恋、花びらに舞う 6. 夏木立 (前編) 



スペイン北部に位置するバルセロナは、首都に次ぐ都市である。


サグラダ・ファミリア教会をはじめ、建築家ガウディが手掛けた建物や数々の美術館など、観光地としての人気も高く、また、スペイングランプリが行われるレースシーズンには、世界中から観戦客が訪れる。


由梨絵が乗った便にもレース観戦のツアー客がおり、隣席の男性がまさにそうだった。

夏休みを利用して参加したという男性は、「今年のチーム朝比奈は期待が持てますよ」 と熱心に語り、密かに由梨絵を喜ばせた。


機内アナウンスでバルセロナ空港到着が近いことがつげられると、窓際席の乗客は一様に窓の近くに顔を寄せ、眼下の夜景を眺めて小さな歓声も上がっている。

内側席の由梨絵から夜景は見えないが、機体の下に広がる街のどこかに和真がいる、そう思うだけで軽い高揚感を覚えた。

忙しい和真に代わって、空港にはマネージャーの酒井が迎えに来る予定になっている。

十数時間の空の旅を終え、空港ロビーで酒井の姿を探す由梨絵の目に飛び込んできたのは、サングラスをかけて柱に背を預けて立つ和真の姿だった。

サングラスの目が由梨絵を見つけ、大股で歩み寄ってくる。

彼のもとに駆け寄りたいのに、二つのキャリーバッグが足元の邪魔をして思うように進めない。

夜の空港ロビーは、到着口から吐き出された人と出迎える人々で混雑していた。

久しぶりの再会を大きな声で喜ぶ人、抱擁する人、情熱的なキスを交わすカップルもいる。

和真も表情豊かなこの国の人々にならって熱烈に迎えてくれるのではと、心のどこかで期待していた由梨絵の前に、和真はいつもと変わらぬ顔でやってきた。



「飛行機の中で眠れた?」


「そうね、少しだけ……あなたが来てくれたんだ。酒井さんは?」


「ホテルで待ってる。なぁ、バルセロナ直行便なんて、いつのまにできたんだ?」 



日本からの直行便はなかったはずだがと、和真は首をかしげながら由梨絵からキャリーバッグを受け取った。

大荷物だなと笑う顔へ、女は荷物が多いのよと言いながら、由梨絵はふたつめのバッグも預けた。



「チャーター便よ。旅行会社の特別ツアーに入れてもらったの」


「よくチケットがとれたな」


「ツアーコンダクターの友達が手配してくれたの。彼女、いろんなところにツテがあるのよ。

持つべきものは、ツアコンの友人ね」



北欧バルト海ツアーから戻ったばかりの友人は、由梨絵の頼みを聞いてバルセロナまでのチケットを手配してくれた。

その友人は、二日後には同じコースの別のツアー客を率いて再び日本を旅立ったのだと話すのを、ホテルへ向かう車を運転しながら和真は楽しそうに聞いている。



「世界中を回る仕事か。しかし、ハードスケジュールだな」


「慣れているから大丈夫だって、平気な顔をしてた。彼女、F1グランプリのツアーガイドの経験もあるんですって」


「へぇ、どこかで会ったかもしれないね……ゆう、飛行機は座りっぱなしで疲れただろう」


「うぅん……あなたのほうこそ、疲れているのに迎えに来てくれてありがとう」


「こんなに早く会えるとは思わなかった」



由梨絵の早い到着を喜びながら和真の顔には疲労が滲んでいた。

ハンドルを握る和真の膝に、由梨絵はそっと手を置いた。

信号待ちの合間にキスが降ってくるのではとの甘い期待は、信号がかわるやいなやアクセルを踏み込み 「ホテルはもうすぐだ。急ごう」 との声にあっけなく消えた。



「ロビーに酒井がいる。ゆうの部屋は俺の隣だ」


「あなたは? どこか出かけるの?」


「まだ打ち合わせが残っている」



帰りは遅くなる、俺の帰りは待たなくていいと言い残した和真は、ホテルの前に由梨絵を降ろしたあと走り去った。

深夜近くのホテルの前に残された寂しさと言ったらない。

「後藤先生」 と呼ぶ声に振り向くと酒井が立っていた。

酒井の顔は、春のパーティーのあとの懇親会でも一緒だったため覚えていた。

この数日は、電話で何度も声を聞いていた。



「お疲れさまでした。朝比奈さんは?」


「これから打ち合わせがあるそうです」


「はぁ……気になって仕方がないんですね」



すべてのスケジュールに目を通し、すべての打ち合わせに立ち会う和真に休む暇はないのだと、酒井は愚痴のようにこぼした。

隣りの部屋と聞いていたが、案内されたのはドア一枚で和真の部屋と行き来できるコネクティングルームだった。

部屋に入って荷物の整理をしながら、和真の様子に思いを巡らせた。

由梨絵と早く会えたと喜びを口にしながら、気持ちはほかの方へ向いている。

練習中の事故で負傷者が出たことが、心に重くのしかかっているようだ。

