【風花】 23 ― 慈愛 ― 



 空港に降り立つと 冷気が全身を包み 南半球に来たことを肌で知った

メルボルンから飛行機を乗り継いで タスマニアのホバートに着いたのは 日本を発った翌日の昼過ぎだった

旅行が決まってから抱えていた さまざまな思い 

それも今は 蓮見さんご夫妻にお会いした感動で薄らいでいた



「高校時代から仲がよくて 性格も違うのに よく一緒にいたのよ」



蓮見さんの奥様 志津子さんが 久しぶりの再会を喜ぶ男性二人を見ながら教えてくれた

蓮見さんは オーストラリアに赴任して二年目

旅行が好きで 休暇のたびにオーストラリア国内を旅行しているそうだ

蓮見さんご夫婦の三歳になる男の子 祐樹くんも一緒だった



「コイツとは入学当初から妙に馬が合って 今まで腐れ縁ですよ」


「おい蓮見 腐れ縁はないだろう わざわざ日本から会いに来たのに」


「よく言うよな そっちは新婚旅行だろう 美人の奥さんを見せびらかしに来たんじゃないか」



蓮見さんと衛さんの会話は遠慮がなく 彼のこんなくだけた様子も初めて目にした

二人の間には 気の置けない者同士にだけ漂う空気が流れている



「メルボルンに行ったら二人で楽しんでください 現地のツアーも申し込んでおきましたから

それまでは申し訳ありませんが 僕らと一緒の旅になりますので」



個人旅行でもあり土地に不案内な私たちには ありがたい申し出だった

タスマニアの三日間は 国立公園など自然を中心にしたコースが組まれていた

一年中安定した気候だといわれるだけあって

思ったほど寒さを感じることもなく 天気にも恵まれ楽しい時をすごしていた

日本を発つ前 旅行プランとともに もたらされたひとつの提案



「蓮見たちの提案なんだけど……向こうで結婚式を挙げないかと言ってきた 朋代はどう思う」



とっさに答えに困った

自分が結婚式をするんて思いもよらないことだった 

好きな人と結婚できた それだけで充分だったから



「落ち着いたら 写真だけでも残しておいたら?

