【風花】 17  ― 流転 ―



 「これからの人生を君と歩いて行きたいと思っている」



待ち望んだ言葉だった

両親や兄に反対され 家には私の居場所がなかった

家を出ることなど いまの私には何でもないこと

けれど 彼の言葉に思いとどまった



「ご両親に 誠意を持って話をしようと思う」



誰にも認めてもらえない私達の関係

彼だけがいればいいと思うけれど 

時々 それさえも不安になる


暮れも押し迫った30日 遠野さんは東京に帰っていった

本当に待っていてもいいのだろうか

奥様との話し合いが上手くいかず このままの状態が続くのではないか

賢吾君のために離婚を諦めるのではないだろうか

私と別れると言い出すのではないか

なにより 私のことが奥様に知られてしまったら……

考えられる最悪の事態ばかりが 頭に浮かぶ

私はいい 自分で決めたことだから 

たとえ奥様に知られ責められても 自分の正直な気持ちだと言い切れる

でも 彼はそうはいかないだろう

彼の気持ちを疑ったことはない ないけれど

どんなに純粋な気持ちでも 常識的には許されないことだから



「朋代のことを妻に言うつもりはない これは僕ら夫婦の問題なんだ」



遠野さんは そう言ってくれた

そうまで言われると 私は待つしかなかった

私も 一旦は実家に帰ったが 両親の執拗なまでの説得にあい 逃げるように自分のマンションに戻ってきた

初めて一人で新年を迎えた

他の部屋の住人は留守なのか マンション全体がひっそりとしている

買い物以外 外にも出かけず 誰にも会わず過ごす正月の侘しさを存分に味わった


遠野さんが帰ってきたのは 年が明けて三日目の夜 空港から直接私の部屋に来てくれた

この部屋で ひとり 年を越したのだと告げると

やるせない顔をして 少し乱暴に抱き寄せると 私を腕の中に閉じ込めた

あぁ やっぱりこの人が好きなんだと 

腕と胸の温かさを感じながら あらためて思った



仲村課長から声をかけられたのは 二月に入ってすぐのこと



「家に遊びに来ませんか?」



そして 小声で ”彼も一緒に” と付け加えた



臨月の奥様のお腹は 見るからに苦しそうで 立ち座りもおっくうな様子だった



「お手伝いさせてください」


「まぁ ありがとう こんな体だから助かるわ 朋代さんと呼んでもいいかしら?

