【Momentary】



煙幕に身を隠しその場を立ち去るつもりだった

偶然に居合わせた事件現場

誰かに見つかるのではないかと不安を感じながら

立ち上る煙と爆薬の臭いがもたらす誘惑に勝てずにいた 

これ以上の長居は我が身を危険にさらす

人ごみに身を置き 足を進める方角を模索していた 



「こっちよ 振り向かないで 私の背中だけ見てついて来て」


「驚いた……アンタから接触するなんて初めてじゃないか? 相変わらず忙しそうだな」


「呑気なこと言ってる場合じゃないでしょう ここがどこだかわかってるの? 右はダメ 検問が始まってる」


「そうカリカリするな 久しぶりに会ったんだ 嬉しそうな顔ぐらいしろ」


「無駄口を叩いてないで ここから早く離れるわよ」



雑踏を抜けた途端 急に女が走り出した

見慣れた背中を追いかける

鍛えられた体に無駄な筋肉などなく 抱きしめると しなやかに俺の腕の中で弓しなる

緊張と危険に身をおく女の体は 抱きあう一瞬さえも気を抜かず 俺に挑むように絡みついてくる


刹那の夜が蘇る  

久しぶりに見る女の背中に激情が沸きあがり この手に抱くために懸命に走った





路地裏を抜け 古びた雑居ビルの地下へとおりていく

朝方まで賑わっただろう店々は 今はひっそりと帳を降ろしていた



「入って 身売りした店だから人は来ないわ」



年季の入ったカウンター 使い込まれた椅子

薄暗い店内には 壁一面にボトルが寂しそうに並んでおり

天井には大きなファンが埃をかぶったまま不気味な姿をさらしていた


ようやく女が振り向いた



「事件現場にいるなんて 見つかったらどうするの!」


「見つからないさ……」



女の首を引寄せ 真一文字に結ばれた唇を覆った

互いに無事に生きていたことを確認するように 何度も唇を重ね合わせていく

走ったあとの肌は汗が滲み 胸元に流れる汗を吸い上げ 胸の隙間に流れるのを食い止めた

前が肌蹴たシャツを掻き分け 下着からこぼれんばかりの乳房を引き出す

汗で湿った乳房は熱を持ち 手で掴みあげると汗を弾きながら形を変えた



「……さっきの事件 アナタがやったの?」


「いや 俺じゃない」


「見つかったら間違いなくアナタの仕業だと思われるのよ」


「お陰でアンタに会えた いや アンタに見つかったんだったな」


「そんな冗談言わないで 捕まったかもしれないのよ」



怒りをぶつけるように 女はボタンに手を掛け 迷うことなく俺の服を剥ぎ取っていく



「生きてるから冗談も言える でなきゃこんなこともできないさ」



女にしては腹筋が発達した腹を撫で 見事にくびれた腰からブラックジーンズを引きおろした

後ろから忍び込んだ指に女が身をよじり 半開きの口が苦しそうに熱い息を吐き出す

奥へと進む指に 次第に大きくなる女の声は 部屋の壁に跳ね返り 俺の耳に心地よく響いた



女に初めて会ったのはいつだったか 

互いに仮面をかぶり 違う自分を演じている場所で俺達は出会った

お互いを見つめ合い 仮面のまま 虚像の相手に惹かれていった

それは 本当の姿をさらしても変わらず 

危険な相手だとわかっていながら 会うことをやめなかった



再会は いつも突然やってきた

会えば時間を惜しむように相手を求め どこであろうと抱き合い お互いの存在を体で確かめた

俺達には 互いをいとおしむ時は許されず

性急な求めに応じ 限りある時間 相手に自分を与え続けた



女の手をカウンターにつかせ 突き出した腰を支えながら 後ろから丹念に唇を滑らせる

唇が足の付け根へと届く頃 女は耐え切れず懇願の声をあげていた



「じらさないで……お願い……」


「イヤだね アンタのその顔を見るのが楽しみなんだ」


「そんなの不公平よ……私だってアナタの顔を見たいのに」


「これで見えるだろう? アンタいい顔してるよ」



女の顔を掴み 強引に後へ向かせ 女の恍惚の顔を確かめ満足した

唇を合わせながら体をひとつにする


寂れた店内に 繋がった男と女の息だけが聞こえていた