お父さんもお母さんも 本当は朋ちゃんの花嫁姿を見たいと思っていたはずよ」



和音さんに言われたことがあった

あれは 結婚が決まり 荷物の整理をしていたときだった



「朋代の結婚資金にしようと思っていたものだから……持っていきなさい」



まとまった額の入った通帳を母から手渡された

あわただしく決まった結婚ではあったが 両親が私たちに式を挙げなさいと言わなかったは それなりの理由があったのだと思っている

蓮見さんのお気持ちはありがたかったが 私たちに晴れがましいことは必要ないという思いの方が強かった

衛さんに 自分の正直な気持ちを話すと



「わかった 僕もどう返事をしていいものか困ってたんだ 彼らの気持ちもありがたいしね」



蓮見さんには 一度断りの返事をしたものの 

”こっちに来てからもう一度考えて欲しい” と返信が来ていたのだった


なんにでも興味を持つ年頃なのか 祐樹君はよく走り回る

ご両親を困らせる場面も多く見られたが 不思議と衛さんの言うことは素直に聞いていた

気がつくと彼と手をつないで歩いている 時には背負ったり肩車をしたり 

そうした様子に 衛さんの父親の部分が見えてくる

衛さんは祐樹君の向こうに 賢吾君を見ているのではないのかとも……

彼が子供と接する姿を目にするたびに 心の奥のしこりが疼いた

けれど その思いは私が一生背負っていかなければいけないものだと思っている

タスマニア二日目の夜は 祐樹君をベビーシッターに預け 大人だけの食事になった



「明日メルボルンに着いたら さっそく午後からのツアーに参加してください

明後日はフリーコースですよ どうぞ二人仲良くどこへでも!」


「明日の午後から別行動だって言ってたな」


「メルボルン市内に友人がいるんだ 一泊してくる 朋代さんを頼むぞ 

お前だけが頼りなんだから ずっと手でもつないでろ」


「そうさせてもらうよ」



そのやり取りに 志津子さんが目を丸くした



「まぁ 遠野君 そんな冗談を言えるようになったのね 驚いた!」


「まったくだよ こんなに惚気るヤツだとは思わなかったね」



蓮見夫妻にからかわれても 衛さんは平気な顔をしていたが

それも照れ隠しなのか いつもよりグラスを口に運ぶピッチが早い



「朋代さん こいつ英語は得意だから安心してください

高校のときなんて たいして勉強もしないのに成績はいいし まったく嫌味なヤツですよ

防大にも合格してたんですよ 一緒に空自に行こうって誘ったのになぁ」



”えぇっ! 自衛官になるつもりだったの?” と驚く私の顔に 

衛さんが ”まさか” と手を振って否定する



「通ったのは一次試験だけだよ ほかの大学より早く試験があるから力試しに受けただけで

自衛官になるつもりはなかったから 二次試験は受けなかった」



普段見たことのない顔 初めて聞く話 彼のいろんな顔が見えてくる



「遠野はパイロット向きだと思ったんだがなぁ 昔から ここぞってとき冷静な判断をしてたもんな」


「はは……そんなことはないさ 蓮見は やっぱりナビゲーターだな 今度だって見事な旅行プランだよ」


「ナビゲーターって どんなことをされるんですか?」



蓮見さんが ”それでは ご説明いたします” と 真面目に礼をして話し出す 

そのしぐさが可笑しく みんなの笑いを誘う



「パイロットが冷静に判断できるように 常に気を配るのが僕らの仕事なんです 

後部座席でパイロットに指示を出すのが僕らですからね 

飛行計画を綿密に立てて 狂いのないように飛行機を飛ばす 

気配り第一なんです 旅行プランなんて楽なもんですよ」



気配りに秀でた蓮見さんと 判断力に長けた衛さん だからこそ上手く付き合ってこられたのだろう
 
志津子さんも交えて 高校時代の思い出話が交わされる

蓮見夫妻の様子から 高校時代からのお付き合いかと思ったが……



「コイツとは 卒業後会うこともなく連絡さえしなかったのに 同窓会でバッタリ それからです」


