【社宅ラプソディ】 5-1.家庭訪問



坂東五月の住まいは、明日香と同じ社宅とは思えない洒落た美しい部屋だった。

美しいだけでなく、壁の統一感、部屋に奥行きがあり、なぜか天井までが高く見える。

 六畳一間に四畳半二間、二畳のキッチンに脱衣所のない洗面所、社宅の広さは三棟どれも同じはず。

それがどうしてこうなるのだろうと、明日香は遠慮も忘れて五月の住まいを穴が開くほど見つめたのは先週のこと。

窮屈感しかない自宅とのあまりの差に、遅く帰宅した亜久里へ 「坂東さんち、キレイだった、広かった、異空間だった」 としゃべり続け、疲れた夫を気にしつつ、「この部屋も模様替えをしたい。手伝ってくれる?」 と頼むと、



「しばらく帰りも遅いし、土日は休日出勤だから手伝えないけど、明日香の好きなようにやって。


費用は気にしなくていいからさ」



そんな返事があり、明日香はすっかりその気になった。

隣の中瀬美浜にも、五月の部屋の素晴らしさを熱弁した。

素晴らしい部屋を見学したいと言い出した美浜の希望を伝えると、「どうぞ。お待ちしています」 と五月から返事があり、翌日早速ふたりで訪問した。

美浜は坂東宅の玄関前で最初の歓声を上げた。



「この寄せ植え、いいね、色のセンスがあるわ。細身のプランターとラティス、これだったら玄関先でも邪魔にならないわね」


「二色使いのお花、素敵ですよね。ラティスのアイビー、これ、造り物なんですって」


「へぇ、造花っぽく見えないけど、布かな?」



声を聞きつけて出てきた五月は、いらっしゃい、どうぞ、と二人を招き入れた。

手土産を五月に渡しながら玄関に入った美浜は、洗面所を前にしてふたたび歓声を上げた。



「パーテーション、おっしゃれ~! 私、洗面台前にカーテンを吊るすほか思いつかなかった。目からうろこだわ」



玄関から丸見えの洗面台とトイレのドアはパーテーションで隠され、脱衣所の空間も作り出している。

入り口の部屋を見せてもらってもいいですかと、美浜は積極的に家庭訪問をはじめた。

玄関の横は、社宅の住人から 『夜勤部屋』 と呼ばれる独立した四畳半の部屋である。

交代勤務の夫が夜勤明けに昼間寝るため、家族の居住空間とは切り離されている。

その部屋を坂東宅では夫婦の寝室にしており、明日香の家と同じくダブルベッドを置いているが、押し入れのふすまをはずしているため、四畳半とは思えぬ広さが感じられるのだった。



「押し入れの棚をデスクにするなんて、思いつかなかった。このアイディア、もっと早く知っていたら息子たちの勉強机になったのに」


「苦肉の策なんですよ。主人の書斎代わり、押し入れの書斎ですけど。この狭さ、主人も気に入っているみたいで」


「わかる、わかる、ドラえもんの押し入れみたいだもん。上はデスクと本棚ですね。下は?」



押し入れの棚を使った机の足元は布に覆われている。



「下には衣装ケースを並べています。ここ、天袋もあるので、結構収納できて助かってます」



押し入れの上の天袋には季節の布団を圧縮袋に入れて押し込んだと、これは明日香も初めて聞いたアイディアだった。

寝室の壁には高原の風景写真が飾られており狭さを和らげている。

それから三人は居間に移動、みたび美浜の歓声が上がった。



「えーっ、外国の部屋みたい、すごいんだけど。五月さん、壁紙を貼り替えたの?」


「はい。引っ越し前に壁紙を替えて、絨毯を敷いて、それから荷物を入れました」


「あっ、カーテンレールが高い。そうか、その手があったんだ。タッセルもいいよね」



美浜に言われて明日香はカーテンを見た。

ベランダに面した窓の高さより数十センチ高いところからカーテンが下がっている。

天井にカーテンボックスがつけられていることに、このとき気がついた。

丈の長いカーテンは組み紐のタッセルで止められ、優雅な雰囲気を漂わせている。



「どうしてお部屋の天井が高く感じられたのか、わかりました。カーテンですね」


「手持ちのカーテンがこの長さだったの。下を折り曲げて使おうと思ったんだけど、管理人さんにカーテンレールを付け替えてもいいかと確かめたら、いいですよと言われたので」



壁紙の張替えも許可が出たから二日かかってやったのよ、といっても古い壁紙の上に貼っただけなんだけど、案外手間がかかってと、五月は作業の苦労を語りながらも、ふたりに褒められて嬉しそうだ。



「転勤が決まって、引っ越し先の社宅の間取りが知りたくて、福岡本社の総務に問い合わせて、部屋の広さとか間取りを教えてもらったんです。

シンガポールの社宅は家具付きだったから、手持ちの家具はほとんどなくて、だから狭くても大丈夫だと思ったんですけど、事前に見せてもらった室内の写真を見て、滅入ってしまって。

