恋、花びらに舞う 2. 夜桜



新コース完成イベント、それにつづくパーティーと、人のあいだを縫うように動く朝比奈和真に満開の桜を愛でる余裕はなかった。

ファンサービスだけでなく、スポンサーや支援者へ顔をつなぎ機嫌をとるのも監督の仕事である。

彼が率いるレーシングチームのためを思えばこそ愛想を振りまくこともできるが、和真は元来そういうことが得意ではない。

できるなら、早々に引き上げて一人でグラスを傾けたいところだが、そうもいかず、ファンの写真撮影に応じながら、一人の女性を目の端に入れていた。


『彼、気になる彼女がいたみたいなの。だから、ふられる前に私から別れを切り出した』


屋外イベント終了間際、耳に届いた強気な声に和真は思わず振り向いた。

無駄な戦いはしない、負けの予感を感じたら作戦を変える潔さが必要である。

女の言葉は和真の信念に通じていた。


花びらが優しく舞う中で見た、男に媚びないきりりとした女の姿に強烈に惹かれた。

彼女を振り向かせたい……

和真はその思いに取りつかれていた。



「マナミさん、このあと時間ある? 彼女もいっしょに」



気の合う仲間だけで街に繰り出すつもりである、一緒に行かないかと、和真は由梨絵ではなくマナミに声をかけた。

マナミは早く帰る予定であるのを承知の上である。



「わぁ、行きたいです。残念ですけれど……」



由梨絵は朝比奈さんと行って、あとで話を聞かせてと、マナミは和真の予想通りの言葉を口にした。

そして、由梨絵が残った。

仲間だけの席に上座下座は関係ない。

和真は奥の席に陣取り、遠慮する由梨絵の手を引いて壁と自分のあいだに座らせた。

イベントが無事に終わった解放感で、みな陽気に酒を楽しんでいる。



「みなさん、楽しそうですね」


「レースのあとは、いつもこんな感じだよ」


「朝比奈さん、お酒、強いんですね」



由梨絵は和真が手にしたグラスに目を落とした。

琥珀色の酒は目まいがしそうな強い香りを放っている。



「嫌いじゃないよ」


「嫌いじゃないって、それ、答えになってません」



由梨絵が口をとがらせながら言い返す。

すねた口元と、少し甘えた素振りも和真の好みだった。

にぎやかなグループにいる一人から 「朝比奈さん、飲んでますかー」 と声がかかり、和真はグラスをあげて見せた。



「いいんですか? 監督がこんな隅に座って」


「……ここが気楽でいい」


「お酒は嫌いではないけれど、お付き合いで飲むのは苦手ってこと?」



急に親しい口調になった由梨絵を面白いと思った。



「あぁ……君は?」


「私の名前、わかりますか? マナミの名前はおぼえていたようですけど……」



問い詰めるように上目遣いに見られて、不意に和真の心臓が跳ねた。

けれど、それを気取られる和真ではない。

気をひきたい女の前では余裕のある男でいたい。

レースで鍛えた度胸は誰にも負けない自信があった。



「おいおい、君だって、返事になってないじゃないか」



私のことはいいんです、それで、名前、わかります? と、由梨絵が重ねて聞いた。



「覚えてるよ。由梨絵、だろう?」


「そうです……」



いきなり呼び捨てにされて戸惑っているのか、酔いのせいか、由梨絵のうつむいた顔が薄紅色に染まる。

強気な顔と恥じらう顔が交互にあらわれる由梨絵を、さらに好ましく思った。



「後藤由梨絵……パーティーのとき、自己紹介してくれたじゃないか」



ちゃんと覚えているよというように、和真はテーブルの下で由梨絵の足を軽く小突いた。



「ところで、俺の名前、知ってる?」


「和真……」


「久しぶりに名前を呼ばれたな」



嬉しそうな顔をした由梨絵の足が、和真の腿にふれた。

その足を和真の足が素早くからめとり、つま先で由梨絵のパンプスを脱がせる。

大胆なことを仕掛けても、顔色一つ変えない由梨絵を和真はますます気に入った。



「このあと、二人で抜けないか」



由梨絵の耳元にささやいた。



「ふっ……」


「なんだよ」


「マナミが今夜は早く帰らなきゃいけないってこと、あなた、知ってたんでしょう。私を誘うつもりだった?」



友人の結婚式に出席するため、深夜発の夜行バスに乗らなくてはいけない、今夜は長居できないとパーティーでマナミが話しているのを和真は聞いていた。

女の気をひくために、和真は由梨絵ではなくマナミに声をかけたのだ。



「それがどうした」


「否定しないのね。正直な人……」


「それで、返事は?」



和真は由梨絵の背中に手を回して、由梨絵のひじをつかんで引き寄せた。

彼女が驚いたのは一瞬だけ、由梨絵は和真の腿に手をおくと微笑んで見せた。



「いいわ、いきましょう」



仲間内の席からふたりが抜け出したのを、みな気がつきながら知らぬふりでいた。

和真の行きつけの店のカウンターに並んで、グラスを合わせながら互いの話をした。

由梨絵が短大の講師であると聞いても和真はさほど驚かず、和真が語る昔の事故の話を由梨絵は静かに聞いた。

そこで一時間ほどを過ごし、終電を逃した由梨絵のためにタクシーを呼んだものの、和真はわがままを口にした。



「まだ帰したくない。もう一軒付き合えよ」 


「これ以上遅くなったら、タクシー、いなくなっちゃう」



繁華街とはいえ地方の街の夜は早い。

人通りも少なく車もまばらで、空車のタクシーはほとんど走っていない。



「飲み明かして、始発で帰ればいいじゃないか」


「無理言わないで……私にもう一度会いたいと思ったら、ここに電話をちょうだい」



渡された名刺を見て、和真は酔いがさめる思いがした。



「ここって、大学の代表電話じゃないか。勤務先に電話しろっていうのか」


「そうよ。本当に会いたいと思ったら電話くらいするでしょう。その勇気がなければ、これでさよならよ」



和真はしばらく名刺を見ていたが、ふっ、と笑いながら自分の名刺を出した。



「女にリードされたのは初めてだ……俺のも渡しておく。会いたくなったら電話してくれ」


「……わかった」



妖艶な顔に唇を押し当てたい……

衝動を抑えきれず由梨絵の肩に手をまわしたときだった、目の前にタクシーが滑り込んできた。



「おやすみなさい」



由梨絵を乗せたタクシーが夜の闇に吸い込まれていく。

街路樹の桜の花びらが和真の手のひらに舞い降りて、指のあいだから落ちていった。




関連記事


ランキングに参加しています

2 Comments

K,撫子

K,撫子  

ありがとうございます

まあむさん

>すごい駆け引き…笑

ふたりとも、ゲームを楽しむように仕掛けます。
勝者はどちらに……
強気な二人の恋をご覧ください。

2019/05/10 (Fri) 23:43 | 編集 | 返信 |   

まあむ  

No title

おはようございます。
更新ありがとうございます。
すごい駆け引き…笑
和真がリードかと思いきや、由梨絵も負けてませんね。
ますます、やる気になるのではないでしょうか?

2019/05/10 (Fri) 08:47 | 編集 | 返信 |   

Post a comment