【風花】 20 ― 融和 ― 



 朋代から電話が来たのは 夜9時を少し過ぎた頃だった

離婚してから東京へ出張の際は 姉のところに泊めてもらっていた

そのとき賢吾も一緒のことが多かった

昨日から一緒にここに泊まっていて つい今しがた眠ったばかりだった



「うん わかったよ……もう泣かないで……

明日の夕方にはそっちに着くから……そうしてもらえると助かるよ」



私の電話を 姉が心配そうに聞いていた



「どうしたの 心配なことがおこったの?」


「いや そうじゃないんだ 彼女のお父さんが会いたいと言ってくださったそうなんだ」


「本当なの? 良かったわぁ……衛 よく頑張ったわね」



込み上げるものがあり 姉を凝視することができなかった



「ありがとう でもこれからだよ とにかく話を聞いていただかないことには」



二歳年上の姉は 離婚するときも 何かと面倒を見てくれた

温厚な義兄にもずいぶん世話になった



「あちらのご両親も きっとわかってくださるわよ

私たちにも朋代さんを会わせてね 今度は一緒に上京してらっしゃい」


「うん そうするよ 姉さん ありがとう」



翌日 午後の飛行機で帰ると朋代には知らせておいた

空港に迎えに来てくれた彼女の顔は いつになく晴れやかだった



「父がやっと話を聞いてくれるって」



仲村さんの話に心を動かされたようだと 少しかすれた声でいきさつを話してくれた



「ご両親のところには 今週末お伺いしよう」


「えぇ……実家に連絡しておくわ 賢吾君 元気にしてた?」



朋代は いつも賢吾の様子を聞きてくる

会ったこともない息子への そんな気遣いが嬉しかった



「食事の用意をしてきたのよ このまま私の部屋に行く?」


「部屋に荷物を置いてくる 僕のマンションの前で下ろしてくれないか すぐに行くよ」  



部屋に荷物を置き 歩いて朋代のマンションに向かった

彼女の部屋に入ろうとしたときだった



「遠野課長」



振り向くと 川本さんが立っていた



「ここ 桐原さんのお部屋ですよね どうして彼女の部屋に課長が来るんですか」


「用があるから寄ったんだ」


「そんなに桐原さんに用があるんですか? 私 何度かこの近くで課長を見かけました 

今日だって休みなのに……」


「君に 理由を言う必要があるのかな」


「あります! 課長は以前 私に公私の区別をつけたいとおしゃいました 彼女は別ですか」



そのとき ドアが開き朋代が顔を出した



「衛さん どうしたの 声が聞こえ……」



川本さんを認めた朋代の顔が強張っていく



「桐原さん 課長と親しくしていらっしゃるようですね 名前で呼ぶなんて 説明してください」



私は 二人の間に入って川本さんの方を向いた



「川本さん おそらく君が思っている通りだよ」


「思っている通りって……桐原さんと付き合っているんですか?

あんまりです……今までそんなそぶりも見せなくて……私の気持ちも知ってるのに

それならそうと どうして言ってくださらなかったんですか」


「局内では それぞれ立場もある 決まったら言うつもりだった それだけだ」


「決まったらって……」


「彼女とは いずれ結婚する」



川本さんの表情が一変した



「まさか 課長が離婚したのは桐原さんが原因じゃぁ……」


「いい加減なことを言わないでくれ!」



自分でも驚くほど大きな声だった

彼女は こぶしを握り締めうつむいていたが 一礼して向きを変えると 足早に走り去った

  