私も名前でお願いね 奥様なんて呼ばれたら返事に困っちゃうから」



コロコロとした笑い声が印象的だった

グラスとビールを部屋に運んでいくと 仲村課長が私に話しかけてきた



「家内が 桐原さんが一番大変な思いをしてるだろうって言うんだ

女同士の話もできるだろうと思ってね……それで 二人の気持ちは決まったのかな?」


「はい」



遠野さんが答え 私も頷いた



「そうだろうな 君達の態度から 半端な気持ちじゃないことはわかっていたが

そうか 決めたのか……この先どうするつもり?」


「一度 彼女のお父さんと話をしましたが 真っ向から反対されました

娘と付き合うのはやめてくれと どんなことがあっても認めないと言われました」



仲村課長は 悲痛な面持ちで聞いていた



「親としては当たり前の反応だろう それでも進む決心をしたってことだね 

私にも桐原さんを煽った責任があるしね 出来る限り力になるよ」


「あの 彼女をあおったって どういうことですか?」



その言葉を聞いて ”あっ” と小さく叫んだ



「あの時 遠野さんが病気だって教えてくださったときですね

私に”自分の気持ちを偽ってないのか”とおっしゃいました」


「はは……今頃気がついたの? でも 私が言わなくても 結果は同じだっただろうね」



そこまで話したとき 夕紀さんが料理を運んできた



「二人とも難しい顔をして どうしたんですか

どうぞ 温かいうちに召し上がってね 朋代さんも一緒にいただきましょう」



夕紀さんの勧めに箸をとった

後片付けをしながら 夕紀さんが話してくれた事



「私 仲村と結婚する前に 他の人と婚約してたのよ

でもね 仲村に出会って 彼に惹かれていったの その想いはどうしようもなくて ずいぶん悩んだわ

私だけの想いならそのまま 婚約者と結婚していたかも……でもね 彼も同じ思いだとわかったの」



仲村課長と気持ちを確かめあい 

それぞれの親 婚約者 職場の人

”いろんな人に頭を下げたのよ” と懐かしい目をしながら話してくれた



「お互い気持ちが通じ合っているのなら大丈夫 遠野さんを信じることよ」



夕紀さんの言葉が染み込んでくる

3時間ほどお邪魔したが 夕紀さんは 遠野さんや仲村課長の前では私達のことには触れず

ただ 温かい笑みをたたえているだけだった



「夕紀さんと どんな話をしたの?」



帰りの車の中で彼が聞いてきた



「遠野さんを信じなさいって 二人の気持ちが通じ合っているのなら 大丈夫だからって

夕紀さんと仲村課長とのこともお聞きして……」


「そう……聞いたんだ 夕紀さんも 朋代に会って話をしたかったんだろうね」


「えぇ 今日お会いできて良かった」



家族にも反対され 理解者などいないと思っていた 

私達の関係は 決して褒められることではないが 仲村課長と夕紀さんが見守ってくれている 

それががわかっただけでも嬉しかった




「夜風に当たりたいな」


「大丈夫? 気分が悪いのなら止まるけど」


「いや なんだか このまま帰りたくなくてね」


「港に行ってみましょうか 客船が入港してるはずだから」



しばらく海岸線を走ると 客船の大きな姿が見えてきた

動くホテルと称されるように 巨大な船体の窓々には それぞれ灯りがともり 

暗闇に輝く様は美しかった

車を止め 堤防に降り立ったが風が冷たかった



「わぁ 寒い」



思わず腕を合わせた途端 ふわりと温かさに包まれた



「薄着をしてるからだよ」



コートにくるまれ 彼の腕の中にすっぽり入った

アルコールが入ってるせいか 彼の体が いつもより熱く感じる

結婚している人を好きになるなんて そんなこと 絶対にないと思っていた

でも この人に惹かれた

自分の気持ちをどうしようもなく 気がつくと 彼の胸に飛び込んでいた

これが私達の出会い

出会ってしまった 

これはまぎれもない事実

どうして普通の出会いではなかったのだろう

抱きしめられても 肌を合わせても 不安と罪悪感をぬぐい去ることはできなかった

だから いけないことなのかもね……



「どうしたの 黙ってるけど」


「なんでもない 温かいなぁと思って」



それには答えず 向きを変え 彼の額が コンと 私の額に触れた



「不安だよね」


「うぅん そんなことな……」



あとの言葉は 彼の口によって消された

軽く乗せられた唇は いったん離れ また重なり 深く合わされた

私の不安を吸い取るように 強く 深く…… 

堤防の風は冷たかったが 体は充分に温められ

不安だった気持ちも 少しづつ消えていくような気がした



遠野さんは 奥様との話し合いを根気よく続けた

息子さんの小学校入学後 生活が落ち着いたらという条件で

奥様が 離婚を承知したと聞いたのは 私達が出会って 二度目の夏を迎えた頃だった

嬉しかった これでやっと世間に認められる二人になれた

それは嬉しかったが……

賢吾君のことを考えると 手放しでは喜べなかった

なんの罪もない 小さな彼が犠牲になってしまった

このことは 私の中に しこりとして ずっと残ることになる
 


全国会議が一ヶ月後に迫った秋の日 彼の離婚が正式に成立した

そして 遠野課長が離婚した噂は 瞬く間に局内に広まった

私と彼の間は 何一つとして変わってはいなかった

両親は 依然として話には応じてくれず 私の不安が取り除かれることはなかった

冬の海の抱擁が 今の私の支えだった
 


「遠野課長の別れた奥様 料理研究家でしょう?