この部屋、壁のシミがすごかったんです」



経年劣化による日焼けとシミは隠しようもなく、壁紙を貼ることを思いついたという。

一間を寝室にして、ほかはワンルームにするために部屋に合わせてサイズの自由がきく絨毯を購入、畳と板の間を覆うように敷き詰めた。

六畳の和室の押し入れのふすまも取り払われ、上部は突っ張り棒にハンガーをかけてクローゼット風にしてカーテンで目隠し、下部は空間のまま絨毯が敷かれ部屋と同化している。



「キッチンまで絨毯を敷いたんですね。ダイニングテーブルもソファもあるのに、うちより広い……」



テレビは壁掛け、スピーカーまで壁に掛けられ、床面にはローボードがあるだけの部屋は家具店のディスプレイのようにすっきりとしている。

引っ越し先の社宅の間取りを事前に調べて、家具の配置を考える。

当然やっておくべきことなのに、明日香は引っ越し先は名古屋の社宅と同じ間取りだと思い込んでその作業を省いた。

結果、ここについて部屋を見て後悔することになった。

それもこれも、夫の亜久里が 『梅ケ谷社宅』 について教えてくれなかったせいだ。

鎮火していた怒りがふつふつとこみ上げてきたが、それはいったん収めよう。

明日香が自問自答している間も、美浜は次々に質問をぶつけ、五月はそれに丁寧に答えていた。

五月が一目ぼれしてシンガポールで購入したという、天板が着脱式のダイニングテーブルには最大6人まで座れるが、ここにある椅子は4人分だけ、残りのテーブル部分と椅子はベランダの倉庫に眠っている。



「このテーブルで食事をして、パソコンを開いたり、調理台にもなるし、アイロン台にもなるんです。工夫次第でどうにかなるんですね。

いまは狭さを楽しんでます」


「わかります。私も、五月さんのお部屋を見せてもらって、模様替えがしたくてたまらないんです」


「わかる~ うちは子どもが生まれて、だんだん狭くなって、もう限界って思ってたけど、工夫次第よね」



これだけはこだわって購入して転勤先に持っていったという食器棚には、五月の好みがうかえる食器が並んでいた。

シンガポールの紅茶は美味しいですよ、と五月が絶賛するだけあって、ポットで丁寧に淹れた紅茶の香りはかぐわしい。

それが 『TWG』 という高級茶葉であることを、明日香はのちに知った。



関連記事


ランキングに参加しています
K,撫子
K,撫子  
To fasutonneさん

こんにちは

絨毯でもフローリングでも畳でも、統一感がスッキリの秘訣かもしれませんね。
物をあまり置かないことも、狭い部屋を広く見せるコツかも。
洋風もいいけれど、和室もいいですよね。

2019/09/21 (Sat) 16:36 | 編集 | 返信 |   
fasutonne  

こんばんは、

 なんでしょう、マンションなのに、スコーンと風が通るような感じの日本家屋に見えたんですよねぇ。床部屋から畳部屋まで畳でつないでテーブルをポンと置かれていたような気がします。もう古い記憶なのでハッキリしないのですが。

2019/09/20 (Fri) 19:12 | 編集 | 返信 |   
K,撫子
K,撫子  
To fasutonneさん

こんにちは

同じ間取りなのに、住む人によって部屋の雰囲気が変わるのは面白いですね。
センスの違いか経験の差か、ホント不思議でした。

>長野出身の方の部屋が、田舎の高原~となっていて

高原の田舎とは、どんな感じですか? 
気になる~!

2019/09/20 (Fri) 16:32 | 編集 | 返信 |   
fasutonne  

こんばんは、

社宅とか団地の妙ですよね。
同じ間取りなのに、そのおうちの色が出る。
うちを見て子どもが、昭和~って言いますが、以前、長野出身の方の部屋が、田舎の高原~となっていて、海外赴任してきた方の部屋がその国の空気になっていたり、経験とかが出るのだなぁって思いました。

2019/09/19 (Thu) 19:37 | 編集 | 返信 |   
K,撫子
K,撫子  
To まあむさん

こんにちは

読みごたえありと感じていただけて嬉しいです!
狭い部屋を上手に使いこなす人、感心します(友人の技を借りました^m^)
五月のセンスを目の当たりにして、明日香もがぜんその気になりました!
お部屋改造、チャレンジ開始です。

2019/09/19 (Thu) 16:55 | 編集 | 返信 |   
まあむ  

おはようございます。
今回はとても読み応えがありました。
明日香ちゃんたちと一緒に拝見して
頭の中であれこれ想像しましたよ~楽しかった!
それにしても五月さんは、とてもセンスがある人ですね。
私もお友達になりたいわ。

2019/09/19 (Thu) 07:18 | 編集 | 返信 |   

Post a comment