【風花】 11 ― 恋情 ―



すがるような目が私を引き止める



「もう少し ここにいてくれないか……」



人恋しいのか いつもの厳しさはどこにもなく 頼りなげな彼の目


”男って病気になると 本当に気弱になるのよ

ちょっと体調が悪いと 重病人みたいに寝込むんだから”


母がよく言っていた

本当にそうだわ 今日の遠野さんは子どもみたい……

彼が眠るまで側にいて 夜中近くに自分の部屋に戻ってきた

仲村課長から 遠野さんが病気だと聞いたとたん 何かにたぐり寄せられるように 彼のマンションに向かった

今まで押し込めていた彼への気持ちも 箍が外れたように加速していった

私にも こんな情熱があったなんて……

人は私を クールだ 冷静な人だという

自分でもそう思ってきた

彼への恋愛感情は 私の中に埋もれていた激しい感情を引き出したのかもしれない


翌日 彼は爽やかな顔で私を迎えてくれた



「熱もすっかり下がったよ 体調も戻ってきたし 食事にでも出掛けようか」



これだから心配なの……



「何を言ってるんですか 風邪は治り際が大事なのに 高熱で体力を消耗したんですよ

病院でも言われたはずです 熱が下がっても 二日間は安静にしてくださいって」



不服そうな顔が こちらをうかがっている



「そんな顔をしてもダメです」



黙々と部屋の掃除や洗濯をこなした

そんな私の態度に 不満そうな顔をしている彼を横目で見ながら……



「朋代は冷たいね」



彼が ためらうことなく ”朋代” と呼ぶようになった



「冷たいと思われても結構です 貴方の体の方が大事ですから」



振り向きもせずに答える

すこし意地悪を言い過ぎたかな……

片付けが一段落すると 彼のそばにいったが

不機嫌そうに新聞を読んで 私を振り向こうともしない



「遠野課長が こんなへそ曲がりだったなんて きっと誰も知らないでしょうね」


「朋代が意地悪を言うからだよ」



まだ機嫌が悪そうだ

苦虫を潰したような顔って こんな顔なんだろう

眉間にしわを寄せ 口は真一文字に結ばれたまま

この人は そんな顔さえ素敵だと思う



「何を見てるの 僕の顔がそんなに珍しい?」



新聞から目を離さずに言う



「うぅん 素敵な顔だなぁと思って」



堪えきれずにといったように 彼が吹き出した



「朋代には負けたよ 君といると退屈しないね」



ようやく新聞から目を離し いつもの笑顔に戻った

穏やかな時間が過ぎてゆく

同じ部屋にいるのに 彼は本を読み 私は食事の準備や片付け

会話を交わすこともなく それぞれが過ごす

この空間が心地よかった

いつまでも ここで こうしていたい

私達には許されないけれど……



「明日は出勤するよ 本当にありがとう

このお礼はなにがいい? リクエストがあるなら受け付けるよ」


「本当に? それじゃぁ……美味しいものをご馳走してください

思いっきり高級なところをお願いします」


「はは……君も言うじゃないか わかった 探しておくよ」



私の腰に手をまわし 彼の指が私の唇をなぞる

ゆっくり重ねられた唇が 次第に熱くなってゆく

やがて 抑えていた激情をぶつけるように 激しい口づけにかわった

この人は 私を欲している

いつか この人の肌を受け入れることになるのだろうか

そんなことを思った



仕事は忙しさを増してきたが気持ちが上向いているからか 何をやっても苦にならなかった 

そんな中 また各務さんから食事に誘われた 

このままではいけないと思い 正直な気持ちを伝えた



「各務さんのお気持ちは嬉しいのですが あの……」


「桐原さん 好きな人がいるんでしょう?そんな気がしてたよ」


「各務さんには 本当に良くしていただいたのに 私 どうしても思い切れなくて……

申し訳ありません」



各務さんは ふぅ~とため息を吐くと ”残念だな” と寂しそうな笑顔で頷いてくれた

この人と この穏やかな人のそばにいたら 遠野さんを忘れられると

そんな勝手なことを思っていた自分が恥ずかしかった

各務さんは その後も変わりなく私に接してくれた

遠野さんも体調が戻り 忙しそうに仕事をこなしていた

二人で会う時間はなかなか取れなかったが 同じフロアにいて