「お互い 当分結婚はしないと決めたところだったの それがねぇ うふふ……

人生 何が起こるかわからないものね」



蓮見さんと志津子さんが 顔を見合わせて肩をすぼめた



「お互い昔を知ってるし 気が楽で付き合っているうちに子供が出来て それなら結婚するかって」


「結婚してからわかったんだけど 戦闘機乗りの手当てってすごいのよ でもそれは危険手当なの

いつも事故と隣り合わせにいるから 事故は 即 死に繋がるでしょう 待ってる方も覚悟がいるのよ」


「へぇ~そうなんだ! 志津子さん 毎日覚悟して俺の帰りを待ってたのか 知らなかったよ」



蓮見さんがおどけると ”そうよ 知らなかったの?” と 志津子さんが大げさに返す

志津子さんは おおらかで包み込むような雰囲気の方だった 

そのおおらかさが 蓮見さんの重い任務を支えているのだろう

”待ってるほうも覚悟がいるのよ” これは志津子さんの正直な気持ち 

夫婦の何気ない会話で 張り詰めた日常を超えている様子が伝わってくる



「君らは そうやって言い合えるから上手くいってるんだな・」


「何だよ お前こそ 朋代さんといると良い顔してるぞ 遠野のそんな顔 初めて見たよ」


「私もそう思うわ 遠野君って昔からそうだけど あまり感情を出さないのに

朋代さんといると いままで見たことのない表情をするわよ いい方にめぐり合ったわね」



衛さんの満更でもなさそうな顔に 志津子さんが

”ほら その顔よ もぉ 妬けるわねぇ” とまたからかう

衛さんにとって 私との結婚が本当に良かったのだろうかと 心のどこかに感じていた私は

蓮見さんご夫婦の言葉が とても嬉しかった



「そんな貴方たちだから ちゃんと式を挙げて欲しいのよ」


「前にも言ったが 晴れがましいことは僕らは望んでないよ」


「ねぇ 二人とも 結婚式を華やかなものだって勘違いしてない?そういう私たちも 同じだったけどね」



志津子さんの言葉に 怪訝そうな顔をしていると 蓮見さんがあとの言葉を繋いだ



「僕らも入籍だけの結婚だったんですよ それも子供ができて あわてて入籍したんですから」


「言われてみれば 蓮見の結婚式に出席した記憶がないな」


「そりゃそうだろう 呼んでないから出席してないはずさ」



蓮見さんは冗談で返したあと 真顔になった



「こっちに赴任して間もなくだったか メルボルンの友人を訪ねたんだ

そのとき紹介された牧師さんの話に感銘を受けて……思わず

”式を挙げさせてください” って頼んだんだよ」


「あの時は私もビックリしたわよ だっていきなりだったし 次の日結婚式よ

衣装も何にもなくて 普段着でベールだけ貸してもらって

でも良かったと思ってるの 結婚式ってこういうものだなぁって 本当にいいものだって」


「どんなお話だったんですか?」



それはいろいろね……と志津子さんが少し話をしてくれたが まずは牧師様の話を聞いてみたらと勧められた



「その牧師様 お子さんが7人もいらっしゃるのよ 4人が自分のお子さんで あとは養子なの

私たちにも子供をどんどん育てなさいっておっしゃったけど 祐樹一人に手を焼いてるわ

朋代さんも今にわかるわよ 子育てって楽しいけれど体力勝負 早く生んだ方がいいわよ」


「そうみたいですね でも 私 それは……」


「それはって どういうことかしら?朋代さん 子供が好きじゃないの?」


「いえ そんなことありません だけど いろんなことを考えると子供を欲しいと思えなくなってきて……」



衛さんの顔色が変わった

彼だけではない 蓮見さんも志津子さんも言葉を失い 驚きの顔が私を見つめている

自分で言ってから とんでもないことを口にしたと後悔が襲ってきた

気まずさだけが この空間を占めていた



「朋代さんがそんな思いをしてるなんて……

遠野君 今までこんな話をしたことはなかったの?ダメじゃない!

