【風花】 24 ― 柔和 ―  前編



ガーデンシティーと呼ばれるだけあり 街を囲むように美しい公園や庭園が整備されていた

古い町並みと新しい町並みが上手く共存し 新しいのに どこか懐かしさを漂わせる 

メルボルンに入った時の印象だった



「19世紀のイギリスの雰囲気が色濃く残っている街なんだ 歩いて見て回るのもいいもんだぞ」



蓮見にも言われたが 今日はゆっくり散策するつもりだった

朋代が抱えていた思い

私との結婚は 彼女にさまざまなものを背負わせる結果になった



「これ以上傷つきたくなかったの もうあんな悲しい思いをするのは嫌だから……」



賢吾のために あの子の気持ちが揺れないように 私の気持ちも戸惑わないように 

自分の子供は諦めようと思い込んでいたとは

そうすることで朋代自身も傷つかないと

大きな代償を払って結婚したのは 私だけではなかったのだ


キングスドメイン公園は 日光浴をする人 散歩をする人 思い思いに過ごす姿が そこここに見られる

朋代とゆっくり歩きながら 時々会話を交わし また歩く

繋がれた手だけは離されずにいた 

昨日メルボルンに着き 午後から現地のツアーに参加した

セスナで海岸沿いまで飛び ペンギンの繁殖地まで車で移動

毛布に包まり ペンギンが出てくるのを待った

小さな群れが姿を見せると 朋代は無邪気に喜び感激したと話す様子からは

一昨日の泣き濡れた顔は 想像できなかった

今日は メルボルン市内の地図を片手に気ままに歩く

ドメイン公園そばの王立植物園 オーストラリア独自の植物類や ユーカリの種類の多さに驚いた

古い物と新しいものが混在した街並みは 歴史を大事にしながら 常に新しいものに目を向けている積極的な国民性ゆえだと聞いて納得した

長い時を経た建造物は 古いものだけが持つことを許される特別な色を放っている

市内には教会も多く 中に足を踏み入れると 重厚な装飾の施された壁や天井

そこに荘厳さが加わり 自然と厳かな気持ちになってくる

どれもこれも 普段の生活では味わえないものばかりだった

二人で感動を共にし 胸の高鳴りを分かち合う

同じ空間にいて 思いを共有する貴重な体験でもあった

喫茶店の類はほとんどないと聞いていたが 本当にそうだった

しかし 限られた場所で食することのできる物は どれも美味しかった



「イギリスの街にいるみたい……マフィンも紅茶も美味しい」

 
「メルボルンは 古いイギリスの雰囲気が色濃く残っている街だそうだ」



紅茶のカップを手で包み 香りの余韻を楽しんでいる

大事そうに一口含んだあと 満足そうな顔をした



「外国の街を歩くと 風景を楽しみながら考えごとをするの 誰も私のことを知らないから心が軽くなるのね」


「だからか……今日は静かだと思ってた それで今日の考え事は何?」


「自分のこと……私 いままで クールだ冷静だって言われてきたの それはね 私がそう見せていたから……

誰かと対立したりトラブルを起こしたりしないように先に 自分の中で何もかも解決してきたの

だから 誰にでも距離を置いて付き合ってきたんだなぁって」


「僕も同じだな 余計な諍いを避けたくて 自分が我慢してすむことなら我慢してきた」
 

「でも それじゃいけないのよね」


「そういうこと」



朋代と顔を見合わせて笑った

私たちは いろんなところが似ていると この旅行を通じて感じていた

感情を押し込めて なんでもなく振舞ってしまうところなど 実にそっくりだった

それではいけないのだと お互い気がついたことで 更に寄り添うことができたと思っている

夕方蓮見夫婦と合流し 彼らの友人夫婦 そしてマーチン牧師にお会いした

蓮見たちも結婚式以来だと 再会を喜び合っている

楽しい夕食会だった

ワイナリーを経営しているという 友人夫婦の持参した自慢のワインを中心に 話題が尽きなかった
 
聖職者の話を聞いてる感じは受けなかった

何気ない会話の中に 人としての教えを織り込んでいる そんな話し方をする方だった

子供のことになると マーチン牧師は 生き生きとした表情をされた



「子育てですか? 楽しいですよ 子供がいれば それだけ愛情は増えます 決して減ることはありません」


「子供が二人いれば 親の愛情はひとつが二つに分かれるのではなく 倍になる そういうことですか」