派手に散らばった服を集め 手早く身に着ける

女は俺に背を向け 恥ずかしそうに身を隠しながら着替えている

俺に対して羞恥心を見せることに ひどく感動するのだった



「水しかないけど飲む?」


「あぁ 本当は壁に並んだビンの中身が欲しいが 今は我慢するか」


「お酒 好きなの?」


「嫌いじゃない」


「そう……私達 一緒に飲んだこともないわね」


「そういえばそうだな ベッドで寝たのも一回きりだ」


「言われてみればそうね いつもベッドが遠いところばっかり ふふっ」



酒を飲むどころか ゆっくり食事をした事もない

一緒にいられる時間は ごく僅か

物を食べるより 互いの体をむさぼる方を選んだ

椅子に腰掛け こうして話をするのさえ久しぶりだった



「新しいトレーニングを始めたのか? 太ももの筋肉がほどよくついて良いしまり具合だった」


「ねぇ もっとほかに話題がないの? いやらしいことばっかり」


「真剣な話をしたいのか? なんの訓練をしてるんだ 今度の任務は何だって聞いてもいいのか?

聞かれたら困るだろう……」


「そうね 困る……このあとどこに行くつもり? って聞いても アナタ答えないわよねぇ」


「聞いてどうする 俺を追いかけて捕まえさせるか?」


「そんなこと出来ない……意地悪を言わないで」



女の声が掠れ 浮かんだ涙をじっと堪えている

抱き寄せて頬を撫でると 女がしがみついてきた





別れのときは容赦なくやってくる

煙草を一本吸ったのち 俺たちは立ち上がった



「外はまだ安心できないわ 気をつけて」


「わかってる……じゃぁな」


「じゃぁ……また……」



ビルを出ると 互いに別の方向に駆け出した

体に余韻を感じながら 俺の頭の中は また新しいことへと向かっていた




関連記事


ランキングに参加しています

1 Comments

K,撫子

K,撫子  

コメント追加




顔アイコン

読んだ!読んだよ~~・・

ねえ、溜息ついていい?(はあ~~~^^)

オトナだ・・オトナの世界だわ!
こういうの書けるのね。尊敬・・いや、マジで!

子供達が部活でもうすぐ帰ってくるってのに、この時間に読んでしまって・・晩御飯時に思い出して・・うずうずしたらどうしよう(爆)

この彼は・・あの彼(笑)なのね。
似合いそうだなあ。この役。まさに彼だわ。

JOONがもし演ったら・・それはそれで・・・・倒れそうだ(爆)
viviちゃんの所にもあるのね。
お隣にもご挨拶してこなくちゃ!(最近ご無沙汰で・・ごめんよ~)
あ、息子が帰ってきた。ご飯だ・・・


[ ebe ]

2007/11/1(木) 午後 7:14


顔アイコン

やっとゆっくり出来るので読みにきました~

要でも、圭吾でも、神崎でもない、
新しいキャラ、写真の彼にピッタリ! ビョン様~~

微妙なところは カットに少し隠れているのね!!
(カットの下に なでしこさんの名前があるのは??)

これからどんな展開になるのか ワクワクです。

Joonのハードな役も見てみたい気もするんだけど
キット、反対意見が多いでしょうね。

なでしこさんのイメージから脱皮ですね!!


natusona

2007/11/1(木) 午後 10:47


顔アイコン

うん、いいねえ~余韻が残るお話しです^^

闇に身を置く二人の出会いが普通の店から始まっていたって言うとこが重要なんだよなあ
店員と客・・明るい場所で出会ったからこそ、その後の影の部分が上手く引き立ってくるんだよね
追う身と追われる身だからこそ、ここまで深いのかもしれないわ

二人の完璧な「プロ」としての姿があって、だからこそほんの少しだけ垣間見れる人間的な弱さの部分が胸を打つのかもしれない

R・・頑張ったね~^m^
二人の切羽詰った熱い抱擁もなぜか哀しくて官能的って言うより情緒的にも感じられた
暗い部屋で生き急ぐようなSEXシーンにゾクゾクしちゃった!
衣服を剥がす音、荒い吐息、交わりの匂い、全てがリアルで凄い!

