【風花】 14 ― 混沌 ―



自宅へ帰ってきて二日

妻へは まだ話を切り出せずにいた



「賢吾 緊張してないようだね 大丈夫そうじゃないか」



今回 自宅に戻った理由は 幼稚園行事の参加だけではなかった

賢吾の小学校の入試があり 両親の面接が本当の目的だった



「えぇ 塾の先生も 賢吾なら大丈夫だって言ってくださってるのよ 

受験する学校 私のお教室の生徒さんのお子さんが通ってらっしゃる私学で とってもいいみたい

あの子 早生まれだけど落ち着いてるし 大丈夫だと思うわ」



鏡を見ながら 妻は もう合格したような口ぶりだった

賢吾の受験の際は 必ず帰ってきて欲しいと妻に言われていた



「両親の面接もあるの そのときは貴方も帰ってきてね」


「そんな事 約束できないよ だいたい どうして子どもの受験に親の面接があるんだ」


「無理にでもお願い 家庭の様子や親の品格を見るんですって」



品格だと……そんなこと見てなんになる

そう思ったが 受験に関して妻にまかせっきりだった

保護者面接には どうしても顔を出さなければと 今回休暇をとった

そのことは朋代には告げなかった

なんとなく 彼女に言い出しにくいことでもあった

妻の手入れの行き届いた爪を見ながら 

親の面接で子供が合格するわけでもないのにと そんな事を思った

  

「仕事 忙しそうだね もう僕は必要ないんじゃないか?」


「何を言ってるの これから賢吾の入学も控えてるって言うのに 父親がいないと困るでしょう」



私は父親ではあるが 夫の役割はなくなっているような妻の言いよう・・・



「僕は君の何だろうね 遠くに離れて給料を送ってくれる便利な存在かな?」


「急に何を言い出すの? 貴方 さっきから変よ 私が向こうに行かないから機嫌が悪いのね 

それは悪いと思ってるわ でも 私だって仕事があるし 貴方だって賛成してくれたでしょう」



黙っている私の横に来て しなだれかかった



「やめてくれないか」



大きな声に 妻はビクッを体を震わせた

妻は私の機嫌をとるように なにかと気を遣う素振りを見せる

私の気を惹くようなナイトウエアが 余計白々しく見えて

そんな妻に気づかぬふりをし さっさと自分のベッドに横になった


”ダブルベッドは寝返りが気になって 熟睡できないの” 