「彼女 衛さんの後を付けてきたのかしら」


「そうだろうね この近くで何度か僕を見かけたと言っていたから 確かめたかったんだろう」


「川本さん みんなに言うかしら」


「それはわからないが……もういいじゃないか みんなに知られても僕は構わないよ」



青ざめた朋代を 抱えるようにして部屋に入った

こうやって 少しずつ人の目に触れていくのだろう



「でも 川本さんが言ってしまったら 困るのは衛さんよ」



不安げな彼女は 私の腕の中で まだ心配顔だった



「困ることなんかないよ 堂々としてればいい 説明する手間も省けるじゃないか」


「本当にそう思ってる?」


「うぅん 半分だけ思ってる……」



冗談混じりの答えに 朋代が笑い出してしまった



「ふふ……半分だけって 衛さんったら……そうね ここで心配してもどうにもならないわね 

さぁ食事にしましょう おなかすいたでしょう すぐに準備するわ」



朋代は 自ら私の手をほどき キッチンへと向かった

川本さんの行動が気にならないわけではなかったが いずれ周囲にわかってしまうこと

早くけじめをつけなければと あらためて思った

久しぶりの二人だけの食事 話すことはいくらでもあった

朋代から聞くご両親の思い 特にお母さんの一貫した態度に母親の強さを見た気がした



「仲村課長 父にどんなことを話してくださったのかしら」


それは私も気になっていた

お礼も言わなければと 仲村さんに電話をした



「礼を言われるほどのことはしてないよ」



電話の向こうで 仲村さんが照れくさそうな声



「自分たちがしてもらったことを ようやく返せるときが来たと思っただけだよ」


「どういう意味ですか?」


「夕紀と結婚するとき 彼女のお母さんが最後まで反対していてね

婚約を破棄してまで他の人と結婚させるなんてと いろんな人に言われたらしいんだ

娘は幸せになって欲しい けれど世間がどう思うかで相当悩んだと ずいぶんあとになって教えてもらった」


「夕紀さんのお母さんは納得されたんですか?」


「うん ある人の言葉で納得したらしい

娘さんが好きな人に嫁ぐのが一番いいことじゃないかって 婚約解消の手順も踏んで

何の不都合もないのに こだわる必要はないだろうと そう言ってくださる人がいたそうなんだ

第三者の意見は 時に重いからね」


「だから彼女のお父さんに話をしてくださったんですか……」


「大層なことはしてないよ 遠野君は真面目で 融通の利かない男だと話しただけだ」


「仲村さん……」


「桐原さんのお父さんに 誰かが この男は大丈夫ですよと 伝えるときだと思ったんだ」


「ありがとうございました」


「礼なんていいよ まだ許しをもらってないんだろう?

