恋、花びらに舞う 3. 五月雨



午前中の講義が終わり講師室に戻った由梨絵は、淀んだ空気を入れ替えるためにデスク横の窓を少し開けた。

カーテンを揺らして入る新緑の風が心地よい。

助手からコーヒーを受け取りデスクに座ると、メモクリップに挟んだ顔写真入りの名刺に目をやった。

写真の中の和真は精悍な顔つきで、イベントの夜、由梨絵を誘った軽い雰囲気とは別人のようだ。



「はぁ……」


「お疲れですか?」


「少し寝不足なの」


「あっ、由梨絵先生も夜中のレースを観たんですね。私も観ました。

朝比奈さんのチーム、惜しかったですね。表彰台まで、あと一歩だったのに」


「えぇ、惜しかったわね」


「先生、朝比奈さんとお知り合いで羨ましいです」



この短大のOGでもある助手は、マナミと同じくレースが趣味で、由梨絵のデスク上の和真の名刺にもいち早く気がついた。

昨夜は、朝比奈和真が率いるレーシングチームが参戦した欧州で行われたレースの中継があった。

それまで車にまったく興味はなかった由梨絵だが、朝比奈のチーム情報に詳しい助手に勧められて、レース中継を観るようになった。

ただ、観るのは和真のチームが参戦するレースだけ。

時差の関係で深夜の放送のため、今日は確かに寝不足ではあるは、さっきのため息はそのせいではない。

桜の季節はとっくに過ぎ、若葉が桜の木を覆いつくすころになっても和真からの連絡はない。

あの夜の、由梨絵を誘う和真の言葉や態度に、由梨絵を振り向かせたい強い思いを感じとった。

だからこそ、遠からず連絡してくるだろうと思ったのに、季節はやがて雨が紫陽花を濡らすころである。

和真の名刺を見るたびに、いつまで待たせる気だろうとのイラつく思いがため息になった。


自分から追いかける恋は、もうしないと決めていた。

相手の気持ちをさぐり、ジリジリした思いに悩まされるのは圭吾との恋愛で懲りた。

懲りたはずなのに、和真が気になって仕方がない、いっそ、こちらから連絡しようかと思ったことも一度や二度ではない。

そんな自分にもイラついている。



「若い頃、事故で仲間を失った……同じような事故を繰り返さないために、レーシングチームのメンバーにはうるさいことも言う。

何ごともなくレースを終えて、彼らに勝利を味あわせたい。

そのためにも、徹底的に管理する。彼らから、うるさがられたり、憎まれたり、恨まれるのはかまわない」



由梨絵と二人だけの店で、カウンターに並んだ和真はこんなことを語った。

語ったあとで、飲みすぎようだと口数が増えたのを酒のせいにしたが、由梨絵は和真の本心をのぞいた気がした。

厳しい勝負の世界に生きる男の強さは、雄の魅力にも通じる。

さらに、人並み以上の容姿も備わった男である。


魅力的だと思うが、惹かれる思いをやすやすと認めたくない。


由梨絵のプライドが許さないのだ。

だから、由梨絵は和真の行動に賭けた。

電話がきたら、彼の誘いを受けようと……

中継を観戦するようになり、世界中を転戦する和真が忙しいことはわかってきた。

わかるけれど、電話くらいできるのではないかとの思いに苛立ちが募る。

メモクリップの名刺を指先ではじいた。

写真の和真の顔が、ゆらゆら揺れながら由梨絵を見ているような気がした。




梅雨に入り、ジメジメとした日が続いた週末、由梨絵は学長室に呼ばれた。

学生が提出したレポートもすべて読み終わり、急ぐ仕事もない、これから帰ってゆっくりしたいと思っていたときの呼び出しである。



「はぁ……」


「あぁ、わかります、そのためいき。由梨絵先生にお願いごとですよ、きっと。うちの学長、人使い荒いですから」


「おそらく、来年度のことでしょう。学長も学生の確保に必死なのよ」



由梨絵の勤める短大は、来年度から系列校の4年大学との合併が決まっている。

再編して新たな大学として出発するため、その準備に事務局は追われており講師陣も例外ではない。

学長室に入る前に 「後藤先生にお客様です」 と由梨絵に伝えた学長秘書が、いつになく弾んだ様子であった。

その理由は、ドアを開けてすぐにわかった。

学長と歓談していた男が立ち上がり由梨絵の方へ向いた。



「後藤先生、お久しぶりです」


「おひさしぶりです。朝比奈監督、ご活躍ですね。テレビでレースを拝見しました」