妻の言い分で シングルベッドを二つ離して置かれた寝室は 今の私には都合が良かった

妻は 私の言葉をどこまで理解したのだろう

自分が赴任先に顔を見せないから 機嫌が悪いのだろうと その程度だろうか

翌朝も 



「まだ怒ってるの?いい加減機嫌を直してね 父親がそんなんじゃ 賢吾のためにも良くないわよ

明日は大事な試験日なんですからね」



暢気なことを言って 仕事に出掛けていった

妻とは すでに気持ちが離れていた

朋代に出会わなくても 妻との距離は遠ざかっていただろう

互いを思いやれなくなってしまった私たち

妻は いまだに そのことに気づいていない

仕事が充実して 昔からの夢を叶えつつある彼女

これから先も 東京を離れるつもりなどないのは 安易に予想がついた

私の地方赴任は また数年残っている

気持ちの離れた夫婦が このまま離れて暮らすのは ますます溝を深めるばかりだ

結婚生活を解消することが 私たちにとっても良い結果をもたらすのではないか 

だが 賢吾のことがひっかかる

息子にはなんの罪もない

親の勝手で 辛い思いをさせるのかと思うと不憫だった


翌日 息子の試験会場に一緒に入り 保護者面接も無事に終えた

試験官の良好な手ごたえに 妻は息子の合格をほぼ確信したようだった

父親の役目を果たし 私も肩の荷が下りた

休暇はあと二日

妻と どうやって話をしたらいいのか 思いあぐねていた

本省へ顔を出し 形ばかりの挨拶をすませると

友人達に誘われるまま 夜の街へ出掛けた



「遠野 まだ一年もたってないなぁ 地方勤務は長く感じるだろう?」


「いや そんなことはないよ 思っていたより気楽だよ」


「そうか 俺も来年は地方に出るだろう 女房が子供の学校の心配をしてるよ」



友人に単身赴任はするなよと 知った顔で意見した自分が情けなかった


帰宅するのは気が重かった

このままではいけないと思うのに 妻になかなか本心を言い出せない

息子の入学まで待つか

いや そんなことをしていたら ズルズルと答えを先延ばしにしてしまいそうだ

帰宅したが家には誰もいなかった

妻の実家に電話をすると



「賢吾はここに預かってますよ もう寝ましたから 今日はこのままでいいわね 

明日迎えに来てくださいね」



義母の声だった



「そうですか では 明日の朝伺います 賢吾をお願いします」



妻が帰宅したのは深夜近くだった

いつもより濃い化粧 短い爪に塗られた赤いマニキュアが やけに目についた



「こんな時間まで仕事か?」


「スタッフと飲みに行ってたの 賢吾の受験もすんだし 時々こうやって発散しないと身が持たないわ」


「賢吾はお義父さんのところへ預けて いつもこうなのか」


「たまによ たまに 貴方だってそんなときがあるでしょう?」



化粧を落としながら こともなげに言う

今なら 自分の気持ちを言えそうだった

気持ちを落ち着かせて 一息つくと話を切り出した



「話がある……僕は君にとって何だ? 飾りの夫か?子どもは親に預けて 君は自分の仕事を優先させる 

僕の存在価値はどこにもないようだね……」



妻の顔色が変わった



「なにを言いたいの?私が貴方をないがしろにしてるって言いたいの?

それは誤解だわ ちゃんと話し合いましょう」



「あぁ 話し合いたいね 君の意見を聞きたいよ」



「前にも言ったけど 貴方を一人で赴任させたのは悪いと思ってるわ 私がなかなか行けないのも悪いと思ってる

だけど 私も仕事があるの 無責任なことはできないのよ お互いに仕事があるんだし 

貴方には少し不自由をかけるけど 今の状態がベストだと思うけど……」



「君の言い分はわかった 僕に不自由をかけてると思ってはいるんだな じゃぁ 自由にさせてもらうよ」



「それ どういう意味? 私と別れるって言うの?私がやりたいことをやるのが そんなに不満なの?

そんな理由で離婚だなんて 聞いたことがないわ まさか 本気じゃないでしょうね」



私は返事をしなかった 

言い返す気力もなかった

こんなに身勝手な女性だっただろうか

出会った頃は もっと分かり合えた

私の沈黙に妻はうろたえた



「貴方 本気で私との離婚を考えてるの?」


「あぁ……」


「ちょっと待ってよ 冷静になって 私にはわからないわ」


「わからないなら尚更だ 今さら何を言っても無駄のようだね」


 
静寂が不気味なくらい続いていた 

やがて たまりかねたように妻が口を開いた



「今夜はお互い気持ちが高ぶっているみたいね 明日 また話しましょう」



翌朝 課長補佐から仕事の指示を仰ぐ電話がきた



「……わかりました ではお願いします」



電話のやりとりを聞いていた妻が 怪訝そうに聞いてきた



「部下なのに敬語を使うの? 貴方 気を遣いすぎじゃないの?」


「部下とは言っても 年配の方だからね こっちが気を遣って当然だよ」



憮然と答えた



「トラブルが発生したそうだ 午後の便で帰るよ」


「そう……昨夜の話 本気じゃないわよね? 私も言い過ぎたわ 近いうちにそちらに行くから」



それには答えず 新聞に目を落とした

トラブルが発生したとはいえ 私がいなくても補佐が処理してくれる

とにかくここから 妻の前から去りたかった



「話の続きは電話で……」



”わかったわ” とだけ言い 妻は仕事へ出掛けていった

話し合いか……長引きそうだな

飛行機に乗る前に朋代にメールをした


即座に返信が来て


『空港まで迎えに行きます』


”いいよ 部屋で待ってて” と送ると またすぐに返事が来た


『いいの 会いたいから』


会いたいか……ささくれだった気持ちが癒される

しばらく画面の文字を眺めてから いつものように消去ボタンを押した

6日ぶりに会う彼女は どことなく元気がなく 疲れが滲んでいた



「どうしたの 元気がないね」


「後で話します……」


「聞くのが怖いね」



いつもなら すぐに返事をするのに 今日は黙り込んだまま



「迎えに来てくれるなんて 嬉しかったよ」



私の言葉に はかなげに微笑んだ

唇を合わせたが 彼女は すぐに離してしまった

いつもと あまりに違う様子

不安げな彼女をしばらく抱きしめていたが

彼女の肩が 小刻みに震えてきた

私の胸で 朋代が静かに泣いていた



関連記事


ランキングに参加しています

1 Comments

K,撫子

K,撫子  

コメント

辛い状況に追い込まれて、朋代ちゃんは遠野さんと別れるつもりなのかな?年末年始を泣き濡れている朋代ちゃんの姿が目に浮かびます。子供を思ったら、即、離婚という訳には行かないでしょうけれど、こんなに心が離れた夫婦が子供の為にと一緒にいても果たして子供が幸せに暮らせるかな?


