おもしろいぞ!『グランメゾン東京』


 秋のドラマが始まる前に、予告や番組宣伝で気になるドラマは録画予約。

数話のストックができて、ようやく見始めました。

出演者が気になり録画した、TBS日曜夜9時のドラマ 『グランメゾン東京』


キムタクも40代後半になったのね、いい意味で年齢を重ねたわねと思いながら見始めて……


主人公(キムタク)のレストランは、国際会議の料理を任され、その席でアレルギー食材の混入という大失態、シェフは責任を問われ、その後、行方をくらまします。

腕はありながら、彼を使う店はなし。

パリで出会った女性シェフと、日本で新たな店を出すことになり、三ツ星レストランをめざすストーリー。

主人公は、一流の腕を持ちながら、傲慢、身勝手、その上、お金も家もない、いいところなし。

それでも、三ツ星レストランをめざすために昔の仲間に声をかける姿に 

「いくらなんでも、それは虫が良すぎるでしょう」 と思いましたが……

媚びを売らず、相手の力を認める言葉を素直に口にして、断られても、断られても食らいつ姿は不器用すぎて、だんだん肩入れしたくなります。

仲間がひとり、また一人と増えてくのが、なんとも痛快です。


時間を忘れて見入るドラマは久しぶり、一気に観ました。

吸い込まれるように見て、終わりが近づくと山下達郎の曲が流れてきて、いい余韻でエンディングに。

登場人物は、決して若くありません。

若い頃から仕事に打ち込んで、それなりの実績を積んで、そのままでも十分認められた人ばかり。

そこへ新しいことに挑戦したいと主人公から誘いがあり、気持ちが揺れて、迷って、次第に気持ちが高ぶってきて、一歩踏み出す。

中年男女の群像劇でしょうか。


どん底から頂点を目指す面白さもありますが、アレルギー食材混入には裏もありそうで、そちらも気になる展開です。

料理ができる過程の映像の美しいこと、もちろん出来上がった料理も。

鈴木京香さんを 「オバサン」、キムタクを 「オジサン」 と呼ぶのも面白い。

確かにそう呼ばれる年代ですけれど、鈴木京香さんはさすがに美しい。

私も頑張ろう! 

そんな気持ちになるドラマです。



登場人物の名前の中に食材が入っているそうで……


尾花夏樹 (おばななつき) 早見凛子 (はやみりんこ) 京野陸太郎 (きょうのりくたろう)


相沢瓶人 (あいざわかめひと) 平子祥平(ひらこしょうへい) 丹後学 (たんごまなぶ) 


今後の出演者の名前が楽しみ~♪



私のお気に入りは丹後シェフ、尾上菊之助さんの品のある佇まいが、嫉妬や不安で崩れるところがたまらない(笑) 



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


ちょっと予告・・・

『ボレロ』 間奏曲 (番外編)を近日中にお届けします。

45話 -遠い約束- のサイドストーリー

こちらにもおつきあいください。

(花シリーズ『雪の花守』は、『間奏曲』 のあと……)



アンケート実施中!





関連記事


ランキングに参加しています

4 Comments

K,撫子

K,撫子  

To 千菊丸さん

おはようございます

このドラマは、キムタクの役どころに意外な面白さがありますね。
毎回息を詰めて観ています。
「半沢直樹」のようなワクワク感を感じます。

2019/11/13 (Wed) 09:25 | 編集 | 返信 |   

千菊丸  

お久しぶりです。

撫子様、お久しぶりです。
「グランメゾン東京」、わたしも1話から観ています。
今までのドラマのキムタクはヒーロー役が多かったので、まさかの嫌われ者役には驚きましたが面白いです。

2019/11/12 (Tue) 16:38 | 編集 | 返信 |   
K,撫子

K,撫子  

To まあむさん

こんにちは

ぜひぜひご覧ください! とお勧めしたいドラマです。
自分の都合の良い時間にゆっくり見たいので、ドラマは録画です。
名前の遊び、おもしろいですね。
密かな楽しみができました。

2019/11/12 (Tue) 15:39 | 編集 | 返信 |   

まあむ  

おはようございます。
撫子さんのおすすめドラマ、前回も大当たりだったから興味深々。
この時間帯はなかなか落ち着いて見られないので
録画してみようかな~
登場人物の名前、上手くつけてますよね。
確かに今後も楽しみ!

2019/11/12 (Tue) 06:45 | 編集 | 返信 |   

Post a comment