私の問いかけに マーチン牧師は嬉しそうに頷かれた



「なぜそれができるのか 見返りを求めない愛情だからです」



深い言葉だと思った

無償の愛情を注ぐ 見返りを求めない

これこそが 自分たちに求められていることではないか

朋代も食い入るように話を聞いている 子供のことを重ね合わせているのだろう

捜し求めていた答えを聞いたような気なした

それは 簡単でもあり とても難しいことでもあった



「今日はありがとう 気持ちの整理がついたよ」



蓮見に伝えると 彼は満足そうに微笑んだ


冬の暖かな日差しの中 私たちは結婚式を挙げた

華美なものは一切なかった

慎ましく 厳かな気持ちが私たちを包む

神や人の前で誓いを立てることに意味があるのだと マーチン牧師は式の意味を話してくださった
 
式のあと ティーパーティーの席が設けられていた

蓮見たちがすべての段取りをしてくれていたらしい



「朋代さん 可愛いかったでしょう 遠野君が照れるから写真が上手く撮れなかったじゃないの」


「本当だよ どんな仕上がりになっても俺の責任じゃないからな!」


「照れるなって言う方が無理だよ……」


「そんなこと言わないの 女性にとっては大事なことなんだから ねぇ朋代さん」



朋代は笑って私たちのやり取りを聞いていた

ここでも彼らにからかわれたが 蓮見たちには感謝している

出席者の前で誓いを立て 気持ちを新たにする

それは 婚姻届を出しただけの結婚に 責任と幸福の重みが加えられたようだった
  
ホテルに帰ると 部屋に花束とワインが届いていた



「蓮見さんには 本当にお世話になったわね・」


「うん 式を挙げることでけじめがついた気がするよ……ワイン 飲んでみようか」



グラスにつがれたワイン

口に含むと 淡い苦味と甘さが広がった



「ねぇ覚えてる? 課の歓迎会のあと 衛さんをマンションまで送ったことがあったわね あれが始まりね」


「そんなことがあったかな 覚えてないよ」


「覚えてないの?慣れないお酒に酔って 途中でタクシーを降ろされて……大きな貴方を抱えて帰るの大変だったのよ」


「冗談だよ ちゃんと覚えてるよ 忘れるはずがない」



グラスの半分をあけただけなのに 朋代の頬は薄紅色に染まっていた

彼女の頬を手で触れると 熱が伝わってきた

唇には甘い香りが残り ぽってりと艶やかに光っている



「あのとき いつもは澄ました顔の君が優しく見えた こんな顔をするんだと忘れられなかった」


「澄ました顔って そんなふうに見えてたの?あの頃は衛さんだって厳しい顔をしてたわよ」



互いに思い出し 笑いがこぼれた

朋代を抱き寄せると 体はほのかに熱を帯びていた

耳はすでに赤く 唇を寄せるとびくっと体を震わせた



「冷たくて気持ちいい……」



熱い息が吐き出される 

絡めた手と 重なった唇に温度差があったが 口づけるほどにそれはなくなっていった


八日間の旅行で得たもの たくさんの思い出と 貴重な体験 

なにより 朋代とさらに寄り添うことができた

一生忘れられない旅になった


帰国後 朋代の兄の家を訪ねた

二人目の子供が生まれ 新しい家族に会いに行ったのだった



「この子より 大輝に手がかかって……赤ちゃん返りしちゃったのよ」


「甘ったれになって困るよ」



夜泣きまで始まって寝不足だと 高志さんが付け加えた

産後の経過はいいと聞いていたが 和音さんの顔には疲れが滲んでいた

赤ちゃんをあやす和音さんの足元に まとわりつく大輝君

”おいで” と手を伸ばすと 大輝君は一度は後ずさりしたが 再度声をかけると おそるおそる歩み寄ってきた

一気に抱き上げて高く持ち上げると 無邪気な声をあげて喜ぶ様子が愛おしかった

光輝君と名づけられた赤ちゃんは 高志さん夫婦より桐原の義父に似ているようだ

鼻の形や口元がそっくりだった

和音さんが 光輝君を布団に寝かせると すかさず大輝君が和音さんの膝に滑り込んだ



「和音さん 休む暇がないわね 夜だってゆっくり寝てないでしょう」


「そんなことないわよ それより大輝をかまってやれなくて可愛そうで」


「だいちゃん 我慢してるんだ 偉いね」



朋代の語り掛けに 二歳をすぎたばかりの大輝君がにっこりと笑った



「光輝が生まれてから 体が二つ欲しいと思うほど忙しくて大変だけど

気持ちは充実してるのよ 可愛いと思える子供が二人になったんだもの