[ SF2445 ]

2006/12/17(日) 午前 0:50


顔アイコン

遠野さん、後々、子供を恨めしく思うような決断はしないでね。朋代ちゃんのような人はあなたの前には二度と現れませんよ・・って私がこの際でもまだ二人が一緒になれることを願っているのです。だって、形だけの夫婦だなんて、お互い(子供も)不幸じゃないですか?でも、賢吾君の後姿に私の鬼の目に涙・・、それでも、なでしこちゃん、私、諦めずに二人を応援するからね。


[ SF2445 ]

2006/12/17(日) 午前 0:54


顔アイコン

viviさん、今日は賢吾君の後姿ひとつで、泣かせて下さいましたね?これ一枚の画像が今日のお話の複雑さを全て物語ってくれました。viviさん、お見事でした!


[ SF2445 ]

2006/12/17(日) 午前 0:56


顔アイコン

今回この夫婦の会話のなさにビックリしました。離れているときはともかく、帰ってきている時は、普通今日の予定とか子供を実家に預けるとか話すわよね。知らなくて実家に連絡するなんて気まずい…妻にとってはエリートで都合の良い夫でしかないのかも…離婚といっても賢吾君の事とかも絡んできてすんなりとはいかないでしょうね。朋代ちゃんの家族会議はどうなったのか?落ち込みようが気になります。


[ kyopiyo ]

2006/12/17(日) 午後 0:06


顔アイコン

SFさん 今回はviviちゃんの画像が胸を締め付けて・・・子供の存在を思い出させてくれました。夫婦の問題 子供のこと 朋代とのこと どれも一緒には出来ない問題です。すべてに原因があり これからひとつずつ答えを出していかなければ・・・朋代はどう決断したのでしょうねぇ・・・


撫子 s Room

2006/12/17(日) 午後 2:44


顔アイコン

こんな終わり方で年越し・・・どうぞ先行きを考えながら新年をお迎えください(と まとめてみました~!)これからも 二人の応援団 よろしくねー!!でも、朋代が身をひいたら どうする?(と また問題定義・・・)


撫子 s Room

2006/12/17(日) 午後 2:47


顔アイコン

kyoちゃん 夫婦の会話のなさ おそらくこの夫婦 「おかえりなさい 待ってたわ」「ただいま 会いたかったよ」のような気持ちではなくなっているのよね。相手を思いやれなくなっている夫婦 これは遠野さんにも責任があると思うの。夫婦のあり方を考え直すいい機会かも・・・朋代の家族 次回出てきます・・来年だけど こんなところで終わってごめ~ん


撫子 s Room

2006/12/17(日) 午後 2:50


顔アイコン

つい、おざなりになりがちな夫婦の会話。でも、これが、大事なんだよねぇ。ツー・カーで、分かり合えれば良いなんていうけど、やっぱ、話さなきゃ!遠野夫婦は、いつから、こんなになったんだろうね?ふと、わが身を思い起こさせてくれる回でした!今夜は、myダーと、「かたっ、みらんな、いかんねぇ~。さけん、さかんは、なんに、すかいねぇ~」


[ ユニコン ]

2006/12/17(日) 午後 4:41


顔アイコン

会話大事だよね。意外と一緒の時間って少ないじゃない?夫婦って。へたしたら、同じ部屋に寝てるのに、会わないなんてことあるし(ホントに・・)子供の事。難しいね。確かに、愛のない生活は子供のためにならない。だけど、それを子供が理解するには時間がかかるよね。「捨てられた」事実だけが残ったりする。ウチの旦那がそうだったから・・さ。


[ ebe ]

2006/12/17(日) 午後 4:54


顔アイコン

それにしても、ユニコンちゃんのこのセリフ。誰か字幕スーパー付けてくれー!・・わからん!!


[ ebe ]

2006/12/17(日) 午後 4:56


顔アイコン

ebeちゃん、なにげに、シリアスなお話を・・・そうだったんだぁ~。でも、今は、ebeちゃんと、ラブラブで、お幸せなんでしょう?(だよね?!)絶対、悪いことばかりは、ないんだよ。ダー様は、きっと、ebeちゃんという奥様がいて、ラッキーって、思ってるはず・・・なんか、二人が、「笑さんとJOON」に見えてきたぁ~!


