恋、花びらに舞う 4. 手毬花


朝をゆっくり過ごす客が多いのか、朝食の席は思いのほか混み合っていた。

それでも、和真の指定席である窓際の席に案内されたのは、彼がこのホテルを常宿とする得意客であるためである。



「紫陽花が見頃になりました」



サービスのため席にやってきたホテルスタッフの声に、和真は庭に目を向けた。

今朝まで降った雨の名残りか、紫陽花の大きく広げた葉をつたう水滴が朝日に照らされて輝いている。

華やかな大倫の花に由梨絵が重なって見えた。


フランスからイタリアへ移動する合間を縫って帰国したのは、ほかでもない由梨絵に会うためである。


電話は苦手ということもあるが、直接会いに来た相手をむやみに追い返したりはしないだろうとの目算もあった。

大学の事務局で名乗り、名刺を渡して 「後藤由梨絵先生に、チームのメンタルトレーナーをお願いしたい」 と伝えたら由梨絵に会えるだろうと考えた。

口実が思ったより大事になり学長室に通されたのは予想外だったが、由梨絵に会う目的は達成された。

嘘から出たまこと……と、あとで由梨絵に笑われることになるのだが、由梨絵はレースチームのメンタルトレーナーを引き受けることになり、その打ち合わせと称して連れ出し、金曜日と土曜日の夜を一緒に過ごした。