最近 マスコミにも登場してたって聞いてたから 忙しすぎて 生活のすれ違いが原因かしらね」



水城さんが 同情の顔で上司の離婚の原因を推測する

私には関係ないという顔で話を聞いていたが 彼の事が 人の口の端に登るのは辛かった



「私の替わりに入る川本さん 気が利いてるわよ 仕事の覚えも早いし 私も安心して産休に入れるわ」



水城さんは 今月末から産休に入る事になっていた

彼女の替わりに臨時に採用された川本さんは 先月臨時職員で採用された女性で 以前は銀行に勤めていたそうだ

歳は私より 少し下だろうか



「ただねぇ ひとつ気になるのが 課長への態度なの

そりゃ課長は独身になったし 何の問題もないけど それにしても彼女 積極的よね」



私もそれは気がついていた

仕事中 彼女の目が遠野さんを追っている

指示を受けながら 不自然なまでに彼に近づく姿が目の端に入っていた

彼女の存在は これから私を悩ませる事になるのだった




関連記事


ランキングに参加しています

1 Comments

K,撫子

K,撫子  

コメント

なでしこちゃん、早朝にUPできて良かったね^^、ご苦労様でした~☆遠野さん、離婚成立おめでとうございます。頑張りましたね^^。これで、いよいよ!…と思いきや…まだまだ不安は続くのですね。朋代ちゃんの両親の許しも必要だし。 …しかし“流転”という題名、恐い…。川本さんのせいで…遠野さん、変な噂立てられる?こら~あんまり近くへ寄るな~!!衛ssiに○たらし~なんて噂が立ったら、ただじゃ置かないわよ!衛&朋代の二人の気持ちは揺るがないと信じてるけどね^^☆


[ eik*ad*12*5 ]

2007/1/21(日) 午前 8:44


顔アイコン

viviちゃん、コラージュの鏡の中…見えるのは彼のお顔? そこから光が~いよいよ朋代ちゃんも彼からの光を受けて、色づけるのね^^☆で、もう一枚~せっかく朋代ちゃんもカラーになれたのに、笑顔じゃないのが切ないね…。まだまだ心配事が続くのか~。それもまた、神様が(というか、なでしこちゃんが)二人に与えた試練なのよね~!!


[ eik*ad*12*5 ]

2007/1/21(日) 午前 8:54


顔アイコン

読み終わっての第一印象、「うまくかわされ纏められてしまった」・・・(-_-;)。うぅ~~、唸ってます~。一番の難題だった子供のことはどうなったのかしら?離婚に至るまでの夫婦の会話も聞きたかったな。離婚はこのお話の中で折り返し点になる最も重要な問題だから、もう少し掘り下げてもらえればよかったかな。私的には後にもやもやが残るじょ(-"-)。なでしこさん、ごめんね。こんな感想で。CSではみんなおめでとうと言っているのに、私はやれやれとしか言えなかった。もう少し考える時間を。また来ます。


[ rik*y*on ]

2007/1/21(日) 午後 3:38


顔アイコン

viviさん、鏡から熱を貰って手がほんのり色づいた? 鏡が受けた光、仲村課長夫婦の心かな。それともう一つ、離婚がもたらした光かな。これは凄く意地の悪い考え方かとは思うんだけど(-_-;)。下のコラージュの黒い服、抱きしめられてもなお残る不安の色か。それとも賢吾君や奥さんに対する申し訳なさと、慎みから着た黒なのか。viviさん、私ね、この黒い服見たとき喪服かと思ったの。ハハ、こんなこと書くの私ぐらいなもんだろうけど。


[ rik*y*on ]

2007/1/21(日) 午後 3:54


顔アイコン

eikoちゃん なんとかUPできました!ありがとう!あっさり離婚して驚いたんじゃない?(~_~;) 離婚したけど問題は山積です。川本さん 台風の目になるのか はたまた 衛に気に入られるのか(笑)”女たらし”(←書いちゃった~(笑))の噂・・・それも面白いわね ^m^ 次回全てが明らかに!!


撫子 s Room

2007/1/21(日) 午後 4:20


顔アイコン

rikoちゃん 私はrikoちゃんみたいな感想がわんさかくるかと思ってたの!ところが・・あれれ??? 離婚の経緯をまったく書かなかったので「どうなってるんですか!」と突っ込まれると思ってたので「真摯に受け止めます」と事前に書いたのです~(~o~) >私的にもやもやが残るじょ・・そりゃそうでしょう わざといきさつを書かなかったんですからぁ!CSにそのままの感想を書いても良かったのよ!もやもや部分は次回わかるはず(だといいな・・・あはは・・・)


撫子 s Room

2007/1/21(日) 午後 4:27


顔アイコン

UPお疲れ様でした。朝一で読んでお出かけし今もう一度読ませてもらいました。えーっという感じと聞いていましたが本当にそうなりましたね~出掛けている間も本当に存在する人物の事のように思え、新たに出現した女性の事を心配してしまいました。二人の恋路の邪魔をしていくのか、二人の間が壊せなくて意地悪をしていくのか、どんな事で悩ませられるの~と私が悩まされてしまった。