[ ユニコン ]

2006/12/17(日) 午後 5:13


顔アイコン

おっ、myダーから、帰るコールのメールがきたぁ~! いけない!夕飯、急がなくっちゃ!ebeちゃん、字幕スーパーは、こんどねぇ~! 「あいがと、さげもしたぁ~」


[ ユニコン ]

2006/12/17(日) 午後 5:18


顔アイコン

ハハ^^お恥ずかしい。シリアスだったね。事実だけみたら可哀想な奴なのよ。物心ついたときから親と暮らしてないから。だから子供がからむとね、少し辛いよ。そうだ、ユニコンちゃん、翻訳しなさい^^


[ ebe ]

2006/12/17(日) 午後 5:19


顔アイコン

ユニコン語の通訳を・・・「今夜は ダーとしゃべってみないといけないわ 酒の肴は何にしようかな・・・」でございます(笑)薩摩弁って難解よね~・・・ホント みなさんもパートナーとの会話は大事よ~!家庭の中心は夫婦ですから・・・と語る「不倫を書く作者」 なはは・・・


撫子 s Room

2006/12/17(日) 午後 5:56


顔アイコン

こんな寂しげな賢吾君の後姿を持ってくるなんてviviさん、ルール違反だよ(涙)。最後の携帯を持つ衛さんに涙目の朋ちゃんの顔。今回は本当に身を切られる思いでした。お互いを思いやれない遠野夫婦。これから話し合いはちゃんとできるのかな? そして衛さんは賢吾君を残して離婚に踏み切れるの?朋ちゃんは涙の訳を衛さんに全て話せる?こんな状態で来年まで待たせるなんて・・・。あ~いけずなでしこさん。明日からのリレー創作は癒し系でお願いしますよ。


[ maya ]

2006/12/17(日) 午後 9:07


顔アイコン

mayaちゃん 癒し系をお望み?癒し系とは 少ーし違うけど、気持ちが晴れることは間違いないよ!何と言っても「腹を揺るがす大巨編」だからね!(笑)あれ?「胸を揺るがす大巨編」だった??連載開始まで あと3時間!待てる?


撫子 s Room

2006/12/17(日) 午後 9:13


顔アイコン

ここから真面目に・・・朋代の涙のわけ、衛の気持ち、などなど次回で明らかになります(それなのに二週間待て だなんて ごめんね~)子供がいるから離婚を思いとどまる。それが果たしていいことか それは、その夫婦によって違うのでしょう。ゆうすげは、読む人の環境によって捉え方が随分違うと思います。みんな違って みんないい・・・と思うのよねぇ~


撫子 s Room

2006/12/17(日) 午後 9:19


顔アイコン

寝る前に一つ気になったこと・・・。衛さん 朋ちゃんからのメール消去してたんだね。悲しい現実を見てしまったような・・・(涙) 明日からの明日からのリレー創作はお笑い系かしら?超楽しみです。


[ maya ]

2006/12/17(日) 午後 11:44


顔アイコン

viviさんのこの画像、見たとたんに手が止まって、ずっと眺めていました。この子の目には今何が映っているんだろう。父は、母は、どんな風に映っているんだろうって。大人の気持ちを理解するのはまだ幼過ぎて、大人の揉め事、ましてや、親の離婚問題など目の前に突きつけるのは余りにも不憫すぎます。子は鎹とは言うけれども、夫婦の間に出来た溝を埋めるにもその溝はあまりに深すぎますね。


[ rikoyoon ]

2006/12/18(月) 午後 8:24


顔アイコン

賢吾君の後姿が不憫でまたここに来てしまいました。一緒に暮らしていても遠い存在のお母さん。一緒に遊んでもらいたい時期に遠くに住んでいるお父さん。まだまだ甘えたい時期になのに・・・。おじいちゃんやおばあちゃんがどんなにかわいがっても親の愛情に勝るものはありません。遠野夫婦は親としての役目はどう考えているんでしょうか?冷え切った夫婦関係を続けても子供の為には良くないけれど、夫婦 親子の関係をもう一度考えてほしい。衛さんには朋ちゃんと幸せになってほしいけど本当に複雑だわ・・・。


[ maya ]

2006/12/19(火) 午前 8:04


顔アイコン

お久しぶりです。私もviviちゃんの最初の画像に釘付けになってしまったわ。今、税制のお偉いさんの不倫がテレビで騒がれているけど、桃代には幸せになってもらいたいんだけど、あっちは許せん!!(私って心が狭いのかしら?)年明けまで心をしっかり持ってお待ちしてます。


[ jinyon。 ]