君の場合 僕らより条件が厳しいからね でも いつかは道が開けるよ」



仲村さんの後押しが 朋代のお父さんの心を動かしたのは確かだった

たくさんの人に支えられている 人のつながりのありがたさが身にしみた夜だった


川本さんが噂を広めるのではないかと心配されたが そんな気配は感じられなかった

私への接し方は 以前に比べると ややぎこちなかったが

彼女の朋代への視線や態度は 明らかに冷たいものになっていた

そんな川本さんの態度に 朋代は無関心を装うことでやりすごしていた


週末 二人で朋代の実家に向かった

彼女のお父さんは 約束どおり待っていてくださった 

私と二人だけで話がしたいと言われた



「今まで君の話を聞こうともしなかった 私も意地を張りすぎていた それについては謝る」



いきなり頭を下げられ恐縮したが そのあと お父さんの厳しい声が続いた



「君と娘のことは 親としてどうしても納得いかないことなんだ これだけは伝えておく

だが 反対するだけでは何の解決にはならない それもわかっている

今日は君の言いたいこと 私が聞きたいことを話せたらと思うのだが……」



「わかりました」



朋代のお父さんは あらかじめ聞きたい事をメモしていたようで いろんなことを無駄なく私に聞いてきた

離婚の経緯と条件 子供の養育について 親権問題 私の両親の意向

今後の仕事への取り組みなど 多岐にわたり質問された

私の答えに ひとつひとつ頷き 時折質問しながら 丁寧に対応してくださった

朋代のお父さんと一緒に仕事をしていた 牧野補佐から聞いたことがあった



「桐原さんは 実直な人柄でね 仕事にも自分にも厳しい人だった

表面は穏やかそうにしているが 相当忍耐強いんだろう

部下が不始末をおこしても 決して怒りを表すことはなかったよ」



その通りだと思った

私の話に耳を傾ける その姿勢に 実直な人柄が表れていた



「君のことはわかった 最後にひとつ……来年度の予定はどうなっている そろそろ転勤の話もでていると思うが」


「はい 転勤になる可能性もありましたので あと一年 こちらにいるように希望を出したところです」



お父さんは 腕組みをしてじっと聞いていたが 決心したように顔をあげた



「遠野君 来年度は転勤して欲しい ここを離れた方がいいだろう」



お父さんの言葉に驚いたが その後に続いた話に 

父親とは こんなにも娘のことを考えるのかと胸が熱くなった 



「同じ局内にいて 職員同士が結婚するとなれば 何かと不便なこともおこってくるだろうし

余計な詮索もされかねない

それよりも 転勤と同時に籍を入れれば 赴任先で手続きもスムーズにいくんじゃないか」


「あの……許していただけるのですか」


「もう私たちに反対する理由はないよ 君の話を聞いて私も腹を決めた 

そうなれば 少しでも娘に負担がかからないようにしてやりたいと思ってね」



このとき お父さんの笑みを初めて見た

はにかんだ顔が 娘の行く末を案じながら 手放す準備をしている父親の顔に見えて

このときの顔は 一生忘れられないだろうと思った



「ありがとうございます」


「遠野君 礼はまだ早いよ 君の希望を取り下げてもらい 新たに赴任先が決まってからだ 

このことは まだ朋代には言わないで欲しい 人事に関して一般職員が知っているとなれば困るからね」



立ち上がり頭を下げた

私への配慮や気遣いがありがたく しばらく声を発することが出来なかった



「私の方もできるだけ手を尽くすつもりだが 現場を離れて久しい

今の私に どれほどの力があるか あてにはならないがね

牧野君にも相談にのってもらった方がいいだろう 局長にも話を通しておくよ」



その後 朋代とお母さんを呼び いきなりこう告げた 

 

「朋代 遠野君のご両親が年末に帰国されるそうだ 一緒に上京して ご挨拶をしてきなさい

ご両親の許可を頂かないうちに お父さんたちがどうこう言うわけにはいかない

話はそれからだ」



お母さんの安心した顔

朋代の信じられないという顔

朋代の顔が みるみる泣き顔になり その場に座り込んでしまった

お母さんが 朋代を抱きかかえながら とつとつと話し出した



「そこの写真の ゆうすげの花を見て 朋代が自分みたいだって言うんです

夕方から夜にかけて咲いて 朝しぼむ花だそうです

それを聞いたとき 母親としてなんにもしてやれない自分が情けなくて……」



お母さんの手が 朋代の背中を優しく撫でていた



「この子は 小さい頃から手のかからない子だったんですよ

勉強だって言われなくてもちゃんとやるし 親との約束も守る

長男にはそれなりに手を焼きましたが 朋代に関して心配したことはなかったのに

最後の最後に 親に心配をかけて……これで帳尻があったのかもしれませんね……」



その言葉に 朋代が声をあげて泣き出した

お父さんとの約束どおり 私の転勤に関して 朋代には一切伝えなかった

まずは 私の両親に会ってからと それだけ聞いて彼女は一応納得したが まだ すべてが解決したとは思っていないようだった



御用納めを済ませた 暮れの29日

私は朋代を伴って東京の姉の家に向かった

もともと両親の住まいだったのを 日本を離れるとき姉夫婦が譲り受けた家だった

一年に一度は帰国する両親は 昨日帰ってきたらしく 私達を待っていた

両親や姉夫婦に 私達の結婚を反対する理由など どこにもなく

緊張していた朋代の様子も すぐにほぐれてきた

二日間をここで過ごし 正月も一緒にと両親が勧めたが 朋代は大晦日に帰っていった



「去年は家を飛び出して 両親に寂しい思いをさせてしまったから 今年は一緒に過ごそうと思って……・」



空港に送る車に中で語られた 朋代の両親への想いだった

ようやく先が見えてきた私達の将来

辛い年明けから始まった長い一年が ようやく暮れようとしていた



関連記事


ランキングに参加しています

2 Comments

K,撫子

K,撫子  

コメント

お花と太陽に囲まれて幸せそうな二人…私も幸せ気分です。お父さんも最初は職場まで押しかけてどうなのよ!と思ったものの、今は娘の事をここまで想ってくれる人はなかなかいないわ~と私の気持ちも180度変わりました。職場の事も良く解っているので強い味方になってくれそうです。