[ kyopiyo ]

2007/1/21(日) 午後 6:26


顔アイコン

遠野さんは今更ふらふらはしないよね!しかし世間が華やいでいるお正月に一人過ごした朋代が切なかった。遠野さんがしっかり抱きとめてくれて良かったけど…離婚が成立した(意外にすんなりと)からといって二人の関係をすぐに公にするわけにもいかないだろうし、親の強烈な反対もあるし、朋代の心からの幸せはいつやってくるのでしょうか?まだ先は長いのでひと山もふた山もあるとは思っているものの、なるべく心臓に良い物でお願いします。


[ kyopiyo ]

2007/1/21(日) 午後 6:38


顔アイコン

読み終わってチョット驚きです。奥さんとの離婚がこの創作の終点ではなかったのね?私もrikoさんと同意見です。ここまでに至った奥さんの思いを聞いてみたかったし、遠野さんがどう説得したのかも知りたかった・・・まさか又新たな女性登場とは(^^;)遠野さんが揺れる事は無いと信じたいけど、この女性の存在がきっかけで、朋代ちゃんも奥さんの苦悩と辛さが身に沁みててわかってくるとしたら辛いね。流転というタイトルが気になります。まあd越えなくてはいけない山も多いし、ゴールは遠いのかしら・・・


[ akke ]

2007/1/21(日) 午後 9:21


顔アイコン

viviちゃん、今回の朋代ちゃん綺麗だわ~凄く良い表情してますね。手鏡からこぼれる希望の光?に照らされてるかのように、静かに微笑む朋代ちゃんと、ラストの困惑したような朋代ちゃん・・・一難去って、又一難って感じかしら?(^^;)色に拘るviviちゃんが選んだ黒の服が、今後の困難を予想しているようでチョット怖いなぁ・・・


[ akke ]

2007/1/21(日) 午後 9:29


顔アイコン

何だか簡単に離婚が成立してしまってがっかり。(もっとドロドロになるかと思ってた【笑】)衛さんの奥様は衛さんよりも仕事を選んだで満足だったのかな?こんな母親に賢吾君を任せて衛さんは平気なのかなと余計な心配をしてしまいました。二人にとって離婚は一つ障害を乗り越えたように見えるけど,朋ちゃんは一生罪の意識を背負っていくことになってしまったね。そして新たな障害も見えてきた。川本さんをめぐって一波乱ありそう。衛さんは朋ちゃん一筋だから心配ないけど,朋ちゃんはいつ不安と罪悪感から解放されるんでしょうか?


[ maya ]

2007/1/21(日) 午後 11:26


顔アイコン

衛は妻との離婚を成立させたんですね。彼が根気欲話し合いを続けた結果だと思うけれど、妻に生活力があり、実家も近いことが、幸いしたのでしょう。彼と離婚しても自分の生活は、なんら変わることが無く、ただ婚姻関係が解消されるだけ。それなら破綻した結婚生活に固執する必要も無いと思ったのでしょうか?今回は朋代の語り口だったから、ここら辺のことは全く見えてこないけれど、衛の語り口のときに、妻の言い分も聞いてみたい気がしています。


[ ありす ]

2007/1/22(月) 午前 3:30


顔アイコン

もし妻が専業主婦で、子供の教育のためだけに東京に残ったとしたら、また事態は変わっていたことでしょうね。 朋代は賢吾君に罪悪感を感じているようですね。人を思いやる優しさを持っている朋代だからこそ、深く悩んでいるのだし、そこにとても好感を持ちました。でも必要以上に罪悪感に囚われる必要はないとも思うの。彼女のことが無かったとしても、遅かれ早かれ夫婦関係は破綻して、同じ結果になったと思うから。離婚しても父子関係が無くなったわけではないだろうし(離婚の条件がわからないけれど)。


[ ありす ]

2007/1/22(月) 午前 3:33


顔アイコン

彼の離婚が成立したからと言って、朋代の両親の強硬な反対など、問題はまだまだ山積み。そこに衛にモーションを執拗にかける女性の出現。うぅん、波乱の予感が。。。 これから撫子ちゃんのことは、”波乱含みの撫子”と呼ばせてもらおう。 美しいけれどどこか憂いを含んだ朋代の表情。心からの笑顔を見られるのはいつの日かしら?