学長室にいたのは和真だった。

会いたいと願った顔がそこにある、興奮する心のうちをさらけ出さないよう、由梨絵は努めて表情を抑えた。



「朝比奈さんのレーシングチームのメンタルサポートを、後藤先生にお願いしたいそうです。

後藤先生は企業カウンセラーの経験もある。チームのために尽くしてくださるでしょう。

うちの大学のためにも、ぜひ引き受けていただきたい」



由梨絵が心理カウンセラーとして、日本を代表するレースチームに名を連ねることになれば、大学の名前も出てよい宣伝になる……

というのが学長の思惑だった。


経営者一族出身の学長が考えそうなことだ。



 「我々のチームに、ぜひ力を貸してください」



詰めた話をさせていただきたい、これから時間を割いていただけますかと低姿勢の和真へ、由梨絵は大きくうなずいて見せた。





助手席に由梨絵を乗せて和真がハンドルを握る車は、短大の敷地を滑るように出ていった。

車の向かう先を由梨絵は知らない。

けれど、そんなことはどうでもよかった。



「心理カウンセラーの私に会いに来たの? メンタルサポートのスタッフなら、ほかにもいるでしょう。私でなくても」


「いや……チームのメンタルサポートというのは口実だ。後藤由梨絵に会いに来た」



信号待ちで止まり、前を向いたまま真顔の和真の言葉に、由梨絵の心が震えた。



「後藤先生って……ふっ、さっきは緊張しちゃった」


「そっちこそ、朝比奈監督って言ったじゃないか」


「まさか、和真って呼ぶわけにもいかないでしょう」


「いいよ……」


「学長の前で、呼べるわけないでしょう」



それもそうか、と返して、和真はアクセルを踏み込んだ。

レース車がモデルのスポーツカーは、並んだどの車より早く前に飛び出した。



「レース、見てくれたんだ」



片方の和真の手が由梨絵の膝に伸びてきた。

その手に由梨絵は手を重ねた。




「深夜枠の中継を観て寝不足になっちゃった」


「どうして?」


「えっ?」


「録画でもいいだろう。リアルで観なくても」


「あなたの顔をみたかったの……いつまでたっても電話してくれないから……」



和真は突然ハンドルを切り、車を路肩に停めた。



「どうしたの、びっくりするじゃない」


「俺の電話を待っててくれたんだ」


「えぇ……自分でも呆れるくらいにね」



シートベルトをはずした和真は、恥ずかしそうに横を向く由梨絵の顔を掴み唇を覆った。

由梨絵は小さく抵抗してみせたが、それもほんの一瞬、みずから和真の背に手をまわした。

ふたたび車が動き出したのは、息が乱れるほどの長いキスのあとだった。



「みんなになんて呼ばれてる?」


「由梨絵先生、かな」


「友達も?」


「友達は、由梨絵とか、由梨、とか」


「じゃぁ、おれは由にする。ゆう……」


「なあに?」


「ふっ、なんでもない」



和真の目が満足したように笑っていた。



「おなかすいちゃった。食事にいかない?」


「俺はゆうが食べたい」


「バカッ」



あはは……と和真の笑い声が車の中に響く。

途中から降り出した雨の中、ふたりを乗せた車は水しぶきをあげながら郊外へと走っていった。




関連記事


ランキングに参加しています

2 Comments

K,撫子

K,撫子  

ありがとうございます

まあむさん

楽しみにしていただけて嬉しいです!

先に連絡をしたのは和真、でも、気持ちをさらけ出したのは由梨絵……
一歩も二歩も近づいたふたりです。
彼女を独占したい気持ちが「ゆう」にあらわれているのでしょう。
ふたりは急接近か、駆け引きでじらすのか。
次回もお付き合いください。

2019/05/18 (Sat) 23:09 | 編集 | 返信 |   

まあむ  

No title

おはようございます。
更新楽しみにしていたので嬉しいです。

勝者は和真でしょうか?
勝気な由梨絵の告白とも取れる言葉に、やられた感もあるような…笑
初めに彼女を「ゆう」と呼んでいたのが気になってはいたのですが、
なるほど、みんなと同じではなく特別な関係。
和真の性格が表れていますね。


2019/05/18 (Sat) 07:07 | 編集 | 返信 |   

Post a comment