【風花】 3 ― 芽生 ―



 「手を離して……」



和史の手を軽くふりほどいた



「誰かに見られたら恥ずかしいじゃない 課長にも見られたかも」



誰よりも 遠野課長に手をつないで歩く姿を見られたくなかった



「なんでだよ 見られたっていいじゃないか 今さら隠すような仲じゃないし」



和史の声は 少し怒っていた

しばらく黙って歩いていたが……



「部屋によってもいいだろう?」



和史がたまりかねて話しかけた



「今日はダメ これから実家に行くの」


「聞いてないよ なんで今頃言うんだよ」



和史の機嫌はますます悪くなる



「だって急だったのよ お母さんから呼び出されたの

明日 親戚の法事があるから絶対に出なさいって 仕方ないじゃない」



親戚の法事なんてウソだった

母に”たまには帰ってきなさい”と言われていたのは本当だったが

それは今日でなくてもいいこと

部屋に行けば 必ず彼は私を求めてくるだろう 

なんとなく 今夜和史とは そんな気分になれなかった

お互い気まずい雰囲気のまま車に乗り込んだ

私の部屋の近くまで来ると 和史は車を止め 乱暴に私を抱きしめると 荒々しいキスをしてきた

彼を拒んだひけめもあり なすがままにされていたが 次第に大胆になる手の動きに 彼を押しのけた



「やめてよ こんなところで……」


「だったら部屋に行こうよ」


「だから今日はダメだって言ったでしょう!」



不機嫌な和史と別れて実家に向かう

彼の乱暴さに腹が立っていた

自分の都合で 彼を怒らせたとはいえ 

欲望が見え隠れした彼の行為は許せなかった

気分を変えよう……

好きな曲が入ったCDをかける

夜の海岸線の道路は車も少なく空いていた

海側を見ると 月が大きな姿で追いかけてくる

水面に月が映り キラキラと波が光っていた

今夜の課長 オシャレだったな

Gパンにラフなジャケット 

ネクタイがなくて 首が開かれたシャツから肌が見えて

男性の肌を見てセクシーだと思った

車を運転しながら いつもの自分とは違う私が思いをめぐらせていた




「お帰り 珍しいじゃないの」



父は素直に嬉しそうな顔をして私を迎えてくれたのに

久しぶりに顔を合わせた母は 娘にこんな言葉をくれた

就職したら さっさと家を出た私を はじめの頃は何かと干渉したが

最近はかまってもくれない……

娘より孫の方がいいもんね



「だいちゃん 大きくなったでしょうね」



今年生まれた甥っ子の様子を聞くと 母は ”和音ちゃんが送ってくれたのよ”と 写真を見せてくれた

兄貴が 赤ん坊をお風呂に入れている写真



「へぇ~意外とさまになってるじゃないの」



大きな手で子どもの耳をふさぎ 大事そうに子どもを抱えている

兄貴の顔は すっかり父親の顔になっていた 



「いつ帰ってくるの?会いたいわね~」



生まれたときに会ったっきりの甥っ子にも会いたかったが

和音さんにも会いたかった

和音さんは義姉さんだけど 彼女には もっと近しい感情を持っている
女同士の話をしたいな……


翌日は 母の買い物に付き合って運転手



「アンタとこうして出かけるなんて 久しぶりね ところで 彼とはどうなってるの?」



やっぱりね そうくると思った



「お母さん その話になるから 私 帰ってこないんじゃないの!彼とは何ともならないわよ……」


「何ともならないって お付き合いしてるんでしょう?結婚の話とかしないの?

ウチの娘を何だと思ってるのかしら

脈がなさそうなら さっさと見切りをつけないさい いい?芙美子おばさんに いい人を見つけてもらうように頼むから」



あはは……芙美子おばさんね~

兄貴の結婚で弾みがついたのか 最近はお見合い紹介業に忙しそうだと聞いている

”はいはい”と 適当に答えておく

和史と結婚か……想像がつかないというか 現実味がないというか

ピンとこないわね

なんとなく付き合って そのままゴールインなんてイヤだな・

今まで 苦しいほど人を好きになったこともない

私自身 どこか冷めた目で男性を見てきたのも原因かも

狂おしい恋なんて きっと私には縁がないのかも

そんな恋をする勇気もないクセに ちょっと残念な気がした



毎年 各都道府県で持ち回りで行われる全国会議がある

来年はウチの県の当番になっていた

全国から集まり 出席者数百人規模の会議が行われる

二泊三日の日程で その人数を宿泊させるため 観光協会や商工会を巻き込んでの大がかりな会議だ

そのため 一年以上前から企画し 準備に追われる

今年の開催県へは視察を兼ね いつもの倍の人数の出張が組まれた

私の課からは 課長補佐と私が出席することになった

今年は静岡か……空港は中部より羽田が近いわね

そうだ 足を伸ばして兄貴のところに寄ってみようかな



「もしもし 和音さん? 朋代です」



電話の向こうで 大輝の元気な泣き声が聞こえる



「いま大丈夫?」


「いいのよ 子どもは泣くのも仕事 高志さんもいるし心配しないで」



和音さん 落ち着いた声 子どもの泣き声に慌てる様子もない

来月の出張の事を告げると”ぜひ泊まりに来て!”と快い返事だった

兄貴も



「大輝 大きくなったぞー 見に来いよ」



と勧めてくれた



「和音も大輝の相手ばかりだから お前が来ると喜ぶよ」



ふぅ~ん 妹より奥さんの心配なのね いいわね~

兄貴が和音さんにぞっこんなのは 今に始まった事ではないが

夫婦仲の良さを見せつけられたみたいで 妹としてはちょっと妬けた

和史とは あれ以来 気まずい関係になっていた

仕事で何度か顔を合わせたが 互いに素知らぬふり

夏が過ぎ 忙しい時期に入ったため 時間もなかったが とりたてて会いたいとも思わなかった



「ねぇ 野間さんとはどうなってるの?」



水城さんが時々心配して聞いてくれる



「別に……なるようになるわよ」



”実はね” と言いにくそうに教えてくれた

和史が アルバイトの女の子と付き合っているらしいと 水城さんのご主人が言っていたと



「いいんじゃない 特別約束をしてたわけじゃないし お互い自由だもの」



水城さんの前ではそう言った

でも 本当は腹立たしかった

あんなことで私に見切りをつけるなんて

私たちって そんなに浅い関係だったの?

やるせない気持ちが 私の顔を暗くさせていたのか

珍しく遠野課長が話しかけてきた



「桐原さん 何かあったのかな まさか 彼と別れたなんてことないよね」



思いもかけない問いかけに 驚きながら そんなことを言う課長が可笑しかった



「課長でも冗談を言うんですね」



”あれ 違ったのか~ てっきりそうだと思ったんだけどな”と 本気とも思えぬ顔 

メガネの奥の目は 少し笑っていた 

ポンと私の肩を叩くと 優しい顔で言った



「じゃぁ 明日空港で!」



静岡への出張は 遠野課長も一緒だった



関連記事


ランキングに参加しています

0 Comments

Post a comment