芸術の秋、ロンドン・ナショナル・ギャラリー展


16028343410.jpeg



上野の国立西洋美術館で開催中の 『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展』 (10/18まで)


世界初開催、そして、61作品すべて日本初公開の絵画展です。


ゴッホ、レンブラント、ターナー、モネ、フェルメール、ドガ、ルノワール、など、見ごたえ充分!


この展覧会は、当初3月から6月までの開催予定がコロナ禍で延期となりました。

そのころ感染拡大中、県を超える移動は控えたい思いもあり、年内の美術展や演奏会は控えるつもりでした。

そんなことから延期後の日程も知らずにいたところ、日時指定予約で開催されており、会期終了間際との情報を耳にしました。


日にちと時間指定の予約制となっており、事前のチケット購入が必要ですが、混雑の心配はなさそうです。

ふだんの美術展だったら、会期終了間際は大混雑、長時間待ち。

けれど、今回は予約制のため、混雑もなければ待ち時間もありません。

展覧会終了まであと少し、これを逃したら見られない!

思い切って出かけることに(8か月ぶりの県外お出かけ)



当日は予約時間30分前から受け付け開始、スムーズな入場でした。


会場内は少人数でゆっくり鑑賞……と思いきや、密ではないけれどそれなりの人が入っていました。

けれど、口を開くこともなく静かに鑑賞する人ばかり。


私は単独行動、音声ガイドの案内とともに絵画鑑賞を楽しみました。



たくさんの絵に触れましたが、中でも印象に残ったのは、ルノワール「劇場にて(初めてのお出かけ)」 と、ポール・ゴーガン(ゴーギャン)の「花瓶の花」


ルノワールの女性の柔らかな横顔、ゴーガンらしい勢いのある花、この二枚の前では長く立ち止まって鑑賞。


最後の最後にあらわれた、ゴッホの「ひまわり」はタッチも色遣いも圧巻でした。


美術館の日時予約制、良いシステムですね。


映画館と同じですから、混み合うこともなく安心、これからも続けてくれないかなあ……



次の開催は、大阪中之島 国立国際美術館 11/3~1/31  

関西のみなさん、これから観られます!



一つ目の動画は予告動画でしょうか、ワクワクするような構成です。


ふたつ目の動画は、展示の様子です。

展覧会の雰囲気を感じていただけたら……










関連記事


ランキングに参加しています

2 Comments

K,撫子

K,撫子  

To まあむさん

こんにちは

上野東照宮は、展覧会の入場までの時間調整で訪れました。
ダリア展は予定外でしたが目の保養になりました!
美術館の日時予約制、よいシステムですね。
まだしばらくは感染対策が必要なので、今後も続きそうです(ずっと続けて欲しい……)

まあむさんは、ご本家でご覧になったのですね。
いいなあ~
美術館内外の装飾も素晴らしく、絵が飾られる壁面も日本とは異なりますね。
天井の高さ、床の響き、海外の美術館は何もかもスケールが大きい!
私もいつか行ってみたいです。

動画、楽しんでいただけて良かった……



2020/10/17 (Sat) 17:51 | 編集 | 返信 |   

まあむ  

おはようございます。
東照宮に続いて、芸術の秋を堪能…
充実した一日を過ごさたのですね。
私もイギリス旅行の際に行きましたが、
素晴らしい作品ばかりで圧巻でした!
これが無料なんですから、さらに驚き…
厳選された作品の数々をゆっくり鑑賞できる今回の入場法は
撫子さん同様良いシステムだと思いました。
苦肉の策かもしれませんが、こうした美術工芸展にはピッタリですよね。
動画ありがとうございます。
私はこれで芸術の秋を味わうことにします(^^)

2020/10/17 (Sat) 07:19 | 編集 | 返信 |   

Post a comment