愛しい人の存在を そこに感じ取れる

そんな些細なことが嬉しかった

残業で帰りが遅くなった日など みんなで食事をすることも多かった

そのあと 何度か私の部屋まで送り届けてくれたが 遠野さんは部屋に上がることは固辞していた

互いの理性が 最後の一線を越えることを拒んでいた

今は 惹かれあう想いを感じるだけでいい

互いのすべてを受け入れてしまったら その先に待っているのは苦悩だけだと

わかりすぎるくらい わかっている

この結末は考えたくない

それが私の正直な気持ちだった





「桐原さん やっと元気になったわね 各務さんと付きあってるの?」



水城さんが やってきた



「うぅん 各務さんにはお断りしたの 他に好きな人がいるから」


「そうだったの……でも良かった 貴女が元気になってくれて ねぇ 好きな人って誰? 私が知ってる人?」


「うぅん 知らないと思う」


「そう 残念 でもいつか紹介しなさいよ 貴女が好きになる人ってどんな人か興味があるわ」


「えぇ いつかね」



いつも心配してくれる彼女

本当のことを知ったら どう思うだろう

友人を裏切っている罪悪感

針の先で チクン と刺されたような痛みを感じた

和史から 会えないかと電話が来たのはそんな頃だった 



「会って話したいことがある」



と それだけ



「高原のホテルに 美味しいレストランがあるって聞いたんだけど 

次の土曜日 一緒にどうかな? 看病のお礼がまだだったからね

この時期 紅葉も綺麗だと思うよ」



遠野さんから誘いがあった

その日は 和史と先約がある

なんて答えよう


 
「予定があるの?」


「野間さんから話があるって言われて……彼と会う約束をしたんです」


遠野さんの顔色が変わる

”そう” と言ったっきり 黙ってうつむいた



「私 彼とちゃんと話もせずにそのままだったから 向こうも気にしてるんだと思います」


「わかった」


 
彼の目が いつもの厳しい目になっていた

久しぶりに会った和史は 少しふっくらしていた



「元気そうじゃない 顔色がいいわよ」


「朋代 元気がないって聞いてたから心配してたんだ」


「あら 心配してくれてたの? じゃあ なんで連絡くれなかったのよ」



心にもない事を言ってしまう

気まずい空気が漂っていた



「和史 付き合ってる人がいるって聞いたわよぉ」



和史の顔を覗き込むように問う



「そうか 知ってたんだ……もっと早く言うつもりだったんだけど なかなか言い出せなくて」


「いろいろね 聞こえてくるのよ 余計なことを耳に入れてくれる人だっているの 

でもね 私達 特別約束をしてたわけじゃないし 気にしないで」


「ごめん……そう言ってもらえると助かるよ」



そんなことは どうでも良かった

こうして話が出来て 気持ちの整理も着いた

彼の口から別れ話を聞いても 揺らがない自分がいる  



「どんな子? 若いアルバイトの子だって聞いたけど 大事にしなさいよ」


「朋代……」


「なによ そんな哀れんだ顔をしないでよ

私だって好きな人が他にできたんだから これでおあいこね」


「調査官の各務さんだろう? うわさは聞いてるよ」


「違うわよ 他の人」


「そうなんだ 各務さん 強引に朋代を口説いてるって聞いてたからな」


「なにそれ よく言うわよ」



わだかまりのない 穏やかな二人に戻れた

もう大丈夫……

胸のつかえがおりたとは こんな感じを言うのだろう

さっぱりした気持ちでマンションに帰ると 玄関前に誰か立っていた



「遠野さん」



ツカツカと 歩み寄ると 私をいきなり抱きしめた



「君が野間君と会っているかと思うと 苦しくて……」



私の想う人はここにいる

抱きしめられた腕の痛みは 愛情を感じるのに余りある痛みだった



関連記事


ランキングに参加しています

1 Comments

K,撫子

K,撫子  

コメント

そんなにスンナリと遠野さんと朋代ちゃんが燃えるような・・状態にならないとは思っていたんですけどね・・やっぱり、なでしこちゃんはいけずのなでしこちゃんでした。さて、今度はどうするの?各務さんにちゃんとお断りした朋代ちゃん、覚悟は決まったのかな?