すぐにでも もう一人欲しいくらい」


「次は女の子にしてくれよ 頼む」



高志さんの冗談とも思えぬ発言に 和音さんは笑っていた

朋代が そんなに上手くいかないわよと言いながら 高志さんを呆れた顔で見ている



「赤ちゃんの寝顔って見飽きないわね・・・だいちゃんが生まれたときもそうだった

一日に何度も何度も覗きにきてたもの 目を開けたらまた可愛くてね」



布団に寝かされた光輝君の寝顔を朋代が覗き込む 

慈愛に満ちた顔だった

光輝君に向けられていた朋代の顔が ゆっくりまわされて私を見た



「私たちも あやかれるといいわね」 


「……うん……」



朋代があまりにも自然に話したため 一瞬聞き違えたのかと思った

突然のことに上手く言葉が出ない

私の驚きを察知したのか 朋代は微笑んだだけだった

車窓から見えるのは 点在する家の明かりだけだった

朋代は電車に乗ってから ずっと窓の外を眺めている

遅い時刻の特急電車は 乗客も少なく車内は静かだった

兄夫婦の家で聞いた言葉の真意


”私たちも あやかれるといいわね”


彼女の顔をさりげなく覗うが 肘掛にひじを乗せてほおづえをつく姿からは 何も読み取れなかった

しばらくしてからだった ほおづえをはずし 私の方を見ると前触れもなく話し出した



「牧師さまがおっしゃったことと 同じ事を和音さん言ってたでしょう

大輝を膝に抱く和音さんを見て あぁ こういうことだったんだって実感したの」


「愛情は子供の数だけ増えるって あの話だね」


「そう……和音さん 疲れた顔をしながらも 大輝を抱いている顔が眩しかった  
 
兄もわがままを言う大輝を叱りながら 最後はちゃんと抱きしめて……」


「二人とも意識してそうしてるのもあるだろうが 子供の顔を見たら可愛さの方が増すんだろうね」



頷いて また窓の外に視線を戻した

独り言のように こぼれる言葉



「私も同じ思いを感じたいなぁ あのときそう思ったの 子供に無条件に愛情を注いでみたいって

子供がいたら 嬉しいことや楽しいことが増えるわね」


「そうだよ きっと楽しいことがふえるよ」



朋代の手を握ると ぎゅっと握り返してきた



「兄貴のところより先に女の子を産んだら 悔しがるでしょうね」


「そう上手くはいかないよ さっき自分でも言ったじゃないか」



肩をすくめて ”そうだったわね” と いたずらな顔が返ってきた

この日 私たちは 新しい一歩を踏み出したのかもしれない

朋代の心もほぐれ 子供を望む気持ちになっていた

そうなると皮肉なもので 待ちわびても なかなか朗報に恵まれずにいた

それでも お互いの気持ちは焦ることなく 穏やかな日常を過ごしていた

二人だからできること 二人にしか出来ないことはいっぱいあった

急に思い立って遠出をしたり 食事に行ったり 映画を観たり

結婚前 誰もが経験することを 私たちは何一つしていなかった



「結婚前にやり残した事をやってるみたい 子供がいたらこんなことできないわね」



朋代はそう考えることで 楽しむことを覚えたようだ

官舎の付き合いも楽しそうで 親しい友人も出来たらしい

この頃は部屋の模様替えに夢中になっている

興味は部屋の中だけにとどまらず 玄関やベランダにまで及んでいた

いつの間にか 花の寄せ植えがベランダに増えていった



「花が増えたね 朋代がこんなことが得意だったとは意外だったよ 父さんの影響もあるのかな」


「そうかもね でも土いじりをするなんて自分でも驚いてるの」



笑いながら鉢に水を与えている

心の底では 子供に恵まれないことを気にしているだろうに 決して口にはしなかった

初めての部署でもあり 私も赴任当初は仕事の特殊さに苦労したが 各務君をはじめ優秀な職員に恵まれ 充実した日々を送っていた

忙しく仕事をこなし家に帰ると おかえりなさいの言葉とともに迎えてくれる妻がいる

食事をしながら 今日一日の出来事を互いに話す

朋代が私の仕事を熟知しているため 彼女に仕事の話をすることもあった

同僚や部下に話せないことも 朋代には話せた

彼女が意見することはなく 私の話を聞き 仕事の喜びや苦しみを共有してくれた

大きな懸案を抱えて神経質になっているときなど それには触れず

なんでもない顔で接してくれた

彼女との結婚生活は 私に安らぎをもたらした

 