彼女の話をちゃんと聞いてあげて!」 


「俺も志津子と同じ意見だ 二人で話し合う必要がありそうだな」


「すまないが 先に部屋に戻るよ」



衛さんは それだけ言うと私を抱き抱えるようにして 椅子から立たせた

レストランから部屋への道のり 無言の時が過ぎる

私の手をギュッと握って 顔は前を向いたままだったが

衛さんの私への強い思いが手から伝わってくる

部屋に入ると 窓際に置かれた椅子に座るよう勧められた



「朋代がそんなことを考えていたなんて 僕は君のどこを見ていたんだろうね

子供を欲しいと思えなくなってきたって……わけを話をしてくれないか」



搾り出すような声

くぐもった声は 自分をも責めているように苦しそうだった



「私の勝手な思いかもしれないけれど……」



どこまで自分の気持ちを話せるだろうか これ以上誰も傷つけたくなかった 

両親に 兄弟に 彼の家族だった人たちに……辛い思いをさせて成り立った結婚だったのだから



「もし 私たちに子供が生まれたら 賢吾君がどう思うか それが一番気になったの

自分にだけ向けられていた愛情が他に向いてしまったら 寂しいし辛いんじゃないかと思って……」


「そんなこと 生まれてみなきゃわからないよ 賢吾がそう思うかどうか そんなの……わからないことだ」



衛さんの顔が苦渋の色に満ちている



「私たちの結婚は 結果的に賢吾君に辛い思いをさせてしまったわ 

そのうえ自分だけのお父さんだと思ってたのに そうじゃないと知ったとき 自分の境遇を悲しむんじゃないかって

そんな賢吾君を見て 衛さんだって苦しむんじゃないかって

だけど 私たちに子供が生まれなければ 誰も悲しい思いも 辛い思いもしなくていいでしょう」



深いため息が聞こえてきた

口元に当てられた手 それは衛さんが考え事をするときの仕草だった



「そんなことを考えてたのか……僕らに子供ができたら その子も賢吾も同じように可愛いと思うはずだ 

自分の子供は分け隔てできないよ」


「……私の独りよがりだったのね……」


「そうじゃない そう思わせてしまった僕にも責任がある 賢吾のことに責任を感じていたなんて」


「私 賢吾君のこともあるけれど 自分もこれ以上傷つきたくなかったの もう辛い思いをするのは嫌だから」



やるせない顔をしたあと 衛さんの腕に引き寄せられ 胸に顔を埋める形になった

彼の腕が 息苦しいくらい私を抱きしめている



「蓮見たちにからかわれて平然としていたけれど あれは本当だよ

僕は朋代の前では自分を抑えたり偽ったり そんなことをしない する必要もない 朋代といると穏やかに過ごせるんだ 

僕は一度失敗している もう同じ失敗はしたくないよ

一人で抱え込まないで 自分だけで決めないで 話をして欲しい 頼むから……」



最後は 苦しげな声だった

一気にそう言うと ひと息ついて言葉を続けた



「賢吾のことは 僕らで出来ることをすればいいと思っている どうかな」


「うん……」



私といると穏やかに過ごせると

同じ失敗はしたくないと

その言葉に こだわっていた何かが すっと溶けるような気がした

嬉しいのか そうでないのか さまざまな気持ちが入り混じる

自分も傷つきたくなかった

賢吾君の気持ちもあるが 自分の子供を持たなければ 苦労もない 苦悩もない

けれど それは自分自身の保身のための 私の言い訳だったのかもしれない

この人の胸で泣いたのは何度目だろう

その度に 慰められ 癒され いろんなことを解決してきた

どれくらい 抱きしめられていたのだろうか

涙とともに さまざまな思いが浄化されていく



「落ち着いた?」


「うん……だけど もう少し時間が欲しいの・」


「ゆっくり考えるといいよ お互い納得するまで話をしよう 

それと 子供のこと もう一度考え直してもらえないかな」
  

「わかったわ 私も自分だけで考え込まないようにするわね」



ほどかれた手が 私の涙をふき取った



「明日 あさっては二人だけだね ガイドもいないから心配だなぁ」


「あら 頼りにしてるのに」



彼が いつものように微笑んだ

ベッドに横になると 衛さんは後ろからゆったりと抱きしめた

まるで繭をくるむように……

ぴたりと添わせた体は 私を守っているよう

さまざまな思いがよぎり なかなか寝付けなかったが

彼に包まれるように抱かれ いつしか眠りに落ちていた

翌朝 早い出発だと言われていたためか 目覚ましより早く目が覚めた

目の前に端正な顔があった

メガネをはずすと優しい顔だと知ったのは いつだったか

目を閉じると 目尻が上がるのだと気がついたのは いつのことだっただろう

仕事のときの厳しい顔からは想像もできない 少年のような寝顔

私だけが知っているのだと思うと 嬉しくて思わず ふふっ と声が出た



「う……ん おはよう もうそんな時間?」


「まだ大丈夫よ 寝過ごしちゃいけないと思ったら早く目が覚めたの」


「僕の顔を見て笑っただろう」


「笑ったんじゃなくて嬉しくなったの 私だけがこの寝顔を知ってるんだなぁって」


「それはお互い様だよ 今朝はいい顔をしてるね 朋代が元気になって良かった」


「ぐっすり眠ったから……今日も良いお天気よ さぁ起きましょうか」



ベッドから抜け出そうとして腕を引き戻された

重ねられた唇が物語る

安心してついて来て欲しいと言っているようでもあり

どんなこともがあっても守るからと言っているようでもあった

身をゆだねる心地よさに 朝の時間を忘れそうだった

 


関連記事


ランキングに参加しています

2 Comments

K,撫子

K,撫子  

コメント


顔アイコン

朋ちゃんの最初の憂い顔を見たときは心配しましたが、さすが衛さん!最後は笑顔に戻してくれました。離婚の原因になった事を二度と繰り返さないで、お互いの思いを話し合っていく二人は良い夫婦になるでしょうね。蓮見夫妻からの話で、どれだけ衛さんが幸せそうなのか聞けて朋ちゃんも嬉しいわよね。





決定閉じる


[ kyopiyo ]

2007/3/25(日) 午前 1:00


顔アイコン

次回最終回、どんなお話になるのか楽しみです。思いっきり甘く幸せなふたりにしてくれると嬉しいです。





決定閉じる


[ kyopiyo ]

2007/3/25(日) 午前 1:03


顔アイコン

朋代ちゃんの思いはここへ来ていっきに吹き出したわね。自分の思いを言葉にするのは確かに難しいけど 、やっぱり口に出して言わなきゃね。「朋代といると穏やかに過ごせる、同じ失敗はしたくない」と言う 遠野さんの本心が聞けた事が何よりだったんじゃないかしら。どんな時も夫婦の会話は必要よね。遠野さ んの優しさに包まれ朋代ちゃんならきっといい結論を出してくれる事と思うわ^^。


