に床を磨いた日




以前は、毎年のようにフローリングのワックスがけをしたのに、

ここ数年は見送るばかり (なんとなくやる気がでなくて)

しかし、床がツヤもなくくたびれた感じで見過ごせない状態になり、

今年のGWは、晴れたら床掃除と決めていました。


ワックスがけは時間と体力を使うため、連休で、寒くもなく暑くもないGWは最適です。

晴れた日を選んで、前夜に家具を移動するところから始まり、翌朝から本格的に作業開始。

まずはワックスはがし、これが大仕事、とにかく大変。

フローリングに剥離剤を塗って、古いワックスをはがす作業は体力と気力の根競べ。

今回は一階のローリング部分だけ、それでも果てしない作業に感じられます。


床を見ながら、ひたすら手を動かす、動かす。

無言で床に向き合い磨くだけの単純作業は、昨日の鍋磨きに通ずるものがあります。


午後からワックスがけ、こちらは立ち仕事なので割と楽ですが、

ワックスを塗って乾くのを待つ、その繰り返し。

夕方になる頃、作業終了、夫も私もぐったり・・・

鍋が持てなくくらい腕は疲れたけれど、ピカピカの床は気持ちいいですね。

明日は足腰が筋肉痛でしょう (全身が痛いわね、きっと)

起きられるかな・・・



ブログヘッダー画像はvivi☆さんのお部屋からお借りしました。







 
関連記事


ランキングに参加しています
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0

0 Comments

Post a comment