新茶とお茶のあれこれ


15907356570.jpeg



待ちに待った新茶が届きました。

お茶にはこだわりがありまして、やはり育った土地のお茶が口に合うようです。

ということで、我が家は鹿児島茶です。


渋みより甘みが前に出るのが鹿児島茶の特徴、全国的に有名な知覧茶ももちろん美味しいけれど、最近は霧島茶がお気に入り。


「初めての銘柄だけど」 と母が送ってくれたのがこちら。

(コロナ騒ぎでなじみのお茶屋さんに出かけられず、他店で購入したそうです)



封を切ると新茶の香りがふわっとただよって、幸せな気分に。

茶葉のよりも細かく、色もよし! 

さっそく新茶をいれると、香りも味もまろやか。

もう、もとのお茶に戻れない……


これからお茶の時間が楽しみ~!


以下、某所で教えてもらったお茶のいれ方です(裏ワザ的なコツもあり)

一般的な煎茶のいれ方とは異なりますが、失敗の少ない方法です。

そして、美味しい!(撫子個人の感想です)


私も毎日実践しているこの方法、興味のある方はお試しください。



・~・~・~・~・~・~・~・~・



1, 沸騰したお湯は、70度くらいまでさます。

  私は、湯飲み茶碗を湯ざまし代わりにしたり、大きめのマグカップに入れてさまします。

  別の器にうつすと、約10度下がるといわれます。

  (沸かした直後より、ポットに移したお湯の方がまろやかな味わいになります) 



2, 急須に茶葉を入れる ひとり分の茶葉は、約2~3g

  目分量でいれるのではなく、決まった茶さじやスプーンを使うのがおすすめ

  お茶の味が感じられないときは、茶葉の量が少ないことが多いようです。



3, 急須に入れた茶葉が湿るくらいの、ぬるま湯 (または水) をそそぐ (20mlほど)



4, 急須にふたをして、しばらく待つ (1分ほど)



5, ふたを開けて、香りが立ち上って来たら準備完了。



6, 適温にさました湯を急須にそそぎ、蓋をしてしばらく待つ。

  決して急須を振らない、揺らさない。


7, 6の補足ですが、お湯の温度が低い場合は、急須をゆっくり静かに回す。



8, 湯飲み茶碗にお茶を注ぐ。 

  もしもお茶の色が薄いときは、茶碗のお茶を急須に戻して、すぐにそそぐと美味しくなります。


  (↑茶碗に入れたお茶を急須に戻すやり方は、お客様の前ではお勧めしません。
    作法にはない動作なので、そっと、手早く行ってください。裏ワザですから^^)

  最後の一滴が落ちるまで、しっかり待つ。



・~・~・~・~・~・~・~・~・


一人分でも数人分でも、いれ方は同じ


ポイントは、「茶葉を蒸らす」 「急須を振らない」 「最後の一滴までいれる」(太文字の部分)

数人のお客様にお茶を出すときなど、キッチンで急須に茶葉を入れて、湯を少量注ぎ、茶葉を蒸らしておくと、楽にお茶をいれることができます。



私は甘いお茶が好みなので、60から70度の温度でいれますが (玉露は50度で)

熱いお茶が好きな方は、熱めのお湯で渋みを楽しむのも良いと思います。

ただ、急須を横振りにすると苦みが出てしまうので、そこは避けてほしいのですが、それもお好みで。


と、いろいろ書きましたが、作法や技は二の次、裏ワザだっていいじゃない。

お茶を美味しく飲めたらそれでよし。


と思っております (これでも、煎茶道師範の資格を持ってます。おほほ……)

お茶を楽しみましょう!



関連記事


ランキングに参加しています

8 Comments

K,撫子

K,撫子  

To  ナイショさん

限定記事設定になっていました💦
設定を変更しました!

2020/06/01 (Mon) 06:42 | 編集 | 返信 |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/06/01 (Mon) 01:18 | 編集 | 返信 |   
K,撫子

K,撫子  

To しんべいさん

こんばんは

低温でお茶をいれたら、甘みが引き立ちますね、
私も苦みは苦手なので、甘い方が好きです。
お茶によっては「出汁がきいてる?」と思うくらいのうまみもあります。
お気に入りの茶器で、ひとりのお茶の時間、楽しんでください!

2020/06/01 (Mon) 00:00 | 編集 | 返信 |   

しんべい  

こちらでも、こんばんは

先日、ぐっと冷ましたお湯で煎茶を入れて飲んでみたら、全然渋みがなくて甘くてびっくりしました。本当、美味しかったです。実は渋みが苦手なので、一人の時はこれがいいかも^^
詳しい入れ方、参考にさせて頂きますね。 ありがとうございます。

2020/05/31 (Sun) 21:08 | 編集 | 返信 |   
K,撫子

K,撫子  

To fasutonneさん

こんにちは

お茶の産地によって味わいは違いますね。
いろんなお茶を飲んでいらっしゃるのですね。
お茶漬けにあうお茶、考えたことありませんでした。

お茶屋さんによると、東日本のお茶は「渋み」が強いとか。
愛飲のお茶がなくなったときは、近場で手に入る西日本と東日本のお茶をブレンドして飲んでいます。

2020/05/30 (Sat) 17:22 | 編集 | 返信 |   
K,撫子

K,撫子  

To まあむさん

こんにちは

コーヒーも紅茶も好きですが、やはり煎茶が一番好きです。
食事のあとは必ずお茶を飲む家庭で育ったので、いまでも欠かせません。
煎茶道にふれたこともあり、丁寧にいれたお茶は、より美味しいと知りました。
新茶の季節、私には楽しみなころです^^

2020/05/30 (Sat) 17:18 | 編集 | 返信 |   

fasutonne  

おはようございます。

霧島茶は一度飲んだことがあります。知覧茶に比べてスキッとしていたような気もします。
飲むには霧島茶、お茶漬けには知覧茶のほうが合ったかな?というイメージですが。一度きりだから・・・九州だとあと嬉野茶も飲んだことがあります。こちらもスキッとしていたような。

八女茶はちょっとクセがあったような、お茶漬けには合わなかったような気がします。違うかな?
記憶違いかもしれませんが。

2020/05/30 (Sat) 11:24 | 編集 | 返信 |   

まあむ  

おはようございます。
昨日は日本酒、今日はお茶、
香りを楽しむ瞬間は本当に幸せ!
今回は美味しい入れ方をありがとうございます。
どうせいただくならより美味しく…
手間ひまかけたぶんだけ喜びはありますものね(^^)

2020/05/30 (Sat) 05:50 | 編集 | 返信 |   

Post a comment