[ rik*y*on ]

2007/3/25(日) 午前 4:06


顔アイコン

kyoちゃん 朋代の憂鬱の原因がやっとわかり、これからはきっと良い夫婦になっていくことでしょう!衛さん、自分ばっかり嬉しそうで・・・(笑)夫婦のこと子供のこと、どう話し合ったのか次回明らかになりますので。


撫子 s Room

2007/3/25(日) 午前 9:38


顔アイコン

甘く幸せな二人をご希望とか!えへへ・・・期待していいかも(もう最後だし、言っちゃう!!笑)


撫子 s Room

2007/3/25(日) 午前 9:39


顔アイコン

rikoちゃん やっと本心を言えた朋代。そうなの口にしなきゃわからないもの。衛も優しすぎるからね~・・・二人の結論は・・・最終話を読んでね~♪


撫子 s Room

2007/3/25(日) 午前 9:42


顔アイコン

チョット心配したけど、viviちゃんの画像の二人が本当に幸せそうで安心しました。お互いの思いを口に出して、話し合う。2度と失敗しない為(笑)にもとっても大事な事よね♪遠野さんならきっとどちらの子供にも分け隔てなく愛情を注ぐと思います。案ずるより生むが安しよね(^^)願望を込めて見たからか朋ちゃん、チョットマタニティーっぽく見えちゃった(笑)お願いだからあの朋ちゃんのお父さんとお母さんに、素敵な花嫁姿見せて欲しいなぁ~なでしこちゃん泣く準備は万端よ(*^m^*)v どうかお願いviviさま~~♪八(^□^*) タノム!!





決定閉じる


[ akke ]

2007/3/25(日) 午前 10:55


顔アイコン

「子供」と「結婚資金」が痛いわ…結婚は決して二人だけの問題じゃない。ましてや再婚ともなれば…朋ちゃん両親に花嫁姿みせなきゃね。いけず、じらし、策士の名をやっと返上するときがきたのね。今度は、「ハッピーメイカーなでしこ」か?いやいや…そんなはずは… 最終話楽しみ♪





決定閉じる


[ ひろれい ]

2007/3/25(日) 午後 4:25


顔アイコン

へへへ^^甘甘な2人なのね~♪策士なでしこ、期待してるからね。それとも最終話にまでトラップが?(爆!)夫婦は話して成長するものよね。 そして、その内、顔まで似てくる(これ、不思議だけど、本当だよね!我が家は似てないと信じたいけど、大爆!)





決定閉じる


[ ebe ]

2007/3/26(月) 午前 0:12


顔アイコン

akkeちゃん 泣く準備万端なのね(泣く場面を書かなくちゃ 笑)朋ちゃん マタニティーに見えた?さてさてどうかしらね~ あとはviviちゃんに頼み込んで「お着替え」画像がお目見えするかどうかよね。これは私もわかりませ~ん(~o~)


撫子 s Room

2007/3/26(月) 午後 1:57


顔アイコン

思い悩むだけじゃ、相手に伝わらないね。ちゃんと話し合わないとね。遠野さんは話し合いを避けて失敗したから、尚更そう思うよね。


yi1*67*p

2007/3/26(月) 午後 11:28


顔アイコン

背景の朋代ちゃんの表情が沈んでいたから、あれ…まと心配したんだけど、コラージュを見る限り、取り越し苦労だったようね♪ああ、いいなぁ、この町並みとリゾート。行ってみたいなぁ…


yi1*67*p

2007/3/26(月) 午後 11:32


顔アイコン

何だか今回ちょっと、フツウじゃない結婚のスタートに朋代ちゃんの心も手放しに浮かれていられないのかなぁと、いろいろ回りを考えてしまう彼女のやさしさと、それによって自分で諦めてしまう幸せも感じてしまいました。 衛さんは本当に今度こそ、普通の穏やかな家族を作り直そうと思ったんだと思う。次回最終回、きっと二人で歩んでいける未来が待っているんでしょうね。


tya**a22*12

2007/3/27(火) 午前 9:41


顔アイコン

もう何度も読んでしまいました。次回が最終回になるの?困るなぁ~^^:結婚写真を撮って、それから実家に寄って更には赤ちゃんが出来てまだまだ続いて欲しいわ~。





決定閉じる


[ hitomihito ]