2006/12/19(火) 午前 11:01


顔アイコン

mayaちゃん そうなの 朋代のメールは消去されちゃうの・・・悲しい現実でしょう?あの一文は 二人の関係を物語っています。両親はすでに違う方向を見てるし、子供は犠牲者ですよね・・・そこが辛いところです。viviさんの画像がそれを思い出させてくれました。


撫子 s Room

2006/12/19(火) 午前 11:39


顔アイコン

jinyonさん いらっしゃいませ~ あっちは許せんが こっちは応援 ありがとー!不倫と一言で言っても いろいろな関係があるわけで、衛と朋代の関係が正しいとは言いませんが、共感してくださったってことね!こんな場面で年越し・・・来年も波乱の幕開けでしょう・・・


撫子 s Room

2006/12/19(火) 午前 11:43


顔アイコン

rikoちゃん 真面目に語るね!物語だから衛と朋代のラブシーンは綺麗に書いたつもりです。でも、その後ろにはいろんな問題があるの。それを示したのがviviさんの画像。文章には子供の描写は全然ないけど、行間にある問題を画像が現しています。見た瞬間「あーやられた・・・」と思ったワタシです。夫婦の関係 読む方も、わが身に置き換えて考えてくださるといいな~・・・


撫子 s Room

2006/12/19(火) 午前 11:48


顔アイコン

女性が仕事を持つということは大変なことだと思いますね。転勤族の夫、子供の年齢。この家庭で何を優先すべきかをもっと考えなくていけなかったのかと思います。こうなる前に妻が譲歩した方が良かったのかも。家庭を壊したくなければ壊してしまう怖れのあることは避けた方が良いということなのかな。やはり仕事を続けていく妻は大変ですね。もっと子供が大きければまた違ったのでしょうが!


[ takitubosan ]

2006/12/19(火) 午前 11:52


顔アイコン

takitubosanさん いらっしゃいませ 感想ありがとうございます。「ゆうすげ」は、いろんな問題を含んでいます。男女の愛情はもとより、親子 夫婦 家庭 仕事 それぞれが絡み合い、少しずつ問題提議。仕事を持つ妻のあり方もそうでしょう。その根底には「夫婦とはどうあるべきか・・」ということがあります。夫が単身赴任でも、妻が仕事を持っていても きっと上手くいく方法があったはず・・・これからの展開をどうぞご覧くださいね!


撫子 s Room

2006/12/19(火) 午後 0:51


顔アイコン

ツーツツ-、なでしこさん、なでしこさん、貴方の頭の中にある関西のおばちゃんとバカ息子のデータを即刻消去せよ! 消去せよ! ツーツツッツー (爆)。


[ rik*y*on ]

2006/12/20(水) 午前 11:48


顔アイコン

rikoちゃん そのお願いは却下!もう記憶の引き出しに入れちゃった~~!!おばちゃんとバカ息子 だーいすき! あのキャラを埋もれさせてしまうのは もったいない・・・ときどき出てきてね~ヽ(^o^)丿


撫子 s Room

2006/12/20(水) 午後 7:59


顔アイコン

ツーツツー、そうか、では記憶の引き出しに鍵を賭けろ。その上で次の言葉をインプットせよ。「rikoちゃんはお姫様、rikoちゃんはお姫様」 なおこの送信を受信拒否することは出来ない。ツーツツッツー


[ お姫様rikoちゃん ]

2006/12/21(木) 午前 9:59


顔アイコン

お姫様って・・・誰?どうしても あのイメージを払拭したいのね(笑)純情な乙女になったり お姫様になったり 変幻自在だわ~ もうどれがどれだか・・・本当の姿は?? う~ん わからん・・・


撫子 s Room

2006/12/21(木) 午後 7:47


顔アイコン

お久しぶりです。朋代ちゃんの理性ではどうにもならない愛の感情が、突き上げてくるのがわかります。遠野夫妻の形だけの家庭、でも子供は愛されるべき存在ですよね。奥様の自由を精一杯仕事したいということも理解できるけど、でも自分っていうものの存在場所を勘違いしはじめたのかな。


[ l住まいと暮らしのライフ設計 ]

2006/12/22(金) 午前 5:19


顔アイコン

tyatyaさん(ステキなアイコンね!) 自由のはき違い 難しいよね。家族って、少しずつ気持ちを譲り合いながら過ごしていくものだと思うの。遠野家にはそれがないみたい・・・子供のこと 何とかしたいな~(一番難しい問題だけどね)


撫子 s Room

2006/12/22(金) 午後 2:58

2019/12/14 (Sat) 16:35 | 編集 | 返信 |   

Post a comment