[ ありす ]

2007/1/22(月) 午前 3:35


顔アイコン

kyoちゃん >本当に存在する人物の事のように思え・・・まぁ、そこまで二人のことを思ってくださったのね。離婚がすんなり・・・ではなかったと思います。私がその部分を書かなかっただけ(~_~;) ほかに重きを置きたかったので!これからの展開、心臓に良いか!う~ん、なんともそれは約束ができないです(^^ゞ ごめ~ん お父さんが頑固でね・・・新しい女の出現 えへへ 次回よ!


撫子 s Room

2007/1/22(月) 午前 8:35


顔アイコン

akkeちゃん 離婚がお話の終わりだと思ってたのね!ごめんなさいね~まだまだ続くのよ(^^ゞ 離婚しても、まだ結婚できる状況じゃないのでね、朋代パパが一番の大きな山ですから。>女性の存在がきっかけで、朋代ちゃんも奥さんの苦悩と辛さが身に沁みててわかってくる・・・おぉ すごい読み!!なるほどと唸りましたわ(*^^)v


撫子 s Room

2007/1/22(月) 午前 8:38


顔アイコン

mayaちゃん >もっとドロドロになるかと思ってた・・・あはは、期待してた?(笑)遠野妻、意外と物分りのいい人だったみたいね(って、人事みたい 笑)朋代は一生重荷を背負っていきます。そうでなければね・・・次の障害は むふふ・・・次回「えっ?」だと思いますから~(最近こればっかりだわね)


撫子 s Room

2007/1/22(月) 午前 8:43


顔アイコン

ありすちゃん >衛の語り口のときに、妻の言い分も聞いてみたい気がしています・・・了解!衛に伝えておきます(笑) 遠野妻について・・・>結婚生活に固執する必要も無いと思ったのでしょうか・・・ありすちゃん鋭いわ!(*^^)v これについては、後日衛さんに語っていただきましょう!決して悪妻ではなかったと思っています。


撫子 s Room

2007/1/22(月) 午前 8:48


顔アイコン

”波乱含みの撫子”← ありがとう!嬉しいわ(*^^)v 衛に近づく女性、この人の行動があることを引き起こし・・・これ以上は言えないわ(笑)あんなに素敵な衛ですから、独身になってアタックする女性はひとりではないと思うわよ ^m^ 朋ちゃん、心配の種は尽きなくて・・・彼女の笑顔はいつかしら ねぇviviちゃん いつになったら笑うの?


撫子 s Room

2007/1/22(月) 午前 8:53


顔アイコン

こちらではお久しぶりです。私は最初から、ず~~~と遠野さんは分別のある人だと思ってたんですよ。だから彼女の事にだけとらわれず、彼女抜きででも・・・という自分の自分だけの気持ちのためにも離婚したんだと思います。そういう意味でも遠野さんは順序を踏まえて本当に朋代ちゃんのことを大切に思っているんだと感じてます。


[ l住まいと暮らしのライフ設計 ]

2007/1/22(月) 午前 9:31


顔アイコン

しかし、これで易々ゴールと行かないところがなんとも、、、現実っぽい。波乱を巻き起こす彼女の出現で、いくつ波乱が起きるんだろう。ってそれによってまた2人の絆が深まっていく。でしょ?。だって遠野さんだもの~。


[ l住まいと暮らしのライフ設計 ]

2007/1/22(月) 午前 9:31


顔アイコン

私のようなコメントがわんさか来ると網張っていたのね^^。でもみんなは次に現れた彼女の方に目が行 っちゃったようで(笑)。私はもうこの二人の心は揺ぎ無いものと思っているから、どんな人が遠野さん の回りにまとわり付いてこようが大丈夫よ。でもなでしこさん、離婚のほかに重きを置きたかった事って ?朋代ちゃんサイドの事かな。今回のコメントぐらいじゃ、なでしこさんの痩せる思いには程遠いかな (爆)。


[ rik*y*on ]

2007/1/22(月) 午後 2:24


顔アイコン

CSで読んで、仲村ご夫妻がいてよかったわぁ~、支えになっていただけるのねぇ~、さて、これからどんな辛いことが起きるのか!と覚悟していたら、離婚が成立!!へっ!?あっさり!?かなりビックリ!!!冬から秋までの長い時間が一瞬にして経過!?こちらにきて、みなさんのレス読んで、ようやく頭の中が整理できました♪


[ marumin ]

2007/1/22(月) 午後 6:47


顔アイコン

決して一瞬ではなかったであろう日々も↑次回その辺が明らかに!との情報に、ホッと♪衛は誠実な交渉をしたんだろうな~奥さんの対応はどうだったのかな~。新たな女の計略は、徒労に終わるはずだと勝手に推測(笑)あっ、でも波乱の元凶になって朋代ちゃんが苦悩???山はまだまだつづくのね!?(汗)覚悟して待ってます!