[ SF2445 ]

2006/11/26(日) 午前 0:50


顔アイコン

元・彼とのデートにいてもたってもいられなくて朋代ちゃんを待っていた遠野さん、ここまで来たのだから、朋代ちゃんをぐっと捕まえてもっと押したらどう?私、二人が不倫でもなんでもいいから、応援してるからね。だって、遠野さんて私好みのルックスだしぃ・・・って、何を勘違いしてるんだか?


[ SF2445 ]

2006/11/26(日) 午前 0:51


顔アイコン

逃亡前にレスが・・・SFさん 鋭い!!とだけ言っておきます(えへへ・・・)覚悟 覚悟 そうかも・・・では・・・


[ イケズのなでしこ ]

2006/11/26(日) 午前 0:53


顔アイコン

ねぇ、なでしこちゃん、遠野さんがストレス性メキシコ病で、ポンチョ・トーノに変身しちゃうのってあり?


[ SF2445 ]

2006/11/26(日) 午前 0:58


顔アイコン

なでしこちゃん、今回は二人とも理性を保っていたのね。でも想い合ってるには、ほのぼのとした愛が感じられて読んでて幸せだった~だから石は投げないよ~^^。でも、次回の遠野さんは、もう想いが止められないのでは…。あぁ、Xdayは是非、衛sideで…と願っていますので…なでしこちゃん、よろしくね^^。それにしてもラストのコラージュ…素敵だ~。鍵を開けて、ドアはいよいよ…かな?


[ eik*ad*12*5 ]

2006/11/26(日) 午前 0:59


顔アイコン

SFサン、あっちこっちで絡んじゃってごめんね^^…。ストレス性メキシコ病…う~ん、恐ろしそうだ…。演歌を思わず唄ってしまう病気なの?


[ eik*ad*12*5 ]

2006/11/26(日) 午前 1:03


顔アイコン

きゃあ~~、嬉しい嬉しい!!亀になってる間にアップされてたんですね。戸惑いと理性と常識と・・・2人の間にあるものはすんなり行かないものばかりなのに、どうしてこう惹かれあうのかしら。もう止められないんですね。


[ l住まいと暮らしのライフ設計 ]

2006/11/26(日) 午前 8:15


顔アイコン

妙にリアルで毎週ドキドキです。周囲にバレた時に二人の思いが「純愛」でも、今の状況なら「赴任先でのスキャンダル」にしかならない。公務員なら尚更ね。遠野課長どうする・・


[ minira ]

2006/11/26(日) 午前 10:25


顔アイコン

kyoちゃんでいいですよ~。やっぱりなだれこまなかったか…なんとなくそんな気がしてたわ。この二人の理性が素晴らしい!普通の恋ではないことを思い出させてくれました。最後の遠野さんの言葉は朋代にとってはうれしいよね。ドアの前に立って待っている遠野さんステキ!最後に一言「いけず~!!」(爆笑)


[ kyopiyo ]

2006/11/26(日) 午後 0:07


顔アイコン

なでしこちゃん、私…こんな二人がとっても好きよ*^^* 二人の間に自然に流れる時が、確実に愛を育んでいると思う。それにしても、次々と遠野さんの新たな顔が垣間見られて…とっても可愛いいわ~^^ 遠野さん、、、ドアの前で待っているなんて感激よ*^^*本当に朋代ちゃんを、失えないのね(*-"-)二人で、扉を開ける事が出来るのかしら?