仕事の話もプライベートの話題も、由梨絵の前では驚くほどスムーズに言葉が出てくることに、和真自身が驚いている。

夜を過ごしたと言っても食事だけ、語りながら楽しい時間を過ごしたあと、もう少し一緒にいようと誘っても由梨絵は笑うだけで誘いに応じない。

和真の挑むようなキスにのまれることもなく、唇が離れると 「おやすみなさい」 と涼しい顔で去っていく。

力づくで連れ戻しホテルの部屋に押し込むこともできるが、由梨絵が素直に従うとは思えない。

力でねじ伏せたと思われるのも嫌である。

そんな和真のプライドが、強気な行動を控えさせた。

今日は由梨絵と会う約束をしていない。

用事が入っているから会えないと言われ、それでは夜会おうと言うと、用事が長引くかもしれないから約束はできないとつれない返事だった。

和真の気持ちを試し、じらしているのかもしれないと思ったが、確かめるすべはない。

由梨絵の心をつかめず悶々とするばかりである。

どうしたら彼女をこの手にできるのか……

腕の中で由梨絵の悩ましい顔を見られたら、最高の気分だろう。

雨に濡れる紫陽花を見ながら妄想に浸っていた和真は、呼ばれたことに気がつかなかった。



「……朝比奈さん。朝比奈さん、おはようございます」


「あっ、おはようございます」


「お食事中すみません。昨年の若獅子会でご一緒した高辻です。その節はありがとうございました」



和真に声をかけた若い男は、「高辻壮介です」 とあらためて名乗り綺麗な所作でお辞儀をした。

若獅子会と聞いて、和真は若手経営者や後継者が集まる会のゲストに招かれたことを思い出した。

目の前の彼が会の幹事だったこと、父親は関西経済界の大物 「高辻興産」 の社長でレースのスポンサーであることも思い出した。

高辻は丁寧に礼を述べたあと、自分も昨夜からこのホテルに泊まっている、ここで会ったのも何かの縁、お願いがありますと切り出した。

今夜、高辻が関わるある会に顔を出してもらえないかという。

若獅子会と似たような会だが、もう少し気楽な席で、朝比奈さんのファンも多いのでぜひと熱心に誘われた。

面倒だな……と思ったが、高辻の次の一言が和真の気を変えた。



「チームのみなさんも一緒にどうぞ」



和真はレースチームとともに行動することが多いと知っている高辻は、今回もそうだろうと思っての誘いだった。



「メンタルトレーナーが一緒でもかまいませんか」


「もちろんです。歓迎いたします」



今回の帰国はメンタルサポートのスタッフを見つけるためで、優秀な人材を確保できた。

彼女を紹介する良い機会である……と、和真は熱心に語った。

これで由梨絵を誘う理由ができた。

ほくそ笑む和真は、和真の承諾を得て大喜びで去っていく高辻の背中を見送ったあと、さっそく由梨絵へ電話をかけた。



『急な話だが、今夜付き合ってほしい。俺の顔を立ててくれないか』



スポンサーの頼みで若手経営者の会に顔を出すことになった、スタッフもどうぞと言われたが、あいにくメンバーとは別行動で誰もいない。

由梨絵が行ってくれたら助かるのだがと、必死さをにじませた訴えが効いたのか、



『いいけれど、どこに行けばいいの?』



由梨絵は和真の誘いをあっさり承知した。

待ち合わせの場所と時間を伝えて電話を終えると、思わず拳を握りしめた。

今夜こそ彼女を……そう考えるだけで力が湧いてくる。

イタリアへ発つ日は明後日に迫っていた。



待ち合わせの場にやってきた由梨絵は、軽やかなワンピース姿だった。

ドレスコードがわからなかったけれど、これで良かった? と由梨絵に聞かれ、和真は 「うん……」 と言っただけ。

よく似合ってるよと言えばいいのだろうが、その言葉が出ない。



「あなたのそばにいるだけでいいのでしょう? 知らない人ばかりだと思うから」



由梨絵はそう言っていたが、パーティーには由梨絵を知る人物がいた。

まずは高辻壮介が由梨絵に気がついた。



「あなたは、確か芹沢さんと……」


「高辻さん、春の茶会でお目にかかりました」


「そうでした。芹沢さんは……」


「私、近頃はお稽古をお休みしております」



高辻壮介のもう一つの顔は、煎茶道 『高風流』 師範である。

由梨絵もかつて同じ流派にいたことから、高辻とは茶会で何度も顔を合わせていた。

さらに、由梨絵が交際していた芹沢圭吾は、高辻壮介の友人である。

高辻が圭吾のことを持ち出したため、由梨絵は無理に話題をかえた。

稽古を休んでいると伝えたが、本当は退会している。

由梨絵の元の恋人につながる高辻は、できるなら会いたくない相手だった。

ふたりの会話を聞いて驚いたのは和真である。

まさか高辻と由梨絵が知り合いだったとは思いもしないことで、育ちの良さと品を備えた男が、由梨絵と親しく語る様子を目にして落ち着かない。

由梨絵に声をかけて、早々に高辻から引き離した。



「高辻と知り合いだったのか」


「えぇ、お茶を習っていた時のね」


「へぇ、ゆうは茶道をやってたのか」


「そう、煎茶道。高辻さん、お家元の息子さんよ。知らなかったみたいね」




彼は高辻家の三男であるから、宗家の跡取りとなる若宗匠にはならないだろうと、由梨絵が高辻家の事情まで説明したが、和真は興味はなさそうである。




 「ふぅん……あいつ、ゆうのこと気にしてたな」


「高辻さんには、付き合っている人がいるわ。長いお付き合いだって聞いたけれど」



その返事に和真は嬉しそうな顔をした。

由梨絵の腰に手をあて奥へと進み、会場の隅へ連れていく。

ふたりだけでいられる場所を求めて進んだはずが、またも邪魔が入った。



「後藤さんじゃないか」


「千葉さん。ご実家はこちらでしたね」


「うん。君は? こんなところに、どうしたの。久しぶりだね」



大学の先輩である、少し話をしてくると言い残して、由梨絵は和真の腕からするりと抜け出し千葉の方へ弾むように向かっていった。

会場の隅に置かれた花瓶が目に入った。

誰の目にも触れられずひっそりと飾られた花の前で、和真は寂しい思いを抱えていた。

こんなところ、来るんじゃなかった……

そんなことを思ったが、ここに由梨絵を誘ったのは和真である。

偶然にも由梨絵を知る男がいた、ただそれだけだ。

和真は自分を奮い立たせるように言い聞かせ、人の輪の中に入っていった。

ほどなく由梨絵も戻り、居合わせた人々へ彼女を紹介する。

メンタルサポートスタッフであると紹介すると、みな決まったように自分の悩みを口にした。

それに丁寧に答える由梨絵を眺めながら、和真は落ち着きを取り戻していった。

会も終わりに近づき、高辻にこの先もご一緒にと誘われたが、その気はさらさらない。

和真を囲む人々へ挨拶をして、帰るために由梨絵の姿を探すと、大学の先輩の千葉と話の最中だった。



「まだ話したりないな。ここの上のラウンジに行こうか」 



由梨絵を誘う千葉の声に、和真の心がざわついた。

次の瞬間、「ゆう」 と呼んでいた。

振り向いた由梨絵の顔へ、また 「ゆう」 と呼びかけた。

 和真の元へ戻ってきた由梨絵の腰を引き寄せ、千葉へ 「失礼」 とひとこと言い放つ。

玄関までお送りいたしますという高辻の申し出を固辞し、和真は由梨絵を押し込むようにしてタクシーに乗り込んだ。

どちらまでと運転手に聞かれて、常宿のホテルの名を告げた。

ホテルまでの数分間、車内は無言だった。

「着きました」 と運転手に言われても、由梨絵を誘う言葉に迷う和真は動かない。

車を降りようとしない和真を促したのは由梨絵だった。



「どうしたの? 行きましょう」



ドアボーイが開けるドアへ先に向かったのも由梨絵だった。

そのあとを和真が追いかける。

エレベーターに乗って繋がれた手は、部屋に着くまではずされることはなかった。

ドアを開けたと同時に部屋の灯りがついた。



「広いわね」



感心したようにつぶやく由梨絵を、和真は腕の中に閉じ込めて、「帰るなんて言うなよ」 とささやいた。

あでやかにほほ笑む由梨絵に、ゆっくりと顔を近づける。

由梨絵の唇をふさぎながら、朝食の席から見た紫陽花が頭をよぎった、と同時にその時の妄想がよみがえった。


腕の中で乱れる由梨絵の顔は、ゾクゾクするほど美しいに違いない。


和真は待ちきれない思いで、ワンピースの裾に手を伸ばしてたくし上げた。





関連記事


ランキングに参加しています

2 Comments

K,撫子

K,撫子  

ありがとうございます

まあむさん

さっそく感想コメントをありがとうございます。
いつも楽しみに読ませていただいています。

和真の感情の変化……ジェットコースター並みです(笑)
思うようにならない由梨絵、つかまえるために必死です。

>仕事柄、その変化に由梨絵は気づいていそうですよね?

まあむさん、鋭い!
次回もお付き合いください。

2019/05/25 (Sat) 22:48 | 編集 | 返信 |   

まあむ  

No title

おはようございます。
更新ありがとうございます。

和真の感情の変化の激しさに思わず笑ってしまいました。
まさに、恋する男、想いは真剣みたい。
仕事柄、その変化に由梨絵は気づいていそうですよね?



2019/05/25 (Sat) 07:31 | 編集 | 返信 |   

Post a comment