[ marumin ]

2007/1/22(月) 午後 6:49


顔アイコン

離婚成立なのに、まだ、続く難題。朋ちゃんパパは、相当、保守的な感じがするからねぇ~、YESと、言ってもらえる日が来るなかな?なんといっても、仲村課長夫妻の存在が、唯一の救いだわ!友人に言えない事も、夕紀さんになら、相談できそうで、ちょっと、ほっとしたわ!


[ ゆにこん ]

2007/1/22(月) 午後 8:52


顔アイコン

なでしこちゃん 遠野さんと朋代ちゃんの描かれていない時間に、心が向いてしまうわ…。同じ職場で、さぞかし気を使いながらの毎日だった事でしょう。だのに、離婚の後にまたひと波乱ですか?私の身が、耐えられるかしら( ̄▽ ̄;)


[ dat*o1*7 ]

2007/1/22(月) 午後 9:18


顔アイコン

離婚が成立し、朋代父との関係に明るい兆候が見えないながらも 穏やかな時間が流れるのかと思いきや、新たな波乱の幕開けに、これから二人はどこへ向かうのか楽しみ…いや、心配で…。私の身も耐えられるのでしょうかε=( ̄。 ̄;)フゥ


yi1*67*p

2007/1/22(月) 午後 10:10


顔アイコン

朋代ちゃん、遠野さんの言葉を信じて 抱きすくめられた腕の強さを信じて 夏を2度見送ったんだね。viviちゃんのコラから 女心と季節の移り変わりを感じるわ。


yi1*67*p

2007/1/22(月) 午後 11:43


顔アイコン

tyatyaさん いらっしゃいませ~ 遠野さんの弁護 ありがとう(嬉しい・・・)>遠野さんは自分だけの気持ちのためにも離婚したんだと思います・・・私もそのつもりで書きました。きっと彼ならそう思うだろうと思って・・・それが「卑怯」ととられても仕方ないですよね。みんな価値観が違うんだもん。>易々とゴールインしないところ・・・現実っぽい?えへへ・・・すんごいほめ言葉だわ ありがとう!!


撫子 s Room

2007/1/23(火) 午後 2:31


顔アイコン

rikoちゃん >離婚のほかに重きを置きたかった事って?・・・これからの中心事項になっているので!!たかーい壁があるのです・・・はぁ~~@@


撫子 s Room

2007/1/23(火) 午後 2:33


顔アイコン

maruちゃん いらっしゃいませ~ やっぱり「なんで~~??」だったよねぇ(えへへ・・)一瞬にして10ヶ月近く季節は飛んでるし あっというまに離婚してるし(笑)悩ませてごめん!>新たな女の計略は、徒労に終わるはずだと勝手に推測・・・面白い推測 ありがとう!それは18話でわかるから!!


撫子 s Room

2007/1/23(火) 午後 2:37


顔アイコン

ゆにこんちゃん 朋代パパ はい 保守的な方です。娘を持つ父親の典型的なタイプと・・・仲村課長夫妻みたいになりたいと思ってます。考え方に弾力性があって 私の中で 理想の夫婦なの。


撫子 s Room

2007/1/23(火) 午後 2:39


顔アイコン

dattoちゃん >私の身が、耐えられるかしら( ̄▽ ̄;)・・・耐えておくれ~~~!二人の書かれていない時間 ひたすら耐えて忍んでだったと思いますわ・・・よくがんばったと褒めてあげてね!


撫子 s Room

2007/1/23(火) 午後 2:42


顔アイコン

ゆみちゃん 遠野さんの力強い抱擁があったから朋代は頑張れたの!か弱い男じゃ無理ね(笑)>これから二人はどこへ向かうのか楽しみ…いや、心配で・・・あはは ゆみちゃんにはしっかり見届けてもらうからね!耐えて頂戴!!


撫子 s Room

2007/1/23(火) 午後 2:44

2019/12/14 (Sat) 16:39 | 編集 | 返信 |   

Post a comment