[ dat*o1*7 ]

2006/11/26(日) 午後 2:08


顔アイコン

ところで…あの~なでしこちゃん、朋代ちゃんが掃除、洗濯してくれるのは有り難いんだけど、私のお仕事が無くなっちゃうのよーー;ここの所、お暇ばかり頂いてる私、、、生活が苦しいんですけど@@;何か別のお仕事紹介して~(爆)


[ dat*o1*7 ]

2006/11/26(日) 午後 2:15


顔アイコン

なでしこちゃん、ぶりっ子akkeは、今回の一線を超えなかった二人に拍手を贈ります!でも次回は危なさそうね・・・でも指の間からしっかり読ませて頂きますわ(^m^)CSでも書いたけど、ラストの言葉とviviちゃんのコラージュ・・・反則だわ。しばし妄想・・・夢の中でした。


[ akke ]

2006/11/26(日) 午後 5:09


顔アイコン

「看病のお礼」「高原のホテル」「約束」「わかった」「遠野さん…」「苦しくて…」この単語にコラージュの朋代ちゃんの表情。満腹御礼 白旗です。倒れそう…


[ ゆみ ]

2006/11/26(日) 午後 8:02


顔アイコン

CSには書かなかったけどさあ・・もう遠野さんは限界じゃーーー(>_<)もう頭の中は「少年」並みになってるはずだ( ̄□ ̄;)!!理性だけじゃなくて、朋ちゃんを大事に思う気持ちもあるから辛いのお~~(;_;)次回は事と成り行きでは「投石」のおそれ有りよ、鉄鍋貸そうか~うっひゃひゃ♪


[ ハナ ]

2006/11/26(日) 午後 8:45


顔アイコン

akkeさん、同様、ラストの言葉とドアの前の遠野さんの表情に、やられたユニコンです。人は、理性だけでは、生きてゆけないのよね~。いけないとわかっていても、やめられないことが、いっぱいある。大人な遠野さんでも、もう、限界・・・さて、朋代は、どうする?はぁ~~、胸が苦しいよ~。


[ 桜島小みかん ]

2006/11/26(日) 午後 9:13


顔アイコン

某オフ会から帰ってきましたー(笑)今回は理性と常識に阻まれた二人だけど、玄関で待ってた遠野さん。これは覚悟の上ですね~。CSにも書いたがあんな顔して待たれたら堕ちまっせ(爆)うん!私なら自分から進んで堕ちる!!


[ ebe ]

2006/11/26(日) 午後 9:48


顔アイコン

「理性を守る男 遠野衛」は、健在でしたね。しかしそれも、ぎりぎりの所で踏ん張ってる感じですね。朋代ちゃん帰ってくるまでなん時間も待ってたのかしら。しかもこんな切ない顔して見詰められて。女冥利に尽きるわね。遠野さんの行動は正しく思春期の少年のようだわ。ひょっとしたら奥さんとはこんな恋愛をしてこなかったのかも。あぁ、もっと早くに出会わせてあげたかった。でもそれじゃお話にならないか(^^ゞ。


[ rik*y*on ]

2006/11/26(日) 午後 11:09


顔アイコン

子どもみたいにすねる衛さん、かわいかったわぁ。かと思えば「朋代」って呼んだりして衛さんの愛が感じられるし。朋ちゃんはいつ頃「衛さん」って呼ぶんだろう?今回は朋ちゃんの部屋にも入らず一線も越えなかったけど、二人の理性がいつまで保てられるか(次回は衛さんが朋ちゃんの部屋に入るか否か)一週間悶々と考えています。最後の衛さんの切なそうなコラージュやられました。


[ maya ]

2006/11/27(月) 午前 0:23


顔アイコン

SFさん >遠野さんがストレス性メキシコ病で、ポンチョ・トーノに・・・って だめ・・・頭の中にその図が浮かんでる~~@@ストレスを解消させてあげないと!!それには・・・次回まで待って!!