2007/3/27(火) 午後 10:13


顔アイコン

子供の問題は悩んで当然・・でも、それを一人で悩んじゃだめよ朋ちゃん!でも、話し合って分かり合って「夫婦」になって行くのよねえ~! 愛が深まった事は遠野さんのこの満ち足りた笑顔を見ればわかるわ!さぞかし燃えた事だろう・・(笑)次週最終回?幸せに?いいえ、なでしこちゃんの事だからまだ安心はできん!!違う意味で期待してるわよん、ウヒヒ^m^


ハナ

2007/3/28(水) 午前 6:44


顔アイコン

コラージュの二人の満足げな顔ったらないわね^m^ 朋ちゃんも新妻らしい「白」が超初々しいし、遠野さんのメガネ無しにちょっとドキリ♪「ああ、タスマニアの夜は更けて」って感じだったわけね^m^最終話・・お話もコラージュも凄く楽しみだよ、最強コンビだからね~!頑張れ~(^U^*)


ハナ

2007/3/28(水) 午前 6:53


顔アイコン

朋ちゃん 賢吾君に対する衛さんの考えを聞いて今まで悶々としていたことが少し吹っ切れたかな?朋ちゃんは今まで衛さんに話せなくて抱え込んでいたことたくさんあったんだよね。どんなことでも話し合おうという衛さんの気持ちに応えて自分の気持ちを表せば本当にいい夫婦になれるよ。朋ちゃん自身も気持ちが楽になるだろうし。あとは牧師さんのお話を聞いて結婚式を挙げる気になるといいわぁ。それとハネムーンベイビィもできたら最高!





決定閉じる


[ maya ]

2007/3/29(木) 午前 0:42

2019/12/14 (Sat) 16:48 | 編集 | 返信 |   
K,撫子

K,撫子  

コメント

友人夫婦が見ても驚くべき遠野さんの変貌ぶり。きっと目を丸くしていたわよね。それと同時に、朋代 ちゃんの知らない遠野さんもいっぱい出てきて新鮮だったはず。、新婚旅行って感じよね^^、でも子 供の話となると辛いね。心の葛藤がやっと口を突いて出てきたようだけど(-"-)。なでしこさん、ほらね 、和音さんだって私と同じ事を言ってるでしょう?ひょっとして私たちが突っつ いたからこんな風になった??(笑)。


[ rik*y*on ]

2007/3/25(日) 午前 4:05


顔アイコン

きっと衛は嬉しさで顔が緩んでたんでしょう!(笑)彼の高校時代、いかがでした?昔から静かな人だったみたいねぇ~(~o~)結婚式のエピソードは初めから決めてたのよ!最後までナイショにするのが大変だったわぁ^m^


撫子 s Room

2007/3/25(日) 午前 9:53


顔アイコン

朋ちゃんと一緒に、遠野さんの学生時代に思いを馳せて、ふ~~ん、そうなんだぁと聞いてました(笑)CSにも書いたけど、遠野さん、新妻にボーっとするのも解るけど(笑)人に言われる前に朋ちゃんの思いに気付いてあげてね♪でも前と違って積極的に何でも話し合う姿勢はとってもいいですね!きっと本当に朋ちゃんの事が大事なのね(*^m^*)





決定閉じる


[ akke ]

2007/3/25(日) 午前 10:44


顔アイコン

>遠野さん、新妻にボーっとするのも解るけど(笑)・・・あはは本当だよね(~o~) akkeちゃんの言うとおり!遠野さんニブイところがあるからね(^^ゞここでシャキッとしてもらいましょう!


撫子 s Room

2007/3/26(月) 午後 1:50


顔アイコン

衛さんが惚気るなんて・・・高校時代の友人も信じられない様子でしたね。朋ちゃんと結婚できて衛さんは凄く幸せ感じてるんだね。賢吾君のこともあって子どもの事になると朋ちゃん臆病になってしまうね。無理もないけど、いつか割り切れる日が訪れるといいね。





決定閉じる


[ maya ]

2007/3/28(水) 午後 10:28

2019/12/14 (Sat) 16:47 | 編集 | 返信 |   

Post a comment