チームメンバーのメンタルサポートも大事だが、和真に安らぎを与えるにはどうしたらよいか……

片づけを終えてシャワーを済ませても、和真が帰ってきた気配はない。

帰りを待たなくてもいいと言われていたが、由梨絵は彼を待つつもりでいた。

それなのに、手を広げてもあまりある広いベッドに横たわると瞬く間に眠りについた。



気温差の厳しい夏を想像していた由梨絵は、湿度が低く思いのほか快適に過ごせることがわかると、着いた翌日から精力的に動いた。

酒井と同じく春の懇親会で一緒だった数人とはすぐに打ちとけて、初めて会うメンバーの顔と名前は事前に覚えてきたため親しくなるのは早かった。

作業中の事故で負傷したメカニックスタッフの面倒を見ながら、キッチンスタッフの手伝いもした。

由梨絵が日本から持ち込んだ食材を使った料理は好評で、このままツアーに参加してくださいと、本気とも冗談とも思える声もあがっている。

みなの顔が和む中、和真だけはまだ厳しい顔をしていた。

由梨絵がみなに受け入れられたことを喜びながら、親密になり過ぎではないかと心配もしている。

馴れ合いは気の緩みを引き起こす、先の事故も緊張が途切れた一瞬の出来事だった。

これから予選、本選と気を引き締めなければならない、甘い顔はしていられない。

その強い思いが、和真の顔をいっそう厳しく見せていた。


由梨絵が着いて三日が過ぎた。

当初の予定では今日が由梨絵の到着日で、和真とレストランでディナーの約束をしていたが、予約は早々にキャンセルされている。

ホテルディナーは無理でも、ゆっくり食事をとる時間があってもいいのではないか。

昼も夜もチームのために動き回り、満足な睡眠もとれていない、朝比奈さんに休むように言ってくださいと酒井からも頼まれていた。

どうやって和真を休ませようかと考えていたとき、「今夜も遅くなる、俺のことは心配ない」 と前日と同じことを言われて、由梨絵の我慢は限界に達した。



「そうやってあなたが動くから、みんな休めないのよ。そんなこともわからないの?」



いきなり怒られ、あっけにとられた顔の和真の腕をつかんだ由梨絵は、スタッフルームから出て、「どこへ行くんだ」 と聞く和真へ答えることなく駐車場へ向かった。

駐車場に向かう途中の大木のそばで会ったスタッフから 「あとは任せてください」 と力強い声が飛んできた。

由梨絵に腕をつかまれたまま、和真はスタッフに向かって片手をあげて無理に微笑んだ。

木陰を抜ける風が心地よい。



「日陰は涼しいわね」


「そうだな……」


「今日は帰りましょう。みんなを信じて」


「わかってる……帰ろう」



バルセロナに来て初めて聞く和真の素直な声だった。

レストランで早目の食事をとり、部屋から暮れていく空を眺めた。

 由梨絵は、肩に回された和真の手をつかみ引き寄せると、向きを変えて歩き出した。



「もうベッドにいくつもりか? ふっ、いいだろう」


「シャワーが先よ」


「えっ、まだ三度目じゃない」


「変なこと覚えてるのね……」


「いいんだな。よし、いくぞ」



喜び勇んだ顔で由梨絵の手を握り直した和真は、思い直したようにうなずいて由梨絵を脇から抱え込んだ。

うわぁっと、驚き恥じらう声が部屋に響く。


「おろしてよ。ねぇ」


「いやだね」



おねがいだから……と懇願する声は、ほどなく浴室に消えていった。





関連記事


ランキングに参加しています

2 Comments

K,撫子

K,撫子  

To まあむさん

こんにちは

ありがとうございます。
体調はずいぶんよくなりました(においが、もう少しです……)

>つづきを読むをクリックする高揚感は最高!

ひと手間増えましたが、楽しみにしていただけるのは嬉しいです^^
(タイトルクリックでも全文開きます)

互いにいろんな面が見えてきました。
自分を追い込む和真は、由梨絵にはじれったく映るでしょう。
周囲も由梨絵に期待しています。
本当に頼もしい存在です。
次回もお付き合いください。



2019/06/26 (Wed) 16:51 | 編集 | 返信 |   

まあむ  

おはようございます。
その後、体調はいかがですか?
更新嬉しかったです。
つづきを読むをクリックする高揚感は最高!

今回はさすがに由梨絵が活躍しますね。
彼の立場もあり、強い責任感を持つ和真は
周りがあまり見えていないようです。
心配するものの、行動を共にしていた人たちは
彼の気持ちがわかるから強くは出れませんものね。
ここは途中参加の由梨絵の出番!
頼もしい存在です。





2019/06/26 (Wed) 07:29 | 編集 | 返信 |   

Post a comment