これも「愛」なんだろうねえ
それぞれの場所に戻る・・お互いに未練を微塵も出さずに別れるラストが凄く心に残る
でも、心の中には大きな葛藤があるんだろうな

これって連載?
二人をもう1度会わせてあげたい気持ちと、余韻を残したままにしたい気持ちが入り乱れてるよ~

1周年記念にふさわしく、新しい扉を開いたなでしこちゃんに拍手です!


ハナ

2007/11/2(金) 午前 0:54


顔アイコン

はあ~、まったくviviちゃんたら!!
こもってこんなの作っていたのね~
短編同様、凄いの一言だわ!!

本当に話しに合った「色」を使うよね~
これ以上の「色」は望めないって!!
今回も映画のワンシーンみたいな構成にクラクラしちゃったよ

決して明るい場所では生きていけない二人の表情が秀逸で、アヤシイ雰囲気もゾクゾクするし、音の無い世界も感じられたわ~

特にこのビョンちゃん!!
これ何の映画で使われていたんだろう・・
これ系の役が多いけど、この表情はこのお話し専属の顔だわ^m^

眼が・・眼がねえ~・・・。
何もかも見抜いているんだけど、その瞳の奥が哀しみの色をたたえてるよ!本当にぴったりだわ!!

今回のコラボに二人の情熱を見たわ!(笑)

本当に堪能させていただきました!!

なでしこちゃん、viviちゃん、二人の未来は明るいわよ~^m^


ハナ

2007/11/2(金) 午前 1:06


顔アイコン

こちらは女の側からの目線なのね。
二人の出会いは至極自然なようだったのに、店での可愛い顔とコーヒーを飲みながら新聞を読む凡人の普通の顔をかなぐり捨てれば、二人ともとんでもないプロの顔を持っていたのね。
でも店での下地があったからこそ、最悪の遭遇が引き立って、二人の間にはもう溶け合う何かを感じているみたいね。
立場を超え、危険を冒してまでも再会しようとするんだから、男にはよほど何か強いもので女に引かれるものがあったんだろうね。
それでも、別れの言葉も、また会おうとも言わずに消えていく男と、それを見送る女に、違う世界に生きていることを確認しあった潔さのようなものを感じて、それと同時にたっぷりと余韻も含まれているようでとっても良かったわ。

ねえ、これ「Mシリーズ」とでも銘打って連載にしたら?
ちょっと、なでしこさんの頭の中の切り替えが大変かもしれないけど(爆)


[ rik*y*on ]

2007/11/2(金) 午前 2:01


顔アイコン

viviさん、
まず人物像が多いことにびっくり!
今までこんなに多く入れたこと無かったんじゃない?
背景の走る女と構えられた銃(暈かしてるところがまたミソなんだけど^^)、そして遠近法を利用した構成からすごい緊迫感が感じられていいわ。

コラージュの手は「Momentary」の背景の手ね? ちょっと角度は違うけど。

モノトーンに被せたモスグリーン。
ぐっと画像が引き締まって、二人の生きる世界を混ぜ合わせるとこんな色になるのかな? なんて思っちゃったわ。


[ rik*y*on ]

2007/11/2(金) 午前 2:03


顔アイコン

諜報部員と国際犯罪者…緊迫感があって、情熱的でかっこいいお話でした。近付いてはならない人であっても惹かれあってしまう何かがあるんでしょうね。
今度はいつ会えるのか分からないけど、二人とも気持ちは変わらない気がしました。

viviさんの画像も澪が諜報部員としてカンカン音をさせながら走っていたり、連絡を取っていたりと姿を想像させてもらえました。そんな澪を雄也が見つめている…

viviさんとなでしこさんが二人で作り上げたお話、素晴らしかったです。


[ kyopiyo ]

2007/11/2(金) 午前 10:37


顔アイコン

なでしこちゃん、「R」を手玉に取ったね!

