大人になってから、食べられるようになりました

さば缶

友人は鯖缶で「さばの味噌煮」を作るそうです

そうか、その手があったわね!



小さいころは苦手だったのに、大人になって美味しさがわかるようになった食べ物、いくつかありますが……

そのひとつが 「さばの味噌煮」

煮魚が特に苦手だったわけではないのに、なぜか 「さばの味噌煮」 は好きではありませんでした。

味噌味より醤油や塩味が好みだったことと、大きな骨が口に刺さった痛い記憶が重なって、積極的に箸がすすまず。

それでも、母が作ってくれたものは残さず食べていました。

家を出てからは、「さばの味噌煮」 は私の献立から外れ、外食でも食べず……


長年口にすることなく過ぎたある日、「骨まで柔らかい、さばの味噌煮」 を食べる機会があり、その、美味しかったこと!

ふっくらした身は充分にうまみがあり、骨もとろけそうに柔らかいので、骨が刺さる心配もありません。

こんなに美味しいものだったのかと、気がついたのは、つい最近のこと。

 苦手意識があったので、結婚後も我が家の食卓に 「さばの味噌煮」 は登場せず。

夫は魚より肉を好むので、「さばの味噌煮が食べたい」 とリクエストもなかったので、自慢ではないけれど、ただの一度も作ったことはありません。

よって、レシピも知らず。

そんな私が、「柔らかさばの味噌煮」 に出会って、自分でも作ってみようと思ったのですから、相当気に入ったのだと思います。

圧力鍋で柔らかく煮たさばを、合わせ調味料で煮る。

「柔らかさばの味噌煮」 の出来上がり。

そして、今夜も食卓に登場します。


苦手だったアボカドも食べられるようになり、食べず嫌いだったイチジクも大好きになり、サバの味噌煮も克服。

けれど、ゴーヤとパクチー(コリアンダー)は、いまだに苦手です。

どれくらい大人になったら食べられるようになるのかしら?

酸いも甘いもかみしめた、しっとりエレガントな大人の女性になったら、もしかしたら、パクチーもゴーヤも食べられるかも?

おとなへの道は遠い……


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


Yahoo!ブログ終了が近づき、コメントの引越しをしております。

FC2への引越しで「20コメント」まで引っ越しできましたが、20を超えたコメントはYahoo!に残ったまま。


いただいた大事なコメントです、やっぱり保存しておきたくて、せっせと引っ越ししています。

しばらくのあいだ、コメント欄に大量投稿されます。

「ここで続きなんて、いけずー」「早めの更新を!」……など、コメントを読み返して懐かしんでいます。

コメント欄の交流も、また楽しい~♪



関連記事


ランキングに参加しています

2 Comments

K,撫子

K,撫子  

To まあむさん

こんにちは

納豆は、独特なにおいと見た目、そして食感、好みが分かれる食べ物の代表格ですね。
たとえ栄養があろうとも、苦手な物は苦手、ほかの食材で栄養は補えますから!
まあむさんにとって、納豆は研究材料だったのですね^^

転勤で関東に移り住んで、スーパーに納豆コーナーがあり驚きました。
実は、私も苦手でした。
が、離乳食にいいよ、と聞いて、子どもに食べさせるうちに、においに慣れ、やがて食べられるように。
けれど、いまでも積極的に食べることはありません。
白いご飯に納豆は大丈夫なのに、納豆巻は遠慮したい、不思議な好みです(笑)

2019/12/04 (Wed) 17:11 | 編集 | 返信 |   

まあむ  

おはようございます。
私も成長と共に、好んでとはいきませんが
食べるようになったのは多いですね。
ただ、今でも無理なのは「納豆」で買ったこともありません。
両親ともに食べなかったので食卓に出ることもなく
初めて目にしたのは東京へ修学旅行に行った6年生の時でした。
当然食べることはできず、においとその食べ方に驚いたものです。
でも、大学時代は家政学部なので作ったことはあるんですよ~笑
味や伸びなどを調べるので口にしたけれど、
その後は一度も食べる機会がなく今に至っています
いつか心境の変化で食べようと思える日が来るかな??

2019/12/04 (Wed) 06:36 | 編集 | 返信 |   

Post a comment