関連記事


ランキングに参加しています

1 Comments

K,撫子

K,撫子  

コメント

新婚旅行、結婚式と幸せで甘~い二人が読めて感無量です。’セスナで海岸沿いまで飛び ペンギンの繁殖地まで車で移動、毛布に包まり ペンギンが出てくるのを待った’まさしく私の新婚旅行の時と同じ行程です。なでしこさんも行ったのかな?懐かし~と一人ニヤニヤしてしまいました。





決定閉じる


[ kyopiyo ]

2007/4/4(水) 午後 1:47


顔アイコン

改めて「結婚」の意味を考えさせられたよ。聖職者の言葉は深いね。二人にとって八日間の旅行は、意味のある貴重な時間だったね。


yi1*67*p

2007/4/4(水) 午後 11:02


顔アイコン

viviちゃん、この指の握り方!十字架の前で将来を誓おう、二人で前に進んで行こう、でも、少し不安も…という気持ちがありありと見えるよ。


yi1*67*p

2007/4/4(水) 午後 11:10


顔アイコン

マーチン牧師の話が聞けたこと、これだけでも新婚旅行に来た甲斐があったというものだわ。二人とも やっと答えの糸口を掴みかけてるようね。そして結婚式、なでしこさん、もう~、こんなところま で隠し玉を温存していたなんて。憎いねぇ^^。以前結婚式は挙げるべきだって突っついたけど、結局 私は朋代ちゃんの心の奥までは理解できてなかったって言う事なのよね。


[ rik*y*on ]

2007/4/7(土) 午前 0:37


顔アイコン

なでしこちゃんが書く風景の描写ってさりげないのに、その風景が鮮明に浮かんでくる。行った事もないオーストラリアがなんだか懐かしく感じるのよ。街並みを歩く二人の後ろ姿が・・遠野さんに寄り添っているだろう朋ちゃんの姿が私には見えるわ!


ハナ

2007/4/8(日) 午前 9:24


顔アイコン

式を挙げる事はこの二人にとっては大事な事だと思う。色んな過程があり、犠牲にしたモノもあるからこそ、キチンとした形は必要だったよ。式を挙げないって事は多少ならずも後ろめたい気持ちがあったりするからだと私は思う。幸せになるって事が皆への恩返しでもあるからね。それにさ、朋ちゃんは初婚なんだからねえ・・本当によかったよかった^m^


ハナ

2007/4/8(日) 午前 9:30


顔アイコン

この「先っちょ握り」いいわねえ~^m^私って変なとこに反応しちゃうんだけどさ、この二人セーター着てるでしょう?スーツじゃなくて普段着で手を繋いで街を歩くってさりげない幸せだよねえ♪あ~あ、羨ましい(o ̄∇ ̄o)/


ハナ

2007/4/8(日) 午前 9:35


顔アイコン

kyoちゃん ダー様とメルボルンに行かれたのね!私はメルボルンに友人が住んでいるので行ったことがあるの。ペンギンも見たけど、島まで車で行ったの (^^ゞ・・・セスナを利用するのは新婚さんが多いんだって!当時を思い出したでしょう?^m^


撫子 s Room

2007/4/10(火) 午後 3:54


顔アイコン

ゆみちゃん 牧師様のお話は 私が実際に聞いたお話なの(私の結婚式じゃないよ)とってもいいお話でね~・・・この手の繋ぎ方、親密な二人だからよね~


撫子 s Room

2007/4/10(火) 午後 3:57


顔アイコン

rikoちゃん この二人、結婚式は初めから挙げさせるつもりだったの!^m^隠してました~~!でも・・披露宴をするような華美な結婚式じゃなくて、式そのものだけね。その方が二人らしいと考えて・・・


撫子 s Room

2007/4/10(火) 午後 4:00


顔アイコン

ハナちゃん 私の書く風景描写って少ないの。いつもはほとんど書かないでしょう?珍しいかも、お褒めに預かり光栄です~ )^o^( >式を挙げないって事は多少ならずも後ろめたい気持ちがあったりするからだと私は思う・・・そうなの、だからこそ この二人には式を挙げてほしかったの。


撫子 s Room

2007/4/10(火) 午後 4:03


顔アイコン

先っちょ握り(なるほど!いい表現だわ)いいよね~ そんな頃もあったわね・・・(昔の思い出を手繰り寄せ~笑) 普段着の二人がちょっと見られて私も嬉しかったのよ。


撫子 s Room

2007/4/10(火) 午後 4:05

2019/12/14 (Sat) 16:49 | 編集 | 返信 |   

Post a comment