この作品に込めた なでしこちゃんの想いがビンビンに伝わってきて
ああ もうっ!泣きたい気分だよ!
今すぐ飛んでいって なでしこちゃんを力の限り抱きしめたい!(笑)


yi1*67*p

2007/11/2(金) 午後 3:44


顔アイコン

「流れるような」ではなく「鬼気迫る臨場感」の中で繰り広げられる
雄也と澪の 立場を越え 感情を越えた刹那、信頼の交差する交わり。
そして 絶対に享受しなければならない別れ。
なでしこ&vivi両者の卓越した表現に魅せられました。

全身に鳥肌が立つ幸せをありがとう!!!


yi1*67*p

2007/11/2(金) 午後 3:45


顔アイコン

闇の世界に生きている男と、…決して相容れないはずの仕事に身を置く女…
緊迫感の満ちた風景の中で…、刹那的だけれど確かに感じられる愛と情熱。
読み手の心にぐっと差し込んでくるようなRでした。
はぁ~素晴らしかったわ~ なでしこちゃん。

viviちゃんの色づかい…冴えに冴えていますね!

新しい世界をありがとうございました…(〃▽〃)


[ eikoada ]

2007/11/2(金) 午後 9:24


顔アイコン

なでしこさん、1周年おめでとうございま~す\(^o^)/

今回は本編・・・
ワクワク・ドキドキしながら吸い込まれるように、息もつかずに読んだよ~

全てが、目の前で映画を見てるように瞼の裏に映像が浮かんできました!
もちろんRも・・・(*^m^*) ムフッ

今までと違った今回の作品も凄く好きです!
シリーズ化?してくれたら凄く嬉しいな~(*^^)v

viviさん、お話が1枚のコラージュに凝縮されてて、緊迫した感じや
2人の立場が良く現れてて流石って思いました!
コラージュのモスグリーンも今の2人を表してるようでピッタリな感じ・・・

いつもと違った、お2人の作品にo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワクワク しっぱなしでーす!\(^o^)/


[ ケンmama ]

2007/11/2(金) 午後 9:35


顔アイコン

なでしこちゃん、viviちゃんの挑戦状を見事に受け止めましたね。
凄い傑作に出会えて先ずは嬉しいです。

映画のようなStory、吐息、緊迫感、大都会の喧騒と片隅の静けさ、二人の刹那的な思い、色々な伝わってくる音がありました。

状況の変化も綿密に書きこまれていて、動きのあるStoryに知らず知らずの内に引き込まれて虜になっちゃったわ。

決して愛し合ってはいけない立場の二人が、ギリギリの所で繋がっている・・・その思いに愛の深さを感じて、伝わってくるものがありました。

愛を感じるのに時間なんて関係ないのね。
この二人の野生の本能とも言うべき触覚が、重なりあったのかしら。

Rシーンの表現が艶やかで、男女の本能を超え、そこに存在する確かな愛を感じて凄く素敵でした。
短い瞬間を生きている二人の思いが零れ落ちてきそうで、切なかったわ。


[ akke ]

2007/11/3(土) 午前 10:29


顔アイコン

雄也ももしかしたら身分を偽ったもっと深い位置での諜報部員かも!?なんて思ってしまった。
どこかで悪人にはしたくない私の勝手な思いだわね(^^;)

自分とはかけ離れた現実を生きている二人、しっかり練り上げたStoryと終始創作の中に流れる緊張感、刹那的な愛に暫し時間を忘れそうなくらいのめり込んじゃったわ。

余韻をひくラストの演出が又絶妙です。
全てにおいて、私は琴線を揺さぶられました。
間違いなく記憶に残る作品です\(^o^)/


[ akke ]

2007/11/3(土) 午前 10:29


顔アイコン

viviちゃん、本編の画像も凄いね!
甘い人生コンビの二人が、違う色を持って登場ね。

あの映画はイマイチだったけど、この画像で違うスクリーンの幕が上がった気分です。

瞳の奥や、画像の奥にまで見えない何かが見え隠れしているような・・・
なでしこちゃんの文章に、viviちゃんの動きのある画像が加わってまさしく映画のようなページに変わりましたね。

