K,Nadeshiko

父は8人兄弟の末っ子

アイチャッチ2


故郷から遠く離れて暮らしていると、慶弔事に顔を出すことも少なく、よって親戚付き合いも薄くなりがちです。


 父の故郷は宮崎ですが鹿児島に職を得たため、兄弟や親戚と離れて暮らしてきたことも、親戚付き合いが少ない理由のひとつです。

先日も、父方の伯母が亡くなった知らせがありましたが、私は遠方を理由に親に香典を託しました。

今後、お参りに行くこともないだろうと思っていたら、来月、私の帰省中に四十九日があるとの知らせ。

病後で遠出は控えたい母の代わりに、父と一緒に行くことになりました。


父は8人兄弟の末っ子(四男四女)、長姉は父と20歳ほども違っており、祖母は父を生んでまもなく亡くなったので、父は姉たちに育てられたと聞いています。


父の上に幼くして亡くなった兄弟がいたそうですが、戸籍に残っていないとか……今では考えられない話ですね。

現在父の兄弟で健在しているのは、父と父のすぐ上の伯母だけ、夫婦そろっているのは我が家だけです。


私のいとこは26人……と聞いていますが、会ったことのないいとこもいます。

祖父が健在の頃は、毎年正月に兄弟の集まりがあり、それぞれの家族を連れて集まっていました。

私が10歳のときに祖父が他界、そのあとは集まりもなくなりました。

その後の親戚付き合いは両親にまかせっきり、会ったのは私の結婚式くらい、それも伯父伯母のみ(親戚一同出席したら、ものすごい数になるので)

父と歳の近い伯母の家族とは行き来がありましたが、私は県外に出たこともあり、なおさら会う機会はなくなりました。


伯父たちが他界していることもあり、親族の相談事は私の両親の元へ持ち込まれ、両親は甥や姪になにかと頼りにされているようです (現在は父が親族代表です、末っ子だけど)

先日も、従兄弟の離婚騒動が起こり(はたから見ると面白い話でした 不謹慎ながら 笑)、両親に相談があった様子。

地元に残った跡取りの従兄弟たちから 「叔父さん、〇〇に意見してくださいよ」 といわれて、80歳を過ぎた父がどう動いたのかわかりませんが、離婚した話は伝わってきていないので、元のさやに納まったのかも。


(こういう話は母から伝わってきます。顔も思い出せない、いとこたちの暮らしぶりを想像するだけでも楽しい)



 先月の伯母の葬式は、台風のため誰も行けず(交通機関も高速もストップしていたので)家族葬だったこともあり、来月の法事には、いとこたちも大勢集まるそうです。

古い記憶をたどっても、幼かった私が顔を覚えているのは数人だけ、それも大人になった顔はわかりません。

ウン十年ぶりに会ういとこたち、どれだけ顔がわかるでしょう。

いとこは顔が似るといいますが、似たような顔がそろっているんでしょうね。

来月の法事が、ちょっと楽しみでもあります。




*** *** *** *** *** 



完結しました。(1話はこちらから)


関連記事

拍手お礼ページへ

コメント 2件

コメントはまだありません
K,撫子
K,撫子  
To まあむさん

こんにちは

そうですね、面倒見の良い父です。
ひとり残った叔父としての責任も感じているのかもしれません。

お母様のお話……その時代の苦労は、今の私たちには想像しかできませんが、一所懸命生きてこられたことでしょう。

両親まかせだった親戚付き合い、これから少しでも手伝えたらと思っています。
まずは、いとこたちの顔を覚えることからですね。

2019/08/19 (Mon) 11:52 | 編集 | 返信 |   
まあむ  

おはようございます。
お父様はとても親しみやすく、面倒見が良いのでしょうね。
相談事も人を選んですることが多いし、
身内だからあえて避けることもありますしね。
そんなお父様と母も同じ境遇!
男たちは戦争へ、母親違いの姉妹を育てるのに長姉は看護婦を始め、
当時ははしたないと言われた自転車にも乗ったそうです。
そのせいなのか、母たち姉妹は生涯自転車に乗りませんでした。

親戚付き合いは煩わしいと聞きますが、
いざという時、頼る相手がいない不安もあります。
来月の法事で、気の合う方を見つけられたら良いですね。





2019/08/19 (Mon) 08:10 | 編集 | 返信 |   

おしゃべり、感想など気軽にどうぞ


コメント投稿確認の「メールアドレス」は未記入のまま投稿へお進みください。

(非公開コメントは「管理人にだけ表示」にチェックをお願いします)