決定閉じる


[ kyopiyo ]

2007/2/25(日) 午前 0:40


顔アイコン

しかし気掛かりなのは川本さん…ちょっとストーカーみたいで怖かったです。いらぬ噂を立てなければいいな~。遠野一家といい、仲村課長といい、二人の応援団が増えて心強いですが、お父さんが再婚する賢吾君の気持ちが心配です。次回も楽しみにしています。





決定閉じる


[ kyopiyo ]

2007/2/25(日) 午前 0:45


顔アイコン

ようやく朋代のお父さんからの許しがでて良かったです。朋代のお母さんの言葉にこみ上げるものが・・・・私も娘に主人に対してこういう母であり妻でありたい思います。いつも楽しみ読ませて頂いております。今日もありがとうございました。





決定閉じる


[ kazu1121 ]

2007/2/25(日) 午前 0:47


顔アイコン

おはよう♪夜中にここを覗いて安心してお眠りしました。朝から心穏やかで幸せな気分です。ただただ娘の幸せだけを考える親とはなんとありがたいものでしょうか?地方にいる両親の顔を見てこようかなぁ~とそんな気分です。





決定閉じる


[ hitomihito ]

2007/2/25(日) 午前 11:18


顔アイコン

お父さん、立派な人だわ。自分の納得いくまで話を聞き、腹をくくれば少しでも二人のためにと助言を し、それもこれも全て娘を思う親の愛情なのよね。お母さんの言葉は胸にグッと来て涙がこぼれました 。さあ、これで話が大きく進展してハッピーエンド、と思いきや、後5話? なでしこさん、まだ何か 問題あるんですか?…( ̄▽ ̄;)


[ rik*y*on ]

2007/2/25(日) 午後 2:46


顔アイコン

kyoちゃん > 私の気持ちも180度変わりました・・・ありがとう!職場事情に精通しているお父さん これから一番の理解者になるでしょう!川本さん・・・あまり心配はしなくても・・・賢吾君 彼については、また後の回でね!


撫子 s Room

2007/2/25(日) 午後 4:48


顔アイコン

kazu1121さん ありがとうございます。 >朋代のお母さんの言葉にこみ上げるものが・・・母の思いはまた格別ですね。こうして感想を書いてくださると、とても励みになります!他の記事でもおしゃべりをしていってくださいね!(私のつぶやきや愚痴が多いですが 笑)


撫子 s Room

2007/2/25(日) 午後 4:51


顔アイコン

hitonちゃん 夜中に読んで安心したのね。それは良かった・・・いい夢が見られたかしら。私も、書きながら、しきりに両親のことを思い出しちゃって・・・里心がついちゃった・・・ご両親のところに遊びに行ってくださいね!


撫子 s Room

2007/2/25(日) 午後 4:52


顔アイコン

rikoちゃん >ハッピーエンド、と思いきや、後5話? なでしこさん、まだ何か 問題あるんですか?…( ̄▽ ̄;) ・・・鋭い!問題ありか!そうねぇ・・・いろいろね・・・(これじゃわからないわね 笑)


撫子 s Room

2007/2/25(日) 午後 5:12


顔アイコン

本当になでしこちゃんの書くお話は、家族愛に溢れてる!きっとなでしこちゃんのご両親も素敵な方なのね(^^)明るい兆しが見えてきて嬉しいと思ったら・・・やっぱりまだ何かあるのね・・・まあ、最終回までまだ間があるしね。心を落ち着かせて付いて行きますわ(^m^)朋ちゃん、遠野さん、本当に良かったね♪





決定閉じる


[ akke ]

2007/2/25(日) 午後 8:17


顔アイコン

朋ちゃんのお父さんがやっと許してくれ嬉しくて何度も読み返しました。また陰で支えていたお母さんにも涙が出ました。これでお父さんは衛さんや朋ちゃんの為に一肌脱ぐんでしょうね。娘を想う父親の愛の深さに感動しました。でもまだ全てをクリアしたわけではないんですよね。今度はどんな難題が待ってるんでしょう?