最近選んだわけでもないのに、シン・ミナちゃんのドラマや映画を立て続けに4作も観ていたので、読んでいても映像が浮かぶ浮かぶ。

余韻を残したラストにピッタリのコラージュもいいわぁ
何と言ってもこの色!
都会の喧騒をけむに巻いたような隠れ家と、先の見えない二人の思いにピッタリ。

ビョンホンの瞳はそれだけで語るわよね。
viviちゃんが作りたくなった気持ちがよく解りました。

是非続きも作ってなでしこちゃんに又挑戦状を送って欲しいわぁ~

viviちゃんの作りたかったという気迫が伝わる画像の中で、こんな凄い創作を読めて幸せ♪


[ akke ]

2007/11/3(土) 午前 11:58


顔アイコン

なでしこちゃん、1周年おめでとうございます。

落ち込むタイミングが悪くて遅れてごめんね~。
最近少し復活してきました。


viviちゃんのところで短編を読んできましたよ~。
凄く雰囲気のある画像になでしこちゃんの超ハードボイルドな作品がのっていて、本当に短編の映画を見ているようでしたね。

本編は長編になるのね。

彼は犯罪者で彼女は諜報機関の人間。

本来なら相反する立場なのかな?
諜報機関ということは警察ではないからある程度は近い立場なのかなぁ。
私はこういうハードボイルド系はあまり読んだことが無い人なのですが(ヤクザが好きなくせにね。笑)凄く面白いです。

これからの展開が楽しみです。

それと同時にすっかり世捨て人みたいな心境に一時的に陥ってしまっていた私は文章が書けなくなってしまっています。
だからチョビット寂しさも感じていたりして。(笑)

これからも応援してるからね。
なでしこちゃんのバイタリティと想像力のバリエーションを楽しみにしています♡

まりまま


[ まりままーな ]

2007/11/3(土) 午後 2:43


顔アイコン

upされてから頭の中、どのように受け止めたら良いのか悩んでしまい、遅くなりました。

諜報部員の彼女、犯罪者の彼?!・・・
惹かれるものが合って任務を捨ててでも彼について行く彼女、危険だと分かっているのに会いに来た彼・・・

香港映画ハードボイルド系の映画の影響?
本当に彼が犯罪者なのか?私には感じないのですが・・・
まだまだ続くよね?
これからの展開で推理してみます。
それとも考え過ぎ?切ない恋ねって感じるだけで良いのかな?!


[ hiyon ]

2007/11/4(日) 午前 9:45


顔アイコン

viviちゃんは凄いよ!
ある程度Story考えて画像探しするのかしら?

ビョン様はハードボイルドに適してるけどシン・ミナを使おうなんて
思わなかった。彼女は最近『魔王』でも活躍していて昔の『美しき日々』から思えば大人になったなと思ったけどネ!

他の人も感じた『色』に感心しました。
深い色・・・イメージピッタリ!

続きあるよね?画像が楽しみだわ!


[ hiyon ]

2007/11/4(日) 午前 10:15


顔アイコン

ebeちゃん

もしかして息を止めて読んだの?(笑)
深呼吸をしてね~~!^m^

>オトナだ・・オトナの世界だわ!
こういうの書けるのね。尊敬・・いや、マジで!

いやぁ~書いたら書けたの……へへ…
尊敬? なんの そんな照れるじゃありませんかぁ~!

もしJoonが演じたら……
そうねぇ きっと違う雰囲気になると思うなぁ~
私は見てみたいけどね )^o^(


撫子 s Room

2007/11/4(日) 午前 11:49


顔アイコン

chikaさん

今までの私の創作の人物にはないタイプ
新しい人物ができて 私も満足なんです!
viviさんのお陰……
イメージの脱皮 ありがとうございます (*^_^*)

>Joonのハードな役も見てみたい気もするんだけど
キット、反対意見が多いでしょうね

そうですね おそらくかなり拒否反応があるかも(笑)
でも 私もこんな役の彼を見たーい!!
汚れ役を演じて欲しいと思います。

文字の大きさで 画面が乱れたようですが 原因がわかってよかったです。


撫子 s Room

2007/11/4(日) 午前 11:51

2019/12/13 (Fri) 22:18 | 編集 | 返信 |   

Post a comment