撫子 s Room

2006/11/27(月) 午前 11:56


顔アイコン

eikoちゃん Xdayを待ってるのね(笑)そうだねぇ~ 衛サイドの語りで聞きたい?ラジャー!! って・・・言っちゃったよ・・・コラージュすごいよね。私の創作は画像に助けられてます。


撫子 s Room

2006/11/27(月) 午後 0:01


顔アイコン

tyatyaさん すんなりかなないから燃えるのかも・・・障害のない恋だったらここまで惹かれあったか・・・次回、ドアは開けられるのか!!衛はもう限界なんだけどね~(笑)


撫子 s Room

2006/11/27(月) 午後 0:03


顔アイコン

miniraさん 周囲にバレたら・・・怖いよ~ 凄いことになると思う!これからそうなるかも。ついてきてくれる?(笑) 赴任先のスキャンダル・・・そうならないようにしたいのですが・・・世間の目は冷たいのよね・・・(←意味深)


撫子 s Room

2006/11/27(月) 午後 0:06


顔アイコン

kyoちゃん はい なだれ込みませんでしたー!(予想してたのね!)そうなの、この二人、普通の恋じゃないので そう簡単にはいかないはず。最後の言葉 衛の愛情を痛いくらい感じたわね。イケズ? そーだよん! 開き直り~♪


撫子 s Room

2006/11/27(月) 午後 0:09


顔アイコン

dattoちゃん >こんな二人がとっても好きよ・・・ありがとう。私も抱きしめたいくらい好きなの。もう健気でね~どうにかしてあげたいの。家政婦のお仕事を朋代に取られた?あはは・・・ごめんね~衛さん 恋人の方が良いみたい(笑)次のお仕事を探しておきますから~ 新作の「圭吾くん」宅、お手伝いさんを探してたわね 面接に行ってみる?


撫子 s Room

2006/11/27(月) 午後 0:14


顔アイコン

akkeちゃん なんとか持ちこたえた二人を褒めてあげて。拍手 ありがとう! なに?次回は指の間から読むの?いや・・・それは難儀な(笑)最後の言葉・・・朋代になって書きました。腕が痛いじゃない・・・ってね(おほほ・・・)


撫子 s Room

2006/11/27(月) 午後 0:19


顔アイコン

ゆみちゃん 単語の数々で妄想 想像 ありがとう!心は「と・も・よ」なのね!白旗?倒れそう? おーい 大丈夫かぁー! しっかり気を持って次回に臨んでくれー!!


撫子 s Room

2006/11/27(月) 午後 0:20


顔アイコン

ハナちゃん 遠野さんの頭は「少年並み」・・・そうかもね。男って意外と感情の生き物だし(とわかったようなことを言う 笑)鉄鍋?いや~必要ないと思うわ♪ (でも、ハナちゃんの期待に添えるか・・・やっぱり投石だったりして~~@@)


撫子 s Room

2006/11/27(月) 午後 0:33


顔アイコン

桜島小みかんのユニコンちゃん 人は理性だけでは生きてゆけない・・・わかる わかるよー!衛も限界ですからねぇ~この辺でなんとかしてあげないと・・・でも、朋代が妙に冷静な女性なのよ どうしようか・・・


撫子 s Room

2006/11/27(月) 午後 0:35


顔アイコン

ebeちゃん >遠野さん 覚悟の上ですね!・・・って、何の覚悟?(笑) あの顔は・・・はい 私も堕ちました。思わず抱きしめたくなりました(朋代に怒られそうだ・・・)


撫子 s Room

2006/11/27(月) 午後 0:37


顔アイコン

rikoちゃん >奥さんとはこんな恋愛をしてこなかったのかも・・・そうねぇ、私もそう思うわ。初めて真剣な恋をしたのでしょう 二人とも・・・遠野さんが玄関で何時間待ったかって?本人に聞いてみるから~(笑)


撫子 s Room

2006/11/27(月) 午後 0:40


顔アイコン

mayaさん 遠野さんってかわいいでしょう?(拗ねる男はかわいいの) 朋代が「衛さん」と呼ぶ日がくるか!それは言えないな~(私イケズだから はは・・)では、一週間悶々としてね~!


撫子 s Room

2006/11/27(月) 午後 0:43

2019/12/14 (Sat) 16:29 | 編集 | 返信 |   

Post a comment