決定閉じる


[ maya ]

2007/2/25(日) 午後 8:21


顔アイコン

川本さん、今回ちょっと辛かったよね。あんな風に衛さんに言われて・・・。川本さんの立場になってみれば きちんと断ってくれていたら淡い期待を持たずにすんだのにね。まぁ衛さんと朋ちゃんの応援をしてる身になれば あれだけ強い言葉で川本さんを追い返せばスッキリもするけど。(←いったいどちの味方だ?)





決定閉じる


[ maya ]

2007/2/25(日) 午後 8:26


顔アイコン

とりあえず一件落着!!・・じゃないのお??いけずな、なでしこちゃんの事だからねえ何が起こるかわからんわ(笑)川本嬢の沈黙も不気味だし、遠野さんの転勤やらまだまだ気が抜けないわ!!まさか・・遠野さんが事故にあって記憶喪失になるとか、実は朋ちゃんと兄妹だったとか!! (笑)残り数話・・正座してお待ちしておりますぞ^m^


ハナ

2007/2/26(月) 午前 8:06


顔アイコン

ポーカーフェイスの朋代ちゃんが泣くなんて・・・お父さんの壁をようやくクリアできたのね~うるうる。と思って浸ってたところにハナちゃんのレス!プッ!爆笑してしまった(汗)めでたし、めでたしで終わらない!?オモオモ、まだ気を抜いてはいけないのね!?心の準備しておきます!





決定閉じる


[ marumin ]

2007/2/26(月) 午後 9:23


顔アイコン

akkeちゃん >やっぱりまだ何かあるのね・・・まあ、最終回までまだ間があるしね・・・ごめん私「イケズのなでしこ」だから・・(笑)最後までついてきてくれるの?ありがとー!とにかく今回は私もホッとしたわ。朋ちゃんパパ、懐が深い人なのよね。私の両親?あはは・・・普通でちょっと変わってるかも(どっちだ?)


撫子 s Room

2007/2/27(火) 午前 10:01


顔アイコン

mayaちゃん 何度も読み返してくださったとか、うぅ・・・感激です。>今度はどんな難題が待ってるんでしょう?・・・いや、難題ではないんだけど、ちょっと解決しておきたいことがあって(なんだろね えへへ)川本さんを可哀想と思ってくださる優しさがmayaちゃんなのね。彼女は純粋に課長が好きだったんだろうなぁ・・・私が川本さんだったらどうしたかなと思いながら書いたの。


撫子 s Room

2007/2/27(火) 午前 10:05


顔アイコン

ハナちゃん いつもながら楽しい予想をありがとう!事故で記憶喪失?遠野さんと朋ちゃんが兄妹だった?・・ほっほーその線もあったか!(笑)これを書くと、あと数話で終わらないかも、書き足すか!(がはは・・)正座して待つとは、そんなぁ~寝転がって読んでちょうだいな。


撫子 s Room

2007/2/27(火) 午前 10:10


顔アイコン

maruちゃん >ポーカーフェイスの朋代ちゃんが泣くなんて・・・そうなの、彼女、いつも冷静で感情をあらわにしない女性だったけど、さすがにねぇ。今後は、今までみたいな辛い展開にはならないつもり つもり・・・私は「イケズのなでしこ」(笑)


撫子 s Room

2007/2/27(火) 午前 10:12

2019/12/14 (Sat) 16:43 | 編集 | 返信 |   
K,撫子

K,撫子  

コメント

仲村課長、うぅ~~、ありがとう~。第三者の意見と一言でいうけれど、その一言が、お父さんの気持 ちの整理にどんなに大きな後押しとなった事か。この厳しいお父さんが「いい上司」と認めた人。そん な人に二人は支えられて本当に幸せだわ。いつか、「自分たちがしてもらったことを ようやく 返せるときが来た」と今度は二人が思う時がきっと来ると思うわ^^。


[ rik*y*on ]

2007/2/25(日) 午後 2:44


顔アイコン

rikoちゃん 仲村課長 まだ若いのに気が利く人なんです(30歳代後半)理想の上司だわ・・遠野さんも、いつか誰かにお返しができるといいな・・・


撫子 s Room

2007/2/25(日) 午後 4:46

2019/12/14 (Sat) 16:43 | 編集 | 返信 |   

Post a comment